ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

今月のドラフト情報まとめ

2019年08月21日

予想コンテスト
2019夏の甲子園予想コンテスト

8月21日 
甲子園ドラフト候補総括(夕刊フジ)
日本ハムがスカウト会議、指名候補75人に絞り込み
奥川恭伸(星稜)、阪神が高評価「プロの投手みたい」
奥川恭伸(星稜)、ロッテが異例の連日視察
藤田健斗(中京学院大中京)、プロ志望届提出を明言
2019高校生のドラフト候補
2019大学生のドラフト候補
2019社会人のドラフト候補
2019ドラフト指名予想
ドラフト候補のスカウト評
12球団のドラフト情報まとめ

8月20日 
奥川恭伸(星稜)、評価高騰でドラ1競合確実に
阪神、ドラ1最有力候補に奥川恭伸(星稜)
日本ハム、杉山晃基(創価大)リストアップ
国際ドラフト、日本アマチュア選手はカヤの外
秋山翔吾(西武)、海外FA権を行使することが確実に

8月19日 
井上広大(履正社)、阪神スカウト高評価
武岡龍世(八戸学院光星)、プロ志望届提出を明言
中森俊介(明石商)、来年ドラフト目玉候補に名乗り
プロ注目・石井巧(作新学院)、大学進学予定
ソフトバンク、ドラフト1位コンビが好調

8月18日 
奥川恭伸(星稜)、怪物江川に並ぶ23奪三振マーク
中日、奥川恭伸 (星稜)を異例の3試合連続視察
奥川恭伸(星稜)、阪神・楽天・ロッテの声
奥川恭伸(星稜)、ヤクルトなどスカウト絶賛の嵐
東妻純平(智弁和歌山)、プロ志望届提出を明言
木下元秀(敦賀気比)、プロ志望届提出を明言
堀裕貴(高岡商)、プロ志望届提出を明言
黒川史陽(智弁和歌山)、進路未定も「プロ入り夢」

8月17日 
奥川恭伸(星稜)、スカウトが明かす本当の評価
甲子園ドラフト候補総括、掘り出し物は?
ソフトバンク、佐々木(大船渡)密着マークへ
ロッテがスカウト会議、高校生34人に絞り込み
プロ注目・遠藤成(東海大相模)、進路の明言せず
甲子園ドラフト候補、行きたい球団・好きな球団
甲子園ドラフト候補、行きたくない球団・嫌いな球団

8月16日 
阪神、前佑囲斗(津田学園)を上位指名候補に
巨人注目の藤田健斗(中京学院大中京)、強豪に挑む
ロッテ大卒新人トリオ好調、ドラ3・中村が活躍

8月15日 
プロ注目・飯塚脩人(習志野)、大学進学を希望
阪神、奥川恭伸に熱視線も高校球界は育成力疑問視
ロッテドラ3・小島、甲子園優勝投手がプロ初勝利
日ハムドラ4・万波、高卒新人1軍デビュー
高卒2年目・村上(ヤクルト)、打点セリーグ1位に

8月14日 
ソフトバンクスカウトの甲子園ドラフト候補総括
甲子園ドラフト候補総括(日刊ゲンダイ)
奥川恭伸(星稜)、中日・楽天・ロッテなど熱視線
奥川恭伸(星稜)、オリックス・中日が高評価
笹倉世凪(仙台育英)、「楽天・松井クラス」の声
前佑囲斗(津田学園)、プロ志望届提出を明言
ロッテドラ2・東妻が2勝目、弟はドラフト候補

8月13日 
中日スカウトの甲子園ドラフト候補総括
巨人スカウトの甲子園ドラフト候補総括(報知)
巨人スカウトの甲子園ドラフト候補総括(日刊)
ヤクルトスカウトの甲子園ドラフト候補総括
デイリースポーツの甲子園ドラフト候補総括
中スポ厳選、甲子園ドラフト候補注目選手(10人)
阪神がスカウト会議、奥川(星稜)を最上位候補に
阪神がスカウト会議、井上&奥川の評価上昇
阪神、韓国開催のU18W杯にスカウト派遣せず
ヤクルトがスカウト会議、高校生40人に絞り込み
中日がスカウト会議、「ドラフト上位は投手中心」
武岡龍世(八戸学院光星)、ロッテ「打撃よくなった」
中日ドラ2・梅津、遅れてきた大器がプロ初勝利

