ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2017夏の甲子園、群馬大会の展望&注目選手

2017年06月17日

スポーツ報知の群馬大会展望
県内4季連続優勝の前橋育英と、同じく4季連続準Vの高崎健康福祉大高崎が2強。注目は秋春8強入りした常磐183センチ右腕・山上は、最速140キロ中盤の直球が武器で、各球団スカウトも熱視線を送る。秋春4強の高崎、ノーシードの桐生第一樹徳にも注目だ。

群馬大会の日程=7月8日~7月27日
群馬大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツニッポンの群馬大会展望
今春のセンバツに出場した前橋育英高崎健康福祉大高崎が軸となる。春の県4強・高崎は古豪復活を狙う。同じく4強の前橋東は投打にバランスが取れている。プロ注目の右腕・山上を擁する常磐、春の県大会でシード校の樹徳を破った桐生南をはじめ、伊勢崎清明東農大二などが追う展開となりそうだ。

群馬大会の日程=7月8日~7月27日
群馬大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



下は群馬県のドラフト出身校ランキングです。

1位 前橋工(12人)
2位 東農大二(9人)
2位 桐生第一(9人)
4位 富岡(4人)
4位 前橋育英(4人)
6位 桐生(3人)
6位 前橋商(3人)
6位 高崎健康福祉大高崎(3人)

群馬県の高校からドラフト指名された選手一覧は
こちら

早実・清宮、インターネットテレビ局AbemaTV生中継

6/17、日刊スポーツ6面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

早実・清宮幸太郎内野手(動画)が16日、今日17日から2日間行われる香川での招待試合に向け、飛行機で高松入りした。17日は英明、坂出、18日は三本松、丸亀城西と対戦する。現在、史上最多の107本にあと6本の通算101号。

香川県高野連は清宮フィーバーに向け、駐車場を24時間開門するなど、対策を講じる。試合はインターネットテレビ局「AbemaTV」で生中継される。



インターネットテレビ局・AbebaTVはこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL│ │高校 

2017夏の甲子園、長崎大会の展望&注目選手

日刊スポーツの長崎大会展望
春県王者の鹿町工が有力候補。ただ昨秋と今春の県8強はまったく違う顔触れで激戦は必至。プロ注目の大塚由智外野手を擁す長崎日大や140キロ超え右腕、飯田大翔投手が率いる海星も注目。15年代表校の創成館清峰にも勢いはある。

長崎大会の日程=7月7日~7月23日
長崎大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツ報知の長崎大会展望
春季大会で初優勝した鹿町工が、初の聖地へ抜け出すか。2年生エース右腕の讃岐は制球に優れ、主将の3番・森田は春季決勝で4安打4打点と勝負強い。昨秋王者の長崎日大創成館大村工が後を追う。波佐見はエース左腕・隅田と、140キロ超の直球が魅力な村川の二枚看板で上位進出を狙う。海星清峰などノーシードにも実力校がそろう。

長崎大会の日程=7月7日~7月23日
長崎大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



下は長崎県のドラフト出身校ランキングです。

1位 海星(9人)
2位 長崎日大(5人)
3位 佐世保工(3人)
3位 瓊浦(3人)
3位 佐世保実(3人)
3位 波佐見(3人)

長崎県の高校からドラフト指名された選手一覧は
こちら

1996広島ドラフト3位指名選手が死去

6/17、西日本スポーツ2面より

1996広島ドラフト3位 河野昌人
龍谷高・投手・18歳

広島、ダイエー(ソフトバンク)で投手として活躍、ホークスジュニアアカデミーの講師だった河野昌人さん(1996広島3位)が16日、虚血性心疾患のため、死去した。佐賀県出身。39歳。通夜は17日午後6時から、葬儀は18日同0時半から、いずれも佐賀市東佐賀町6の21、リバース典礼会館東佐賀。喪主は父・義則さん。

佐賀・龍谷高からドラフト3位で1997年広島に入団。2003年オフに自由契約となり、04年にダイエーに移籍、同年限りでで現役引退した。プロ通算110試合に登板し、7勝16敗10セーブ。防御率5・82。日本代表として2000年のシドニー五輪に出場した。



下は1996ドラフトで広島が指名した選手です。河野昌人は3位指名され入団。プロ入り後の成績はこちら

広島の1996ドラフト指名選手
1位沢崎 俊和青山学院大投手
2位黒田 博樹専修大投手
3位河野 昌人佐賀龍谷高投手
4位福良 徹新野高外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:03|この記事のURL│ │広島 

「巨人はロッテより弱い」の加藤哲郎は今(ドラフト1位)

2017年06月16日

6/15、日刊ゲンダイ17面「あの人は今こうしている」より

1982近鉄ドラフト1位 加藤哲郎
宮崎日大高・投手・18歳

何げない一言が歴史を変えることがある。プロ野球なら、さしずめ1989年の日本シリーズで飛び出した「巨人はロッテより弱い」だろう。近鉄の右腕、加藤哲郎さん(1982近鉄1位)が開幕3連勝目の勝ち投手となり、試合後インタビューで言い放ったとして有名だ。その後、巨人は4連勝して逆転優勝。加藤さんは敗戦のA級戦犯とされた。さて、今、どうしているのか?

大阪の官庁街、天満橋。京阪・天満橋駅から2分ほど歩いたオフィスビル5階にある麻雀教室「天満橋会館」へ行くと、ネクタイ姿の加藤さんが迎えてくれた。

「6年前から、ここで麻雀教室の講師をしてるんですよ。金を賭けない、酒を飲まない、たばこを吸わないのが担当のルールで、マナー重視の健康麻将(マージャン)とビギナー向け初級講座、座学もあります」

オールバックのヘアスタイルに口ひげとあごひげ。在籍した近鉄は別名「野武士軍団」だったが、まさに武骨でニヒルな雰囲気。しかし口調は穏やかで丁寧だ。

「会員は約2000人。2割ほどが女性です。今年3月27日にリニューアルオープンしたばかりでね。麻雀教室は17時まで。それ以降は貸し卓営業で、場所柄、9割以上がサラリーマンです」

出勤は火曜から日曜までで原則的に月曜が定休日。とはいっても、各種麻雀大会への参戦や解説の仕事が月に数回あり、不在のこともままある。

「定期的な解説なら、麻雀店関係者を対象にした鳳凰杯と、関西のトッププロが参戦する京都グリーンリーグ。どちらもニコニコ生放送やabemaTVといったインターネットテレビで配信中です」

腕前は、専門誌「近代麻雀」主催の麻雀最強戦・著名人代表決定戦の常連で、昨年末に行われた日刊スポーツ杯争奪スリアロトーナメントでは2位。GPC関西・関西著名人リーグの四天王のひとりといわれる実力派だ。ところで麻雀との出合いは?

「近鉄入団の83年に、先輩のお供で近鉄・藤井寺駅そばの雀荘に行くようになったのがきっかけですね。投手はギャンブル、野手は酒とか女に走る傾向があって、僕は牌を握るほうが好きだったんです。オッパイ?。何をアホな、アハハハ」

(以下略)



下は1982ドラフト会議で近鉄が指名した選手です。加藤哲郎は1位指名入団。プロでの成績はこちら

近鉄の1982ドラフト指名選手
1位加藤 哲郎宮崎日大高投手
2位谷 真一本田技研内野手
3位佐藤 純一秋田相互銀行外野手
4位中島 裕司大阪商大内野手
5位豊原 豊大阪商大外野手
6位古久保 健二太成高捕手
プロ入り後の成績




ドラフトニュース検索