ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

DeNAがスカウト会議、清宮・中村・増田らを候補に

2017年08月03日

 8/3、神奈川新聞websiteより (source)
横浜DeNAは2日、横浜市内でスカウト会議を開き、高校通算107本塁打をマークした東京・早実高の清宮幸太郎内野手(動画)広島・広陵高の中村奨成捕手(動画)ら指名候補をリストアップした。

県内では第99回全国選手権神奈川大会で、大会記録に並ぶ5本塁打を放った横浜高の増田珠外野手(動画)、16強に導いた星槎国際湘南高の本田仁海投手(動画)が挙がった。



清宮君(早実)のスカウト評はこちら

中村君(広陵)のスカウト評はこちら

増田君(横浜)のスカウト評はこちら

本田君(星槎国際湘南)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:26|この記事のURL│ │横浜DeNA 

中日・森監督、白井オーナーの清宮獲り指令に困惑

8/3、東京スポーツ5面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

中日・森繁和監督が、早実・清宮幸太郎内野手(動画)に関して白井オーナーから猛烈なプレッシャーをかけられている。「最近、オーナーが俺に(清宮を)獲れって言うんだよな。獲れって言われても、クジを引く(こと)しか(でき)ないだろうよ。お前なら獲れるだろって言われてもな。クジ運があればなぁ」

白井オーナーは清宮にぞっこんで、その実力だけではなく「あの人は、お客さんを持っている」。中日は7月に本拠地・ナゴヤドームで2万人割れが2度も起きるなど観客動員に苦しんでいる。それだけに何としても清宮が欲しいとの考えだ。

清宮はプロか進学か、進路についてまだ明言していないが、プロとなれば多くの球団の1位指名は濃厚。そこで、竜の総帥は昨秋のドラフト会議の1位指名でDeNAとの競合の末、柳を引き当てた森監督の強運に早くも期待しているわけだ。

白井オーナーからの「獲れ指令」に森監督は頭を抱えつつ、やれることはやるつもりだ。清宮について「結果を見れば分かるけど、あれだけ飛ばすんだからね。俺は(高校よりも)もっと前の小さいころから(清宮を)見てる。その辺の情報は、いろいろあるんで」とニヤリ。

「もう巨人やソフトバンクとかが(1位指名で)行くのは決まっているんだろうけど、そうなってもシャクだから邪魔してやろうと思う」とも口にした。進路未定の状況で、こんな話まで出る清宮。これも高校通算107本塁打の怪物スラッガーのすごさだろう。



清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら




draftkaigi at 07:10|この記事のURL│ │中日 

阪神ドラ6・福永春吾が2軍で好投、掛布監督も期待

8/3、サンケイスポーツ終面「鳴尾浜いいね若虎」より

2016阪神ドラフト6位 福永春吾
徳島インディゴソックス・投手・動画

成長が、何よりの恩返しになる。7月18日の四国IL選抜との練習試合。2番手で四回から登板した福永(動画)は、2回を1安打、3奪三振で無失点。昨年まで在籍した古巣を相手に好投を披露した。「絶対抑えたいと思っていました」

新球で翻弄した。圧巻だったのは、四回の三者連続三振。空振り三振2つであっさり二死を取る。そして3人目。カウント1―2と追い込んでから2球、同じ球を続けた。プロ入り後から投げ始めた、大きな縦割れのカーブ。1球目は外に外れてボールも、2球目は見事に外角低めに決まった。バックネット裏の客席からは思わず歓声。打者は全く手が出ず、見逃し三振に仕留めた。

「もう1球続けたらどんな反応するかなと。独立リーグのときはカーブを投げてなかったので、多分びっくりしたんじゃないかな。よっしゃという感じでしたね」

掛布2軍監督も「あのカーブがいいよね。あれを生かして、江川(巨人)みたいに真っすぐとカーブを中心に組み立てていくのも面白いかもしれない」と期待を膨らませた。さらに「四国に恩返しの気持ちもあったんじゃない?。非常に良かったよね」と賛辞を惜しまなかった。

その言葉通り、感謝の気持ちは、常にある。阪神への入団が決定して数日後、所属していた四国IL・徳島インディゴソックスから上質なマットレスが贈られた。それまではずっど敷布団での生活。「部屋のベッドが快適すぎて、すぐに寝ちゃうんです。もう、遠征先のホテルじゃ逆に寝られないくらい。本当に、ありがたかったですね」としみじみ笑っていた。毎晩ぐっすり寝られるから、万全な体で投げられる。

応援してくれるかつての同僚たちのためにも・・・。「また早く上で投げたいですね」と昇格への思いは日に日に強くなるばかり。1軍での初登板から、約2ヵ月。活躍する背中で、さらなる恩返しを届ける。



下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。福永春吾は6位指名入団。阪神の歴代ドラフト指名選手一覧はこちら

