ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

近藤弘樹(岡山商大)に12球団調査書、阪神が追う

2017年10月17日

10/17、デイリースポーツ7面「虎が追う」より

近藤 弘樹 (岡山商科大・投手)
187cm・右投右打・動画

身長186センチ、体重96キロ。近藤(動画)は恵まれた体を鍛え上げ、実力をつけてきた。最大の武器である直球の最速は153キロ。チェンジアップなど4種類の変化球を操り、優れた制球力も持つ。中国地区大学野球リーグでプレーしているが、実力は全国トップクラスだ。

すでに12球団から調査書が届いており、26日のドラフト会議では上位での指名が有力視されている。「まだ実感はない。いい意味でいつも通り。僕らは選んでもらう立場なので待つしかありませんから」。落ち着いた様子で、運命の日を待っている。

広島の県立校・安佐北出身。高校時代は全国的には無名の存在だった。勉強に励んでいた高校卒業後は、他大学への進学を目指していた。しかし、受験に失敗。声をかけてくれた岡山商大へ進学した。

大学では1年春からリーグ戦に登板し、先発として活躍。常に防御率は2点未満で、安定した投球を見せてきた。それでもプロを意識できるほどの自信はなかった。「結果として勝ってはいたけど、納得できていなかった」と当時を振り返る。

転機は大学3年だった16年11月。大学日本代表候補に選出され、合宿に参加したことで意識が変わった。最終候補入りは逃したものの、「周りは甲子園に出ていたり、有名な選手ばかり。そういう選手の練習姿勢とかが勉強になった」。大学卒業後も上のレベルで野球をするには、今まで以上に自分を追い込む必要性を感じ取った。

3年の冬からは徹底的に下半身を鍛え上げた。ほぼ毎日、30メートルのタイヤ引きを敢行。多い日は60本もこなした。「土台がしっかりして投球していてもぐらつきがなくなった」。トレーニングの成果でフォームに安定感が生まれ、圧倒的な成績を残せるようになった。4年春のリーグ戦は7勝(3完封)を挙げて防御率1.12。MVP、ベストナインに輝き、10季ぶりの優勝に貢献した。

全日本大学選手権では、近大との1回戦で146球を投げ抜いて完投。「あまり調子はよくなかったけど、抑えられたので自信になった。全国でも通用すると感じた」。岡山商大を19年ぶりの初戦突破へ導いたことで、プロ入りへの意識が一層強まった。

阪神はこの試合を佐野アマ統括スカウトら12人で視察。担当の山本スカウトは「体が大きいし、真っすぐは球速が出るというのもあるけど、力があるから魅力」と高い評価を与えていた。

近藤は周囲の高い期待に応え、今秋はさらに進化を見せている、秋季リーグ開幕戦・福山大戦では、それまでの自己最速を1キロ更新する153キロをマーク。ここまで3完封を挙げている。リーグ優勝もかかる環太平洋大との最終節は、リーグ通算30勝を狙う。

ドラフト前、最後の登板となる環太平洋大戦は、多くのスカウトが視察する見込みだ。「プロに指名していただければ、直球にこだわっていきたい。僕は技巧派にはなれない。直球でグイグイ押していきたい」。世代屈指の剛腕は自らのスタイルを貫いて、最後のアピールを狙う。



近藤君のスカウト評はこちら

近藤君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:07|この記事のURL│ │阪神 

本田仁海(星槎国際)に9球団調査書、DeNA上位候補に

10/17、日刊スポーツ4面より

本田 仁海 (星槎国際湘南高・投手)
180cm・右投左打・動画

DeNAが今ドラフト指名候補として星槎国際湘南(神奈川)の本田仁海投手(動画)を高評価してることが16日、判明した。球団首脳は「間違いなくプロに行ける選手。3位だと残っていないかもしれない。ただ、うちは地元だからというのはない。いい選手を指名するというスタンスです」と説明。現時点で9球団が調査書を提出している本格派右腕をリストアップしたことを明かした。

