ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

今月のドラフト情報まとめ

2019年06月19日

6月19日 
森下(明治大)、広島・阪神・DeNAなど1位の可能性
森下暢仁(明治大)、佐々木ドラフトに風穴開けた
ヤクルトドラフト外入団選手、埼玉県知事に出馬表明
2019高校生のドラフト候補
2019大学生のドラフト候補
2019社会人のドラフト候補
2019ドラフト指名予想
ドラフト候補のスカウト評
12球団のドラフト情報まとめ
大学野球のスポーツ推薦合格者まとめ
大学野球4年生の進路まとめ
社会人野球の新加入選手まとめ

6月18日 
巨人がスカウト会議、大学生の候補リストアップ
ヤクルト、森下暢仁&佐々木朗希を最高ランクに
オリックス、海野隆司&佐藤都志也を上位候補に
2019ドラフト展望(日刊スポーツ)
森下暢仁(明治大)、広島・ソフトB・オリックスの声
森下暢仁(明治大)、西武「もちろん即戦力」
森下暢仁(明治大)、DeNA・西武など高評価

6月17日 
伊勢大夢(明治大)、広島が称賛「制球良くなった」
奥川恭伸(星稜)、中日「こういう投手そうはいない」
奥川恭伸(星稜)、阪神「さすがだね」と高評価
1年生・田村俊介(愛工大名電)、3球団スカウト絶賛
2019夏の甲子園、東東京大会の展望&注目選手
2019夏の甲子園、西東京大会の展望&注目選手
2019夏の甲子園、愛知大会の展望&注目選手

6月16日 
スカウトの逆襲、即戦力の呼び声高い森下(明大)
西武は今年もFA流出? 中日・巨人が獲得の可能性
2019夏の甲子園、群馬大会の展望&注目選手
2019夏の甲子園、神奈川大会の展望&注目選手
2019夏の甲子園、長崎大会の展望&注目選手

2019夏の甲子園、沖縄大会の展望&注目選手

6月15日 
中日がスカウト会議、1位は高校ビッグ4を軸に検討
ロッテがスカウト会議、捕手を最大3人指名へ
ヤクルトがスカウト会議、高校生3人は指名する方針
ヤクルトがスカウト会議、1~2位候補12人に絞る
阪神、「ドラフトで育成選手を獲得すべき」という声
元巨人ドラフト1位投手を立件へ、損失補填の疑い

6月14日 
サンスポ厳選、2019ドラフト上位候補(13人)
森下暢仁(明治大)、中日「1位で競合する選手」
森下暢仁(明治大)、西武・巨人「1位競合十分ある」
森下暢仁(明治大)、阪神「大学生投手でトップ級」
森下暢仁(明治大)、DeNA・楽天の声
森下暢仁(明治大)、ヤクルトなど3球団の声
阪神株主総会でドラフト戦略、「ドラ2・ドラ3下手」
佐々木(大船渡)に逆指名させようともくろむ球団

6月13日 
杉尾剛史(宮崎産経大)、中日「試合を作れる投手」
橋本侑樹(大阪商大)、阪神「左で魅力的」
宮田輝星(福岡大)、ロッテ「足は一番目立ってる」
伊勢大夢(明治大)、広島「面白い存在」
巨人のドラフト展望、1位指名どうなる?
154キロ右腕・福森耀真(九産大)、4回途中降板
高卒新人・山下航汰(巨人)、イースタン打率2位に

6月12日 
海野隆司(東海大)、巨人・楽天・ヤクルト高評価
海野隆司(東海大)、阪神「やっぱり肩がいい」
海野隆司(東海大)、ソフトB「甲斐みたいになれる」
海野隆司(東海大)、ロッテ「大学ナンバー1捕手」
海野隆司(東海大)、日ハム・ロッテ・巨人などの声
坂本裕哉(立命館大)、阪神「各球団が評価上げた」
津森宥紀(東北福祉大)、阪神「キレがある」
杉尾剛史(宮崎産経大)、ヤクルト「大人の投球できる」
オリックス・福良GM、大学生ドラフト候補チェック
広島&巨人、大学生捕手のドラフト候補に熱視線

