ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

阪神ドラ3・才木浩人、高卒新人がまた2軍で好投

2017年05月13日

5/13、スポーツニッポン2面「虎2軍HOT情報」より

2016阪神ドラフト3位 才木浩人
須磨翔風高・投手・動画

12日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦で新人3投手が登板。明暗を分ける投球内容となった。持ち味を発揮したのはドラフト3位・才木(動画)だ。0―0の4回に登板し、2回2安打、無失点。いきなり連打を浴びるなど1死一、二塁としたが、ジェンセンをスライダーで空振り三振。続く塚田を遊ゴロに仕留めた。

5回は難なく3者凡退で、最速147キロを計測した直球主体の投球で計3奪三振。「無失点に抑えられたのは良かった。目指すところは先発完投タイプ。直球を生かすためにも、変化球の精度を高めたい」と誓い、掛布2軍監督からも「2イニング目のように直球で攻めていく投球が彼らしい」とハッパをかけられた。

6回からマウンドに上がった4位・浜地(動画)は先頭・釜元に右翼線二塁打され、その後1死三塁から江川に左越えに適時打を浴びた。7回にも2安打で1失点。「リズムが良くなかった」と猛省した。

8位・藤谷(動画)は8、9回を投げ2四球を出すなど制球に苦しみ2安打、2失点。「課題ばかりです」と厳しい表情だった。3人の次回登板は23日のOBC高島との練習試合(鳴尾浜)で、それぞれ3イニング予定。課題と収穫を胸に成長を続ける。

(5月12日 ウエスタン・リーグ ソフトバンク 4―1 阪神)




下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。才木浩人のスカウト評はこちら


阪神の2016ドラフト指名選手
1位大山 悠輔白鴎大 内野手
2位小野 泰己富士大 投手
3位才木 浩人須磨翔風高 投手
4位浜地 真澄福岡大大濠高 投手
5位糸原 健斗JX-ENEOS 内野手
6位福永 春吾四国IL・徳島 投手
7位長坂 拳弥東北福祉大 捕手
8位藤谷 洸介パナソニック 投手


draftkaigi at 07:15|この記事のURL│ │阪神 

西武ドラ1・今井達也、甲子園V腕が再び右肩違和感

2017年05月12日

5/12、西日本スポーツ5面より

2016西武ドラフト1位 今井達也
作新学院高・投手・ 動画

西武のドラフト1位、今井達也投手(動画)右肩違和感のため今後の登板予定が白紙となっていることが11日、分かった。プロ2度目の実戦登板だった4月25日のイースタン・ヤクルト戦で先発した後に訴え、5月13日の同・巨人戦での先発予定が消滅した。

2月の春季キャンプ初日に右肩関節唇の炎症を発症したときの箇所とは異なるとみられるが、球団は慎重に状態を見極める方針だ。今井は現在、2軍で別メニュー調整中。投球練習は軽いキャッチボールにとどめた上で、様子を見ている状況という。

2月の炎症後の経過は良好で、4月15日の同・巨人戦で先発して実戦デビュー。MAX149キロ、1回無失点の好投に辻監督も「シーズン後半に戦力になってくれたら」と期待していた。2度目の異変だけに周囲も慎重にならざるを得ず、1軍デビューが遠のくことは確実。昨夏の甲子園V腕が思わぬ壁にぶつかった。




下は2016ドラフトで西武が指名した選手です。1位・今井君のスカウト評はこちら

西武の2016ドラフト指名選手
1位 今井 達也 作新学院高 投手
2位 中塚 駿太 白鴎大 投手
3位 源田 壮亮 トヨタ自動車 内野手
4位 鈴木 将平 静岡高 外野手
5位 平井 克典 ホンダ鈴鹿 投手
6位 田村 伊知郎 立教大 投手


draftkaigi at 07:10|この記事のURL│ │西武 

中日ドラ6・丸山泰資が2軍で好投、1軍コーチ評価

5/12、中日スポーツ2面「ファーム竜情報」より

2016中日ドラフト6位 丸山泰資
東海大・投手・動画

中日のドラフト6位・丸山泰資投手(動画)が11日、ナゴヤドームで行われたウエスタン・リーグの阪神戦で公式戦初先発。5イニングを投げ2安打、3奪三振、3四球の無失点と好投した。試合は規定により3―3で引き分けた。

初めてのナゴヤドームで躍動した。ウ・リーグ公式戦初先発のルーキー・丸山が、しっかりと役割を果たした。「初回は緊張したけど2回から自分の投球ができた。前回よりも変化球が決まって楽に投げられた」。

1軍本拠地の真っさらなマウンドに立って堂々の投球を披露した。1、3、5回と得点圏に走者を背負っても動じなかった。この日最速147キロ速球に、96キロのカーブやスライダー、フォークの変化球を織り交ぜ、いずれも無失点で切り抜けた。

前回登板した2日の社会人大会のベーブルース杯・新日鉄住金鹿島戦ではプロ入り初先発。プロ入り最速の150キロをマークするなど5イニングを2失点。これで先発して2試合連続の好投だ。

ネット裏から視察した1軍の友利投手コーチは「真っすぐで空振りが取れるし、変化球でもストライクが取れる。決め球もあるしね。ナイスピッチングでした」と及第点を与え「変化球の時に(腕の振りが)緩むので改善していかないといけない」とレベルアップも求めた。

「投げやすいマウンドでした。今度は1軍で投げたいですね」と白い歯を見せた。2月の沖縄キャンプでは1軍の北谷組で乗り切ったが、3月からファーム暮らしが続いているだけに、1軍首脳陣が見守る中で、いいアピールになったはずだ。

