ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

山崎剛(国学院大)、楽天「守備範囲広いのも魅力」

2017年10月12日

10/12、日刊スポーツ3面より

山崎 剛 (国学院大・二塁手)
172cm・右投左打・動画

1打席目に決めた。国学院大・山崎(動画)は1ストライクからの2球目を中前へはじき返し、リーグ通算100安打を達成した。「宣言通りです。後輩から『センター前が見たい』って言われていたので」

国学院大で初めて、133安打で歴代1位の中大・藤浪行雄(元中日)、同2位(115安打)の中大・高木豊(スポーツ報知評論家)ら通算100安打選手の仲間入りを果たし「実感はまだ湧かないけど、光栄に思います」と笑顔を見せた。

首位打者を獲得した2年春から、5季連続で打率3割超え。今季も達成すれば、通算100安打以上の打者では初めてだ。データよりも感覚を大事にする天才肌。「当てるだけのヒットは上に行ったら通用しない」とフルスイングでのヒットにこだわってきた。

楽天・沖原スカウトは「しっかり自分の間を持っていて、ミートがうまい。守備範囲が広いのも魅力」と評価。この日も2盗塁をマークするなど、3拍子そろった二塁手に注目が集まっている。

(10月11日 東都大学野球 国学院大 1―0 東洋大)



山崎君のスカウト評はこちら

山崎君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 09:05|この記事のURL│ │楽天 

オリックスがスカウト会議、1位は東・田嶋ら投手中心

10/12、デイリースポーツ4面より
オリックスは11日、京セラドーム内でスカウト会議を開き、大学社会人、独立リーグなどの候補選手の絞り込みを行った。長村球団本部長は「(全体で)80人程度に絞った」と話した。

1位は即戦力投手を中心に検討しており、立命大・東(動画)JR東日本・田嶋(動画)らが挙がる。野手では慶大・岩見(動画)奈良学園大・宮本(動画)もリストアップされているもようだ。



東君(立命館大)のスカウト評はこちら

田嶋君(JR東日本)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 08:44|この記事のURL│ │オリックス 

上位指名確実の山崎剛(国学院大)、広島が高評価

10/12、日刊スポーツ3面より

山崎 剛 (国学院大・二塁手)
172cm・右投左打・動画

26日のドラフト会議を前に、プロ志望の国学院大・山崎剛二塁手(動画)が通算100安打を達成した。1回、先頭で打席に立ち、東洋大・梅津晃大投手の137キロを中堅右にはじき返した。同リーグの100安打到達者は史上24人目で、国学院大からは初。試合は山崎の足が生きて国学院大が1―0で競り勝ち、3回戦に持ち込んだ。

1回表、初球からフルスイングだった。ファウル。2球目、山崎のバットがとらえた打球はライナーとなって中堅右で弾んだ。前日の王手から空白なく、大台に乗せた。「初球から行くのがモットーですから。みんなにセンター前がいいといわれていた。自分らしい当たりが出ました」。100本目を振り返った。

すでにプロへの志望届を提出した。その「手土産」となる大台突破。172センチと小柄ながら「打って、守れて、走れる」1番だ。6回には四球で出塁、その初球に二盗を決め、次打者の中前にポトリ落ちる安打で一気に生還した。50メートル5秒9。これが決勝点となってチームは優勝に望みをつないだ。

広島・苑田スカウト統括部長は、そんな山崎をこう表現した。「足もあるしチームに1人は欲しいタイプの選手ですよ」。

東都リーグの100安打達成者を見ると、プロで活躍した選手がズラリ並ぶ。1位は元中日の藤波行雄(中大=133本)で、残り試合を見ても、これには届かない。ただ打率は藤波の.319に対し、山崎は.336もある。中日で今季大暴れした京田陽太内野手(日大)は、1部在籍が3年秋からの3季だったが、安打数は45で、打率.285だった。

(10月11日 東都大学野球 国学院大 1―0 東洋大)



紙面では山崎を「ドラフト上位確実!!」と大きな見出しで報じております。2位までに消えるでしょう。


山崎君のスカウト評はこちら

山崎君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 08:01|この記事のURL│ │広島 

中日、清宮を回避しドラ1に鈴木博志(ヤマハ)浮上

10/12、日刊スポーツ2面より

鈴木 博志 (ヤマハ・投手)
180cm・右投右打・動画

中日が、26日のドラフト会議で早実・清宮幸太郎内野手の指名を回避する可能性が11日までに浮上した。1位評価に変わりはないが、抽選を外した場合のリスク、現状の補強ポイントなどと比較して慎重に検討を進める。今日12日に森監督や球団幹部を交えてスカウト会議を開く。

清宮に関しては、白井オーナーが実力・集客力などを高く買い、獲得を熱望。今月2日には10球団による清宮との面談があり、中日は中田スカウト部長が「どうしても必要」と熱意を伝えた。だが、ここに来て空気が変わってきた。競争率などを踏まえた現実策へのシフトだ。

森監督の腹にも複数のチョイスがある。「今騒がれている素晴らしい人(清宮)がいるが、まだ(候補選手の)全員を見たわけではない。スカウトがどう思っているのか。球団の意向もある。現場の意見は言わせてもらいながら、最終的には(ドラフト会議)前日に決めると思う」と含みを持たせた。

回避の場合、新たな1位候補として最速155キロ右腕、ヤマハ・鈴木博志投手(動画)の名前が浮上する。救援に適性があり、補強ポイントにも合致する。これまで1位候補に挙がっていた広陵・中村奨成捕手にも引き続き注視する。多角的な判断で竜のドラ1を選択する。



鈴木君のスカウト評はこちら

鈴木君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:41|この記事のURL│ │中日 

田中俊太(日立製作所)に8球団のスカウト視察

10/12、日刊スポーツ2面より

田中 俊太 (日立製作所・二塁手)
177cm・右投左打・動画

社会人野球の関東選手権1回戦が11日、東京・大田スタジアムで行われ、ドラフト上位候補の日立製作所・田中俊太内野手(動画)が明治安田生命戦で2安打2得点と活躍し、4―0での勝利に貢献した。

1番・二塁で出場。初回に三塁打、2回に安打と、8球団のスカウトの前で打力を示した。兄の広島・広輔内野手同様に社会人からのプロ入りを目指す左打者は「自分を見失わず、チームのためにやりたい」と、目の前の勝利を求めていく。

(10月11日 関東選手権1回戦 日立製作所 4―0 明治安田生命)



田中君のスカウト評はこちら

田中君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:28|この記事のURL│ │社会人 


ドラフトニュース検索