ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

今月のドラフト情報まとめ

2019年12月15日

12月15日 
裏金問題の元ドラ1投手、自己破産しユーチューバーに
一匹狼と呼ばれたスカウトが獲得した森本稀哲
橋本到(楽天戦力外)、巨人アカデミーのコーチに
2019高校生のドラフト候補
2019大学生のドラフト候補
2019社会人のドラフト候補
ドラフト候補のスカウト評
12球団のドラフト情報まとめ
2019夏の甲子園予想コンテスト
大学野球のスポーツ推薦合格者まとめ
12球団の戦力外通告&引退選手まとめ<2019>

12月14日 
駒沢大野球部のスポーツ推薦合格者(2020年度)
ドラフト指名漏れの栗田和斗(知徳)、駒沢大に合格
関谷亮太(ロッテ戦力外)、打撃投手で再出発
近藤弘基(中日戦力外)、2軍サブマネジャーに転身
橋本到(楽天戦力外)、現役引退を表明

12月13日 
巨人、ドラフト逸材発掘へ全国各地にスカウト構想
ドラフトで巨人に真っ向勝負を挑んだ阪神
小宮山慎二(阪神戦力外)、第二の人生はブルペン捕手
横山弘樹(広島戦力外)、巨人の打撃投手に転身
宮崎祐樹(オリックス戦力外)、民間企業に就職予定

12月12日 
立正大野球部のスポーツ推薦合格者(2020年度)
プロ注目・上田希由翔(愛産大三河)、東京六大学希望
三輪正義(ヤクルト戦力外)、第二の人生は球団広報
立田将太(日ハム戦力外)、JR北海道クラブで再出発
小石博孝(西武戦力外)、巨人の打撃投手に転身

12月11日 
スカウトが選手のしぐさから注目するポイント
ヤマハ、大本拓海ら3人が来年度新加入
島袋洋奨(ソフトB戦力外)、サラリーマンで再出発
今季限りで引退の田中賢介、日ハムのSAに就任

12月10日 
中央大野球部のスポーツ推薦合格者(2020年度)
拓殖大野球部の入部予定選手(2020年度)
来年ドラフト隠し玉、杉浦健二郎
中川大志(DeNA戦力外)、第二の人生はスカウト

12月8日 
上位候補・栗林良吏(トヨタ)、プロ相手に好投
上位候補・中森俊介(明石商)、大学生相手に好投
藤浪晋太郎(阪神)、現役ドラフト導入なら1位指名の噂
塚原頌平(オリックス戦力外)、不動産会社に就職
島孝明(ロッテ戦力外)、大学進学予定

12月7日 
巨人・原監督、現役ドラフトに賛成表明
西武、森越祐人(阪神戦力外)の獲得発表
村中恭兵(ヤクルト戦力外)、豪州リーグで再出発
伊志嶺翔大(ロッテ戦力外)、1軍コーチで再出発

12月6日 
亜細亜大野球部のスポーツ推薦合格者(2020年度)
一匹狼と呼ばれたスカウトが獲得した清宮幸太郎
一匹狼と呼ばれたスカウトが獲得した吉田輝星
岩本貴裕(広島戦力外)、第二の人生はスコアラー
森越祐人(阪神戦力外)、西武が獲得へ
楽天で動乱、嶋基宏の自由契約の真相

12月5日 
国学院大野球部のスポーツ推薦合格者(2020年度)
あっと驚く斎藤佑樹ドラフト1位指名の真相
巨人、育成で日ハム戦力外&楽天戦力外選手を獲得
今野龍太(楽天戦力外)、ヤクルトと正式契約

12月4日 
法政大野球部のスポーツ推薦合格者(2020年度)
阪神がスカウト会議、中森&来田リストアップ
片山楽生(白樺学園)、広島スカウト高評価
ロッテ、ストーブリーグ圧勝の舞台裏
岸里亮佑(日ハム戦力外)、琉球ブルーオーシャンズへ
成瀬善久(オリックス戦力外)、BCリーグ栃木で再出発
黒木優太(オリックス戦力外)、育成で再契約
松坂大輔(中日自由契約)、西武と契約合意

