ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

中日育成1位・木下雄介が仮契約、「結果残してみせる」

2016年11月11日

11/10、徳島新聞websiteより  (source)

2016中日(育成)ドラフト1位 木下雄介
徳島インディゴソックス・投手・動画

中日から育成ドラフト1位で指名された徳島インディゴソックスの木下雄介投手(動画)の入団が9日、決まった。徳島市のホテルクレメント徳島で入団交渉があり、支度金200万円、年俸300万円(金額は推定)で仮契約した。入団発表は12月12日に名古屋市内で行われ、未決定の背番号も発表される。

交渉後、会見に臨んだ木下は「契約し、より気持ちが引き締まった。自慢の直球を生かす投球をしたい。チャンスで結果を残してみせる」と意気込みを語った。

中日の中田宗男スカウト部長は「肩の柔らかさと球の力強さが魅力。実戦を積んで支配下登録を目指してほしい」。中島輝士監督は「覚悟を持って挑戦し、徳島インディゴソックス出身選手の名に恥じないプレーをしてほしい」と激励した。



下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。

中日の2016ドラフト指名選手
1位柳 裕也明治大投手動画
2位京田 陽太日本大内野手動画
3位石垣 雅海酒田南高内野手動画
4位笠原 祥太郎新潟医療福祉大投手動画
5位藤嶋 健人東邦高投手動画
6位丸山 泰資東海大投手動画
育1木下 雄介四国IL・徳島投手動画


draftkaigi at 09:51|この記事のURL│ │中日 

日ハム3位・高良一輝が仮契約、「完成度高い」と期待

11/11、西日本スポーツ4面より

2016日本ハムドラフト3位 高良一輝
九州産業大・投手・動画

日本ハムからドラフト3位指名を受けた九産大の高良一輝投手(動画)が10日、福岡市の同大学内で仮契約を結び、契約金5000万円、年俸900万円で合意した。直球の最速は148キロ。福岡六大学リーグでは通算防御率0.70という驚異の数字を残した。

日本ハムには大谷や有原ら球界を代表する右腕がいるが、高良は「日本一のチームに加わることができると思うとワクワクする。コントロールや真っすぐの切れで勝負できる投手になりたい」と力強い抱負。

「完成度が高い。即戦力として早くローテーションの一角に入ってほしい」と原田豊スカウトは期待を寄せる。沖縄・興南高では日本一を経験した。当時のエースで2学年上の島袋は福岡ソフトバンクにいる。「いつか投げ合える日が来れば」。ドラフトで指名を受けた後は早速先輩に連絡し、健闘を誓い合ったという。

沖縄から九州、そして北海道へと北上するが「福岡(の寒さ)が限界です」と笑わせた。今月22日に札幌市での入団会見に臨み、来年1月9日から千葉県鎌ヶ谷市で行われる新人合同自主トレでプロ1年目のスタートを切る。



下は2016ドラフトで日本ハムが指名した選手です。3位・高良君のスカウト評はこちら

日本ハムの2016ドラフト指名選手
1位堀 瑞輝 広島新庄高投手動画
2位石井 一成 早稲田大内野手動画
3位高良 一輝 九州産業大投手動画
4位森山 恵佑 専修大外野手動画
5位高山 優希 大阪桐蔭高投手動画
6位山口 裕次郎 履正社高投手動画
7位郡 拓也 帝京高捕手動画
8位玉井 大翔 新日鉄住金KM投手動画
9位今井 順之助 中京高内野手動画


draftkaigi at 09:40|この記事のURL│ │日本ハム 

DeNA6位・尾仲祐哉が仮契約、「三浦さん目標」

11/11、神奈川新聞8面より

2016DeNAドラフト6位 尾仲祐哉
広島経済大・投手・動画

横浜DeNAは10日、ドラフト6位指名した広島経済大の尾仲祐哉投手(動画)と広島市内のホテルで入団交渉し、契約金3000万円、年俸720万円で仮契約を結んで合意した。

最速150キロの直球とスライダーが武器で、即戦力として期待される尾仲は球団を通じて「頑張らなきゃいけない気持ちになりました。引退した三浦さんのような投球術を身に付け、息の長い投手になりたい」とコメントした。




下は2016ドラフトでDeNAが指名した選手です。6位・尾仲君のスカウト評はこちら


DeNAの2016ドラフト指名選手
1位 浜口 遥大 神奈川大 投手 動画
2位 水野 滉也 東海大北海道 投手 動画
3位 松尾 大河 秀岳館高 内野手 動画
4位 京山 将弥 近江高 投手 動画
5位 細川 成也 明秀学園日立高 外野手 動画
6位 尾仲 祐哉 広島経済大 投手 動画
7位 狩野 行寿 平成国際大 内野手 動画
8位 進藤 拓也 JR東日本 投手 動画
9位 佐野 恵太 明治大 内野手 動画
育1 笠井 崇正 BCL・信濃(早大) 投手 動画


draftkaigi at 09:28|この記事のURL│ │横浜DeNA 

中日、山口俊の獲得に参戦か?