本田は長いリーチから繰り出す最速147キロの直球と楽天松井裕を手本としたスライダーが武器。クイックモーションの速さにも定評がある。今春の神奈川大会準々決勝の慶応戦では12球団のスカウトが視察する中、11奪三振1失点完投。巨人高橋監督らを育てた土屋恵三郎監督の指導のもと、同校初の4強へ導き「神奈川のドクターK」との呼び声も高い。

DeNAは直近5年の12年ドラフト以降は上位の1位、2位は大学生、社会人の即戦力投手を中心に指名してきた。ただ、一方で昨年は3位松尾、4位京山、5位細川と高校生も積極的に指名している。さらに今ドラフトは、早実清宮を1位指名する方針を既に固めている。2年連続でCS進出を果たし、若手育成の成果を示しているDeNAが地元・右腕の指名を視野に入れている。



DeNAの歴代ドラフト指名選手・一覧はこちら

本田君(星槎国際湘南)のスカウト評はこちら

本田君(星槎国際湘南)のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL│ │横浜DeNA 

西武、牧田・野上・炭谷の3選手がFA権行使か?

10/17、日刊スポーツ2面より
国内フリーエージェント(FA)権を保持する西武の牧田和久投手(2010西武2位)野上亮磨投手(2008西武2位)炭谷銀仁朗捕手(2005西武1巡目)の主力3選手が、今オフでの権利行使を視野に入れていることが16日、分かった。3選手とも球団への愛着はあるが他球団の評価も聞いた上で、来季のプレー先を模索する意向とみられる。

牧田はWBCの出場経験から、米大リーグでのプレーにも興味を示している。この日の試合後、「(メジャーへのあこがれは)あります。向こうでやってみたいという気持ちも(球団へ)伝えると思います」とし、「球団としっかり話をして決めていきたい」と話した。今後、球団とはポスティングシステムを利用してのメジャー移籍も視野に入れながら話し合う見込みだ。FA宣言した場合は競合が予想される。

炭谷は今季、規定打席には未達ながら過去最高の打率.251をマーク。今年はここ5年間で最少の104試合の出場にとどまり、正捕手として貢献できるチームを最優先に考える構えだ。

野上は今シーズン自己最多タイの11勝を挙げ、菊池とともに1年間先発ローテーションを守りきった。プロ10年目を迎える来季に向け、他球団の評価を聞いてみたいという思いがあるとみられる。3選手とも西武への感謝は強く、残留も選択肢に入れ、FA権行使の最終決断を下すことになりそうだ。



西武の歴代ドラフト指名選手・一覧はこちら



draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │FA 

151キロ右腕・蔵本治孝(岡山商大)もドラフト指名待つ

10/17、デイリースポーツ7面より

蔵本 治孝 (岡山商科大・投手)
186cm・右投右打・動画

岡山商大は中国地区大学野球連盟の1部に所属する。これまでリーグ戦の優勝は春7度、秋2度。今春は10季ぶりのリーグ優勝を果たし、全日本大学選手権では1回戦で近大を破って19年ぶりに初戦を突破。2回戦で和歌山大に敗退した。

今秋のリーグ戦は第4週終了時点で、8勝2敗で首位。最終週の環太平洋大戦で勝ち点を挙げれば2季連続優勝が決まる。

岡山商大OBで過去にプロ入りしたのは、09年ドラフトで巨人から育成4位で指名された大立恭平投手のみ。近藤(動画)が支配下選手として指名されれば初となる。また、今年は最速151キロ右腕の蔵本治孝投手(動画)もドラフト会議での指名を待っている。



蔵本君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │大学 

12球団プロ2年目選手の成績まとめ(2015ドラフト入団)

2017年10月16日

下はプロ2年目選手の2017年度1軍成績です。(シーズン終了)


東京ヤクルトスワローズ
1位 原樹理(投) 26試合 3勝11敗0S 防御率3.84
2位 広岡大志(内) 11試合 28打数7安打 打率.250
3位 高橋奎二(投) 1軍出場なし
4位 日隈ジュリアス(投) 1軍出場なし
5位 山崎晃大朗(外) 59試合 219打数53安打 打率.242
6位 渡辺大樹(内) 2試合 2打数0安打 打率.000


