ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

今月のドラフト情報まとめ

2020年07月04日

7月4日 
プロスカウトが注目する今秋ドラフト目玉の高校生
常田唯斗(飯山)、進路はプロか大学進学
2020高校生のドラフト候補まとめ
2020大学生のドラフト候補まとめ
2020社会人のドラフト候補まとめ
ドラフト候補のスカウト評
12球団のドラフト情報まとめ
大学野球のスポーツ推薦合格者まとめ
大学野球4年生の進路まとめ
社会人野球の新加入選手まとめ

7月3日 
2020ドラフト、高校生ドラフト候補の人気は不変
昨年ドラフト指名漏れの落合秀市が好投

7月2日 
長沢吉貴(東芝)、日本ハムが高評価
中日リストアップの松本竜也(ホンダ鈴鹿)が好投
栗林良吏(トヨタ自動車)、「1位指名でプロ行きたい」

7月1日 
藤井聖(ENEOS)に5球団、巨人が評価
藤井聖(ENEOS)、阪神「これから楽しみ」
平山快(JFE東日本)、広島・巨人のスカウト視察
奥村真大(龍谷大平安)、プロ志望表明

6月30日 
2020ドラフト、巨人・ソフトBが育成選手乱獲か
森木大智(高知)、某スカウト「将来楽しみしかない」
前川哲(BCリーグ新潟)、複数球団スカウト視察
杉田蒼希(浜松工)、プロのスカウト視察

6月29日 
来田涼斗(明石商)、ソフトバンク「順調に成長」
中森俊介(明石商)、ソフトバンクのガンで148キロ
笠島尚樹(敦賀気比)、阪神スカウト高評価
片山楽生(白樺学園)、ロッテ「投げ方が良い」
片山楽生(白樺学園)、日本ハム・ロッテ視察
田所宗大(いなべ総合学園)、複数球団スカウト視察
黒田晃大(佐和)、プロ志望表明

6月28日 
高田琢登(静岡商)に6球団、DeNA・オリックス評価
中森俊介(明石商)に広島など3球団、阪神「上位候補」
佐伯成優(高岡第一)に西武など3球団、DeNA高評価
蓼原慎仁(桐生第一)、ヤクルト「素材として魅力」
蔵田亮太郎(聖望学園)、日ハム・西武スカウト視察
赤上優人(東北公益文科大)に4球団、楽天が好評価
来田涼斗(明石商)、進路はプロか社会人
今村拓哉(関東第一)、日ハムなど視察も大学進学へ
プロ注目・佐々木泰(県岐阜商)、大学進学の意向
巨人スカウト強化、OBスカウト21人と契約を締結

6月27日 
日刊スポーツ厳選、2020高校生ドラフト候補33人
栗林良吏(トヨタ自動車)、中日「1巡目で消える」
中田朋輝(三菱重工神戸・高砂)に巨人・ソフトB視察
川瀬航作(日本製鉄広畑)、巨人「面白いタイプ」

6月26日 
サンスポ厳選、2020高校生のドラフト候補43人
プロ志望の高校生のための合同練習会開催決定
関本・小深田・内(履正社)、プロ志望表明
中森&来田(明石商)に巨人・中日スカウト視察
JR東日本からドラフトで3人同時指名される可能性も
週刊誌が報じた巨人・原監督の賭けゴルフ

6月25日 
石井聖太(JR東日本)、オリックスが高評価
東都は不作、ドラフト目玉は五十幡亮汰(中大)
長谷川成哉(ミキハウス)、ドラフト最後のチャンス

6月24日 
2020ドラフト、鍵になるのは下位候補の情報収集
菊地&一條(常総学院)ともにプロ拒否、大学進学へ

6月23日 
井上朋也(花咲徳栄)、ロッテのスカウト視察

6月22日 
向坂優太郎(仙台育英)、ヤクルト「すごく良い投手」
田中祥都(仙台育英)、大学進学希望もスカウト高評価
高橋宏斗(中京大中京)、ヤクルト「直球素晴らしい」
中山礼都(中京大中京)、広島・ヤクルト視察
来田涼斗&中森俊介(明石商)、7球団スカウト視察

