ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

山崎剛(国学院大)、ロッテ「パワーついて驚いた」

2017年05月02日

5/2、デイリースポーツ6面より

山崎 剛 (国学院大・二塁手)
172cm・右投左打・動画

今秋ドラフト候補の山崎剛内野手(動画)が今季4度目のマルチ安打で、開幕から7戦連続安打。三回はドラフト候補右腕・鍬原の145キロをはじき返す中堅フェンス直撃の三塁打を放ち「力強く振ることが結果に表れている」とうなずいた。

ロッテ・永野チーフスカウトは「パワーがついていて驚いた。西野(オリックス)みたい」と評価した。

(5月1日 東都大学野球 国学院大 4―1 中央大)



山崎君のスカウト評はこちら


下は大学生・野手の主なドラフト候補です。

2017大学生のドラフト候補 <捕手>
保坂淳介(中央大) スカウト評
2017大学生のドラフト候補 <内野手>
楠本泰史(東北福祉大) スカウト評
笠松悠哉(立教大) スカウト評
山崎剛(国学院大) スカウト評
宮本丈(奈良学園大) スカウト評
2017大学生のドラフト候補 <外野手>
島田海吏(上武大) スカウト評
岩見雅紀(慶応大) スカウト評


draftkaigi at 07:08|この記事のURL│ │ロッテ 

ヤクルト、ドラフト1位は清宮幸太郎(早実)有力

5/2、サンケイスポーツ1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

いずれプロ野球界を背負って立つ逸材を、放っておくわけにはいかない。ヤクルトが高校ナンバーワンのスラッガー、清宮(動画)に大注目。今秋のドラフト会議での1位候補に浮上していることが判明した。

「間違いなく、候補になる。やっぱり、あの打撃が魅力。長打力だけでなく、柔軟性もある。1年目から1軍の試合に出られる可能性は高い」。球団幹部が明言した。

ヤクルトは、最近5年間のドラフト会議で投手を1位指名。今年も履正社高から左腕の寺島が入団した。4月を終えて5位と苦戦するが、チーム防御率3.08と投手陣は安定している。

一方で、2年連続トリプルスリーを達成した山田、潜在能力を高く評価される広岡と長打力を誇る右打者はいるものの、左の大砲候補が不在。高卒野手の1位指名に踏み切る状況は整っており、清宮は補強ポイントにも合致する。

3月にセンバツ1回戦・早実-明徳義塾を視察した小川淳司シニアディレクターは「清宮の打撃と存在感には改めて目を見張った。九回はネクストバッターズサークルにいたことで投手に失策を誘発させ、打席ではストライクを必ず振る集中力を見せた」と高い評価を口にしていた。

別の球団関係者は「20~30年に1人の逸材。意外にコンパクトに打つ。金属バットから木製にかわって苦労する高校生は多いが、それも関係なさそう」と話す。高校通算本塁打は大阪桐蔭・中田翔(現日本ハム)を超える88本。高校生ではあるが、即戦力級の評価をしている。

スター性も魅力だ。清宮は4月27日、ヤクルトの本拠地でもある神宮球場で行われた春季高校野球東京大会の決勝(対日大三)に臨み、推定飛距離130メートルの本塁打を2本マーク。18―17でのサヨナラ勝ち、優勝に貢献した。

この試合は史上初めて平日のナイター開催となり、2万人が観戦。223人の報道陣が集結し、ネットテレビ局「Abema(アベマ)TV」が生中継するなど大きな注目を集めた。

既に日本ハムの栗山監督が1位指名を示唆し、阪神も球団首脳が1位指名の方針を示している。現時点で清宮は高校卒業後の進路を明言していないが、プロ志望届を提出するとなれば、ドラフトでの1位競合は必至。高校球界のスターをめぐる動きは、日に日に活発になっている。