6月11日 
杉山晃基(創価大)、巨人「力を入れてる球は魅力」
杉山晃基(創価大)、巨人「菅野に似ている」
杉山晃基(創価大)、阪神・ヤクルトが高評価
杉山晃基(創価大)、オリックス「排気量が違う」
杉山晃基(創価大)、ソフトB「ボールに力がある」
大西広樹(大商大)、中日・阪神「12人の中に入る」

6月10日 
日本ハムがスカウト会議、外れ1位12人リストアップ
奥川恭伸(星稜)、3球団のスカウト視察
無免許・買春・詐欺、ドラフト6位入団選手の末路

6月9日 
2019ドラフト展望(日刊ゲンダイの見解)
井上広輝(日大三)、西武など11球団スカウト集結
井上広輝(日大三)、巨人「素材がいい」
高校通算52本塁打の石川昂弥(東邦)は不発
谷岡楓太(武田)152キロマーク、巨人など4球団視察
昨年指名漏れの岩本喜照(日本新薬)が好救援

6月8日 
堀田賢慎(青森山田)に12球団集結、148キロ計測
ドラ1候補・佐々木(大船渡)、三陸鉄道とのある関係
巨人の暗黒ドラフト、2015年ドラフト組の逆襲
ドラフト目玉続々出現、怪物王国岩手県の秘密

6月7日 
侍ジャパン大学日本代表候補44人発表
片山勢三(パナソニック)、9球団スカウト視察
あのドラフト選手は今、矢貫俊之(ドラフト3位)

6月6日 
太田龍(JR東日本)に10球団、巨人・ロッテ高評価
太田龍(JR東日本)、DeNA「素材が素晴らしい」
太田龍(JR東日本)、ロッテ「1位12人に入ってくる」
サイン盗みで抗議の星稜・林監督、指導に復帰

6月5日 
オリックススカウト会議、「佐々木を見てみたい」
落合秀市(和歌山東)、ドラフト2位で消える可能性
上田大河(大商大高)、即プロより大学社会人経由で

6月4日 
日本ハム、早くもドラフト1位を公表した狙い
宮田康喜(日本製鉄広畑)、オリックスが高評価

6月3日 
日本ハム、佐々木朗希(大船渡)1位指名を明言
パ・リーグ6球団のドラフト1位展望
セ・リーグ6球団のドラフト1位展望
佐々木朗希(大船渡)、楽天・西武・ロッテの声
佐々木朗希(大船渡)、ソフトB・中日など4球団の声
及川雅貴(横浜)、阪神「バランスよくなった」
及川雅貴(横浜)、西武「最後まで追いかけたい」
住谷湧也(近江)、監督「将来プロへ行ける」
スカウトの逆襲、佐々木(大船渡)の数値

6月2日 
中日、奥川恭伸(星稜)に熱視線
奥川恭伸(星稜)に11球団集結、阪神が好評価
奥川恭伸(星稜)、巨人・ヤクルトが投球術評価
奥川恭伸(星稜)、楽天「格が違う」
奥川恭伸(星稜)、ヤクルト・中日が絶賛
重吉翼(日本航空石川)、中日「夏まで見てみたい」
木下元秀(敦賀気比)、外野手としてプロ目指す
西武、一本釣り戦略やめてドラフト目玉で勝負か?

6月1日 
宮城大弥(興南)、巨人・西武「上位の可能性あり」
園田龍矢(伯和ビクトリーズ)、150キロマーク

5月31日 
今年のドラフト会議は10月17日に開催決定
高卒新人・阪口(熊本Gラークス)、早くも本塁打7本
元オリックス選手、詐欺・窃盗容疑で逮捕
高卒2年目・山口(広島)、あわや無安打無得点の快投

5月30日 
昨年指名漏れの岡野(東芝)、「今年はチャンス」
あのドラフト選手は今、片山大樹(ドラフト4位)