8月12日 
遠藤成(東海大相模)、巨人が高評価「体の強さある」
遠藤成(東海大相模)、スカウトは野手として評価
韮沢雄也(花咲徳栄)、プロ志望届提出を明言
プロ注目・西舘昂汰(筑陽学園)、大学進学予定
近江プロ注目バッテリー・有馬は大学、林は社会人へ
楽天ドラ6・渡辺、横浜高校前監督の孫が大活躍

8月11日 
夏の甲子園、金の卵選手リスト(23人)
プロ注目・野村健太(山梨学院)、大学進学予定
スカウトの逆襲、佐々木朗希(大船渡)
DeNAドラ2・伊藤、衝撃の2打席連続本塁打
阪神ドラ1・近本、吉田義男に並ぶ119安打達成
新人選手の1軍成績(2018ドラフト入団組)

8月10日 
常田唯斗(飯山)、中日「来年追い掛けたい素材」
佐々木(大船渡)の体力不足問題、楽天GMが異議
香川卓摩(高松商)、志望届は出さず社会人野球へ
DeNAドラ2・伊藤、1軍戦でマルチ安打達成

8月9日 
2019ドラフト展望、奥川と佐々木で人気を二分か?
ドラフト戦線異変あり、中日の奥川一本釣りに待った
東妻純平(智弁和歌山)、阪神「パンチ力ある」
阪神、「1位指名は大学・社会人の投手」のウワサ
持丸泰輝(旭川大高)、プロ志望届提出へ

8月8日 
奥川恭伸(星稜)、12球団スカウトの声
奥川恭伸(星稜)、西武・楽天・中日・ヤクルトの声
中日・ヤクルト・ロッテ、「奥川は佐々木より上」
鈴木寛人(霞ヶ浦)、広島「外れ1位でもおかしくない」
鈴木寛人(霞ヶ浦)、中日・広島「上位指名もある」
前佑囲斗(津田学園)、阪神「春よりキレ良くなった」
前佑囲斗(津田学園)、巨人が制球面を評価
前佑囲斗(津田学園)、日ハム・阪神の声
前佑囲斗(津田学園)、中日「伸びしろ十分ある」
阪神、井上広大(履正社)リストアップ
井上広大(履正社)、阪神「ホームラン見事」
能登嵩都(旭川大高)、日ハム好評価も大学進学

8月7日 
進藤勇也(筑陽学園)、ドラフト上位候補の声
武岡龍世(八戸学院光星)、DeNA高評価「動きいい」
沢野聖悠(誉)、プロ志望届提出へ
奥川恭伸(星稜)、ドラフト1番人気になる可能性も
楽天ドラ4・弓削、16イニング連続無失点の快投

8月6日 
中日、ドラフト1位は奥川恭伸(星稜)有力に
阪神、今秋ドラフトで捕手の獲得めざす
阪神、山瀬慎之助&東妻純平をリストアップ
沢野聖悠(誉)プロ志望、複数球団リストアップ
巨人が9月22日に入団テスト、学生プロ志望届必須
夏の甲子園、注目投手(日刊スポーツ)
夏の甲子園、注目打者(日刊スポーツ)

8月5日 
夏の甲子園、スカウトから聞いた球児の下馬評
夏の甲子園、注目のスラッガー5人
夏の甲子園、将来楽しみな全国のイチ推し球児
夏の甲子園、スポーツ紙記者の優勝予想
スカウトも注目した神奈川の逸材たち

8月4日 
甲子園出場の高校生ドラフト候補(サンスポ厳選13人)
夏の甲子園、展望と注目選手(中スポの見解)
夏の甲子園、展望と注目選手(サンスポの見解)
夏の甲子園、展望と注目選手(報知の見解)
夏の甲子園、展望と注目選手(日刊の見解)
夏の甲子園、展望と注目選手(デイリーの見解)