清宮君のスカウト評はこちら



下は高校生・野手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <捕手>
篠原翔太(報徳学園) スカウト評
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
村上宗隆(九州学院) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <内野手>
峯村貴希(木更津総合) スカウト評
清宮幸太郎(早稲田実) スカウト評
綱島龍生(糸魚川白嶺) スカウト評
安田尚憲(履正社) スカウト評
太田英毅(智弁学園) スカウト評
嶋谷将平(宇部鴻城) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <外野手>
西川愛也(花咲徳栄) スカウト評
増田珠(横浜) スカウト評
岡田悠希(龍谷大平安) スカウト評


draftkaigi at 07:07|この記事のURL│ │ヤクルト 

大城卓三(NTT西日本)、阪神・DeNAなどの前で活躍

5/2、スポーツニッポン4面より

大城 卓三 (NTT西日本・捕手)
187cm・右投左打・動画

推定130メートルの特大弾で連覇を狙った三菱重工広島の戦意をそぎ落とした。2回1死、ドラフト候補に挙がるNTT西日本・大城(動画)は初球直球を強振。後方にある林を突き破りそうな右中間への弾丸ライナーで先制点を叩き出すと、3回無死満塁では右前へ2点適時打し勝利を引き寄せた。

「大会を通じて自分のスイングができた。失点も少なく、バッテリーとしても良かったです」。準決勝のJR西日本戦でも左中間へ3ランを放ち2試合で計6打点。阪神、DeNAなどが視察する中でMVP級の活躍を見せた。

東海大相模では10年夏の甲子園で元阪神・一二三らとともに準優勝。東海大では14年春秋にリーグ首位打者、MVPを獲得し同年の大学選手権で優勝しMVPに輝いた。入社1年目の15年には戸柱(DeNA)がおり同じ捕手、左打者として背中を追ってきた。

昨秋も数球団から調査書が届いたがドラフトでは指名漏れ。悔しさを味わった男が都市対抗予選へ最高の弾みをつけた。

(5月1日 社会人野球京都大会 NTT西日本 9―0 三菱重工広島)



大城君のバッティング動画はこちら


下は社会人・野手の主なドラフト候補です。

2017社会人のドラフト候補 <捕手>
岸田行倫(大阪ガス) スカウト評
2017社会人のドラフト候補 <内野手>
前野幹博(ヤマハ) スカウト評
北村祥治(トヨタ自動車) スカウト評
2017社会人のドラフト候補 <外野手>
菅野剛士(日立製作所) スカウト評
藤岡裕大(トヨタ自動車) スカウト評


draftkaigi at 07:06|この記事のURL│ │阪神 | 横浜DeNA

ドラフト大成功、楽天が首位独走中!

5/2、日刊ゲンダイ25面より
楽天が好調だ。オフにFAで獲得した岸はインフルエンザのため、30日の日本ハム戦が今季3試合目の登板。助っ人にしても2番のペゲーロの7本塁打、21打点が際立つものの、3、4番のウィーラー、アマダーは2人で3本塁打だ。それでも30日現在、貯金「11」でパの首位を走っているのは、若手の存在が大きい。

野手では2年目の遊撃手・茂木(2015ドラフト3位)が打率.318、5本塁打。投手ではこの日プロ初勝利を挙げたセットアッパーの森原(2016ドラフト5位)を筆頭に、中継ぎの菅原(2016ドラフト4位)高梨(2016ドラフト9位)らの活躍がチームを支えている。

3投手はいずれも昨年のドラフトでプロ入りした新人。森原は15試合、14回3分の1に登板して1失点。菅原は6試合、6回3分の1で無失点を継続中だ。

「ここ数年のドラフトがうまくいっているのですよ」と、さるマスコミ関係者がこう言った。

「3位指名の茂木はともかく、森原は5位、菅原は4位、高梨は9位。他球団がほとんどマークしないような選手を下位で獲得、次々と戦力にしているのです。例えば森原は新日鉄住金広畑時代、主に先発だった。担当スカウトが変化球に問題があっても、短いイニングなら間違いなく通用すると強硬に主張して獲得に至ったと聞きました。楽天はドラフトで選手の能力を数値化したセイバーメトリクスを利用していますが、それだけで選手を取っているわけじゃありません。特に最近は選手を的確に評価、いいスカウティングをしていると思いますね」

ドラフトの上位指名選手は、どの球団も似たり寄ったり。差がつく3位以下で優れた選手を獲得したことが、快進撃につながっているというのだ。この日、森原に左飛に打ち取られた打率リーグトップの近藤は「タイミングが合わない」とコメント。森原本人は「新人王を取りたい」と話した。




