ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

阪神、ドラフト1位は清宮幸太郎(早実)が筆頭候補

2016年11月19日

11/19、スポーツニッポン1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

阪神が、来年のドラフト1位の筆頭候補として早実・清宮幸太郎内野手(動画)をリストアップしていることが18日、分かった。指名すれば昨年の高山、今年の大山に続いて3年連続の野手1位指名となるが、阪神は中長期的なチーム強化策として「生え抜きクリーンアップ構想」を掲げ、その候補となる清宮に白羽の矢を立てた。

来春センバツ出場を決定的としている清宮に対し、すでに担当スカウトが密着マークを開始している。来年のことを言えば鬼が笑うと言うが、言いたくもなる。毎年のように目玉候補が出現する投手に対し、打者のスター候補は希少。清宮がドラフト解禁イヤーを迎える来年は、その当たり年だ。

85年のPL学園・清原和博、92年の星稜・松井秀喜、07年の大阪桐蔭・中田翔・・・。およそ10年前後に一人の割合で出現する「怪物」に匹敵する逸材の指名を、みすみす見逃す手はない。阪神が、来年のドラフト1位の筆頭候補に清宮をリストアップしたことが判明した。

1メートル84、97キロ。その堂々たる体格が生み出すパワーに、超高校級の柔軟なバットさばきを兼ね備える。東京北砂リトル時代の12年には主砲として世界大会で優勝。早実でも1年春から公式戦に出場し、1年夏の甲子園では4試合19打数9安打、2本塁打、8打点と暴れ回った。

そして主将として臨んだ今秋は秋季東京大会優勝、明治神宮大会準優勝の原動力となり、来春センバツ出場を決定的とした。2年秋までに積み上げた高校通算本塁打は76本。実力とスター性、そして輝かしい経歴を持ち合わせる超高校級スラッガーに対し、球団関係者の言葉も熱を帯びる。

「清宮君はもちろん、1位候補に入ってくるでしょう。3年連続で野手の指名になっても問題はないと考えています。それだけの逸材ですから」

清宮は、阪神の中長期的チーム強化策に合致する存在だ。金本監督の要望により、阪神は昨年の高山に続いて今年も大山を1位指名した。2年連続で捕手以外の野手を1位指名するのは、高校生と大学・社会人に分かれた05~07年の分離ドラフトを除く49度目の通常ドラフトでは史上初のことだった。さらに3年連続も辞さないという。

それには明確な狙いがある。別の球団関係者は言う。「今ウチの球団には生え抜きのレギュラー格の選手が少ない。高山が1年目から頭角を現して今年は大山を獲得した。それでも生え抜きでクリーンアップを組むにはもう一人、野手が必要。その候補が清宮君です」

これぞ、猛虎が青写真を描く「生え抜きクリーンアップ構想」だ。高山は1年目から33試合で3番に座って適性を示し、現時点で来季の3番候補の筆頭。そして今秋ドラフト1位・大山は大学4年春のリーグ戦でシーズン8本塁打の連盟記録を叩き出し、大学日本代表でも4番を務めた将来のスラッガー候補だ。

ここに清宮が加われば、青写真が現実となる日がグッと近くなる。当たり外れの大きい助っ人やFA補強に頼るのではなく、自前の戦力を鍛え上げるのがチーム強化の理想。そのために清宮が必要だ。



清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:56|この記事のURL│ │阪神 

ドラフト選手の家庭の事情 (巨人1位・吉川尚輝)

11/19、日刊ゲンダイ45面「ドラフト選手の家庭の事情」より

2016巨人ドラフト1位 吉川 尚輝
中京学院大・遊撃手・動画

吉川尚輝(動画)の父・好さんは、岐阜県羽島市出身。東海道新幹線の岐阜羽島駅から南に数キロ、長良川の近くで育った。今の自宅も近所にある。76年夏、市岐阜商高の「1番・中堅」で夏の甲子園に出場。元甲子園球児の好さんがこう言う。

「監督や先輩との上下関係が厳しくて、今では考えられませんが、殴る蹴るは当たり前の時代。最初は同級生が50人ほど入部しましたが、最後は17人になっていました。尚輝は足が速いといわれますが、私も足には自信がありまして、50メートルは5秒台。打球が三遊間へ飛べば内野安打になっていました」

高校卒業後、社会人野球の東邦ガスに入社。都市対抗には届かなかったものの、11年間現役生活を続けた。同社に勤続40年。現在も営業職に就くかたわら、吉川も所属した岐阜南ボーイズ(当時・羽島フジボーイズ)で監督を務め、今も中学生を指導している。

「大事にしているのは礼儀と勉強。昔は野球だけでも良かったかもしれませんが、今は野球だけじゃ高校に行けません。チームは強くありませんが、硬式ボールに慣れるとか体づくりとか、中学生には勝つことよりも大事なことがたくさんあります。どうせ全国大会に行くなら、中学より高校で甲子園に行った方がいいですから」(好さん)