8月3日 
夏の甲子園、「不作を通り越して凶作」という声
高校生がプロで成功するための条件とは・・・
夏の甲子園、本日午後4時から組み合わせ抽選会
ヤクルト、最下位でも補強なしの裏事情
高卒新人・万波(日ハム)、2軍でチーム1位の本塁打

8月2日 
DeNA、佐々木(大船渡)指名回避のウワサ
甲子園を逃した高校生のドラフト候補選手(20人)
西武ドラ7・佐藤、1軍で3安打4打点の大活躍
高卒2年目・村上(ヤクルト)、松井秀喜超えの21号弾

8月1日 
夏の甲子園、優勝争いとプロ注目選手(その1)
夏の甲子園、優勝争いとプロ注目選手(その2)
佐々木朗希(大船渡)の争奪バトル、吉本興業も参戦
高卒2年目・山本(中日)、167cm右腕がプロ初勝利

7月31日 
夏の甲子園代表49校、スポーツ紙の評価
中日、ドラフト1位指名に直結する拡販問題
スカウト泣かせの某高校監督のウワサ
巨人、今オフFA補強で「内海哲也出戻り」のウワサ
DeNAドラ1・上茶谷、球団新人記録の6連勝マーク
楽天ドラ4・弓削、球団史上2人目の初勝利初完封

7月30日 
12球団のドラフト1位予想(スポーツ報知)
巨人がスカウト会議、佐々木(大船渡)密着マークへ
巨人、河野竜生(JFE西日本)を1位候補に追加
オリックス、河野竜生(JFE西日本)を上位候補に
井上広大(履正社)、楽天「長打打てるのが魅力的」
紅林弘太郎(駿河総合)、中日「高校生上位レベル」
紅林(駿河総合)進路はプロか社会人、6球団視察
奥川恭伸(星稜)、巨人・菅野が絶賛「あれは上物」

7月29日 
怪物1年生・森木大智(高知)、楽天が高評価
巨人、東海大相模の2年生3人を高評価
上野響平(京都国際)、プロ志望届提出へ
スカウトの逆襲、他球団関係者から得た情報
高卒新人・小園(広島)2号弾、52年ぶり3人目の快挙

7月28日 
ドラフト戦線異変あり、佐々木からベタ降りする球団
西純矢(創志学園)に7球団、ロッテ・阪神が高評価
井上温大(前橋商)、プロ志望表明
150キロ右腕・河野佳(広陵)、社会人野球へ
プロ注目・村田賢一(春日部共栄)、大学進学希望

7月27日 
井上広大(履正社)、阪神スカウト5人態勢で熱視線
吉田力聖(光泉)、プロ志望届提出へ
岡林勇希(菰野)、進路は大学かプロ
佐々木朗希(大船渡)、某球団スカウトは不満顔
中日、佐々木(大船渡)1位指名をOBが熱望
坂元創(春日)、プロ志望届は出さず大学進学
広島ドラ1・小園海斗、高卒新人39年ぶりの快挙
広島、主力の大量流出危機を止められるか?

7月26日 
佐々木朗希(大船渡)登板回避、右肘に違和感
夏の甲子園、プロスカウト注目スラッガーはこの3人
坪井悠太(大阪偕星学園)、プロ志望届提出へ
及川雅貴(横浜)プロ志望表明、「周囲と相談」
玉村昇悟(丹生)、「プロ志望届出す可能性高い」
西純矢(創志学園)、西武「スライダー素晴らしい」
西純矢(創志学園)、阪神「去年からだいぶ成長した」
怪物1年生・森木大智(高知)、148キロマーク
阪神、佐々木朗希(大船渡)を改めて高く評価
佐々木(大船渡)登板回避、中日・巨人スカウトの声
プロ注目・赤坂諒(上野学園)、野球やめる可能性も

7月25日 
落合秀市(和歌山東)プロ志望表明、12球団熱視線
落合秀市(和歌山東)阪神5人態勢、米スカウトも注目
井上広輝(日大三)進路は未定、ソフトバンク高評価
石塚綜一郎(黒沢尻工)、プロ志望届提出へ
重吉翼(日本航空石川)、プロ志望も「変わる可能性」
佐々木朗希(大船渡)、メジャー5球団も熱視線
佐々木朗希(大船渡)、阪神・中日・巨人の声
奥川恭伸(星稜)に10球団、巨人・オリックス評価
奥川(星稜)、オリックス・阪神・西武・DeNAの声
奥川恭伸(星稜)、中日「投手センスに長けている」