6月21日 
土田龍空(近江)プロ志望表明、すでに10球団視察
小辻鷹仁(瀬田工)プロ志望表明、巨人が高評価
小辻鷹仁(瀬田工)に5球団、オリックス高評価
高橋宏斗(中京大中京)に7球団、中日「えぐいね」
中山礼都(中京大中京)、中日「素晴らしい素材」
小牟田龍宝(青森山田)に9球団、ヤクルト高評価
小牟田龍宝(青森山田)、中日スカウトが評価
下慎之介(健大高崎)に7球団、巨人が高評価
片山楽生(白樺学園)に3球団、巨人「今後が楽しみ」
根本悠楓(苫小牧中央)、巨人・DeNAが熱視線
木沢尚文(慶応大)、日本ハムスカウト高評価
中日・石川の実弟(青藍泰斗)、スカウト陣絶賛の嵐

6月20日 
上田洸太朗(享栄)に7球団、ヤクルト・日ハム高評価
落合秀市(独立リーグ兵庫)、西武のスカウト視察

6月19日 
大江克哉(NTT西日本)に4球団、巨人「即戦力」
大江克哉(NTT西日本)、阪神「上位候補としてマーク」
菊地&一條(常総学院)に阪神など3球団のスカウト

6月18日 
松本遼大(花巻東)プロ志望表明、スカウトも注目
週刊誌スクープ、甲子園名門校の伝書鳩事件の真相

6月17日 
シャピロ一郎(国学院栃木)、複数球団スカウト視察
根本悠楓(苫小牧中央)を巨人が評価 6球団視察予定
巨人が47都道府県にOBスカウトを配置、他球団の声

6月16日 
中日がスカウト会議、1位候補に高橋・森ら10数人
明石商監督、「巨人は中森・来田に本気みたい」
中道佑哉(八戸学院大)に8球団、巨人が高評価
佐藤輝明(近畿大)練習再開、阪神が熱視線
来田&中森(明石商)、巨人・オリックス熱視線
高橋宏斗(中京大中京)大学進学希望、プロ拒否か
高野脩汰(関西大)、改めてプロ志望を明言
中山礼都(中京大中京)、プロ志望表明

6月15日 
大道温貴(八戸学院大)に8球団、巨人・西武が評価
大道温貴(八戸学院大)、広島・オリックス高評価
矢野(亜大)&上川畑(NTT東日本)、楽天が高評価
矢野雅哉(亜細亜大)に4球団、阪神が評価
山本雄大(霞ヶ浦)、巨人「将来性ある投手」
氏家蓮(大崎中央)、巨人・ソフトバンクが評価
海老塚耕作(BC新潟)、ドラフト上位指名目標
菊地竜雅(常総学院)、プロには進まず大学進学へ
ソフトバンク「今秋ドラフトはスカウトの腕の見せ所」

6月14日 
高田琢登(静岡商)、ソフトB・日ハム熱視線
中日・日ハムスカウトが語る高校生の見極めの難しさ
広島・日ハムスカウトが語る視察のチェックポイント
広島・中日スカウトが語るドラフトで獲りたい選手
大江克哉(NTT西日本)、改めてプロ志望を表明
昨年ドラフト指名漏れの山科颯太郎が好投

6月13日 
JR東日本の3投手に巨人など4球団スカウト視察
いなべ総合学園のバッテリー、全球団が視察済み

6月12日 
代替甲子園、ソフトバンクスカウト「ぜひ視察したい」
向坂優太郎(仙台育英)、プロ志望を諦め大学進学
あのドラフト選手は今、葛城育郎(ドラフト2位)

6月11日 
【スポニチ】代替甲子園ドラフト注目選手
【報知】代替甲子園ドラフト注目選手
【西スポ】代替甲子園ドラフト注目選手
【サンスポ】代替甲子園ドラフト注目選手
代替甲子園開催にスカウト歓迎、ヤクルト・ロッテの声

