ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

早実―日大三中継のabemaTV、視聴者数が過去最高

2017年04月29日

4/29、スポーツ報知4面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

早実・清宮幸太郎内野手(動画)が初の神宮ナイター開催となった春季高校野球東京都大会決勝で2発を放ち、優勝に導いてから一夜明け、生中継したインターネットテレビ局「AbemaTV」の総視聴数が100万を超え、同局のスポーツ番組で史上1位を記録したことが28日、分かった。

4時間2分に及んだ、早実18―17日大三の延長12回の激闘に、ネットも騒然となった。AbemaTVでは、昨年4月に本開局以来、総視聴数で野球ジャンル1位だった昨年10月27日の日本シリーズ第5戦・日本ハム―広島を超え、スポーツジャンル全体トップだった昨年11月3日のK-1グランプリも上回った。

驚異の100万超えに、同局関係者は「スポーツ中継では類を見ない。今後もチャンスがあれば、ぜひ、高校野球を放送したい」と語った。

神宮に観衆2万人を集めたことで、春季関東大会(5月20日開幕)では、“松井流シフト”が敷かれることも判明。開催地の茨城県高野連・榎戸努専務理事は「混乱を避けるため。松井選手の時を参考にしたい」と主催の関東地区高野連と協議し、桐光学園・松井裕樹(現楽天)が出場した13年春の関東大会(栃木)のフィーバー対応にならう方針を示した。

早実が埼玉2位と対戦する21日の初戦2回戦を、第2試合(11時30分)から第1試合(9時)に入れ替え。ウォームアップ場所を球場内とし、外部との接触を避ける。22日の準々決勝の球場は水戸市民(1万5000人収容)から、より収容人員の多い、ひたちなか市民(2万5000人収容)に変更する見込み。球場出入りの別導線、警備員の増員も検討する。

27日の試合終了が午後10時6分となり、日本高野連の竹中雅彦事務局長は「まず高校生。今後、(延長の)時間設定というのはある」と見解を述べた。熱闘の余波は広がりそうだ。




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:10|この記事のURL高校 

清宮幸太郎(早実)、6球団以上1位指名するという声

4/29、日刊ゲンダイ41面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

激闘には違いない。プロ注目の清宮幸太郎(動画)を擁する早実と日大三が激突した、27日の高校野球春季東京大会決勝。予想通りの大乱打戦になった試合は、延長十二回にもつれた末に早実が18―17でサヨナラ勝ちした。

早実は八回に3番・清宮の高校通算83号となる2ランで13―10と引き離したが、九回に日大三が一挙7点を奪って2度目の逆転。さすがにこれで決着と思われたのも束の間、その裏に早実が1点を返すと、清宮が2打席連発の同点3ランを中堅左にぶち込み、試合を振り出しに戻すという劇的な展開になった。

両校合わせて12人の投手が計18四死球を与え、互いに暴投、失策も続出。「激戦」というより「ヘボ合戦」というのが実際だったが、清宮の注目度だけは本物だった。

「この決勝は本来、23日に神宮第2球場で行われるはずでした。それを清宮人気を当て込んだ都高野連が急きょ、『安全面を考慮して』というのを建前に27日・神宮球場に変更。それも異例のナイター開催とした。早実が決勝に進んだことで主催者の思惑は見事にはまり、大人800円、学生500円のチケットを求め、試合開始2時間前から約1000人のファンが列をつくって、内野席は満席。外野席も7割以上が埋まった。4時間2分のロングゲームとなって、試合終了が午後10時を過ぎた。結果的に選手はもちろん、両校応援団の高校生をそんな時間まで拘束することになった高野連に批判が出るでしょうが、2万人もの観衆を集めた清宮人気にウハウハですよ」(アマ野球担当記者)

この日の試合はインターネットテレビ局の「AbemaTV」が生中継し、試合終了時点での視聴者数はなんと98万人超を記録。延べの数字とはいえ、あらためて清宮に対する注目度の高さを知らしめることになった。

「だからですよ」と、この日の試合をネット裏で見た在阪球団のスカウトがこう続ける。

「84本という高校通算本塁打が示すように、清宮が豊かな才能を持っていることは否定しません。ただ、多くのスカウトが数字ほどの評価をしていないのも事実。正直、この日の2本塁打も、相手投手のレベルが低過ぎます。清宮には、140キロ以上のインハイの球にバットが出てこないという欠点と、外に落ちる球にモロさがあるという明確な課題がある。プロの一軍でやるには、時間がかかるという評価をしている球団が実は多い。その点では、なにかと比較されるPL時代の清原、星稜時代の松井には遠く及びません。それでも、清宮がプロ入りを表明すれば、6球団以上が1位指名するはず。時間がかかろうが、完成度を懐疑的にみていようが、圧倒的な注目度と人気は捨てられないからです。今オフのメジャー挑戦の可能性を残す大谷の流出に対して、各球団は相当な危機感を持っていますから」