7月24日 
浅田将汰(有明)プロ志望表明、5球団スカウト視察
西純矢(創志学園)に9球団、阪神「1位候補の評価」
西純矢(創志学園)、DeNA・ロッテの声
武岡龍世(八戸学院光星)、日ハム「守備センスある」
近藤遼一(八戸学院光星)、日ハム「よく打つよね」
米山魁乙(昌平)、ソフトバンク「十分候補になる」
紅林弘太郎(駿河総合)、9球団のスカウト視察
藤田凌(岐阜各務野)、中日など数球団チェック
常田唯斗(飯山)、「来年ドラフト候補に入る」の声

7月23日 
及川雅貴(横浜)に7球団、DeNA・西武が高評価
及川雅貴(横浜)、巨人「順調に成長している」
赤坂諒(上野学園)に5球団、広島・楽天が評価
赤坂諒(上野学園)、楽天・中日の声
鈴木寛人(霞ヶ浦)に5球団、ロッテが高評価
落合秀市(和歌山東)、西武「素材はトップクラス」
玉村昇悟(丹生)、9球団のスカウト視察
岩本大地(石岡一)、阪神・ロッテなど複数球団視察
プロ注目・岩本大地(石岡一)、大学進学希望
プロ注目・茶谷哲兵(西宮東)、大学進学予定
佐々木朗希(大船渡)、日米スカウト悲鳴

7月22日 
宮城大弥(興南)プロ志望表明、オリックス高評価
谷岡楓太(武田)プロ志望表明、中日など視察
奥川恭伸(星稜)、阪神「モノが違う」
西純矢(創志学園)、ロッテ・西武・広島が視察
西純矢(創志学園)、広島「上位候補の評価不変」
佐々木朗希(大船渡)、巨人・西武・中日・阪神の声
紅林弘太郎(駿河総合)、中日・西武など視察
高田琢登(静岡商)、広島「来年が楽しみな投手」
石田裕太郎(静清)、中日・ロッテが熱視線
飯島一徹(東農大三)、プロスカウト視察
宮川哲(東芝)、巨人・広島が高評価


甲子園ドラフト候補総括(夕刊フジ)

8/21、夕刊フジ終面より
今夏の甲子園も22日に予定される決勝を残すのみ。今大会の出場選手では、星稜のエース・奥川恭伸投手(動画)がずば抜けた評価を得た。今秋のドラフト会議で大船渡の163キロ右腕、佐々木朗希投手と並ぶ目玉となることは間違いない。

一方、奥川以外となると1位候補に名前が挙がりそうな選手は見当たらず、“凶作”の大会との見方もあった。その中でもキラリと光る個性でスカウトの目を奪った有力株とは・・・。

大会前から予想されていた通り、101回目の夏の甲子園大会は奥川のための大会となった。初戦の1回戦・旭川大高戦で94球3安打9奪三振完封劇で投球術を披露したかと思えば、屈指の強打を誇る3回戦の智弁和歌山戦では最速154キロを連発し、23奪三振1失点(自責0)と仁王立ち。

延長14回165球を投げ抜いた是非はともかく、圧倒的な存在感を示した。延長11回に足がけいれんした際には、相手の黒川史陽内野手から熱中症対策の漢方薬が届けられ、試合後には「日本一になってくれ!」と激励されて校歌を歌いながら号泣。高校野球ファンの胸を熱くした。すでに日本人が熱く長く愛する甲子園のヒーローの資格を手にしているようにみえる。

この奥川と小学校時代からバッテリーを組んできた星稜・山瀬慎之助捕手(動画)も二塁送球1.9秒の強肩でスカウトの目を引いた。セ・リーグ球団のベテランスカウトは「肩は高校生離れしている。奥川とセットで獲りに行く球団が出てもおかしくはない。打撃に関しては力強さが出てこないのが残念」と課題も口にした。

