ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

長嶋一茂、広島からのドラフト指名を断った理由

2017年07月09日

スポーツ報知websiteより (source)

1987ヤクルトドラフト1位 長嶋一茂
立教大・内野手・21歳

8日に放送された日本テレビ系バラエティー番組「嵐にしやがれ」(土曜・後9時)に、元プロ野球選手で野球評論家、タレントの長嶋一茂(1987ヤクルト1位)が、俳優の石原良純とともに「ボンボン記念館」の企画で出演。著名人を父に持つ2世の異色の生い立ちをたどった。

その中で、立教大を経てプロ入りする際の、父である長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督との意外なエピソードを告白した。1987年ドラフトでヤクルトと大洋(現DeNA)の2球団が1位指名で競合、抽選でヤクルトが交渉権を得て、ヤクルトに入団した一茂。しかし、もともとは指名した2球団のほかに、広島からも指名の打診があったのだという。

「オヤジは広島をすすめていたんですよ。育成がしっかりしてるからって。(入団するなら)広島がいいって」と、父から意外なアドバイスがあったことを明かした。

しかし、当時は広島を舞台にしたヤクザ映画「仁義なき戦い」が大人気。「菅原文太さんの『仁義なき戦い』をやってて、広島って街じゅうがこうだ(映画の世界のように抗争がある)と思って・・・。それで断ったんですよ」と一茂。映画「仁義なき戦い」に“ビビって”、広島からの指名の話を断ったのだと語った。

一茂はその後、入団したヤクルトから、父が監督をつとめる巨人に移籍、同じ巨人軍のユニホームを着て戦い、96年に現役を引退した。



下は1987ドラフト会議でヤクルトが指名した選手です。長嶋一茂は1位指名され入団。プロでの成績はこちら

ヤクルトの1987ドラフト指名選手
1位長嶋 一茂立教大内野手
2位忰田 幸也東農大二高投手
3位鈴木 平東海大一高投手
4位池末 和隆杵島商高投手
5位中西 親志NTT東海捕手
6位城 友博習志野高外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:30|この記事のURL│ │広島 | ドラフトのウラ話

北浦竜次(白鴎大足利)に8球団、広島・中日が評価

7/9、サンケイスポーツ4面より

北浦 竜次 (白鴎大足利高・投手)
181cm・左投左打・動画

栃木大会1回戦で、白鴎大足利が宇都宮短大付に10―0で五回コールド勝ちした。プロ野球8球団が視察する中、最速147キロ左腕・北浦竜次投手(動画)は2安打、3奪三振、無四球で完封勝利。改めて「(6連覇中の)作新学院を下して甲子園」という目標を掲げた。

5回無失点でも首をかしげた。北浦は球場のスピードガン表示の最速141キロというスピードにも、スライダー、カーブの制球にも納得がいかなかった。「真っすぐで押す自分の投球ができなかった。(三回に)早く体が開いてシュート気味になった直球を三塁打にされた」。上々のスタートを切ったが、本来の投球ではなかった。

北浦は約100球を投げた前の登板(練習試合、樹徳戦)から中5日でこの日の1回戦を迎えた。藤田監督は、間隔が空きすぎて肩が軽すぎたのではないかと分析。オフには連日200球を投げ、土日の練習試合は連投がルーティン。「2日目の方が好投する」(同監督)という地肩が強く連投がきくのが北浦だ。

入学後、大きな故障がないのも自慢。連投が得意となれば、準決勝(22日)、決勝(23日)に照準ピタリ。ここに最高のコンディションで臨む覚悟だ。「真っすぐと同じ腕の振りで変化球を投げ切ること」と巨人・内海を目標に鍛えてきた左腕は、「作新学院に勝って甲子園に行きたい」とキッパリ。7年連続甲子園出場と夏の甲子園連覇を狙う王者・作新学院の前に立ちはだかるつもりだ。

▼広島・苑田スカウト統括部長
「きょうは初戦だったし、(今後は)もっとスピードが出ると思う」

▼中日・正津スカウト
「この前は145キロを投げているのを見ているし、腕の振り自体は変わらずいい。肩周りの柔らかさを感じる」

(7月8日 栃木大会1回戦 白鴎大足利10―0宇都宮短大付)



北浦君のピッチング動画はこちら

北浦君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:10|この記事のURL│ │広島 | 中日

中日スポーツが清宮(早実)を竜の恋人と報道

7/9、中日スポーツ1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画


竜の恋人の文字が見えますか?
↓↓↓

20170709

中日ドラゴンズの親会社・中スポの記事です。中日がクジで外した県岐阜商の高橋君(ソフトバンク)以来の「竜の恋人」。しかも一面大見出し。清宮(早実)がプロ志望ならば中日のドラフト1位はほぼ決まりです。ここ9年、中スポがこういう報じ方をした後に覆ったことはありません。