12月3日 
浅利太門(興国)、巨人・日ハム・オリックス視察
入団後はドラフト上位指名も下位指名も関係なし
幻に終わった井川慶ドラフト1位指名
武山真吾(中日戦力外)、2軍コーチで再出発
山崎颯一郎(オリックス戦力外)、育成で再契約

12月2日 
来年候補・木沢尚文(慶応大)、150キロをマーク
スカウトの逆襲、西川遥輝(日ハム)
岸田護(オリックス)、第二の人生は2軍投手コーチ

12月1日 
佐藤輝明(近畿大)に9球団、中日・ヤクルト高評価
並木秀尊(独協大)、ヤクルトが足を高評価
西川僚祐(東海大相模)、高校通算53本塁打マーク
有村大誠(立命館大)、プロ志望でスカウトも注目
森浦大輔(天理大)、プロ志望でスカウトも注目
ロッテ1位・佐々木朗希、スカウト「170キロ出して」
高木勇人(西武戦力外)、メキシカンリーグ目指す

11月30日 
来春センバツから球数制限、1週間500球に
一匹狼と呼ばれたスカウトが獲得した中田翔(日ハム)
ドラフト指名漏れの渡部雅也、東北福祉大に合格
屋宜照悟(ヤクルト戦力外)、阪神の打撃投手に転身
山川晃司(ヤクルト戦力外)、BC富山で再出発
松尾大河(DeNA戦力外)、琉球ブルーオーシャンズへ

11月29日 
名スカウトが明かすダルビッシュ一本釣りの真相その2
日ハム、西川流出に備えたドラフト戦略
阪神、高校生主体のドラフト指名は変化の兆し
岡崎大輔(オリックス戦力外)、育成で再契約

11月28日 
名スカウトが明かすダルビッシュ一本釣りの真相その1
ソフトB1位・佐藤直樹、スカウト「1軍割り込める」
中日2位・橋本侑樹、スカウト「外れ1位の噂あった」
金子一輝(西武戦力外)、アカデミーのコーチで再出発
沼田拓巳(ヤクルト戦力外)、琉球ブルーオーシャンズへ

11月27日 
一匹狼と呼ばれたスカウトが獲得した大谷翔平(日ハム)
ドラフト選手の家庭の事情、河野竜生(JFE西日本)
巨人、FA争奪戦でロッテに負けた理由
阪神争奪戦敗退! 牧田和久は楽天が獲得
ソフトB3位・津森宥紀、スカウト「貴重な右サイド」
オリックス3位・村西良太、スカウト「将来性豊か」
ヤクルト4位・大西、スカウト「球界代表する投手に」
ロッテ、戦力外通告した2選手と育成で再契約
松本直晃(西武戦力外)、琉球ブルーオーシャンズへ
村中恭兵(ヤクルト戦力外)、豪州のWリーグに参加

11月26日 
ドラフト選手の家庭の事情、石川昂弥(東邦)
ヤクルト1位・奥川恭伸、スカウト「1軍で通用する」
ソフトB2位・海野隆司、スカウト「守備は一線級」
杉山翔大(中日戦力外)、琉球ブルーオーシャンズへ
中後悠平(DeNA戦力外)、第二の人生は球団職員
岡本健(ソフトB戦力外)、現役引退を表明

11月25日 
来秋ドラフト候補・牧秀悟(中央大)、MVP獲得
阪神育成1位・小野寺暖、スカウト「体が強い」
千葉耕太(楽天)が現役引退、アカデミーコーチに
戸村健次&西宮悠介(楽天戦力外)、打撃投手に転身

11月24日 
ドラフト指名漏れの落合秀市、入団会見を欠席
佐藤輝明(近畿大)、阪神と西武のスカウト視察
来年注目の高田琢登(静岡商)、大学生相手に好投
岩本輝(オリックス戦力外)、現役引退を表明

11月23日 
ドラフト選手の家庭の事情、宮城大弥(興南)
中日4位・郡司裕也、外野手に転向させる選択肢も
ソフトB5位・柳町達、スカウト「よく5位で残って…」
ヤクルト、長谷川(ソフトB自由契約)の獲得発表
戸村健次&西宮悠介(楽天戦力外)、現役引退発表