吉川が野球を始めたのは2人の兄の影響も大きい。小学生になるか、ならないかの頃、一番上の友規さん、2番目の圭太さんと一緒に自宅の庭に「野球場」を造った。打席までの距離は大人用の18.44メートル。マウンドには土を盛った。そこで2人の兄と白球を追った。

「家が田んぼの真ん中にポツンとある環境でして、庭といっても田んぼと一体化しているんですよ。稲刈りした後なら走ったりはできます。ただ、稲の根本は残っていますから、ボールはイレギュラーしますよね。柔軟なグラブさばきが身についた? 多少はあるかもしれません(笑い)」(好さん)

愛知県名古屋市出身の母・陽子さんもスポーツウーマンだ。愛知県内の高校を卒業後、東邦ガス女子バレーボール部に所属。身長は163センチでセッターとして全国大会に出場した経歴を持つ。2人は社内結婚である。陽子さんがこう言う。

「尚輝が中学3年の時、野球をやめようとしたことがあるんです。チームは弱いし、勉強、勉強と言われて窮屈さを感じていたんだと思います。この時は高校野球の夏の予選を見せに行って何とか踏みとどまったんですが、今度は『中京高校に行きたい』と言い出しました(苦笑い)。寮生活だし、同じ岐阜でも遠いんです。ただ、『誰も知らない環境で野球をやりたい』って。末っ子で口数も多い方ではなくて、何を考えているのか分かりかねているところがあったんですが、初めて自分の意見を言ったので、よく覚えています」

好さんは「3人兄弟の中で一番センスがあるから大丈夫かな」と快く送り出した。その後、進んだ中京学院大・近藤正監督もこう証言する。

「野球センスがズバぬけていて中京高校の頃から知っていました。先輩の菊池(現広島)の大学4年時と比べても、ほぼ同レベル。同じショートですが、守備は吉川の方が少し上でしょうか。お父さんも足が速い選手でした。高校時代に甲子園経験があって東邦ガスでも1番を打っていました。お母さんもバレーボールの選手でしょう。能力が高いのは親譲り。菊池の時同様、とにかく野球が嫌いにならないように、口うるさく言わないようにしました。教えるなんておこがましい。私はただ見守っただけです」

14日に巨人と契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円の最高額で仮契約を結んだ。背番号「0」に決まった「菊池2世」は、両親から受け継いだ驚異的な身体能力を武器に、低迷している巨人に風穴をあける。



下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。吉川君のスカウト評はこちら

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手 動画
2位 畠 世周 近畿大 投手 動画
3位 谷岡 竜平 東芝 投手 動画
4位 池田 駿 ヤマハ 投手 動画
5位 高田 萌生 創志学園高 投手 動画
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手 動画
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手 動画
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手 動画
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手 動画
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手 動画
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手 動画
育5 松原 聖弥 明星大 外野手 動画
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手 動画
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手 動画
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手 動画


巨人3位・谷岡竜平が仮契約、「1年目から10勝したい」

11/19、スポーツ報知2面より

2016巨人ドラフト3位 谷岡竜平
東芝・投手・動画

巨人のドラフト3位、東芝・谷岡竜平投手(動画)が18日、尚成超えの「1年目10勝」を目標に掲げた。都内の東芝本社で契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約。背番号は40に決まった。99年ドラフト1位で巨人に入団した高橋尚成投手も東芝出身だが、1年目は9勝。150キロ右腕は「開幕から1軍で、年間10勝したい」と言い切った。

尚成氏と同じ東芝→巨人の道を進む。「メジャーでも結果を残したすごいピッチャー。あの年(40歳)まで野球をやられていたので、すごく尊敬しています」と憧れの先輩だが、1年目から上回るほどの覚悟で臨む。

3年間を過ごした東芝への愛はプロに行っても変わらない。契約金と年俸の使いみちに両親への恩返しを挙げると「東芝の何かは、買おうかなと思っています」。さらに1月に控えるジャイアンツ寮の入寮へも「寮にも(東芝製の)家電を持って行きたいですね」と笑顔を見せた。

自社愛を見せた20歳に、同席した山下スカウト部長も「寮の(共用の)電化製品? 東芝製を使えと言っておくよ」と冗談交じりに、後押しした。「最終的には日本を代表するピッチャーになりたい」と右腕。TOSHIBA製の高品質を、東京ドームで示す。



下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。3位・谷岡君のスカウト評はこちら

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手 動画
2位 畠 世周 近畿大 投手 動画
3位 谷岡 竜平 東芝 投手 動画
4位 池田 駿 ヤマハ 投手 動画
5位 高田 萌生 創志学園高 投手 動画
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手 動画
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手 動画
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手 動画
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手 動画
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手 動画
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手 動画
育5 松原 聖弥 明星大 外野手 動画
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手 動画
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手 動画
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手 動画


draftkaigi at 07:05|この記事のURL│ │巨人 

巨人育成1位・高井俊が仮契約、152キロの速球ウリ

11/18、日刊スポーツwebsiteより (source)

