ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

加藤竜馬(亜大)、広島「ポテンシャル高く楽しみ」

2021年03月04日

スポーツ報知websiteより (source)

加藤竜馬(亜細亜大・投手)
186cm・右投左打・動画

東都大学リーグ・亜大の152キロ右腕・加藤竜馬(動画)が、ラストイヤーでブレイクしてドラフト1位でプロ入り―という、1年先輩の巨人ドラフト1位・平内龍太と同じ“平内ロード”を歩むことを誓った。

平内の後継エース候補に挙がる加藤が、壮大な目標を口にした。「プロに行きたいです。行くとしたら、ドラフト1位で行きたいです」。リーグ戦登板は昨秋の1試合だけだが、生田勉監督が「ストレートは平内より速い。ひょっとしたらひょっとする」とブレイクを予言する有望株だ。

平内は潜在能力の高さを評価されながら、故障などの影響で3年秋を終えた時点では通算4勝止まり。昨年のこの時期はドラフト候補の1人という位置づけだったが、4年秋にチームを優勝に導く力投を見せ、ドラ1でプロの世界に進んだ。

加藤は「平内さんを身近で見ていたことで、どうすればドラ1でプロに行けるかが分かりました」という。

身体能力は抜群だ。186センチ、96キロの立派な体格ながら、50メートルを5秒8で駆け抜ける。大阪偕星学園時代は4番で投手。大学進学時、未経験ながら立命大アメフト部に特待生として勧誘された逸話の持ち主でもある。

上体に頼ったフォームながら、最速は152キロ。加藤も「下半身が全然使えてない状態でも152キロが出せている。体の使い方がよくなれば、もっとスピードは出ると思います」と、自らの可能性に期待を寄せている。

この日の試合は、5―5の9回から5番手として登板し、1回を無安打1四球、無失点。

冷たい強風が吹き付ける悪条件ということもあり、最速は144キロにとどまったが、視察した広島・松本スカウトは「背筋が強そうで、いいボールを投げている。リーグ戦で気持ちが入ってきたら、もっとスピードも出る。ポテンシャルが高く、楽しみな存在」。今後もマークしていく意向を明かした。

「目標は西武の平良。自分もどんどんストレートで押して空振りを取るピッチングがしたい。どんな形でもチームの勝利に貢献したい」と加藤。すでに潜在能力の高さを評価する社会人の強豪チームから入社の誘いも受けているが、しっかりと結果を残して憧れのプロの世界に飛び込んでみせる。

(3月3日 オープン戦 亜細亜大 5-5 東海大)



加藤君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:33|この記事のURL│ │広島 

岩本久重(早大)、ヤクルト「捕手ではトップクラス」

中日スポーツwebsiteより (source)

岩本久重(早稲田大・捕手)
181cm・右投右打・動画

東京六大学野球の早大はセガサミーと練習試合を行い、今秋ドラフト上位候補で4番の岩本久重捕手(動画)が社会人相手に2試合連続タイムリーを放った。ソフトバンク、ヤクルトのスカウトの前で、左中間三塁打など2安打2打点で「甘い球を逃さず打つのが継続してできている」と胸を張った。

今春の練習試合初戦のENEOS戦はノーヒットだったが、ホンダ戦に続いて殊勲打。昨秋リーグ戦は4番で打率1割8部2厘、4打点に甘んじた。このオフは、間の取りなどを見直し「技術の土台があれば、気持ちの空回りもなくなる」と汚名返上を誓った。

ヤクルト編成部スカウトグループの橿渕デスクは「スローイングもいいし、キャッチャーとしてはトップクラス」と評価した。

(3月3日 練習試合 早稲田大 6-6 セガサミー)



岩本君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:32|この記事のURL│ │ヤクルト 

広畑敦也(三菱自動車倉敷)に3球団スカウト視察

デイリースポーツwebsiteより (source)

広畑敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ・投手)
177cm・右投右打・動画

今秋のドラフト上位候補にも挙がる最速154キロ右腕、三菱自動車倉敷オーシャンズの広畑敦也投手(動画)が八回から登板。2回3三振、無失点に抑えた。この日は球場の表示で最速151キロを記録。NPB3球団のスカウトが視察する中で、直球を中心にした投球できっちり抑えた。