5月29日 
阪神がスカウト会議、高校四天王に熱視線
阪神がスカウト会議、佐々木(大船渡)を最上位評価
阪神がスカウト会議、河野・立野を1位候補に
河野竜生(JFE西日本)、中日・広島・楽天が高評価
平岡航(伯和ビクトリーズ)、スカウト陣に実力示した

5月28日 
今年のドラフト会議から2位以下の指名方式を変更
宮川哲(東芝)、ヤクルト・楽天「1位12人に入る」
宮川哲(東芝)に12球団、ロッテ「上位に入る」
佐藤輝明(近畿大)、来年ドラフト1位で欲しい逸材
砂田毅樹(DeNA)、5000万円金銭トラブルの真相

5月27日 
宮城大弥(興南)、「楽天・松井裕樹と互角」の声
及川雅貴(横浜)に西武など視察、阪神が高評価
上野響平(京都国際)、阪神など5球団視察
佐々木朗希(大船渡)、メジャースカウト熱視線

5月26日 
前佑囲斗(津田学園)に9球団、中日・楽天が高評価
前佑囲斗(津田学園)、ヤクルト「センスを感じる」
佐々木朗希(大船渡)、巨人「一球一球のレベル高い」
佐々木朗希(大船渡)、阪神「変化球良くなった」
森下暢仁(明大)、ロッテ「大学・社会人でダントツ」
山野太一(東北福祉大)、メジャースカウト高評価
奥川恭伸(星稜)、中日「真っすぐの質すばらしい」
奥川恭伸(星稜)、阪神・広島・中日が視察

5月25日 
大江克哉(NTT西日本)、5球団のスカウト視察
中日3位・勝野、巨人相手にプロ初勝利
1年生・森下翔太(中大)、満票でベストナイン獲得
山本武白志(DeNA戦力外)、クリケットに転向

5月24日 
太田龍(JR東日本)、10球団スカウト集結も・・・
米田知弘(大阪大谷大)、阪神・巨人など5球団視察
森敬斗(桐蔭学園)、「ドラフト2位で消える」の声

5月23日 
広島がスカウト会議、上位候補16人の映像チェック
広島がスカウト会議、1位有力候補に佐々木(大船渡)
立野和明(東海理化)、中日「欲しい選手」
立野和明(東海理化)、阪神スカウト8人態勢で熱視線
立野和明(東海理化)、巨人・日ハム・ロッテなどの声
米田知弘(大阪大谷大)、日本ハムスカウトが視察
成瀬脩人(東海大菅生)、パ・スカウトが守備力絶賛

5月22日 
ドラフト戦線異状あり、佐々木の評価は下り坂か?
八木玲於(天理大)、阪神・巨人など4球団視察
巨人、来年のドラ1は西川(東海大相模)という噂
プロ注目・宮城大弥(興南)、3年連続甲子園目指す

5月21日 
玉村昇悟(丹生)、ヤクルト「注目してみていく」
玉村昇悟(丹生)、巨人「さらに上がれば楽しみ」
阪神、岡林勇希(菰野)をリストアップ
橋本大樹(山村学園)、中日「夏までじっくり見たい」
西舘勇陽(花巻東)、DeNA・楽天が高評価
栗田和斗(知徳)、プロ12球団スカウトが視察済み
ドラフト目玉・佐々木朗希(大船渡)、故障疑惑浮上

5月20日 
西純矢(創志学園)、巨人・ソフトバンク高評価
スカウトの逆襲、佐々木(大船渡)のメジャー入り
西武1位・松本航、松坂以来20年ぶりの快挙


ヤクルトドラフト外入団選手、埼玉県知事に出馬表明

6/19、サンケイスポーツ21面より

1984ヤクルトドラフト外 青島健太
東芝・内野手

元プロ野球・ヤクルト内野手でスポーツライター、青島健太氏(1984ドラフト外)が18日、さいたま市内で会見を行い、埼玉県知事選(8月8日告示、同25日投開票)に無所属で立候補することを表明した。

ヤクルト時代、同球団初の公式戦初打席で本塁打という鮮烈なデビューを飾ったが、61歳で飛び込む新たな世界へは真逆の態度で覚悟のほどを表明した。「知事選という球を、センター前に真っすぐ打ち返す。初打席でホームランとはいえないが、手堅く、死球でも四球でも、どんなことがあっても一塁にたどり着きたい」