2016巨人(育成)ドラフト1位 高井俊
新潟アルビレックスBC・投手・動画

巨人から育成枠で1位指名されたルートインBCリーグ新潟の高井俊投手(動画)が17日、新潟市内のホテルで仮契約を結んだ。支度金300万円、年俸240万円。背番号は「011」に決まった。最速152キロを誇る剛腕は、将来的には160キロ超えにも意欲満々。23日に本拠地・東京ドームで開かれる巨人のファン感謝デーで、新入団選手の1人としてお披露目される。

巨人の帽子をかぶった高井は、飛びっきりの笑顔を見せた。仮契約後、開口一番の言い間違いが、内面の強い決意を物語っていた。「きょう仮契約をさせていただいて、巨人の1軍に・・・。あっ、1軍じゃない。一員になれた、という思いです」。年俸は育成選手の最低保障となる240万円。3桁の背番号011から、1軍へはい上がっていく決心を新たにした。

ダイナミックなフォームから投げ込む直球は最速152キロ。ドジャースなどで活躍した元大リーガーの野茂英雄氏を手本にした大きなフォームが持ち味だ。東北高3年の5月に1カ月間試して挫折したが、新潟に入団した昨年6月に再挑戦。

下半身を強化してフォームが安定し、今年5月の楽天ファーム戦で152キロをマークした。新潟入団時の146キロから球速は6キロアップし、「直球で押していく投球スタイル。気持ちを前面に出した投球が売り」と言う。

自由枠で巨人に入団した先輩も、高井の潜在能力に太鼓判を押した。今季1年を通して注目してきた野間口貴彦調査担当は「支配下のドラフトに掛かった投手より、もしかしたら強いボールを投げられるのではないか、というのが彼の魅力」と期待した。

高井ももちろん、スピードにはこだわっていく。「自分の中に限界を作らない。160キロ出したら161キロを追求する。日本で一番、強い球を投げる投手になりたい」。

ドラフト指名後も、長岡市の越路河川公園球場で自主トレを重ねてきた。ダッシュ系統の練習を増やし、スタミナアップを図ってきた。「体をもっと大きくしたい」。調理専門学校で学び、調理師免許を取得しただけに栄養管理はお手の物。

23日のファン感謝デーで巨人のユニホームに袖を通し、12月1日からは早くも合同自主トレに参加する。「1軍に上がりたい」という高井の助走は、もう始まっている。



下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。


巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手 動画
2位 畠 世周 近畿大 投手 動画
3位 谷岡 竜平 東芝 投手 動画
4位 池田 駿 ヤマハ 投手 動画
5位 高田 萌生 創志学園高 投手 動画
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手 動画
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手 動画
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手 動画
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手 動画
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手 動画
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手 動画
育5 松原 聖弥 明星大 外野手 動画
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手 動画
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手 動画
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手 動画


draftkaigi at 07:04|この記事のURL│ │巨人 

中日OB辛口評価、ドラ1・柳裕也はプロで通じるか?

2016年11月18日

11/18、夕刊フジ29面より

2016中日ドラフト1位 柳裕也
明治大・投手・動画

力で抑え込むタイプではない。明治神宮野球大会の大学の部・決勝が16日に行われ、明大(東京六大学)が桜美林大(首都)を5―2で下し5年ぶり6度目の優勝。中日からドラフト1位指名された柳裕也投手(動画)は4回2失点と苦投したが、チームは大学日本一となり有終の美を飾った。

「悔しい投球になったけど、大学最後の試合をいい形で勝ててよかった」。13日の準々決勝・関大戦、15日の準決勝・上武大戦に続く連投で疲労はピーク。1回に4安打で2点を先制され、以降は4回まで1安打とゲームメーク。5回からは救援した同期のヤクルト2位・星の好投と打線の爆発で逆転勝ちした。「みんなに勝たせてもらった」と感謝する。

今年のドラフトでは創価大・田中(ソフトバンク1位)、桜美林大・佐々木千(ロッテ1位)と並び大学BIG3と称された。直球は140キロ前後だが、100キロ台のカーブ、カットボール、フォークなど多彩。即戦力と評されたが、疑問視する声も挙がっていた。ある中日OBは「150キロ出ないし、まとまりすぎ。伸びしろがない」と辛口だ。

そんな周囲の不安を一蹴するためにも、武器を磨いている。打者を見る目だ。故郷・宮崎から、松坂(ソフトバンク)らスター投手を輩出した横浜高に進学した際「150キロは出せないし魔球もない。総合力で勝負」と決意した。

投げ込んだ直後に、打者の表情と反応を見逃さず、たとえば「この球には詰まっている」と見極めると、その球種に徹して打ち取る。多彩な球種を洞察力で投げ分け生かすわけだ。

それでも「配球パターンを覚えられればプロの打者には打たれる」(球界関係者)との声は消えない。鍛え上げた観察眼で球威不足を補い、プロの世界で生き抜いていかなければならない。



柳君のピッチング動画はこちら

柳君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 10:49|この記事のURL│ │中日 


ドラフトニュース検索