6月10日 
内山壮真(星稜)プロ志望表明、中日が高評価
今川優馬(JFE東日本)に3球団、楽天が高評価
岩城駿也(西濃運輸)、3球団のスカウト視察
柴田迅(早稲田大)、プロ野球とパイロット両方挑む

6月9日 
2020ドラフト、11月5日から10月26日に変更へ
【投手】サンケイスポーツ厳選2020ドラフト候補40人
【野手】サンケイスポーツ厳選2020ドラフト候補29人
ドラ1候補・木沢尚文(慶応大)、154キロマーク

6月8日 
松本&木下(横浜)、阪神・西武のスカウト熱視線
松本・度会・木下(横浜)、阪神「指名のチャンスある」
度会隆輝(横浜)プロ志望表明、阪神が高評価
二俣翔一(磐田東)に4球団、広島「今後も追いかける」
山本雄大(霞ヶ浦)、広島・ヤクルト視察
伊藤&西田(JR東日本)、ヤクルト・日ハム熱視線
伊藤将司(JR東日本)に巨人など5球団、日ハム評価
辻垣高良(学法福島)、広島スカウト高評価
笠島尚樹(敦賀気比)プロ志望、3球団スカウト視察
スカウトと高校指導者は人のつながりがモノをいう

6月7日 
隼瀬一樹(伊香)プロ志望表明、広島スカウト好評価
中日スカウト「今年のドラフトは指名スタイル変わる」
杉浦健二郎(BC神奈川)、スカウトの前で初投球
夏の甲子園中止で見られない高校生ドラフト候補

6月5日 
大江克哉(NTT西日本)、DeNAスカウト「即戦力」
大道温貴(八戸学院大)、広島「鍛えれば面白い投手」
昨年ドラフト指名漏れの落合秀市、独立兵庫で奮闘中


常田唯斗(飯山)、進路はプロか大学進学

7/4、日刊スポーツ6面より

常田唯斗(飯山高・投手)
181cm・右投右打・動画

プロ注目の本格右腕、飯山(長野)の常田唯斗投手(動画)は、昨夏甲子園から一回りサイズアップした。182センチ、78キロ。8強に終わった昨秋県大会後、下半身強化に取り組み、スクワットの重量は20キロ増の140キロに。地道に鍛え体重は6キロ増。「いろんな種類のスクワットに取り組んできました」と課題だったスタミナへの自信が見える。

コロナ禍にも大きくメンタルが落ち込まなかった。「甲子園がなくなるのかなと思っていました。ただ、決まった時はすぐにこれからのことを考えたので、そこまでへこむことはありませんでした」。プロか大学進学か。いずれの道でも上のレベルに挑むと決めた。

持ち球もカーブ、スライダー、チェンジアップに、カットボールが加わった。今はツーシームにも取り組む。「まだ思ったように変化しないんです。まだ自分のものにできていません」。直球を軸に、変化球のキレで打たせてとる投球を目指す。