11/11、中日スポーツ2面より
DeNAからFA宣言した山口俊投手(2005横浜1巡目)の獲得に中日が乗り出す可能性が10日、浮上した。FA宣言選手が公示されたこの日、西山球団代表が今オフのFA補強について「(獲得に)いくともいかないとも言いません。ウチが必要と思う戦力と判断すればいきます」と発言。

具体的な明言こそ避けたが、最も獲得に動く可能性が高いのは山口だ。山口は今季11勝5敗でDeNAを11年ぶりのAクラスに導いた主戦格。完投能力のある先発投手は中日の補強ポイントと合致する。

ただ、山口には巨人が交渉に乗り出すことが確実で、中日が獲得に乗り出したとしても争奪戦になる。巨人とのマネーゲームになれば分は悪いが、契約年数や環境面、誠意などで訴えていくことになる。

中日がFA補強に成功すれば、2013年に巨人からFA移籍した小笠原現2軍監督以来となる。今オフはどういう結論を下すのか。西山球団代表は「(動くと)決めたとしても公表はしません。ショーにはしたくない」と発言しており、動いても非公開。竜党を喜ばせる一報を届けてくれるのか、動向が注目される。




下は2005高校ドラフトで横浜(現DeNA)が指名した選手です。山口俊は1巡目指名入団。プロでの成績はこちら

横浜の2005高校ドラフト指名選手
1巡目山口 俊柳ヶ浦高投手
2巡目指名権なし
3巡目黒羽根 利規日大藤沢高捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:19|この記事のURL│ │中日 

ドラフト選手の家庭の事情 (ロッテ1位・佐々木千隼)

11/11、日刊ゲンダイ27面「ドラフト選手の家庭の事情」より

2016ロッテドラフト1位 佐々木千隼
桜美林大・投手・動画

「都立の星」。プロを目指す球児の多くが私立の強豪校に進む一方、佐々木(動画)が通ったのは東京都下の日野第八小学校、三沢中学校、日野高校と、桜美林大学以外はすべて公立。生まれも育ちも日野というごく普通の子供で、高校の成績も「クラスで40人中20番目」(本人)と真ん中だったが、野球の才能は非凡だった。

少年野球時代の恩師、日野イースタンジュニアの石阪誠代表は「初めから試合運びがうまく、相手の4番打者には気合を入れる一方で、下位打線には手を抜いて投げるなど、1試合を投げきるための組み立てをしっかりしていた。小柄な体形と名前から『ちい』と呼ばれていましたが、体のバネと丈夫さは一級品でした」と話す。

小学校2年から現在までの15年間、同じ学校で野球を続け、高校まで捕手としてバッテリーを組んでいた桜美林大の吉野広輝は「走るのも打つのも1番じゃないと気が済まないタイプで、実際に全部トップでした。負けず嫌いで完璧を追い求める気持ちが強い分、うまくいかないことがあると、よく泣いていました。サッカーをやめて野球に来たときも泣いていた」と明かす。

野球を始めたのは長兄・朋也さん、次兄・郁也さん2人の兄の影響だった。小学校1年まではサッカーに夢中だったが、兄にくっついて野球をやるうちにその魅力にとりつかれた。兄が4歳から自転車に乗り始めれば、負けず嫌いが出て2歳からサドルにまたがり、3歳になると自ら補助輪を外したという。

2人の兄は、共に会社員。朋也さんは今年結婚して家を出ており、郁也さんと両親の4人で実家に暮らしている。

実家は日野市落川にある閑静な住宅街の一軒家。管理栄養士として企業の社員食堂などの献立作りの仕事に従事する母の浩子さんが一家を支えている。末っ子として自由に育った佐々木に、吉野が手を焼くこともあったという。

「公園で待ち合わせな、と言って佐々木が別の公園に行ってしまい、2時間くらい待っていたこともあります。おかげで器が大きくなりました、ハハハ。昔から(佐々木の)お兄ちゃん2人はすごく優しくて、だからこうなっちゃったのかな」。

自由奔放な性格は本人も自覚しているようで、「小学校から吉野がキャプテンをやることが多かったんですが、キャプテンが決める練習メニューに文句をつけたり、『その練習は一切やらない』と言って、知らん顔して好き勝手やっていた。あまりガッツリやるのが好きじゃなくて、ゆる~いところでやりたかった。ゆとり(世代)なので」と自己分析。

酒が苦手とはいえ、チーム全体の打ち上げ以外には顔を出さないと言い、「普段は飲む必要がないし、飲んで騒いでケガにつながったら意味がない」とストイックな一面も。

日野高時代に140キロだった球速は、大学で最速153キロにまで伸びた。ドラフトでは1位指名が確実といわれていたが、フタを開けてみると「外れ1位」で史上最多の5球団が指名。このときの心境を聞くと・・・。

「正直、1巡目で呼ばれるかなと思っていた。けど、“いの一番で佐々木にいこう”とならなかったのが現実。それが今の自分の実力なんだと受け止めて、今後の糧にしないといけない。ロッテではまずローテに入りたい。大学と違ってプロは分業制、投げる場所にこだわりはない。先発じゃなくても、投げろと言われたところで投げたい」

好きな選手はレンジャーズのダルビッシュ有。「目標とは違うけど、見ていて楽しい選手なので好きです」。ロッテで結果を残せば、メジャーの道も夢ではない。



下は2016ドラフトでロッテが指名した選手です。佐々木千隼のスカウト評はこちら

ロッテの2016ドラフト指名選手
1位佐々木 千隼桜美林大投手動画
2位酒居 知史大阪ガス投手動画
3位島 孝明東海大市原望洋投手動画
4位土肥 星也大阪ガス投手動画
5位有吉 優樹九州三菱自動車投手動画
6位種市 篤暉八戸工大一高投手動画
7位宗接 唯人亜細亜大捕手動画
育1安江 嘉純BCL・石川投手動画
育2菅原 祥太日本ウェルネス大投手動画




ドラフトニュース検索