ヤクルト時代の1985年5月11日の阪神戦では、同球団初の公式戦初打席で本塁打を放ち、鮮烈なデビューを飾った青島氏。初挑戦の選挙戦について、当選を目指す覚悟を「一塁にたどり着く」と表現した。

新潟市に生まれ、6歳から埼玉県草加市育ち。慶大法学部政治学科出身で、今年に入ってから「私なら埼玉県をどうするのか」と知事選を意識し始めた。昨年からスポーツ関係の会合で自民党関係者らと接触してきたことが下地になり、13日に自民党埼玉県連から出馬要請を受けた。無所属で出馬するが、推薦を受ける見通し。

会見では「埼玉県が大好き。これほどやりがいのあるチャレンジはない。ひるまずに前に進んでみようと決意した」と元気にアピール。「青島県政」について「仕事で意識してきたのは、スポーツをどう社会の中で役立てるのかということ。それが一番ダイナミックにやれるのは行政」と健康な地域社会づくりを掲げた。

また、来夏の東京五輪・パラリンピックなどを踏まえ、「メダリストではなくても、地域への貢献などで活躍するアスリートを表彰したい」と「埼玉フェアプレー賞」の創設を口にした。一方、政治や行政の実務経験がないことを危惧する声に対しては「政治経験がないことを私の武器にしたい。しがらみなく真っすぐに物事が見られる」と強調した。

知事選を巡っては、現在4期目の上田清司氏が15日に不出馬を表明。大野元裕参院議員と、希望の党を離党した行田邦子参院議員が立候補を表明している。大野氏は18日、国民民主党に離党届を提出した。大野氏は青島氏にとって、慶大4年時に教育実習を務めた慶応高1年のクラスで、日本史を教えた元教え子。



青島健太は1984ドラフト外でヤクルトに入団。プロでの成績はこちら



森下(明治大)、広島・阪神・DeNAなど1位の可能性

6/19、日刊ゲンダイ30面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

あるベテランスカウトによれば、「ドラフト1位クラスの選手が大会で活躍したところで、その評価が変わるわけではない。大学、社会人の1位候補であれば即戦力として判断され、契約金1億円プラス出来高5000万円と相場が決まっている」という。

例えば、明大の森下暢仁(動画)だ。17日の大学選手権決勝で佛教大から10奪三振で1失点完投。準々決勝の対東洋大戦に続く2試合連続完封は逃したものの、明大を38年ぶりの頂点に導き、今大会の最高殊勲選手賞と最優秀投手賞を獲得した。

今秋のドラフト1位候補というプロ側の評価自体は定まっているが、「九回になっても150キロの速球を投げるスタミナ、走者を出してから変化球を低めに集められる制球力などが改めて証明された。実戦向き、勝てる投手ということがわかっただけに、来年に勝負をかけたり、先発のコマ不足に悩む球団は、1位指名を大船渡の佐々木朗希や星稜の奥川恭伸らの高校生から即戦力投手の森下に乗り換えるかもしれない」とは前出のスカウトだ。

複数の球界関係者の話を総合すると、阪神、DeNA、広島、西武あたりに1位指名する可能性が出てきたという。

「指名が重複したからといって、契約金の額が変わるわけではないが、4、5球団の指名が重なった場合には、入団交渉で多少、色が付くケースも中にはある。例えば、家族がキャンプや試合を見に行く際の交通費を何往復分、球団がもつなどという条項を契約に盛り込んだりね」とは別の球団のスカウトだ。



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │広島 | 阪神

森下暢仁(明治大)、佐々木ドラフトに風穴開けた

6/19、夕刊フジ終面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

決勝進出自体38年ぶりの大一番で、明大・森下(動画)は最速152キロの速球にカーブ、チェンジアップなどを織り交ぜ、10三振を奪い105球で1失点完投勝利。大会最高殊勲選手賞と最優秀投手賞を両取りした。