11月22日 
高橋宏斗(中京大中京)、成長したらドラフト2~3位
ドラフト逸材2年生、中山礼都(中京大中京)
ドラフト選手の家庭の事情、宮川哲(東芝)
ヤクルト3位・杉山晃基、「清宮から三振取りたい」
楽天3位・津留崎大成、「オリ吉田正と筋トレしたい」
新庄剛志(元阪神)、25億円だまし取られていた!
長谷川宙輝(ソフトB自由契約)、ヤクルトと契約へ
谷岡竜平(巨人自由契約)、育成で再契約

11月21日 
高橋宏斗(中京大中京)、巨人「伸びしろを感じる」
高橋宏斗(中京大中京)、ソフトB「来年ドラフト中心」
ドラフト選手の家庭の事情、森敬斗(桐蔭学園)
ドラフト指名漏れの高橋佑樹(慶応大)、東京ガスへ
スカウトが教えるプロで成功する高校生の見分け方
綾部翔(DeNA戦力外)、来年はチームに所属せず
亀沢恭平(中日戦力外)、琉球ブルーオーシャンズに

11月20日 
巨人、FA補強2連敗で赤っ恥も若手使えるチャンス
ドラフト選手の家庭の事情、佐藤直樹(JR西日本)
広島2位・宇草孔基、スカウト「足は野間と互角」
ドラフト指名漏れの中村健人(慶応大)、社会人へ
寺原隼人(ヤクルト引退)、琉球のコーチに就任
楽天、戦力外通告した4選手と育成で再契約
日ハム、戦力外通告した2選手と育成で再契約

11月19日 
ドラフト選手の家庭の事情、森下暢仁(明治大)
巨人3位・菊田拡和、スカウト「60本塁打に挑戦して」
広島4位・韮沢雄也、スカウト「芯に当てるのうまい」
巨人また争奪戦敗退、鈴木大地(ロッテ)は楽天へ
山口俊(巨人)、メジャー挑戦を正式表明
田中豊樹(日ハム戦力外)、巨人と育成契約の見込み

11月18日 
高橋宏斗(中京大中京)、中日「来年上位候補」
高橋宏斗(中京大中京)、巨人・西武「追いかける」
高橋宏斗(中京大中京)、ヤクルト「上位の評価」
高橋宏斗(中京大中京)、楽天「ドラフト上位の可能性」
高橋宏斗(中京大中京)、広島・中日・西武の声
スカウトの逆襲、健大高崎のサウスポーは買いか?
来年ドラフト注目の高校2年生投手
中日4位・郡司裕也が大暴れ、スカウトも好評価

11月17日 
ドラフト選手の家庭の事情、奥川恭伸(星稜)
中日3位・岡野祐一郎、スカウト「今年社会人No.1」
ソフトB4位・小林珠維、スカウト「松田宣浩に似てる」
DeNA6位・蝦名達夫、スカウト「長打力楽しみ」

11月16日 
早稲田大野球部のスポーツ推薦合格者(2020年度)
下慎之介(健大高崎)、西武「十分可能性ある」
ドラフト選手の家庭の事情、黒川史陽(智弁和歌山)
オリックス1位・宮城大弥、スカウト「楽天の松井級」
広島5位・石原貴規、スカウト「伸びしろに期待」
日ハム5位・望月大希、スカウト「石川直と似たタイプ」
西武6位・井上広輝、スカウト「先発で十分やれる」
嶋基宏(楽天自由契約)、ヤクルトが獲得発表


裏金問題の元ドラ1投手、自己破産しユーチューバーに

FLASH 12月24日号より

2004楽天ドラフト自由枠 一場靖弘
明治大・投手

「はい。事実です。今年8月22日に自己破産しました」。本誌の問いかけに、一場靖弘(2004楽天自由枠)はそう答えた。

プロ入り前から、波瀾の人生。2004年のドラフトでは、各球団が獲得合戦を繰り広げた「10年にひとり」の有望株。だが、大本命だった巨人をはじめ、 阪神、横浜などから「栄養費」という名目で “裏金” を受け取っていたことが発覚。新設球団・楽天に、自由獲得枠での “ドラフト1位” 入団で落ち着いた。

その15年後、いまはユーチューバーだ・・・。

「現役引退後の2013年1月からは、知人の紹介で看板製作会社で働きました。30年間、野球しかやってなかったので、会社勤めをして社会に飛び込もう』思ったんです」。看板製作会社で、大手スーパーへの営業、看板デザインの製作に、現場での取りつけ作業もおこなった。