阪神の2016ドラフト指名選手
1位 大山 悠輔 白鴎大 内野手
2位 小野 泰己 富士大 投手
3位 才木 浩人 須磨翔風高 投手
4位 浜地 真澄 福岡大大濠高 投手
5位 糸原 健斗 JX-ENEOS 内野手
6位 福永 春吾 四国IL・徳島 投手
7位 長坂 拳弥 東北福祉大 捕手
8位 藤谷 洸介 パナソニック 投手


draftkaigi at 07:09|この記事のURL│ │阪神 

和田毅、ドラフトで巨人や阪神を拒否した理由

8/3、日刊ゲンダイ31面「球界への遺言」より

2002ダイエードラフト自由枠 和田毅
早稲田大・投手・21歳

「ウチの和田が大リーグに行きたがっているので、一度、本人に会って、メジャーの話をしてもらいたいのですが・・・」。2002年、早大野球部の野村徹監督から電話がかかってきた。「和田」とは当時、早大のエースだった和田毅(2002ダイエー自由枠)のことだ。

野村監督とは以前から面識があり、長谷川滋利の移籍にかかわり、国際関係委員会の座長を務めた経験のあるわたしに相談に乗って欲しいということだろう。

和田はその年のドラフトの目玉選手のひとり。貴重な左腕ということもあって、ウチも含めた数球団が逆指名、つまり自由枠での獲得に興味を持っていただけに、目玉選手と直接、話ができるのは渡りに船。野村監督には「喜んでお会いしましょう。自分でお役に立つのであれば、何でもお話ししますよ」と伝え、会う約束を取り付けた。

数日後、和田とは焼き肉店で食事をしながら話をした。本人はメジャーに関心を持っていて、米球界でプレーしたいと考えていた。しかし、卒業してすぐに、というわけではなかった。いきなりメジャーでプレーする自信はないので、まずは日本のプロ球団に入団、ある程度の成績が残せたら、メジャーに挑戦したいと考えていた。

「君なら巨人でも阪神でも人気球団が欲しがるだろうし、自由枠でどこにでも行けるだろう」。こんなふうに水を向けると、本人はかぶりを振ってこう言った。

「そんな巨人や阪神のような人気球団に入って、もし、活躍したら、絶対にFA権を取得するまで大リーグには行けませんよ。球団やファンが離さないでしょう。巨人や阪神に行く気はありません」。
この選手は頭がいいし、しっかりと先を読んでいると感心した。

和田はその後、自由枠でダイエー(現ソフトバンク)に入団した。ダイエーが和田を口説くためにどんな方法を使ったのかは定かじゃない。

自由枠は要するに逆指名制度、ドラフト上位選手が希望球団に入団できるシステムだ。自由競争による契約金の高騰を防ぐために契約金1億円プラス出来高払い5000万円という上限が設けられたものの、あくまで12球団の申し合わせ事項。5億、10億、いや、それ以上の大金が裏で飛び交っていたのは周知の通りだ。

選手にクレジットカードを持たせて銀座で自由に飲み食いをさせたり、大リーグ希望の選手には米国の大物代理人を紹介して海外FA権を取得する以前のメジャー挑戦を認めたりする球団も中にはあった。

もちろん和田はそんなことで“籠絡”されるはずがないし、ダイエーに魅力を感じていたからこそ自由枠で入団したに違いない。入団1年目から5年連続2ケタ勝利をマーク。その後、ケガで振るわない時期もあったものの、11年、チームの日本一に貢献し、結局、海外FA権を行使して海を渡った。(つづく)


上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

下は2002ドラフトでダイエー(現ソフトバンク)が指名した選手です。和田毅のプロ入り後の成績はこちら

ダイエーの2002ドラフト指名選手
自由枠和田 毅早稲田大投手
自由枠新垣 渚九州共立大投手
1巡目(指名権なし)
2巡目(指名権なし)
3巡目(指名権なし)
4巡目溝口 大樹戸畑商高投手
5巡目大野 隆治日本大捕手
6巡目森本 学シダックス内野手
7巡目田中 直樹沖学園高投手
8巡目稲嶺 誉東農大生産学部内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06|この記事のURL│ │ドラフトのウラ話 

プロ注目・清水達也(花咲徳栄)、「150キロ出したい」

8/3、サンケイスポーツ5面より

清水 達也 (花咲徳栄高・投手)
178cm・右投右打・動画

背番号1を背負い、1年ぶりに帰ってきた甲子園のマウンド。プロ注目右腕、清水達也投手(動画)は落ち着いていた。「普通のマウンドより傾斜が少ないので、いつもよりボールが浮く。予想通りです」

昨夏の甲子園で143キロをマーク。冬には90メートルの遠投をノーステップでこなすなどして、最速は149キロまで上がった。同じく昨夏の甲子園を経験した背番号10の綱脇慧投手との二枚看板。「150キロを出したい」と、聖地での大台突破をもくろむ。

広島D2位・高橋昂也投手を擁した昨夏は、優勝した作新学院(栃木)との3回戦で敗退。その高橋には「楽しんでこい」と激励された。「昂也さんがいても、簡単に勝てなかった。去年を超えたい」と清水。エースを中心に、初の頂点をうかがう。



清水君のスカウト評はこちら

清水君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │高校 


ドラフトニュース検索