捕手のポジションは比較的人材豊富だ。近江の有馬諒(動画)中京学院大中京の藤田健斗(動画)智弁和歌山・東妻純平(動画)の各捕手の中では、有馬が大学進学の方針。藤田は山瀬とともに巨人・長谷川スカウト部長が強肩捕手として名前を挙げている。東妻は兄の勇輔投手が同じ智弁和歌山から日体大を経て入団したロッテが、昨年から動向をチェックしている。

投手として奥川に次ぐ評価を得ているのが津田学園の本格派右腕、前佑囲斗投手(動画)日本ハムの大渕スカウト部長は「ベースの上で威力が落ちないことが一番の魅力。ウチの吉田輝星と同じイメージの直球」と昨夏甲子園で大ブレークしたドラフト1位ルーキーに例えた。親会社の主要販売圏でもある三重県出身とあって中日も送る視線は熱い。

霞ケ浦の186センチ右腕、鈴木寛人投手(動画)は初戦の履正社戦で2回1/3を7失点と打ち込まれたが、広島の苑田統括スカウト部長は「直球に角度を出せる。上位評価は変わらない」とうなずく。同校から2017年ドラフトで遠藤淳志投手を5位指名、今季1軍に定着しているだけにパイプは太い。

その鈴木から1回戦に詰まりながらも左翼席へ本塁打を放った履正社の井上広大外野手(動画)は187センチ、95キロの雄大な体格。貴重な右打ちの大型スラッガーは選抜の星稜戦では敗れはしたものの、右翼から強烈な三塁送球をみせて度肝を抜くなど身体能力の高さで注目を集めている。

東海大相模の遠藤成内野手(動画)は背番号6ながら初戦の近江戦で7回1/3を1失点(自責0)と好投。降板後は遊撃の位置で守備の要を務めた。系列の東海大に進学する可能性が高いとされるが、プロ志望届を出した場合に備えてスカウト陣はチェックに余念がない。

3年生に上位候補が少ない半面、1、2年生に来年以降が楽しみなスター候補が多い。星稜に準々決勝で敗れた仙台育英の笹倉世凪(動画)伊藤樹(動画)の両投手はともに1年。笹倉は甲子園で高校入学後最速の145キロをマークし、伊藤も中学時に軟式球で記録した自己最速の144キロに並ぶなど聖地で才能を発揮。

背番号2を背負った木村航大捕手も同じく1年で秀光中時代から2人とバッテリーを組んできた。来年、再来年の成長が期待できる逸材だ。

東海大相模の1年・石田隼都投手は中京学院大中京戦の先発に抜擢され、5回1失点の好投。183センチの大器は中学時代には野茂ジャパンに選出され、エースとして活躍した。来年以降名門のエースとして躍進を担えるか。

明石商で不動の1番・中堅の来田涼斗外野手(動画)151キロ右腕のエース、中森俊介投手(動画)はともに2年。星稜で1年時から4番・遊撃を務める内山壮真内野手履正社で3番・三塁に入る小深田大地内野手も来年のドラフトで名前が挙がりそうな注目の2年生スラッガーだ。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL│ │高校 

奥川恭伸(星稜)、阪神が高評価「プロの投手みたい」

8/21、デイリースポーツ4面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

伝説のフィナーレへ、自ら舞台を整えた。星稜が準優勝した1995年以来2度目の決勝進出を決めた。先発志願した今秋ドラフト1位候補・奥川恭伸投手(動画)は87球を投げ7回2安打無失点10奪三振、打っては今大会初安打となる2点適時二塁打の活躍を見せた。

休養日を挟んで行われる22日の決勝は今春センバツで完封した履正社との再戦。ここまで自責点0の右腕が悲願の日本一へ最後のマウンドに挑む。

~以下、奥川のスカウト評~

▼阪神・畑山統括スカウト
「スライダーが変わったよね。打者の体の近くでグッと曲がる。自分の打ち取るスタイル、パターンが確立できているのが強み。プロのローテーション投手みたいなピッチングができる」