「最初は現場に出るとき、あの一場だと思われたくなかったですね。また1年たつと、野球への思いも少しずつ芽生えてきて、水戸市の電気機器販売代理店に転職しました」

「水戸で働いていたころから、弁護士と話していました。じつは現役中に、仙台市内でマンションを購入していたんです。引退後も家賃収入を得られると思っていました。ですが、ヤクルト時代の2011年に東日本大震災があり、そのマンションが『半壊』扱いに。価値が下がったので売却しました」

そこから 地獄を見ることになった。購入時にローンを組んだのが、2018年、不正な不動産融資が発覚して社会問題になった「スルガ銀行」だった。

「プロ野球選手ということもあって、ローンを組めたのがそこだけでした。引退後、ローンを月々約30万円返しても、元金が数千万円から減らない状態になりました。正直言うと、支払いがキツかったんです」

2015年9月に電気機器販売代理店を退職し、2019年11月にユーチューバーに 転職するまでは、外資系保険会社で4年間働いていた。

「そのときの営業の仕事は、完全歩合制でしたが、そのぶん経費もすごくかかっていました。稼いでも経費で全部出ていくという生活で、このままでは家族にも負担を強いるだけだと思いました。そこで今年8月、弁護士と相談のうえ破産し、仕事も辞めました」

開設した「一場靖弘のBASEBALLチャンネル」をメインに活動しつつ、芸能事務所にも所属している。ちなみに同チャンネルでは、「栄養費」騒動や、戦後最多の「シーズン107奪三振」を記録した、明治大学時代の裏話を披露している。

「ユーチューバーになったのは、指導者への第一歩なんです。将来的には、指導者として甲子園を目指したい。いろいろ不安はあるけれど、もう失うものはない。引退したときは、一場という名を知られたくないとも思いましたが、いまは消えかかっている自分の名を知ってもらって、指導者への道をこじ開けたい。今ユーチューバーや芸能活動を始めなかったら、手遅れになると思ったんです」

裏金問題に自己破産、人生を振り回されてきた彼に、「おカネとは何か?」と尋ねた。「つかず離れずで、いつも適度な距離を保ち、そばにいる親友なんだと思います」。天才投手からの金言かもしれない。



下は2004ドラフトで楽天が指名した選手です。自由枠で入団した一場靖弘のプロでの成績はこちら

楽天の2004ドラフト指名選手
自由枠一場 靖弘明治大投手
自由枠(行使せず)
1巡目(指名権なし)
2巡目渡辺 恒樹NTT東日本投手
3巡目(指名権なし)
4巡目西谷 尚徳明治大内野手
5巡目塩川 達也東北福祉大内野手
6巡目大広 翔治東洋大内野手
7巡目平石 洋介トヨタ自動車内野手
プロ入り後の成績


12球団の戦力外通告&引退選手まとめ<2019>

戦力外通告選手を対象とした12球団合同トライアウトは11月12日、大阪シティ信用金庫スタジアムで行われました。参加者はこちら

赤字は決定)

読売ジャイアンツ
森福允彦→戦力外通告 12球団合同トライアウト参加
坂本工宜→戦力外通告 12球団合同トライアウト参加
山下亜文(育)→戦力外通告 
田島洸成(育)→戦力外通告 
谷岡竜平→自由契約 巨人と育成で再契約(記事)
山川和大(育)→自由契約 巨人と育成で再契約
高井俊(育)→自由契約 巨人と育成で再契約
巽大介(育)→自由契約 巨人と育成で再契約
與那原大剛(育)→自由契約 巨人と育成で再契約
橋本篤郎(育)→自由契約 巨人と育成で再契約
高山竜太朗(育)→自由契約 巨人と育成で再契約
阿部慎之助→現役引退 巨人の2軍監督(記事)
上原浩治→現役引退 


横浜DeNAベイスターズ 
松尾大河→戦力外通告 琉球ブルーオーシャンズ(記事)
狩野行寿→戦力外通告 DeNAの打撃投手(記事)
中川大志→戦力外通告 DeNAのスカウト(記事)
綾部翔→戦力外通告 再来年以降の復帰目指す(記事)
寺田光輝→戦力外通告 12球団合同トライアウト参加
中後悠平→戦力外通告 DeNAの球団職員(記事)
田村丈→戦力外通告 現役引退表明(今後は未定)
西森将司→戦力外通告 現役引退表明(今後は未定)
青柳昴樹→戦力外通告 現役引退表明(今後は未定)
水野滉也(育)→戦力外通告 現役引退表明(今後は未定)