下は2015~2016ドラフトで楽天が指名した選手です。 過去の指名選手はこちら

楽天の2015ドラフト指名選手
× 平沢 大河    
1位 オコエ 瑠偉 関東第一高 外野手
2位 吉持 亮汰 大阪商大 内野手
3位 茂木 栄五郎 早稲田大 内野手
4位 堀内 謙伍 静岡高 捕手
5位 石橋 良太 ホンダ 投手
6位 足立 祐一 パナソニック 捕手
7位 村林 一輝 大塚高 内野手
プロ入り後の成績


楽天の2016ドラフト指名選手
1位 藤平 尚真 横浜高 投手
2位 池田 隆英 創価大 投手
3位 田中 和基 立教大 外野手
4位 菅原 秀 大阪体育大 投手
5位 森原 康平 新日鉄住金広畑 投手
6位 鶴田 圭祐 帝京大・準硬式 投手
7位 野元 浩輝 佐世保工高 投手
8位 石原 彪 京都翔英高 捕手
9位 高梨 雄平 JX-ENEOS 投手
10位 西口 直人 甲賀専門学校 投手


draftkaigi at 07:05|この記事のURL│ │楽天 

菊地大稀(佐渡)に8球団集結、楽天が高評価

2017年05月01日

5/1、日刊スポーツwebsiteより (source)

菊地 大稀 (佐渡高・投手)
185cm・右投左打・動画

佐渡島からプロ大注目の怪腕が現れた。佐渡・菊地大稀投手(3年)プロ8球団のスカウトの前で、自己最速を更新する143キロをマーク。7安打、5失点(自責2)ながら東京学館新潟から10三振を奪い、公式戦初完投を勝利で飾った。

一冬越えて成長した大器を見るため、ネット裏に8球団のスカウトが集結した。佐渡・菊地は「初回は100%で入れと言われている」と、自己最速を1キロ上回る143キロの直球を軸にスタートした。ところが2死二塁から、4番鈴木里希也捕手に2ボールから一本調子に投げた直球を1度は逆転被弾。

2回からは「打者を見て、力をセーブしながら」と7、8割程度に抑え、勝負球をスライダーに変えて三振の山を築いた。5回に3点を返されたが、2失策に野選と内野陣のミスが重なったもの。6回以降はイニング平均12球に抑え、「練習試合で完投はあるので、スタミナ的には心配なかった」と138球を投げ抜いた。

「ストレートは走っている感覚がなく、変化球でストライクと空振りを取れた」と自己採点は70点。宮木洋介監督は「完投させるつもりはなかったが、試合展開が不安定だったので、代える勇気がなかった」と、エースに最後まで任せた。

ネット裏には巨人、中日、阪神、楽天、日本ハム、ロッテ、西武、ソフトバンクのスカウトが陣取った。楽天は長島哲郎スカウト部長との2人態勢で視察し、携帯したスピードガンで143キロを確認。担当の山田潤スカウトは「楽しみな素材。伸びしろを感じる投手です」と評価した。

昨オフはウエートトレーニングで下半身と背筋を鍛え、一冬で体重は8キロ増の80キロ、身長も1センチ伸びて185センチに。「体の力強さを感じる。球に力が伝わるようになった」と最速も昨秋の137キロから、コンスタントに140キロを計測する。県ナンバー1クラスに躍り出た右腕から、目が離せなくなった。

(4月30日 新潟大会2回戦 佐渡 10―5 東京学館新潟)



菊地君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


下は高校生・投手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <投手>
古屋敷匠真(八戸工大一) スカウト評
佐藤隼輔(仙台) スカウト評
石川翔(青藍泰斗) スカウト評
金久保優斗(東海大市原望洋) スカウト評
布川雄大(武南) スカウト評
清水達也(花咲徳栄) スカウト評
桜井周斗(日大三) スカウト評
金成麗生(日大三) スカウト評
本田仁海(星槎国際湘南) スカウト評
田中瑛斗(柳ヶ浦) スカウト評
山口翔(熊本工) スカウト評
川端健斗(秀岳館) スカウト評
平良海馬(八重山商工) スカウト評


draftkaigi at 13:18|この記事のURL│ │楽天 


ドラフトニュース検索