常田君のスカウト評はこちら

常田君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │高校 

プロスカウトが注目する今秋ドラフト目玉の高校生

FRIDAY 7月17日号「超高校級・金の卵たちの実力」より

来田涼斗(明石商・外野手)
1年生の時から1番バッターを任される。初出場した甲子園ではサヨナラ負けするも、2年目の甲子園ではチームをベスト4に導いた。

中森俊介(明石商・投手)
昨年、甲子園で151キロを記録。2年生としては、13年夏に安楽智大(楽天)が記録した155キロに次ぐ歴代2位となった。

高橋宏斗(中京大中京・投手)
甲子園出場は未経験だが、春のセンバツの前哨戦と呼ばれる昨年11月の明治神宮大会でチームを優勝に導き、一気にその名を轟かせた。

松本隆之介(横浜・投手)
19年のU18高校日本代表の1次候補として、2年生ながら選出された逸材。阪神、西武など3球団のスカウトが熱視線を送っている。

篠木健太郎(木更津総合・投手)
木更津総合高校の野球部で、唯一特進クラスに所属している文武両道のピッチャー。現時点では大学進学も視野に入れているという。

西川僚祐(東海大相模・外野手)
中学3年時、中学硬式野球の全国大会決勝戦でホームランを放ち、チームは見事優勝を飾った。同世代から飛ばし屋と怖れられる。

内山壮真(星稜・捕手)
奥川投手なども在籍していた強豪校・星稜の4番を1年生にして務める。2年生時には、キャプテン&捕手も任され、注目を浴びる。

井上朋也(花咲徳栄・外野手)
中学3年の時、世界少年野球大会に4番センターで出場し、チームの優勝に貢献した。好きな選手はカープの宇草だという。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら



draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │高校 

2020ドラフト、高校生ドラフト候補の人気は不変

2020年07月03日

7/2、日刊ゲンダイ26面より
球児の夏が始まった。1日、各都道府県高野連による高校野球の独自大会が、岩手を皮切りに本格的に開幕した。北奥地区予選では水沢商が強豪・専大北上を8―7で下した。

コロナ禍で夏の甲子園と地方大会が中止となり、8月に行われる甲子園交流試合に出場する32校以外の高校3年生にとっては、最後の舞台となる。6月に高校生の視察が解禁されたプロのスカウトも、逸材のチェックやまだ見ぬ才能を発掘すべく、独自大会の視察に奔走するという。

パ球団のスカウトは、「土日に試合を開催する都道府県が多く、すべてをカバーできなかったり、球場視察が認められない地方があるかもしれませんが、近年は各球団ともに育成を重視する傾向があり、高校生の視察が大事であることに変わりありません」と、こう続ける。

「今年は社会人に逸材が少ない上に、大学生もコロナ禍で実戦の機会が大幅に減った。特にコロナ感染者が多い関東圏では、明大のように今も自主練習を継続している学校もある。六大学、首都リーグの公式戦開催は早くても8月。東都は9月上旬です。

その点で高校生は、コロナ禍で春夏の甲子園、地方大会が中止され、視察機会が失われる懸念すらあったが、甲子園交流試合と合同練習会の開催が決定した。今年は、奥川(ヤクルト)や佐々木(ロッテ)のような飛び抜けた選手はいないが、中森(明石商)や井上(花咲徳栄)など好選手が多い。高校生は素材の良さや伸びしろを重視しているため、実戦経験が少ないからといって、必ずしも評価が下がることはありません」


この日は、高野連が甲子園交流試合の実施要項を発表。NHKと在阪局の朝日放送が試合を中継することが決まった。昨年のドラフトでは育成を含めて全107人が指名され、高校生は最多の50人を占めた。今年も高校生人気が続きそうだ。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │ドラフト展望 

昨年ドラフト指名漏れの落合秀市が好投

7/3、デイリースポーツ6面より

落合秀市(兵庫ブルーサンダーズ・投手)
185cm・右投右打・動画

プロ注目の149キロ右腕、関西独立リーグ・兵庫の落合秀市投手(動画)が2日、入団後初の先発を務め、5回を3安打2失点(自責1)、4奪三振と好投した。

初回、1死三塁から左前打を浴び、いきなり先制を許した。しかし、すぐに立て直し、二回から四回までは打者3人ずつで切り抜けると、五回は味方の失策で1点を失ったが、連続で空振り三振を奪うなど持ち味を発揮。「今日はスライダーのキレがよかった」と納得の表情を見せた。

昨年はドラフト会議で指名されずに悔しい思いをしたが、「マウンドでの振る舞いを見てほしい」と自身の成長をアピールした落合。このまま調子を上げ、今年こそプロ入りをつかみ取る。

(7月2日 関西独立リーグ 06ブルズ 3―1 兵庫ブルーサンダース)



落合君のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │独立リーグ 


ドラフトニュース検索