阪神タイガース
森越祐人→戦力外通告 西武と契約(記事)
岡本洋介→戦力外通告 今後は未定
小宮山慎二→戦力外通告 阪神のブルペン捕手(記事)
山崎憲晴→戦力外通告 阪神のスコアラー(記事)
歳内宏明→戦力外通告 12球団合同トライアウト参加
高橋聡文→現役引退 
横田慎太郎(育)→現役引退 


広島東洋カープ
横山弘樹→戦力外通告 巨人の打撃投手(記事)
岩本貴裕→戦力外通告 広島のスコアラー(記事)
庄司隼人→戦力外通告 現役引退の意向
船越涼太→戦力外通告 現役引退の意向
長井良太→戦力外通告 12球団合同トライアウト参加
飯田哲矢→戦力外通告 今後は未定
岡林飛翔(育)→戦力外通告 今後は未定
木村聡司(育)→戦力外通告 今後は未定
赤松真人→現役引退 広島の2軍守備走塁コーチ
永川勝浩→現役引退 広島の2軍投手コーチ


中日ドラゴンズ  
武山真吾→戦力外通告 中日の2軍バッテリーコーチ(記事)
亀沢恭平→戦力外通告 琉球ブルーオーシャンズ(記事)
杉山翔大→戦力外通告 琉球ブルーオーシャンズ(記事)
友永翔太→戦力外通告 今後は未定
近藤弘基→戦力外通告 中日の2軍サブマネジャー(記事)
松坂大輔→自由契約 西武と契約(記事)


東京ヤクルトスワローズ
屋宜照悟→戦力外通告 阪神の打撃投手(記事)
村中恭兵→戦力外通告 オークランド・トゥアタラ(記事)
岩橋慶侍→戦力外通告 現役続行希望
沼田拓巳→戦力外通告 琉球ブルーオーシャンズ(記事)
大引啓次→戦力外通告 今後は未定
山川晃司→戦力外通告 BCリーグ富山(記事)
寺原隼人→現役引退 琉球ブルーオーシャンズのコーチ(記事)
三輪正義→現役引退 ヤクルトの球団広報(記事)
館山昌平→現役引退 楽天の2軍投手コーチ(記事)
畠山和洋→現役引退 ヤクルトの2軍打撃コーチ


埼玉西武ライオンズ
中田祥多→戦力外通告 西武のブルペン捕手(記事)
星孝典→戦力外通告 楽天の2軍バッテリー兼作戦守備コーチ(記事)
大石達也→戦力外通告 西武のファーム育成グループスタッフ(記事)
高木勇人→戦力外通告 メキシカンリーグへ移籍を目指す(記事)
小石博孝→戦力外通告 巨人の打撃投手(記事)
廖任磊→戦力外通告 現役続行希望
南川忠亮→戦力外通告 現役引退を示唆
松本直晃→戦力外通告 琉球ブルーオーシャンズ(記事)
金子一輝→戦力外通告 ライオンズアカデミーのコーチ(記事)
斉藤彰吾→戦力外通告 現役引退を示唆


福岡ソフトバンクホークス
塚田正義→戦力外通告 12球団合同トライアウト参加
堀内汰門→戦力外通告 育成で再契約を打診
市川友也→戦力外通告 現役続行希望
江川智晃→戦力外通告 現役引退の方向
岡本健→戦力外通告 現役引退表明(今後は未定)(記事)
美間優槻→戦力外通告 現役引退を示唆
中村晨(育)→戦力外通告 
笠原大芽(育)→戦力外通告 現役続行希望
島袋洋奨(育)→戦力外通告 会社員(記事)
張本優大(育)→戦力外通告 今後は未定
長谷川宙輝(育)→自由契約 ヤクルトと契約(記事)