読売ジャイアンツ 
1位 桜井俊貴(投) 19試合 0勝1敗0S 防御率5.67
2位 重信慎之介(外) 74試合 70打数11安打 打率.157
3位 与那原大剛(投) 1軍出場なし
4位 宇佐見真吾(捕) 21試合 40打数14安打 打率.350
5位 山本泰寛(内) 29試合 66打数12安打 打率.182
6位 巽大介(投) 1軍出場なし
7位 中川皓太(投) 18試合 0勝0敗0S 防御率4.32
8位 松崎啄也(捕) 1軍出場なし
育1 増田大輝(内) 1軍出場なし
育2 小林大誠(捕) (引退)
育3 松沢裕介(外) (入団せず)
育4 田島洸成(内) 1軍出場なし
育5 大竹秀義(投) 1軍出場なし
育6 橋本篤郎(投) 1軍出場なし
育7 矢島陽平(投) 1軍出場なし
育8 長谷川潤(投) 1軍出場なし


阪神タイガース
1位 高山俊(外) 103試合 328打数82安打 打率.250
2位 坂本誠志郎(捕) 42試合 113打数28安打 打率.248
3位 竹安大知(投) 1試合 1勝0敗0S 防御率0.00
4位 望月惇志(投) 1軍出場なし
5位 青柳晃洋(投) 12試合 4勝4敗0S 防御率3.22
6位 板山祐太郎(外) 3試合 3打数0安打 打率.000


広島東洋カープ
1位 岡田明丈(投) 24試合 12勝5敗0S 防御率4.00
2位 横山弘樹(投) 1軍出場なし
3位 高橋樹也(投) 10試合 0勝2敗0S 防御率6.43
4位 船越涼太(捕) 1軍出場なし
5位 西川龍馬(内) 95試合 204打数56安打 打率.275
6位 仲尾次オスカル(投) 2試合 0勝0敗0S 防御率5.40
7位 青木陸(内) 1軍出場なし


中日ドラゴンズ
1位 小笠原慎之介(投) 22試合 5勝8敗0S 防御率4.84
2位 佐藤優(投) 13試合 2勝0敗0S 防御率5.40
3位 木下拓哉(捕) 51試合 78打数15安打 打率.192
4位 福敬登(投) 5試合 0勝0敗0S 防御率7.94
5位 阿部寿樹(内) 21試合 41打数11安打 打率.268
6位 石岡諒太(内) 2試合 4打数0安打 打率.000
育1 中川誠也(投) (引退)
育2 吉田嵩(投) 1軍出場なし
育3 三ツ間卓也(投) 35試合 2勝1敗0S 防御率4.06
育4 西浜幹紘(投) 1軍出場なし
育5 呉屋開斗(投) (引退)
育6 渡辺勝(外) 1軍出場なし


横浜DeNAベイスターズ
1位 今永昇太(投) 24試合 11勝7敗0S 防御率2.98
2位 熊原健人(投) 4試合 3勝1敗0S 防御率5.40
3位 柴田竜拓(内) 88試合 215打数50安打 打率.233
4位 戸柱恭孝(捕) 112試合 336打数72安打 打率.214
5位 綾部翔(投) 1試合 1勝0敗0S 防御率0.00
6位 青柳昴樹(外) 1軍出場なし
7位 野川拓斗(投) 1軍出場なし
育1 網谷圭将(捕) 1軍出場なし
育2 山本武白志(内) 1軍出場なし
育3 田村丈(投) 1軍出場なし


福岡ソフトバンクホークス
1位 高橋純平(投) 1試合 0勝0敗0S 防御率12.00
2位 小沢怜史(投) 2試合 0勝0敗0S 防御率13.50
3位 谷川原健太(捕) 1軍出場なし
4位 茶谷健太(内) 1試合 2打数1安打 打率.500
5位 黒瀬健太(内) 1軍出場なし
6位 川瀬晃(内) 1軍出場なし
育1 野沢佑斗(投) 1軍出場なし
育2 児玉龍也(投) 1軍出場なし
育3 樋越優一(捕) 1軍出場なし
育4 中村晨(投) 1軍出場なし
育5 渡辺健史(投) 1軍出場なし