昨年の都市対抗野球で、前年優勝のJFE東日本相手に1失点完投勝利を挙げて一気に評価を上げた。現在は「一番いいパフォーマンスを常に出せるように」と、走者を出したときの対応などを課題としてレベルアップを図る。

視察したスカウト陣からは「ストレートも、カットボールもいいし、順調に来ている」と高評価の声も。8日から開幕する第75回JABA東京スポニチ大会初戦では、強豪JFE東日本と再戦。今大会はリリーフとして終盤に起用される予定の広畑は「自分が意識される中で結果を出したい」と勝利を誓った。

(3月3日 交流戦 三菱自動車倉敷オーシャンズ 6-2 四国IL香川)



広畑君のスカウト評はこちら

広畑君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:31|この記事のURL│ │社会人 

ドラフト指名漏れの益田武尚、東京ガスに入社

スポニチwebsiteより (source)

益田武尚(北九州市立大・投手)
176cm・右投右打・動画

東京スポニチ大会(8日から)に出場する東京ガスの期待のルーキー右腕・北九州市立大出の益田武尚(動画)が3番手で登板。1イニングを1安打無失点に抑えた。

2月25日のENEOS戦に続く2度目の登板。ENEOS戦では151キロをマークし、常時140キロ中盤を出せる本格派。プロ志望届を出したが叶わず、東京ガスに入社した。「まだ自分本来の投球はできていない感じです。一番よかったのが大学3年のとき。このイメージに早く近づけたい」と言う。

九州六大学野球リーグで3年秋にMVPを獲得、球速もMAX152キロを記録した男。スポニチ大会での登板も期待されるが「もう少し細かな制球を磨いて、チームの勝利に貢献したいです」と意欲的に話していた。

(3月3日 オープン戦 東京ガス 5-0 明治大)



益田君のスカウト評はこちら

益田君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:30|この記事のURL│ │社会人 

センバツ注目のドラフト候補、達孝太(天理)

2021年03月03日

3/3、中日スポーツ7面「春の主役は俺だ」より 

達孝太(天理高・投手)
193cm・右投右打・動画

すらりとした長身から大物感が漂う。最速146キロの速球を投げ込む天理の達孝太(動画)のことだ。「高校のうちに150キロが目標だけど、スピードが全てじゃない。まだ全てが理想には遠いけど、自分を表現できる球を求めていきたい」。夢である大リーグに向けて着実に歩を進める。

新チームでエースを任され、昨秋の奈良県大会決勝では智弁学園を相手に2失点完投勝利。近畿大会でも1回戦の乙訓(京都)戦で13三振を奪う1失点完投の快投を見せたが、続く準々決勝の大阪桐蔭戦では、決め球のフォークを見極められ、「体力不足だった」とコールド負けを喫した。

冬場は体力の底上げに着手。「これまで意識していなかった」という食事にも気を配り、体重も秋から3キロ増の88キロに。技術的には投球時の下半身の使い方を見直し、キレのある投球を追求した。

大会まで約3週間に迫った紅白戦では、年明け最長となる7イニングに登板。レギュラー陣を相手に6失点するも、MAX144キロで8奪三振。「自分の生命線のフォークの感覚が全然戻ってない」と反省するが「スラッターとか調子のいい球もあった。もっと実戦を積めば大丈夫と思う」とセンバツを見据え、前を向く。

視察したオリックスの谷口スカウトも「角度があるし、楽しみな存在。腕も長いから打者もタイミングがとりづらい」と素材の高さに期待する。

中学卒業後に米マイナーリーグ(ロイヤルズ傘下)に飛び込んだ結城海斗投手と中学時代に練習仲間だった縁もあり、大リーグへの憧れは強い。自身の理想像も、ダルビッシュ(パドレス)、シャーザー(ナショナルズ)、バウアー(ドジャース)の3人のハイブリッド型だ。

「ダルビッシュのボールを操る力、シャーザーの力感ないフォーム、バウアーの野球オタクな部分など全てを参考にしている。バウアーの影響で僕も野球オタクになったので」と貪欲に理想を追い求めるのも、壮大な目標があるからだ。夢への1歩目として、まずはチームを日本一に導くつもりだ。



達君のスカウト評はこちら

達君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:42|この記事のURL│ │高校 


ドラフトニュース検索