東北楽天ゴールデンイーグルス
今野龍太→戦力外通告 ヤクルトと契約(記事)
西巻賢二→戦力外通告 ロッテと契約(記事)
八百板卓丸→戦力外通告 巨人と育成契約(記事)
橋本到→戦力外通告 ジャイアンツアカデミーのコーチ(記事)
戸村健次→戦力外通告 楽天の打撃投手(記事)
西宮悠介→戦力外通告 楽天の打撃投手(記事)
田中耀飛→戦力外通告 楽天と育成で再契約(記事)
森雄大→戦力外通告 楽天と育成で再契約(記事)
池田隆英→戦力外通告 楽天と育成で再契約(記事)
福山博之→戦力外通告 楽天と育成で再契約(記事)
島井寛仁→戦力外通告 12球団合同トライアウト参加
野元浩輝(育)→戦力外通告
井手亮太郎(育)→戦力外通告
鶴田圭祐(育)→戦力外通告
山田大樹(育)→戦力外通告 12球団合同トライアウト参加
嶋基宏→自由契約 ヤクルトと契約(記事)
今江年晶→現役引退 楽天の育成コーチ(記事)
千葉耕太(育)→現役引退 楽天アカデミーのコーチ(記事)


千葉ロッテマリーンズ
伊志嶺翔大→戦力外通告 ロッテの1軍コーチ(記事)
島孝明→戦力外通告 大学進学予定(記事)
李杜軒→戦力外通告 現役続行希望
大木貴将→戦力外通告 今後は未定
阿部和成→戦力外通告 ロッテの2軍サブマネジャー(記事)
関谷亮太→戦力外通告 ロッテの打撃投手(記事)
高浜卓也→戦力外通告 ロッテと育成で再契約(記事)
大嶺祐太→戦力外通告 ロッテと育成で再契約(記事)
福浦和也→現役引退 ロッテの2軍ヘッド兼打撃コーチ


北海道日本ハムファイターズ 
立田将太→戦力外通告 JR北海道クラブ(記事)
岸里亮佑→戦力外通告 琉球ブルーオーシャンズ(記事)
田中豊樹→戦力外通告 巨人と育成契約(記事)
高浜祐仁→戦力外通告 日本ハムと育成で再契約(記事)
高山優希→戦力外通告 日本ハムと育成で再契約(記事)
中村勝→戦力外通告 12球団合同トライアウト参加
森山恵佑→戦力外通告 12球団合同トライアウト参加
森本龍弥→自由契約 12球団合同トライアウト参加
田中賢介→現役引退 日本ハムのSA(記事)
実松一成→現役引退 


オリックス・バファローズ
鈴木昂平→戦力外通告 オリックスの2軍野手コーチ補佐(記事)
成瀬善久→戦力外通告 BCリーグ栃木(記事)
岩本輝→戦力外通告 現役引退表明(今後は未定)(記事)
高城俊人→戦力外通告 DeNAと契約(記事)
宮崎祐樹→戦力外通告 民間企業に就職予定(記事)
黒木優太→戦力外通告 オリックスと育成で再契約(記事)
山崎颯一郎→戦力外通告 オリックスと育成で再契約(記事)
岡崎大輔→戦力外通告 オリックスと育成で再契約(記事)
青山大紀→戦力外通告 今後は未定
塚原頌平(育)→戦力外通告 不動産関係の会社員(記事)
岸田護→現役引退 オリックスの2軍投手コーチ(記事)


赤字は決定)

日本人選手限定です。外国人選手は含みませんのでご注意を。


draftkaigi at 07:08|この記事のURL│ │戦力外通告 

橋本到(楽天戦力外)、巨人アカデミーのコーチに

12/15、スポーツ報知4面より

2008巨人ドラフト4位 橋本到 
仙台育英高・外野手

楽天・橋本到外野手(2008巨人4位)が今季限りで現役を引退し、古巣・巨人の「ジャイアンツアカデミー」のコーチに就任する見込みであることが14日、分かった。

仙台育英高から08年ドラフト4位で巨人に入団。俊足好打の外野手として14年には103試合に出場したが、昨季は右ふくらはぎを痛めた影響で1軍出場がなく、オフに金銭トレードで楽天に移籍。地元での再起を目指したが、11試合の出場で9打数無安打に終わり、10月に戦力外通告を受けていた。

現役続行を希望し、1月の12球団合同トライアウトを受験。「次があればうれしい」と話していたが、吉報は届かなかった。通算成績は404試合出場で、打率2割4分1厘、9本塁打、79打点。