▼阪神・谷本球団本部長
「テレビで見ていました。いい投手ということは分かっていますので。スカウトは決勝も見に行くでしょう。任せていますので。U-18(高校日本代表)にも選ばれていましたね。26日(大学日本代表との壮行試合)は見に行きます」


(8月20日 甲子園大会準決勝 星稜 9-0 中京学院大中京)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL│ │阪神 

藤田健斗(中京学院大中京)、プロ志望届提出を明言

8/21、デイリースポーツ4面より

藤田 健斗 (中京学院大中京高・捕手)
173cm・右投右打・動画

今秋ドラフト候補の中京学院大中京の藤田健斗捕手(動画)が、プロ志望届を提出することを明かした。準決勝での敗退が決まった試合後、目を潤ませながら「プロ一本でいきたい」と力強く宣言。滴り落ちる涙を拭い、心を奮い立たせ、次の夢に向け歩き出した。

星稜・奥川の圧倒的な投球になすすべなく抑え込まれ、反発力すら生み出せない。藤田は七回に右前打を放って一矢報いたが、2回戦や3回戦で大量得点を奪い、大逆転したミラクルセブンの再現とはならなかった。「失投が1球あるかないかで。思い切って腕を振ってきたスライダーには、(バットが)止まらなかった」

今春の侍ジャパン高校代表候補の合宿では、ともに汗を流した。「出し切って負けたので、悔いはない」。甲子園では4試合に出場して打率・467。主将として、扇の要として、4番打者として、ベスト4に導いた藤田。奥川へのリベンジはプロの舞台で果たす。

(8月20日 甲子園大会準決勝 星稜 9-0 中京学院大中京)



藤田君のスカウト評はこちら

藤田君のバッティング動画は
こちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │プロ志望届 

奥川恭伸(星稜)、ロッテが異例の連日視察

8/21、スポーツ報知終面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

余力たっぷりにお立ち台に登った。星稜・奥川(動画)は7回を87球で2安打無失点。「少なく終われてよかった。決勝につながる投球になった」。松井秀喜が2年生だった91年4強を超え、95年準V以来の決勝進出。9点リードの8回からは「高校に入って初めて」の左翼に回り、聖地を見渡した。「全体が広く見える感じ」。

令和初、北陸勢初となる夏日本一の景色が目前に迫った。延長14回165球で23三振を奪った17日の智弁和歌山戦の死闘から、18日の仙台育英戦で温存。休養日だった19日の昼食後、林和成監督に「状態もいいのでいけます。いきたいです」と先発を願い出た。

「ここまで来たら投げたいし、ほかの投手に譲らずに上がりたい気持ちでした」。指揮官は「迷いがありました。決勝のことも考えた。奥川は後ろでという気持ちがあったが、本人の意向も、明日の休養日も大きかった。決勝前の休養日がなかったら、奥川は先発させなかったと思う」と明かした。

毎回150キロ台を連発した智弁和歌山戦から中2日でモデルチェンジした。「だいぶ変わったと思う。体の重さも感じてました。腕をマン振りして速い球を続けるより、緩急をつけた方が有効」。スライダー、チェンジアップ、フォークを駆使し、5回に最速153キロをマーク。初回先頭に中前安打を許したが、7回2死の2安打目まで10奪三振を含め20人連続斬り。二塁を踏ませなかった。

プロのスカウトは全校が初戦に登場するまでの視察が通例だが、ロッテ・永野チーフスカウトは異例の準決勝まで熱視線。「この2試合で投手としてのスキルが格段に上がった。大船渡・佐々木と双璧になった。1年春に初めて見たとき、林監督に日本一の投手になれますよと伝えた。やっとですね」とうなずいた。

初戦から4試合32回1/3を1失点で、自責は0。1971年の桐蔭学園・大塚喜代美以来48年ぶり8人目となる防御率0.00の優勝投手にも王手をかけた。決勝では、センバツで17K完封の履正社と再戦。「春とは全く違うチームになっている」と警戒しながら「最後にマウンドで集まるイメージを持って臨みたい」。BIG4が騒がれた夏に、真のNo.1をつかみ取る。

(8月20日 甲子園大会準決勝 星稜 9-0 中京学院大中京)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │ロッテ 


ドラフトニュース検索