ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

西武育成1位・高木渉、課題は内角のさばき

2017年11月18日

11/18、西日本スポーツ2面より

2017西武(育成)1位 高木渉
真颯館高・外野手兼投手・動画

西武から育成ドラフト1位で指名された真颯館高・高木渉外野手(動画)が17日、北九州市のホテルで入団交渉に臨み、契約が合意に達した。交渉には高木の父一彦さんと母亜紀さん、西武の高山久編成部育成・アマチュア担当が同席。高木は「あらためて実感が湧いてきた。身が引き締まる思い」とグッとあごを引いた。

育成選手ということもあるかもしれない。抱負は控えめだが、足元を見つめている。16日に日本ハムと仮契約を済ませた清宮について報道陣から質問された直後の返答が「彼は彼。俺は俺。他人のことを考えても仕方がない」だった。

課題は分かっている。「インコースが苦手なので」と今は内角のさばきに重点を置く。高校での練習でも一球一球に集中。体力アップとともに早期の支配下登録に向け、プロとしてのスタートに万全を期す。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。育成1位指名・高木君のスカウト評はこちら

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


draftkaigi at 07:03|この記事のURL│ │西武 

ヤクルトドラ7・松本直樹、東京六大学では0安打だった

11/18、サンケイスポーツ5面より

2017ヤクルトドラフト7位 松本直樹
西濃運輸・捕手・動画

ヤクルトからドラフト7位で指名された西濃運輸・松本直樹捕手(動画)の入団が17日、決まった。岐阜・大垣市の大垣フォーラムホテルで交渉し、契約金3000万円、年俸900万円で仮契約した。背番号は32。

立大では東京六大学リーグ戦で13試合の出場にとどまり、通算20打数無安打だった。「大学1年の新人戦の初打席で本塁打を打ったけど、そこから打てなくて・・・。リーグ戦は20打数無安打。(ヤクルト入りは)何かの縁。打てるように頑張ります」

4年時は一般学生とともに就職活動を行い、大学で野球をやめる可能性があった。「単純に野球が好きだから」と西濃運輸に入社し、1年目から正捕手に。昨年の都市対抗では打率・357、1本塁打、2打点をマークするなど2年間で攻守に成長。

担当の中西スカウトは「守備はアマでナンバーワン。打撃は確率が課題だが、パンチ力がある。総合的な評価で即戦力。1年目から勝負してほしい」と期待した。右投げ右打ちの強肩捕手は「(プロには毎年)いい選手が入ってくる。最大限の努力をしていきたい」と神宮初安打も目指す。 



下は2017ドラフトでヤクルトが指名した選手です。

ヤクルトの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
1位村上 宗隆九州学院高捕手
2位大下 佑馬三菱重工広島投手
3位蔵本 治孝岡山商科大投手
4位塩見 泰隆 JX-ENEOS外野手
5位金久保 優斗東海大市原望洋高投手
6位宮本 丈奈良学園大内野手
7位松本 直樹 西濃運輸 捕手
8位沼田 拓巳BCリーグ石川投手


draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │ヤクルト 

巨人ドラ5・田中俊太、守備力はカープ兄と互角

11/18、茨城新聞websiteより (source)

2017巨人ドラフト5位 田中俊太
日立製作所・二塁手・動画

プロ野球ドラフト会議で巨人から5位指名を受けた日立製作所の田中俊太内野手(動画)は17日、日立市内のホテルで球団と仮契約を結んだ。契約金は4500万円、年俸800万円(金額は推定)。背番号は63。仮契約を終え、田中は「自分の売りである守備からアピールしていきたい」と意気込んだ。

日立製作所では入社1年目から二塁手として定着。昨夏の都市対抗大会では若獅子賞を受賞し、準優勝に大きく貢献。社会人日本代表として出場した今秋のアジア選手権では、頂点に輝いた。兄は広島で正遊撃手として活躍する田中広輔。

担当の吉武真太郎スカウトは「守備はお兄さんと同じくらいうまい。守備範囲が広いし肩が強い。うちはセカンド専門がいないので期待している」と評価の高さを示した。

背番号63は、兄が入団時に着けていた番号。「63といえば田中と言ってもらえるような選手になりたい。やるからにはレギュラーを目指す」と活躍を誓った。入団発表は12月23日、東京ドームで行われる。 