下は2008ドラフトで巨人が指名した選手です。橋本到は1位指名され入団。プロでの成績はこちら

巨人の2008ドラフト指名選手
1位 大田 泰示 東海大相模高 内野手
2位 宮本 武文 倉敷高 投手
3位 斎藤 圭祐 千葉経大付高 投手
4位 橋本 到 仙台育英高 外野手
5位 笠原 将生 福岡工大城東高 投手
6位 仲沢 広基 国際武道大 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │楽天 | 戦力外通告

一匹狼と呼ばれたスカウトが獲得した森本稀哲

西日本スポーツ15面「一匹狼と呼ばれたスカウト山田正雄」より

1998日本ハムドラフト4位 森本稀哲
帝京高・内野手


山田は1986年に一般企業を退職し、日本ハムのスカウトとして球界に復帰した。1年目に担当した逸材がドラフトで指名された。入団にこぎつけた第1号の選手だ。高卒の内野手。新米スカウトはゾッコンだった。「足が速い。体もいい。打撃の形もいいし、飛ばす」。

50メートル5秒7の快足が最大の武器。未来のサードのレギュラー候補に入れ込んだ。自宅に招待し「プロ野球の世界とは・・・」とレクチャーし始めた、その時だった。聞いていると思いや、その選手は居眠りしていた。

素材は抜群でも内面がネックだった。人が見ていないところでは、練習しない。同僚に誘われると断れず、つるんで外出した。フリー打撃で柵越えを連発しても実戦に入ると打てず、研究や工夫をすることもなかった。ひたむきに練習する心、熱心に勉強し、配球などを理解しようとする姿勢の両方が欠けていた。その内野手は大成しなかった。

スカウト1年目の失敗。この教訓を生かすと心に決めた。「選手の性格を見抜いていかないといけない。外見で見えるものと内面は絶対に違う。選手が成功するためには内面的なことが重要」。山田が後のスカウト活動で、人間性を重点的にチェックするようになったゆえんである。

練習に取り組む姿勢も「周囲が黙っていても、やるような選手。俺がいちいち練習しないとダメだよと言うような選手は絶対に獲ってはいけない」と固く決意した。

学校側に連絡を入れず、監督がグラウンドで目を光らせていない時間帯に抜き打ちで選手の練習をチェックしたこともあった。有望な高校生を極秘視察した。日本ハムが1998年度ドラフト4位で獲得した帝京・森本稀哲(1998日ハム4位)。走攻守の三拍子そろった逸材。

森本は、プロ球団のスカウトの前で元気にアピールするタイプで「それが本当の姿なのかを見たい」とミッションを決行した。

帝京の校舎横にあるビルに潜入した。3階のスペースに入り込み、ガラス張りから帝京のグラウンドをまじまじと見た。選手たちはトンボがけをしていた。監督はいない。一生懸命やっているふりをする選手、座り込む選手・・・。そんな中、森本は自分が任されたグラウンドのエリアを黙々と整備していた。

「あいつはずーっと、トンボをかけていた」。周囲の監視がないと思っていても一生懸命、取り組む姿に「うそはない。性格は、絶対に大丈夫」と評価が決まった。

森本は、日本ハム時代に新庄剛志、稲葉篤紀と鉄壁の外野陣を形成した。明るいキャラクターで、ムードメーカーぶりも発揮して人気が高かった。徹底的に内面を見抜いたスカウト時代。ドラフト上位候補の逸材でも、性格や練習態度を見て指名を断念したことは「たくさんありますよ」と平然と言う。

山田の恩師である親分こと大沢啓二は「お前、すげえな。性格、分かるのか?。どこで調べた?、誰かに聞いてきたのか?」と驚いていたという。



下は1998ドラフトで日ハムが指名した選手です。森本稀哲は4位指名入団。プロでの成績はこちら

日本ハムの1998ドラフト指名選手
1位実松 一成佐賀学園高捕手
2位建山 義紀松下電器投手
3位立石 尚行NTT関東投手
4位森本 稀哲帝京高内野手
5位阿久根 鋼吉NTT関東内野手
6位伊藤 剛NTT関東投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │日本ハム 


ドラフトニュース検索