(5月11日 ウエスタン・リーグ 中日 3―3 阪神)




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。丸山泰資は6位指名入団。スカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位 柳 裕也 明治大 投手
2位 京田 陽太 日本大 内野手
3位 石垣 雅海 酒田南高 内野手
4位 笠原 祥太郎 新潟医療福祉大 投手
5位 藤嶋 健人 東邦高 投手
6位 丸山 泰資 東海大 投手
育1 木下 雄介 四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 07:07|この記事のURL│ │中日 

楽天が首位独走、他球団スカウト「ドラフト上手い」

2017年05月11日

週刊文春 5月18日号より
大方の予想を覆してパ・リーグの首位をひた走る楽天。とりわけ目につくのは、新戦力の台頭だ。

「野手中心で臨んだ一昨年のドラフト3位だった茂木栄五郎、6位だった足立祐一がしっかり戦力になった。特に茂木は1番打者として起用されて打率3割を超え、既に6本塁打とブレイク中です。投手陣では4日のオリックス戦に2番手で登板し、勝利投手となった昨年のドラフト4位・菅原秀を筆頭に、1年目の3投手が勝ち星を挙げています」(スポーツ紙デスク)

楽天といえば、田中将大(2006ドラフト1位)や則本昂大(2012ドラフト2位)、松井裕樹(2013ドラフト1位)など、ドラフト上位の引きの強さに注目が集まるが、下位で獲った選手を育てて勝つ戦略も機能しているようだ。

他球団のスカウトからは、楽天はドラフトが上手いよという声が聞かれます。以前、日本ハムの成功で話題になった選手の能力を数値化して評価するシステムを採用しているのでは、といわれています」(同前)

一方で、梨田昌孝監督らベンチの適材適所の選手起用を評価する声もある。

「たとえば菅原は、ハートの強さがウリ。4日の初勝利は、1対1で同点の5回、二死満塁でリリーフして見事に抑えた。試合後のヒーローインタビューで本人は、『チャームポイントは腕を振れること』と言ってましたけど、彼にうってつけの場面でした」(菅原の大学時代を知る記者)

6日の西武戦では6年目の島内宏明が7番から3番に抜擢されて、5打数3安打3打点の大活躍。

「島内は、これまでポテンシャルは高いけど、自分は守備固め要員でいいや、と思っちゃうようなボンヤリしたタイプだった。その島内を梨田監督はショートの茂木と共に、今季ずっとセンターのレギュラーで起用。捕手の嶋基宏が故障離脱したセンターラインを固定するため我慢して使い続けた梨田監督の期待に応えています」(同前)

就任1年目は、黙って選手を観察していたという梨田監督だが、昨秋のキャンプでは各選手に「1本でも多く本塁打を」とハッパをかけた。周囲には「僕には2年目のジンクス(近鉄でも日本ハムでも優勝)があるから」と自信ありげに語っているという。




下は2015~2016ドラフトで楽天が指名した選手です。 過去の指名選手はこちら

楽天の2015ドラフト指名選手
× 平沢 大河    
1位 オコエ 瑠偉 関東第一高 外野手
2位 吉持 亮汰 大阪商大 内野手
3位 茂木 栄五郎 早稲田大 内野手
4位 堀内 謙伍 静岡高 捕手
5位 石橋 良太 ホンダ 投手
6位 足立 祐一 パナソニック 捕手
7位 村林 一輝 大塚高 内野手
プロ入り後の成績


楽天の2016ドラフト指名選手
1位 藤平 尚真 横浜高 投手
2位 池田 隆英 創価大 投手
3位 田中 和基 立教大 外野手
4位 菅原 秀 大阪体育大 投手
5位 森原 康平 新日鉄住金広畑 投手
6位 鶴田 圭祐 帝京大・準硬式 投手
7位 野元 浩輝 佐世保工高 投手
8位 石原 彪 京都翔英高 捕手
9位 高梨 雄平 JX-ENEOS 投手
10位 西口 直人 甲賀専門学校 投手


draftkaigi at 08:28|この記事のURL│ │楽天 

巨人ドラ2・畠世周、1軍への昇格テスト合格

2017年05月10日

5/10、スポーツ報知2面より

2016巨人ドラフト2位 畠 世周
近畿大・投手・動画

巨人のドラフト2位・畠世周投手(動画)が9日、イースタン・ロッテ戦(浦和)に先発した。100球をメドに、1軍への昇格テストと位置づけられた試合で最速148キロをマーク。右肘術後最多の99球を投げ、5回途中を4安打無失点。合格点の好投で、交流戦前に1軍昇格の可能性も高くなった。

3回2死満塁の危機。コーチ、内野陣が畠の元に集まり、一息ついた。直後、思い切り腕を振った初球。打球は高々と上がり、捕手のミットに収まった。ゼロに封じ「狙ってできたわけではなく、しっかり投げた中での偶然です」と語った。

同期入団の谷岡、池田、リャオはオープン戦から1軍を経験。この日は、ともに3軍スタートした吉川尚が1軍に昇格した。「(自分が)投げられない悔しさはあった。それでも、焦らず自分のペースで力をつけたい」と冷静だ。今月中の1軍昇格が期待されるが、畠は「変化球の精度を上げて、もっとカウントを楽に取っていかないと」と課題を挙げた。

(5月9日 イースタン・リーグ ロッテ 2―2 巨人)




下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。2位・畠君のスカウト評はこちら


巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 07:21|この記事のURL│ │巨人 


ドラフトニュース検索