清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


下は高校生・野手の主なドラフト候補です。


2017高校生のドラフト候補 <捕手>
篠原翔太(報徳学園) スカウト評
中村奨成(広陵) スカウト評
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
村上宗隆(九州学院) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <内野手>
峯村貴希(木更津総合) スカウト評
清宮幸太郎(早稲田実) スカウト評
綱島龍生(糸魚川白嶺) スカウト評
安田尚憲(履正社) スカウト評
太田英毅(智弁学園) スカウト評
嶋谷将平(宇部鴻城) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <外野手>
西川愛也(花咲徳栄) スカウト評
増田珠(横浜) スカウト評
岡田悠希(龍谷大平安) スカウト評

2017高校生のドラフト候補一覧はこちら


draftkaigi at 07:09|この記事のURL│ │中日 

巨人スカウト陣の目は本当に節穴だったのか?

2017年07月08日

7/8、夕刊フジ47面より

2016巨人ドラフト2位 畠 世周
近畿大・投手・動画

巨人は昨秋ドラフトで指名した上位2人の新人が故障で出遅れ。ともに大卒ながら即戦力として働けていないが、スカウト陣の目は本当に節穴だったのか。

ドラフト2位の畠世周投手(動画)は6日の広島戦でついに初先発。4回4失点でほろ苦い1軍デビューとなった。普段のほほんとした天然系キャラだが、試合後は「地に足がつかずフワフワしていた。緊張で足をうまく使えず、上体が突っ込んで引っかけることが多かった」とショックの色がありあり。

3回には丸に低め147キロ速球を中堅最深部に運ばれる本塁打を被弾。「高くはなかったので、外野フライかと思った。これが1軍なんだなと思った」と力の差を痛感した。

近大の先輩でもある山下前スカウト部長が素質に惚れ込み、右肘手術で出遅れることも覚悟の上で昨秋ドラフトで指名。同部長は昨年限りで退任したが、その見立て通りに右腕は実戦復帰後、最速155キロの快速球を投げ込み、1軍デビューにこぎ着けた。

ただ、他球団に目を向ければ、DeNA外れのハズレ1位の左腕・浜口(神奈川大)は先発としてはや6勝。オリックス1位で3勝の山岡(東京ガス)、2位で18ホールドの黒木(立正大)は、巨人戦でもそれぞれ先発勝利とセーブを挙げた。

チームの成績不振も相まって、1軍で活躍できていない巨人の上位新人に注がれる視線は厳しい。外れの外れで1位指名の吉川尚輝内野手(動画)は、新人合同自主トレ中に発症した右肩違和感で出遅れ。5月に顔見せで1軍昇格も、2試合無安打に終わった。

今月になってファームで打ち始め、大器の片鱗をのぞかせているが、同じ新人の遊撃手で中日2位の京田(日大)、西武3位の源田(トヨタ)がすでに定位置を奪取。気が短いOBから「なんでウチは京田でも源田でもなく、吉川なんだ?」といらだつ声も聞かれる。

上位ルーキーの不発は、先月の堤前GMの退任の一因にもなった。せめて近い将来大きな実を結べば、堤前GMも、同GMの意向で一掃された旧スカウト陣も報われる。



下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。2位・畠君のスカウト評はこちら



巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手

巨人の歴代ドラフト指名選手一覧はこちら


draftkaigi at 07:41|この記事のURL│ │巨人 

東克樹(立命大)、中日「間違いなく1位候補になる」

7/8、中日スポーツ8面より 

東 克樹 (立命館大・投手)
170cm・左投左打・動画

日米大学野球選手権に出場する大学日本代表が7日、合宿中の神奈川県内で三菱日立パワーシステムズとオープン戦を行った。先発した今秋ドラフト候補のMAX152キロ左腕・東克樹投手(動画)は、12球団のスカウト陣の前で2イニング3安打、2失点、2奪三振。「この春投げていなかったツーシームでカウントを取れた」と、収穫を挙げた。

直球は146キロを計測し、相手4番の元巨人・加治前を二飛に打ち取る場面も。中日・中田スカウト部長は「球持ちがよく、球威が出てきた。1位候補になるのは間違いない」と評価した。

(7月7日 練習試合 三菱日立パワーシステムズ 5―2 大学日本代表)



東君のピッチング動画はこちら

東君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:09|この記事のURL│ │中日 


ドラフトニュース検索