複数の調査団体が行う昨年の「好きなスポーツ選手ランキング」を見ても、日本プロ野球の現役選手で上位10傑に入っているのは、日本ハムの大谷翔平だけというのが実情だ。その大谷は遅くとも数年のうちにはメジャーに挑戦する。唯一にして最大のスターに代わる人材の確保は、12球団共通の問題と言っていい。深刻なスター不足という球界の現状が、いよいよ清宮に対する評価を高めているのだ。




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:10|この記事のURL高校 

布川雄大(武南)に6球団集結、日ハム「魅力十分」

4/29、サンケイスポーツ6面より

布川 雄大 (武南高・投手)
187cm・右投右打・動画

埼玉大会2回戦で、プロ注目の武南・布川雄大投手が鴻巣を8安打、2失点に抑え、4―2での完投勝利。16強入りで夏のシードを獲得した。布川は無四球で8三振を奪取。最速146キロの直球はこの日、142キロ止まりで「真っすぐがシュート回転して・・・。七、八回はちょっと辛かった」と苦笑い。

しかし中1日での登板で、1メートル87の体格を生かした力強い投球を披露した。プロ6球団が視察。前回登板の26日に続いてチェックした日本ハム・今成スカウトは「中1日でどうかを見にきた。この投球なら素材として魅力十分」と高く評価した。

サッカー部は全国制覇の経験があるが、野球部は専用グラウンドもない。近くの球場などを週に3、4度借りて練習する環境の中、布川が武南と自身を引き上げる。

(4月28日 埼玉大会2回戦 武南 4―2 鴻巣)




布川君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

布川君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:08|この記事のURL日本ハム 

楽天ドラ1・藤平尚真、高卒新人2軍の防御率1.38に

4/29、スポーツ報知websiteより (source)

2016楽天ドラフト1位 藤平尚真
横浜高・投手・動画

楽天のドラフト1位・藤平尚真投手(動画)が28日、イースタン・リーグの西武戦に先発し、プロ入り後最多となる104球を投げた。5回5安打、2失点(自責1)と試合を作り、「すごく調子が悪かったけど、真っすぐで押していく投球を意識した」と納得顔。

平石2軍監督も「調子はよくなさそうだったけど、マウンドでは堂々としていた。スタミナも問題ない」と合格点を与えた。

最後の最後まで元気いっぱいだった。プロでは初めての100球を超えた6回2死一塁。2ボール1ストライクから西武・中田を140キロの直球で中飛に打ち取った。「スタミナは大丈夫でした。高校の時にたくさん走っていたので」。球威は最後まで衰えず、豊富なスタミナを見せつけた。

課題も見えた。5回で5四球。「コースを狙って投げようとしすぎた。次はもう少しアバウトに投げて、ファウルを打たせるようにしたい」。厳しいコースへの制球がわずかに乱れ、ボール球になることが多かった。

ここまで6試合に先発し、1勝0敗で防御率1.38。投球回(26回)を上回る30三振を奪っている。期待の高卒右腕は安定感が出てきた。

(4月28日 イースタン・リーグ 西武 7―6 楽天)




下は2016ドラフトで楽天が指名した選手です。1位・藤平君のスカウト評はこちら

楽天の2016ドラフト指名選手
1位藤平 尚真横浜高 投手
2位池田 隆英創価大 投手
3位田中 和基立教大 外野手
4位菅原 秀大阪体育大 投手
5位森原 康平新日鉄住金広畑 投手
6位鶴田 圭祐帝京大・準硬式 投手
7位野元 浩輝佐世保工高 投手
8位石原 彪京都翔英高 捕手
9位高梨 雄平JX-ENEOS 投手
10位西口 直人甲賀専門学校 投手
育1千葉 耕太花巻東高 投手
育2南 要輔明星大 内野手
育3向谷 拓巳BFL・兵庫 内野手
育4木村 敏靖履正社専門学校 投手


draftkaigi at 07:05|この記事のURL楽天 

清宮幸太郎(早実)、2本塁打にロッテ高評価

2017年04月28日

4/28、日刊スポーツ4面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

早実・清宮幸太郎内野手(動画)が、高校通算83号と84号を放ち、チームを35年ぶり9回目の優勝に導いた。1点リードの8回1死一塁、右翼席最上段への特大アーチをかけると、逆転され3点を追う9回の打席では中越えに同点3ラン。試合は延長12回、18―17で日大三にサヨナラ勝ちした。

異例のナイター開催となった試合は4点を先制され、シーソーゲームとなったが、2万人の大観衆の前で主役となったのは、清宮だった。両チームはともに関東大会(5月20日開幕)に進む。

▼ロッテ・永野チーフスカウト
「(早実・清宮について)、あれだけ足元を攻められ、かつ投手がめまぐるしく代わる中で、集中力を切らさず打てるボールを仕留められたのはすごい」

(4月27日 東京大会決勝戦 早稲田実 18―17 日大三)




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:39|この記事のURLロッテ 

ドラフトニュース検索