ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

話題の新人、オリックスドラ7・飯田大祐

2017年01月18日

1/18、スポーツニッポン6面「球界新士録」より

2016オリックスドラフト7位 飯田大祐
ホンダ鈴鹿・捕手・動画

ドラフト7位の飯田(動画)はオリックスの新人9選手で唯一の既婚者で、2児の父。寮に持参したのは3歳の長女・莉愛ちゃんお手製のお守りだ。写真と「パパ がんばってね」と書いた手紙が添えられていた。「駄目だったら、すぐに終わってしまう世界。家族のためにも、いっそうやらないといけない」

家族の存在が最大のモチベーションだ。13年1月1日に中学時代の同級生だった、まどか夫人と結婚。莉愛ちゃん、1歳の長男・琉斗君を授かった。キャッチャーミットには3人のイニシャル「M・R・R」を刺しゅう。スマートフォンの待ち受け画面には、2人の子が笑う写真を設定する。

寮生活、そして2月からはキャンプが始まり、兵庫県西宮市内の新居で暮らす妻子と会う機会は制限される。莉愛ちゃんの幼稚園の入園式も欠席が濃厚だが、「野球に集中するため。子供たちの節目に立ち会えないのは残念ですが、覚悟の上です」と表情を引き締める。

強肩とインサイドワークが武器。中大では現巨人の沢村、Honda鈴鹿では現阪神の守屋とバッテリーを組んだ。「子供たちはユニホームを着た人を見ると誰でも“パパだー”って言うんです」。正捕手争いに割って入り、「パパ」のユニホームを印象づけるつもりだ。



下は2016ドラフトでオリックスが指名した選手です。7位・飯田君のスカウト評はこちら

オリックスの2016ドラフト指名選手
1位山岡 泰輔東京ガス 投手
2位黒木 優太立正大 投手
3位岡崎 大輔花咲徳栄高 内野手
4位山本 由伸都城高 投手
5位小林 慶祐日本生命 投手
6位山崎 颯一郎敦賀気比高 投手
7位飯田 大祐ホンダ鈴鹿 捕手
8位沢田 圭佑立教大 投手
9位根本 薫霞ケ浦高 外野手
育1張 奕日本経済大 外野手
育2榊原 翼浦和学院高 投手
育3神戸 文也立正大 投手
育4坂本 一将BCL・石川 内野手
育5中道 勝士明治大 捕手


draftkaigi at 11:35|この記事のURL│ │オリックス 

阪神ドラ6・福永春吾、「久保田より上」の声

1/18、サンケイスポーツ2面「黒田正宏の軍師の断」より

2016阪神ドラフト6位 福永春吾
徳島インディゴソックス・投手・動画

ドラフト6位の福永(動画)のブルペンでの投球練習を見て、球の力強さを一番に感じた。捕手を立たせての投球だったが、捕手の胸の高さに来たボールには力があった。球の回転もきれいで、力のある真っすぐを投げるという印象を受けた。

タイプ的にはリリーフとして活躍した久保田(2002阪神5巡目)のような投手だ。球に力と重さがあり、直球で押していける。ただ、久保田の入団当初に比べると、今の福永の方が体も球もしっかりしている。これから体ができあがってくると、もっと球のスピードは速くなる。非常におもしろい存在だ。

まだ立ち投げの段階なので、フォームどうこうは先の話になるが、もっと下半身が使えて、投球時に体が沈むようになると、さらにいい球がくる・・・とスカウトとも話した。短いイニングであれば1軍戦力として出てくるのは早いのではないか。

D1位・大山、D5位・糸原、D7位・長坂の室内での打撃練習も見た。3選手とも非常にスイングスピードが速い。大山は軽く振っているように見えても力強い打球が飛ぶ。長距離打者としての素質を感じた。糸原はマシン打撃でほとんどの球をバットの芯でとらえていたし、長坂もシンでとらえたいい打球音を響かせていた。

大山だけでなく、野手3人とも今いる選手を慌てさせる存在になるだろう。 (サンケイスポーツ専属評論家)



