ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

今月のドラフト情報まとめ

2020年01月28日

1月28日 
2020選抜、中山礼都(中京大中京)進路はプロ一本
池田&西川(智弁和歌山)、立教大へ進学
JX-ENEOSの2020新人選手(計4人)
あのドラフト選手は今、伊藤義弘(ドラフト4巡目)
2020高校生のドラフト候補まとめ
2020大学生のドラフト候補まとめ
2020社会人のドラフト候補まとめ
ドラフト候補のスカウト評
12球団のドラフト情報まとめ
大学野球のスポーツ推薦合格者まとめ
大学野球4年生の進路まとめ
社会人野球の新加入選手まとめ
12球団の戦力外通告&引退選手まとめ<2019>

1月27日 
小川晃太朗(同志社大)、大学日本代表へ闘志
巨人の2020スカウト一覧
DeNAの2020スカウト一覧
日本ハムの2020スカウト一覧
オリックスの2020スカウト一覧

1月26日 
2020センバツ、プロ注目の高校生
2020センバツ、どこよりも早い優勝予想
阪神の2020スカウト一覧
広島の2020スカウト一覧
ロッテの2020スカウト一覧
楽天の2020スカウト一覧
2020話題の新人、津留崎大成(楽天ドラフト3位)

1月25日 
2020センバツ大会展望(スポーツニッポンの見解)
2020センバツ大会展望(スポーツ報知の見解)
2020センバツ大会展望(サンケイスポーツの見解)
高橋宏斗(中京大中京)、「155キロ出すつもり」
川瀬堅斗(大分商)、150キロ宣言
西川僚祐(東海大相模)、65本塁打越えめざす
2020話題の新人、川野涼多(西武ドラフト4位)

1月24日 
センバツ出場32校、本日発表
守屋功輝(阪神)、週刊文春報道を否定
2020話題の新人、畝章真(広島育成ドラフト3位)
中日の2020スカウト一覧
ヤクルトの2020スカウト一覧
西武の2020スカウト一覧
ソフトバンクの2020スカウト一覧

1月23日 
阪神の若手投手に文春砲、暴行疑惑で書類送検
現役ドラフト、7月20日前後実施へ合意目指す
高野脩汰(関西大)プロ入り宣言、「勝てる投手に」
2020話題の新人、小川一平(阪神ドラフト6位)

1月22日 
現役ドラフト、今季から実施へ大きく前進
ヤクルト、石井一久ドラフト一本釣りの内幕
ヤクルト3年目選手がセクハラ、週刊誌に涙の訴え
2020話題の新人、勝俣翔貴(オリックスドラフト5位)

1月21日 
青山学院大野球部のスポーツ推薦合格者(2020年度)
東洋大スポーツ推薦合格の野沢・水谷が入寮
1軍大抜擢! 巨人育成1位ルーキーに大化けの可能性
2020話題の新人、岡林勇希(中日ドラフト5位)

1月20日 
小川晃太朗(同志社大)始動、オリックスが視察
将来プロに行けそうな金の卵が激減・・・
2020話題の新人、高部瑛斗(ロッテドラフト3位)

1月19日 
木沢尚文&佐藤宏樹(慶応大)、ドラフト1位でプロへ
西川僚祐(東海大相模)、日ハム大田超え目指す
有村大誠(立命館大)、今秋ドラフトへ意気込み
プロ注目下手投げ・中川颯(立教大)、優勝に意欲
2020話題の新人、武岡龍世(ヤクルトドラフト6位)

1月18日 
2020ドラフト、日本ハムの補強ポイント
2020ドラフト、オリックスの補強ポイント
2020ドラフト、巨人の補強ポイント
2020ドラフト、DeNAの補強ポイント
2020話題の新人、小林珠維(ソフトBドラフト4位)

1月17日 
ドラフト候補勢揃い、大学ジャパン候補35人発表 
2020ドラフト、楽天の補強ポイント
2020ドラフト、ロッテの補強ポイント
2020ドラフト、阪神の補強ポイント
2020ドラフト、広島の補強ポイント
2020話題の新人、梅林優貴(日ハムドラフト6位)