優勝会見で森下が「まだまだレベルアップして、秋も優勝して、神宮大会で日本一を目標に置きたいと思います」ときまじめに答えていると、善波達也監督が「ドラフトのこととか言っちゃえよ。“高校生には負けねぇ~ぞ”とかさ」とまさかの横やり。森下は「高校生には負けられない」と“言わされた感”満載で答えた。

会見後、気になる高校生を聞かれた森下は「注目されている163キロの佐々木」と即答。いまや今秋ドラフトで人気を二分するとみられる高校生を、監督ともどもライバル視しているようだ。

森下は「高校生とは4つ年の差がありますし、いろいろ経験できている。大学4年間も悪くない。たくさん成長したと思っている。大学に入って野球を学んだので」と意地をのぞかせる。大分商高3年時には、甲子園出場を逃しながら高校日本代表に選出され、プロの評価も高かったが、明大進学を選択した。それだけに負けられないという思いは強い。

佐々木は163キロをマークしたことで騒がれ、日本ハムは早くも、10月17日のドラフト会議で1位指名することを明言。しかし甲子園に出場したことはなく、大舞台でどれほど活躍できるかは未知数といえる。発達途上の体に驚異的なポテンシャルを秘めているが、高校生だけに故障のリスクと背中合わせ。育成下手な球団に入れば、才能を開花できずに終わる可能性もある。

一方の森下は最速155キロに加え、多彩な変化球を駆使。巨人はこの日、都内でスカウト会議を開き、森下を「Aランク」としてリストアップした。

長谷川国利スカウト部長は「いいのは分かっている。高校のときからずっと追いかけてきた。(高校時代も)プロ志望届を出せば、2番目ぐらいで上がっていた選手だった。内野手としても、投手ではないような動きができるし、野球センスがすごくいい」と絶賛する。

そんな森下に、スタンドで観戦した明大伝説のOB陣も大きな期待を寄せる。明大野球部OB会長で元大洋(現DeNA)監督の土井淳氏は「見た限りでは超一流。技術面だけではなく、精神面も兼ね備えている。練習を見ていると、自分自身の感覚で、考えて反省しながら次に向かっている」と評価する。

かつての中日のエースでプロ通算215勝を誇り“フォークの神様”の異名を取った杉下茂氏も明大OBで、「投手がしっかりしているから、いいゲームができる。非常にまとまっていて、いいですね」とご満悦。8回まで87球で完封目前も、9回に1点を失った森下に「欲をいえば、へばらずに、7回ぐらいからペースがガ~ンと上がるような投手になってほしい。それが完投のコツ」と課題を突きつけた。

明大は近年も、川上憲伸(1997中日1位)野村祐輔(2011中日1位)柳裕也(2016中日1位)らドラフト1位の投手を輩出している。土井氏は「森下君はその3人の大学時代と同レベル。フォームがきれいで、球にキレがある」と評する。

杉下氏は「憲伸は中日に入ってから伸びましたよ。森下君もまだまだこれからでしょう。見たところひ弱い感じ(180センチ、75キロ)がする。どちらかというと上半身で投げている。下半身を強くして、下半身で踏ん張ってから腕を振れば、もっと体を使える」と注文をつけた。



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │大学 

オリックス、海野隆司&佐藤都志也を上位候補に

2019年06月18日

6/18、日刊スポーツ5面より
オリックスが全日本大学選手権で活躍した東海大・海野隆司捕手(動画)東洋大・佐藤都志也捕手(動画)を今秋ドラフトの上位候補にリストアップしていることが17日、分かった。球団関係者は「若月に続く若手捕手の補強が今秋ドラフトのテーマの1つ」と話している。

海野は今春の首都リーグで打率3割1分6厘で、大学随一の強肩を誇る。佐藤は攻守に加え、50メートル5秒9の足も兼ね備える。2年春に東都リーグの首位打者を獲得。今春は打率3割6厘、主将として2季ぶりのリーグ制覇に導いた。



海野君(東海大)のスカウト評はこちら

佐藤君(東洋大)のスカウト評はこちら




draftkaigi at 07:35|この記事のURL│ │オリックス 


ドラフトニュース検索