北海道日本ハムファイターズ
1位 上原健太(投) 9試合 1勝5敗0S 防御率6.23
2位 加藤貴之(投) 21試合 6勝6敗0S 防御率3.53
3位 井口和朋(投) 17試合 0勝1敗0S 防御率5.16
4位 平沼翔太(内) 4試合 8打数0安打 打率.000
5位 田中豊樹(投) 19試合 0勝0敗0S 防御率3.32
6位 横尾俊建(内) 50試合 134打数32安打 打率.239
7位 吉田侑樹(投) 5試合 2勝2敗0S 防御率5.32
8位 姫野優也(外) 1軍出場なし


千葉ロッテマリーンズ
1位 平沢大河(内) 50試合 119打数21安打 打率.176
2位 関谷亮太(投) 10試合 2勝4敗0S 防御率3.80
3位 成田翔(投) 4試合 0勝2敗0S 防御率4.38
4位 東條大樹(投) 12試合 0勝0敗0S 防御率6.88
5位 原嵩(投) 1軍出場なし
6位 信楽晃史(投) 1軍出場なし
7位 高野圭佑(投) 8試合 0勝0敗0S 防御率11.81
育1 大木貴将(外) 9試合 13打数2安打 打率.154
育2 柿沼友哉(捕) 8試合 8打数0安打 打率.000


埼玉西武ライオンズ
1位 多和田真三郎(投) 16試合 5勝5敗0S 防御率3.44
2位 川越誠司(投) 1軍出場なし
3位 野田昇吾(投) 38試合 1勝0敗0S 防御率1.98
4位 大滝愛斗(外) 9試合 5打数0安打 打率.000
5位 南川忠亮(投) 5試合 0勝0敗0S 防御率7.71
6位 本田圭佑(投) 5試合 0勝0敗0S 防御率4.70
7位 呉念庭(内) 15試合 39打数9安打 打率.231
8位 国場翼(投) 1軍出場なし
9位 藤田航生(投) 1軍出場なし
10位 松本直晃(投) 1軍出場なし


オリックス・バファローズ
1位 吉田正尚(外) 64試合 228打数71安打 打率.311
2位 近藤大亮(投) 55試合 1勝1敗1S 防御率3.07
3位 大城滉二(内) 122試合 345打数85安打 打率.246
4位 青山大紀(投) 1試合 0勝0敗0S 防御率6.75
5位 吉田凌(投) 1試合 0勝1敗0S 防御率20.25
6位 佐藤世那(投) 1軍出場なし
7位 鈴木昂平(内) 72試合 37打数3安打 打率.081
8位 角屋龍太(投) 1軍出場なし
9位 赤間謙(投) 7試合 1勝0敗0S 防御率7.15
10位 杉本裕太郎(外) 9試合 17打数2安打 打率.118
育1 塚田貴之(投) 1軍出場なし
育2 赤松幸輔(捕) 1軍出場なし


東北楽天ゴールデンイーグルス
1位 オコエ瑠偉(外) 41試合 130打数39安打 打率.300
2位 吉持亮汰(内) 1軍出場なし
3位 茂木栄五郎(内) 103試合 398打数118安打 打率.296
4位 堀内謙伍(捕) 1軍出場なし
5位 石橋良太(投) 1軍出場なし
6位 足立祐一(捕) 49試合 76打数16安打 打率.211
7位 村林一輝(内) 1試合 2打数1安打 打率.500
育1 出口匠(内) 1軍出場なし
育2 山田大樹(内)
 1軍出場なし



<勝利数ランキング>
12勝 岡田明丈(大阪商大→広島1位)
11勝 今永昇太(駒沢大→DeNA1位)
6勝 加藤貴之(新日鉄住金かずさマジック→日本ハム2位)
5勝 小笠原慎之介(東海大相模高→中日1位)
5勝 多和田真三郎(富士大→西武1位)


<安打数ランキング>
118安打 茂木栄五郎(早稲田大→楽天3位)
85安打 大城滉二(立教大→オリックス3位)
82安打 高山俊(明治大→阪神1位)
72安打 戸柱恭孝(NTT西日本→DeNA4位)
71安打 吉田正尚(青山学院大→オリックス1位)



draftkaigi at 16:45|この記事のURL│ │プロ野球新人 


ドラフトニュース検索