1月16日 
2020ドラフト、西武の補強ポイント
2020ドラフト、ソフトバンクの補強ポイント
2020ドラフト、中日の補強ポイント
2020ドラフト、ヤクルトの補強ポイント
2020話題の新人、菊田拡和(巨人ドラフト3位)
あのドラフト選手は今、八木亮祐(ドラフト2位)

1月15日 
中日がスカウト会議、高橋宏斗&栗林良吏を高評価
中日がスカウト会議、1位候補に高橋・高田・森ら
中日がスカウト会議、1位候補12人リストアップ
佐藤輝明(近畿大)、阪神が熱視線「最上位候補」
佐藤輝明(近畿大)、広島・阪神「もちろん1位候補」
2020話題の新人、蝦名達夫(DeNAドラフト6位)

1月13日 
津田啓史(横浜)、巨人「肩と足が魅力」
井上朋也(花咲徳栄)、広島スカウト高評価
中森俊介(明石商)、スカウト「1番人気の可能性も」
西川僚祐(東海大相模)、日ハム「上位の可能性も」
高橋宏斗(中京大中京)、スカウト「球速以上の体感」
村上頌樹(東洋大)プロ志望表明、ソフトバンク視察
森浦大輔(天理大)プロ志望表明、レベルアップ誓う

1月12日 
スカウトの逆襲、新人選手と担当スカウト
伯和ビクトリーズの2020新人選手(計6人)
三菱重工名古屋の2020新人選手(計5人)
新日鉄住金東海REXの2020新人選手(計5人)

1月11日 
阪神がスカウト会議、「高校生しっかり見ていく」
広島がスカウト会議、「長打力のある打者探していく」
赤尾光祐(東海大札幌)プロ志望表明、長打力武器
ミキハウスの2020新人選手(計8人)
王子の2020新人選手(計4人)

1月10日 
2020ドラフト展望、注目の高校生
2020ドラフト展望、注目の社会人
阪神、今後のドラフト戦略と育成方針
ホンダ鈴鹿の2020新人選手(計6人)
三菱重工神戸・高砂の2020新人選手(計4人)
東邦ガスの2020新人選手(計3人)

1月9日 
日本体育大野球部のスポーツ推薦合格者(2020年度)
佐藤輝明(近畿大)プロ志望表明、西武が視察
佐藤輝明(近畿大)、阪神との交流戦で腕試し
日体大の2投手にソフトバンク・西武が視察
宮崎祐樹(オリックス戦力外)、保険の営業マンに転身
ニチダイの2020新人選手(計6人)
JR四国の2020新人選手(計3人)

1月8日 
矢野雅哉(亜大)プロ志望表明、ソフトBなどあいさつ
古川裕大(上武大)プロ志望表明、「春が勝負」
大畑理暉(奈良学園大)プロ志望表明、ヤ寺島と同期
日本ハムがスカウト会議、ビックリする選手欲しい
DeNAドラ3・伊勢大夢、交通事故を謝罪
JR西日本の2020新人選手(計7人)
三菱重工広島の2020新人選手(計5人)
日本新薬の2020新人選手(計3人)

1月7日 
鈴木昭汰(法大)プロ志望、巨人など3球団視察
鈴木昭汰(法大)、ソフトB・日ハムなど視察
150キロ右腕・大江克哉(NTT西日本)、プロ志望表明
147キロ左腕・高野脩汰(関西大)、プロ志望表明
オリックス・女性スカウト、金の卵発掘へ始動
永和商事ウイングの2020新人選手(計6人)
シティライト岡山の2020新人選手(計5人)
NTT西日本の2020新人選手(計3人)

1月6日 
阪神、中森俊介&高橋宏斗リストアップ
オリックス、大阪桐蔭の主軸3人を評価
佐藤輝明(近大)、巨人「パワーは抜けている」
牧&五十幡(中央大)始動、巨人・中日が挨拶
早川隆久(早大)、ソフトB・巨人・西武ら5球団挨拶
有村大誠(立命大)、「ドラフト1位でプロ行く」
JFE西日本の2020新人選手(計6人)
日本製鉄広畑の2020新人選手(計4人)
西濃運輸の2020新人選手(計2人)
高木勇人(西武戦力外)、メキシカンリーグへ