下は2017ドラフトで巨人が指名した選手です。5位指名・田中君のスカウト評はこちら

巨人の2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×村上 宗隆  
1位鍬原 拓也中央大投手
2位岸田 行倫 大阪ガス捕手
3位大城 卓三NTT西日本捕手
4位北村 拓己亜細亜大内野手
5位田中 俊太日立製作所内野手
6位若林 晃弘JX-ENEOS内野手
7位村上 海斗 奈良学園大外野手
8位湯浅 大健大高崎高内野手
育1比嘉 賢伸 盛岡大付高内野手
育2山上 信吾常磐高投手
育3笠井 駿東北福祉大外野手
育4田中 優大羽黒高投手
育5広畑 塁 立正大捕手
育6小山 翔平関西大捕手
育7折下 光輝 新野高内野手
育8荒井 颯太 関根学園高外野手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │巨人 

巨人ドラ6・若林晃弘、即戦力として内外野守れる

日刊スポーツwebsiteより (source)

2017巨人ドラフト6位 若林晃弘
JX-ENEOS・二塁手・動画

巨人からドラフト6位で指名を受けたJX-ENEOSの若林晃弘内野手(動画)が17日、神奈川・横浜市内の新横浜プリンスホテルで仮契約を結んだ。契約金4000万円、年俸800万円(金額は推定)で背番号は「60」に内定。

「やっと実感が湧いてきました。ここからが勝負という思いが、さらに強くなったというところです。スイッチヒッターでどこでも守れるのが武器。与えられたところでしっかり結果を出して、『何でもできる』と安心して使ってもらえる選手になりたいと思います」と抱負を語った。

同席した井上チーフスカウトは「即戦力として、内外野を守れて、右でも左でもスイングできるバッター。将来的には内野の一角のレギュラーとして活躍してほしいですが、1年目は1軍に定着して要望に応えられる選手になってほしいと思います」と期待した。



下は2017ドラフトで巨人が指名した選手です。

巨人の2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×村上 宗隆  
1位鍬原 拓也中央大投手
2位岸田 行倫 大阪ガス捕手
3位大城 卓三NTT西日本捕手
4位北村 拓己亜細亜大内野手
5位田中 俊太日立製作所内野手
6位若林 晃弘JX-ENEOS内野手
7位村上 海斗 奈良学園大外野手
8位湯浅 大健大高崎高内野手
育1比嘉 賢伸 盛岡大付高内野手
育2山上 信吾常磐高投手
育3笠井 駿東北福祉大外野手
育4田中 優大羽黒高投手
育5広畑 塁 立正大捕手
育6小山 翔平関西大捕手
育7折下 光輝 新野高内野手
育8荒井 颯太 関根学園高外野手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │巨人 

楽天ドラ4・渡辺佑樹、伸びしろも含めて評価

スポーツ報知websiteより (source)

2017楽天ドラフト4位 渡辺佑樹
横浜商科大・投手・動画

楽天のドラフト4位、横浜商大・渡辺佑樹投手(動画)は17日、横浜市内で契約金4000万円、年俸1000万円で契約合意。現役では唯一の山梨出身プロ野球選手として、地元の子どもたちの目標となることを誓った。

契約に合意した渡辺は「詳しく話も聞いて、プロ野球選手になる実感がわいてきた。勝てる投手を目指したいし、地元の小さい子どもに目標とされる投手になりたい。山梨は自分だけ。しっかり頑張っていきたい」と抱負を語った。

担当の山田潤スカウトは「出どころが見づらく球速以上に見えるストレートと、真っすぐと一緒の腕の振りから投げるツーシームとチェンジアップは武器になるボール。左投手はチーム内でも補強ポイントで、相乗効果も期待できる。伸びしろも含めて評価しています」と期待を寄せていた。



下は2017ドラフトで楽天が指名した選手です。4位指名・渡辺君のスカウト評はこちら

楽天の2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×村上 宗隆  
1位近藤 弘樹岡山商科大投手
2位岩見 雅紀慶応大外野手
3位山崎 剛国学院大内野手
4位渡辺 佑樹横浜商科大投手
5位田中 耀飛BFL兵庫外野手
6位西巻 賢二仙台育英高内野手
7位寺岡 寛治BCリーグ石川投手
育1井手 亮太郎九州産業大投手
育2松本 京志郎 光南高内野手
育3中村 和希天理大外野手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │楽天 


ドラフトニュース検索