下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。

阪神の2016ドラフト指名選手
1位大山 悠輔白鴎大 内野手
2位小野 泰己富士大 投手
3位才木 浩人須磨翔風高 投手
4位浜地 真澄福岡大大濠高 投手
5位糸原 健斗JX-ENEOS 内野手
6位福永 春吾四国IL・徳島 投手
7位長坂 拳弥東北福祉大 捕手
8位藤谷 洸介パナソニック 投手


draftkaigi at 08:24|この記事のURL│ │阪神 

西武ドラ1・今井達也、高卒新人7年ぶり1軍スタート

1/18、スポーツ報知4面より

2016西武ドラフト1位 今井達也
作新学院高・投手・ 動画

西武のドラフト1位右腕・今井達也投手(動画)の宮崎・南郷キャンプ1軍(A班)スタートが17日、内定した。この日、西武第二で新人合同自主トレを視察した辻監督は「可能であるなら(1軍で)見てみたい。(1軍レベルを)見るのも勉強かなと思うので、考えたり(球団に)お願いしています」と説明。高卒新人では10年の菊池雄星以来、7年ぶりの抜てきを明かした。

アピールチャンスを逃さない。今井は18日の新人合同自主トレで2度目のブルペン入り。捕手を立たせての投球練習を行う予定だが、指揮官も将来のエース候補をチェックに訪れる方針だ。初の“御前投球”となるが、今井は「ブルペンに入ってしまえば大丈夫だと思います」とキッパリ。

最終的には19日のスタッフ会議で正式決定となるが、昨夏の甲子園V右腕は強心臓で、1軍切符を確定させる覚悟だ。

この日はキャッチボールやノックなどで約6時間、汗を流した。かつては松坂(現ソフトバンク)や涌井(現ロッテ)が1軍スタートからエースに上り詰めた。「初めてのキャンプなら、1軍の練習を見た方が自分の将来に生きると思う。1軍でやってみたいという思いは強いです」と今井。飛躍のため、最高の環境が用意される。



下は2016ドラフトで西武が指名した選手です。1位・今井君のスカウト評はこちら

西武の2016ドラフト指名選手
1位 今井 達也 作新学院高 投手
2位 中塚 駿太 白鴎大 投手
3位 源田 壮亮 トヨタ自動車 内野手
4位 鈴木 将平 静岡高 外野手
5位 平井 克典 ホンダ鈴鹿 投手
6位 田村 伊知郎 立教大 投手


draftkaigi at 08:00|この記事のURL│ │西武 

中日ドラ1・柳裕也が初ブルペン、森監督太鼓判

2017年01月17日

1/17、スポーツニッポン2面より

2016中日ドラフト1位 柳裕也
明治大・投手・動画

中日のドラフト1位・柳裕也投手(動画)が16日、ナゴヤ球場屋内練習場で初のブルペン投球に取り組んだ。捕手を立たせたまま5割程度の力で16球を投じ、「マイペースにできました」と手応えを口にした。

冷静に調整の段階を踏んだ。「今日に関してはフォームや球どうこうより、ブルペンに入って投げること。自分を制御してマイペースでやれたと思います」。必要なのは一時的なアピールではなく、一年を通じて1軍で投げること。

今月26日にキャンプ地・沖縄に向けて出発。キャンプ初日の2月1日に捕手を座らせて全力で投げられる状態へ持って行く。森監督は投球の様子を見ることはできなくても「オレが(交渉権を)引いたヤツだから大丈夫」と全幅の信頼を強調。冷静な右腕に新人特有のオーバーペースの心配は無用だ。




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。1位・柳君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位 柳 裕也 明治大 投手
2位 京田 陽太 日本大 内野手
3位 石垣 雅海 酒田南高 内野手
4位 笠原 祥太郎 新潟医療福祉大 投手
5位 藤嶋 健人 東邦高 投手
6位 丸山 泰資 東海大 投手
育1 木下 雄介 四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 10:20|この記事のURL│ │中日 

巨人がスカウト会議、「ドラフト1位候補は12人くらい」

1/17、スポーツ報知4面より
巨人は16日、都内の球団事務所で新体制初のスカウト会議を行い、今秋のドラフト1位候補として早実の清宮幸太郎内野手(動画)らをリストアップした。

元日付で就任した岡崎郁スカウト部長は「全体で約150人。1位候補は現時点で12人くらい」と説明。左肩痛でリハビリ中の東大・宮台康平投手(動画)にも言及し、「秋までしっかり見ていきたい」と話した。

また、スカウト部門の刷新に伴い、岡崎部長はスカウト陣に「他地域と比較せず、担当地域内で選手のレベルをクラス分けしてほしい」と要望。担当エリアの視察頻度を上げ、クロスチェックは東西の統括、チーフスカウト、スカウト部長が行う方針を確認した。




清宮君(早実)のスカウト評はこちら

宮台君(東大)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:09|この記事のURL│ │巨人 


ドラフトニュース検索