1月5日 
ヤクルト、五十幡亮汰(中央大)リストアップ
ヤクルト、度会隆輝(横浜)もリストアップ
関本勇輔(履正社)プロ志望表明、「高卒でプロ目標」
細川&小林(智弁和歌山)、高卒でプロ入り希望
JR東海の2020新人選手(計5人)
カナフレックスの2020新人選手(計4人)
四国銀行の2020新人選手(計3人)

1月4日 
日本ハム、初の道産子ドラフト1位指名か
2020ドラフト注目、五十幡亮汰(中央大)
2020ドラフト注目、有村ー栄枝の立命大バッテリー
2020ドラフト注目、佐藤輝明(近畿大)
2020ドラフト注目、栗林良吏(トヨタ自動車)
三菱自動車岡崎の2020新人選手(計5人)
東海理化の2020新人選手(計4人)
パナソニックの2020新人選手(計2人)

1月3日 
2020ドラフト注目、中森俊介(明石商)
2020ドラフト注目、西川僚祐(東海大相模)
2020ドラフト注目、高橋宏斗(中京大中京)
大阪ガスの2020新人選手(計6人)
三菱自動車倉敷オーシャンズの2020新人選手(計4人)
トヨタ自動車の2020新人選手(計3人)
ドラフト指名漏れの伊藤健太・貞光広登らホンダ鈴鹿へ
ドラフト指名漏れの船曳海ら日本新薬へ

1月2日 
サンケイスポーツ厳選、2020高校生のドラフト候補
サンケイスポーツ厳選、2020大学生のドラフト候補
船越涼太(広島戦力外)、社会人野球の王子で再出発
駒沢大野球部4年生の進路
立正大野球部4年生の進路

1月1日 
週刊ベースボール厳選、2020高校生のドラフト候補
週刊ベースボール厳選、2020大学生のドラフト候補
週刊ベースボール厳選、2020社会人のドラフト候補
東洋大野球部4年生の進路
亜細亜大野球部4年生の進路

12月31日 
2020ドラフト先取り、牧秀悟(中央大)
日本ハム、陸上十種競技の選手をリストアップ
今川優馬(JFE東日本)、来秋ドラフト指名めざす
国学院大野球部4年生の進路
中央大野球部4年生の進路

12月30日 
2020ドラフト先取り、森博人(日本体育大)
江川智晃(ソフトバンク戦力外)、スコアラーに転身
大引啓次(ヤクルト戦力外)引退表明、今後は未定
明治大野球部4年生の進路
慶応大野球部4年生の進路

12月29日 
立教大野球部4年生の進路
東京大野球部4年生の進路
大東文化大野球部のスポーツ推薦合格者(2020年度)
大正大野球部の入部予定選手(2020年度)
ドラフト指名漏れの伊藤雅人、野球諦め一般企業就職
阪神などマークの関本勇輔(履正社)、選抜優勝目標


2020選抜、中山礼都(中京大中京)進路はプロ一本

1/28、中日スポーツ6面「春の主役に立候補」より

中山 礼都 (中京大中京高・遊撃手)
180cm・右投左打・動画

持ち味は勝負強さにある。昨秋、中京大中京・中山(動画)が公式戦19試合で挙げた33打点はチームトップ。特に東海大会では、準決勝・藤枝明誠戦で自身の1試合最多6打点を挙げるなど、3試合で計10打点を稼ぎ出した。

打ちたい気持ちが空回りした場面もあり、左打ちの強打者は「納得のいく成績を乗せなかった」と振り返るが、その反省を本番につなげる。

甲子園では進化した打撃を披露する。秋はノーステップ打法で臨んだが、右足を上げるフォームに改良中。「上半身だけで打ってしまい、下半身を使えていなかった。引っ張りの打球が少なかった」。

そのため、オフの期間は下半身を徹底強化。距離を問わず、走ることをメインに取り組み、帰宅後も近所の階段でダッシュを繰り返す。高校通算15本塁打からの上積みも期待できそうだ。

名前の「礼都(らいと)」は、右翼手の「ライト」が由来。同校OBである父・慎也さんの同世代に、イチロー(元マリナーズほか)や松井(元巨人、ヤンキースほか)、高橋(元巨人)ら、右翼手に好選手が多かったことから命名された。

