ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

及川雅貴(横浜)に7球団、DeNA・西武が高評価

2019年07月23日

7/23、日刊スポーツ2面より

及川 雅貴 (横浜高・投手)
182cm・左投左打・動画

横浜の最速153キロ左腕・及川雅貴投手(動画)が、今夏初先発で夏イチの投球を見せた。5回を2安打6奪三振で無失点。最速は146キロながら、安定した投球で「大人の投球」を披露。夏4連覇を目指すチームをベスト8進出に導いた。

大会4戦目にして、横浜の背番号1がようやく、まっさらなマウンドに上がった。立ち上がりからストライク先行で追い込むと、キレのいいスライダーを低めにズバリ。まれにカウントを悪くしても動じずに打たせて取った。5回を58球で締め「そんなに荒れることもなく、いい感じで投げられました。真っすぐがよくて、その分、変化球も効いたと思います」と笑顔で振り返った。

不調だったセンバツ以降、フォームの改造に着手。以前はスピードを求めるあまり、体のひねりを大きく効かせていたが、今は「ほとんどひねらないイメージ」で投球。練習ブルペンから打者を立たせるなど、実戦をイメージして制球力向上に励んできた。この日は2つの四球こそあったが「荒れたというより、惜しいフォアボール」と問題視しなかった。

ネット裏では西武、DeNA、阪神など7球団のスカウトが視察。西武・渡辺GMが「センバツ以来だから、すごくよく見える。バランスよく投げられているし、スライダーもキレている」と言えば、DeNA・稲嶺スカウトも「今年、一番いいんじゃない。テンポもよく、成長が見られますね」と評価も再上昇だ。

大船渡・佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手ら、ライバルの情報も耳に入るが「意識しないわけじゃないけど、チームが最優先。チームを勝たせるエースの役割を果たしたいです」。最後まで大人の対応で、成長ぶりを示した。

(7月22日 神奈川大会5回戦 横浜 12-0 光明学園相模原)



及川君のスカウト評はこちら

及川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:06|この記事のURL│ │横浜DeNA | 西武

鈴木寛人(霞ヶ浦)に5球団、ロッテが高評価

 7/23、スポーツ報知5面より

鈴木 寛人 (霞ヶ浦高・投手)
185cm・右投右打・動画

霞ケ浦は今秋ドラフト候補の185センチ右腕・鈴木寛人が2試合連続延長10回サヨナラ勝ちに導いた。石岡一戦で1点リードの6回から5イニングを1安打1失点7奪三振。4回戦で右太ももに張りを覚えたが、相手の岩本大地の熱投に刺激され、自己最速にあと1キロと迫る147キロをマーク。「いい投手なので(勝って)自信になる」。

プロ5球団が視察し、ロッテ・榎スカウトは「直球と同じ角度で来るスライダー、フォークは打たれない」と評した。

(7月22日 茨城大会準々決勝 霞ケ浦 3-2 石岡一)



鈴木君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

鈴木君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL│ │ロッテ 

赤坂諒(上野学園)に5球団、広島・楽天が評価

7/23、スポーツ報知5面より

赤坂 諒 (上野学園高・投手)
186cm・右投右打・動画

上野学園(東東京)はMAX149キロ右腕・赤坂諒(動画)が、修徳を相手に9回4安打1失点の完投勝利。打っても9番ながら4打数2安打2打点の活躍で、同校初のベスト4進出を決めた。見守った5球団10人のスカウトも高評価。勢いに乗り初の聖地を狙う。

渾身の直球でねじ伏せた。ノーシードの上野学園の先発・赤坂は最終回、2死三塁のピンチで「アドレナリンが出て、体が動くようになった」とギアチェンジ。6番・岡崎秀馬三塁手の初球に自己最速タイの149キロを計測するなど直球で押しまくった。

今大会558球目で二ゴロに仕留め初の4強入りが決まると、右腕を中心に歓喜の輪が広がった。今大会の5登板のうち4試合が完投。ネット裏で5球団のスカウトが見守る中で、春夏8度の甲子園出場を誇る修徳を撃破した。

広島・苑田スカウト統括部長は終盤のギアチェンジには「肩の筋力、スタミナがある」と絶賛。楽天・鷹野スカウトも「腕が振れているから相手には脅威」と186センチの剛腕を評価した。

(7月22日 東東京大会準々決勝 上野学園 3-1 修徳)



赤坂君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL│ │広島 | 楽天

落合秀市(和歌山東)、西武「素材はトップクラス」

 7/23、スポーツニッポン5面より

落合 秀市 (和歌山東高・投手)
185cm・右投右打・動画

和歌山東はプロ注目の落合(動画)が向陽戦の1点リードの8回1死三塁からリリーフ登板。スクイズで同点とされたが、1回2/3を無安打で2三振に抑え、9回のサヨナラ劇につなげた。最速は146キロを計測。「投手らしい体格だし、馬力もある。素材としてはトップクラスです」と西武・前田俊郎チーフスカウトも高い評価を与えた。

次戦は今春のセンバツでベスト8の市和歌山戦。落合は「次がヤマ。本調子なら全然いけると思う」と気合十分だった。

(7月22日 和歌山大会2回戦 和歌山東 4―3 向陽)



落合君のスカウト評はこちら

落合君のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL│ │西武 

プロ注目・岩本大地(石岡一)、大学進学希望

7/23、スポニチwebsiteより (source)

岩本 大地 (石岡一高・投手)
174cm・右投右打・動画

吉田輝星2世の石岡一・岩本(動画)が痛恨の暴投で姿を消した。2―2で迎えた10回2死三塁、右打者へカウント2ストライクからの投球が引っ掛かってワンバウンドとなり、捕手が止めきれなかった。165球目だった。試合後には大粒の涙を流したが「全力でやったので自分の中で悔いはない。3年間は財産」と胸を張った。

打っても4回に左越え適時二塁打、6回に投前スクイズで全得点を挙げた。進路については大学進学を希望しているが「将来の夢はプロ野球選手」と話した。

(7月22日 茨城大会準々決勝 霞ケ浦 3-2 石岡一)



岩本君のスカウト評はこちら

岩本君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │大学 


ドラフトニュース検索