「ライトを守ったことは一度もない」と本人は笑うが、父が込めた野球への思いを感じながら、強肩好守のプロ注目遊撃手に成長した。進路は、現時点ではプロ一本に絞っている。「まずは、チームの勝利に貢献したい。それが、いいアピールになればいい」。将来の夢が懸かるセンバツ本番で、秋よりレベルアップした姿を見せつける。



中山君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 11:00|この記事のURL│ │高校 

あのドラフト選手は今、伊藤義弘(ドラフト4巡目)

1/28、西日本スポーツ20面より

2007ロッテ大・社ドラフト4巡目 伊藤義弘
JR東海・投手・25歳

ロッテで中継ぎ投手として活躍した伊藤義弘氏(2007ロッテ4巡目)が今年4月1日付で母校の東福岡高に保健体育の講師として着任して野球部を指導することになり、27日、福岡市の同校で会見が行われた。

現役時代から体育教師になる夢を持っていたという伊藤氏は2016年に現役を引退後、17年に日体大大学院に入学。コーチング学を学び、今年3月に保健体育の教員免許を取得する予定だ。「目標である教員のチャンスを頂いた。母校のため、生徒のために頑張っていきたい」と意気込みを語った。

ロッテ入団当時のバレンタイン監督との出会いが野球観を大きく変えた。「ボビーとやってきた2年間、野球が楽しかった」。監督がグラウンドで楽しそうに笑顔を振りまき、失敗した選手には「次にまたチャンスを与える」と直接フォローの言葉を掛けた姿を「監督との信頼関係を築きやすかった」と手本にする。

「モチベーションが高いと自発的に練習する。選手が育つ環境づくりをしたい」と話した。伊藤氏の野球部での役職について、同校の松原功校長は「今は調整中」と説明。春2度、夏4度の甲子園出場を誇る東福岡高は、07年夏以来聖地から遠ざかっている。プロの経験を生かした指導に期待が集まりそうだ。 



下は2007大学・社会人ドラフトでロッテが指名した選手です。伊藤義弘は4巡目指名され入団。プロでの成績はこちら

ロッテの2007大・社ドラフト指名選手
長谷部 康平    
1巡目 服部 泰卓 トヨタ自動車 投手
2巡目 指名権なし
3巡目 根本 朋久 横浜商大 投手
4巡目 伊藤 義弘 JR東海 投手
5巡目 下敷領 悠太 日本生命 投手
プロ入り後の成績


JX-ENEOSの2020新人選手(計4人)

下はJX-ENEOSの2020年新加入予定選手です。(計4人)

捕手
嘉門 裕介横浜商大
内野手
篠原 涼筑波大
安本 竜二法政大
佐々木 勝哉立正大



スポーツ報知紙面を参考にしました。

池田&西川(智弁和歌山)、立教大へ進学

日刊スポーツwebsiteより (source)
4年後プロで奥川にリベンジだ! 智弁和歌山・池田陽佑投手西川晋太郎内野手が、27日、東京6大学リーグの立大・智徳寮に入寮した。新入生で最速のチーム合流。一足先に練習に励み、大学生活をスタートさせる。

昨夏の甲子園3回戦では、奥川恭伸(現ヤクルト)擁する星稜に延長14回タイブレークで敗退。甲子園に5季連続で出場の西川は「3年間で1番楽しい試合だった。悔しいけどやり切ったという気持ち。(奥川と)もう1度対戦したい」と意気込んだ。

U18で奥川と共闘した池田は「プロ行くメンバーは技術が高い。大学1年生からいっぱい努力しようと思った」。プロの世界で再会するため、まずは大学野球で結果を残す。大学での目標に最速150キロ右腕の池田は「160キロと通算20勝」、西川は明大・高山俊(現阪神)が記録した「リーグ通算最多安打の更新」を掲げた。

高校野球引退後も現役チームとともに練習を行い、状態は上々。1年春のリーグ戦からの出場を狙う。西川は「全部で1番を取りたい。結果にこだわってやっていきたい」。智弁和歌山の投打の軸が、立大を引っ張っていく。

draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │大学 


ドラフトニュース検索