ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

奥川恭伸(星稜)、中日「メリハリが利いている」

2018年11月13日

11/13、スポーツ報知5面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

面白いように三振を奪った。星稜・奥川(動画)は制球よくカウントを整え、次々と相手打者を仕留めていった。7回で降板するまで毎回の12奪三振。

初戦の7回11Kと合わせ、今大会の奪三振率は14.79に。97年に横浜・松坂大輔(現中日)が記録した1試合最多奪三振「14」を上回るペースで三振を積み重ね、05年に大会最多奪三振記録を作った駒大苫小牧・田中将大(現ヤンキース)の奪三振率14.76もしのぐ。

決して本調子ではなかった。今大会から決め球として解禁したフォークが決まらず「結果的に真っすぐが勝負球になってしまった。三振数は意識せず、バックを信頼して7~8割の力でコースをついた」。それでも勝負どころでは最速149キロの直球で三振を狙うなど、ギアを自在に操った。

高度な投球術は、高校日本代表で金足農・吉田輝星から盗んだ。「吉田さんを見ていていいなと思って、今まで10割の力で投げていたところも力を抜いて投げることを、より意識するようになった」。

今秋は石川県大会決勝以降、ここまで50イニングを投げて自責点0(失点3)。公式戦で59回を投げ、防御率00.61、奪三振率12.05、与四死球率0.76と抜群の安定感を誇る。

視察した中日・中田スカウトディレクターは「カウント球と勝負球のメリハリが利いている。三振を狙ってるわけじゃないんだろうけど、コントロールがいいから簡単に追い込むことができて、結果として三振が増えている」と分析。

高松商の長尾健司監督も「まさにプロ向きな子。横綱と平幕、いや幕下という感じでした」と脱帽した。5番打者としても3安打4打点と二刀流の活躍を見せた奥川は「タイトルを取って、(来春の)センバツに乗り込みたい」と目を輝かせた。松井氏が主将を務めた91年以来27年ぶりの神宮制覇まで、あと1勝だ。

(11月12日 明治神宮大会準決勝 星稜 7-4 高松商)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:43|この記事のURL│ │中日 

日ハム引退の矢野は特命コーチ、石井は打撃投手に

11/13、サンケイスポーツ6面より
日本ハムは12日、今季限りで現役を引退した矢野謙次氏(2002巨人6巡目)チーム統括本部特命コーチに就任すると発表した。フロントとコーチ業務両方を行い、米大リーグのレンジャーズでの研修も予定されている。

伊藤剛2軍総合兼投手コーチはチーム統括本部ゼネラルマネジャー付特命スカウトに就き、現役から退いた石井裕也氏(2004中日6巡目)打撃投手となる。



下は2002ドラフトで巨人が指名した選手です。矢野謙次は6巡目指名入団。プロでの成績はこちら

巨人の2002ドラフト指名選手
自由枠 木佐貫 洋 亜細亜大 投手
自由枠 久保 裕也 東海大 投手
1巡目 (指名権なし)
2巡目 (指名権なし)
3巡目 (指名権なし)
4巡目 長田 昌浩 東海大望洋高 内野手
5巡目 山本 光将 熊本工高 外野手
6巡目 矢野 謙次 国学院大 外野手
7巡目 入野 久彦 福岡大 捕手
8巡目 横川 雄介 都立日野高 捕手
プロ入り後の成績



下は2004ドラフトで中日が指名した選手です。石井裕也は6巡目指名入団。プロでの成績はこちら

中日の2004ドラフト指名選手
自由枠 樋口 龍美 JR九州 投手
自由枠 (行使せず)
1巡目 (指名権なし)
2巡目 中田 賢一 北九州市大 投手
3巡目 (指名権なし)
4巡目 川井 進 日本通運 投手
5巡目 鈴木 義広 中部大 投手
6巡目 石井 裕也 三菱重工横浜 投手
7巡目 中村 一生 国際武道大 外野手
8巡目 小山 良男 JR東日本 捕手
9巡目 金剛 弘樹 日本通運 投手
10巡目 鎌田 圭司 トヨタ自動車 内野手
11巡目 沢井 道久 東海理化 内野手
12巡目 普久原 淳一 法政大 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:24|この記事のURL│ │戦力外通告 

奥川恭伸(星稜)、阪神「松坂大輔クラスの逸材」

11/13、サンケイスポーツ2面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

プロ球団のスカウトも見つめる中、星稜の怪物がドラフト1位候補の実力を見せた。奥川(動画)が7回1失点。3アウトを取ってベンチに戻るたび、ひと際大きな拍手に迎えられた。「調子はよくなかったですけど、その中で1点に抑えることができたのでよかった」

11三振を奪った初戦の2回戦・広陵戦に続く2桁の12奪三振。「取らないといけないところで取る」。一回二死二、三塁のピンチでは143キロの直球で狙い通りに空振り三振に斬り、その裏の先制につなげた。

すでに来秋のドラフト戦線はスタートし、高校生投手は奥川だけでなく大船渡・佐々木や創志学園・西、横浜・及川ら豊作の見込み。そんな中、阪神・熊野スカウトはあの怪物を引き合いに出した。

「今年、3年生だったら1位で指名されている選手。145キロ前後を投げられる投手はたくさんいても、これほど完成度の高い投手はいない。松坂クラスです」。制球力や変化球の精度は一級品。現時点で誰よりも高い評価を与えた。

星稜は新チーム発足時に「神宮大会優勝」を目標に掲げ、決勝まできた。制覇なら1991年の第22回大会以来。当時の中心選手は松井秀喜氏だった。今夏の甲子園開幕戦の始球式で、奥川はその偉大な先輩と初対面し、試合では自己最速の150キロをマークした。

「(決勝も)自分は投げるつもりでいる。タイトルを取ってセンバツに乗り込みたい」。13日の決勝・札幌大谷戦に向けて気合を入れた。27年ぶりの頂点に立ち、“怪物伝説”の幕を本格的に開ける。

(11月12日 明治神宮大会準決勝 星稜 7-4 高松商)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:04|この記事のURL│ │阪神 

奥川恭伸(星稜)、広島・オリックスの声

11/13、サンケイスポーツ2面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

高校の部は準決勝2試合が行われ、星稜(北信越)と札幌大谷(北海道)が勝って決勝に進んだ。星稜は高松商(四国)に7-4で勝利。来年のドラフト1位候補、奥川恭伸投手(動画)が7回1失点、12奪三振の好投で、松井秀喜氏を擁した1991年以来、27年ぶりの優勝へあと1勝とした。

▼広島・苑田スカウト統括部長
「(奥川について)モノが違う。力を入れても高めに浮かないし、これだけ投げられたら言うことはない」

▼オリックス・古屋編成部副部長
「(奥川について)ピンチでもギアチェンジして三振が取れる先発型。球威もコントロールも十分だし、直球を磨いてもらえればさらに楽しみ」


(11月12日 明治神宮大会準決勝 星稜 7-4 高松商)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │広島 | オリックス

阪神ドラ2・小幡竜平、スカウト「特に守備がいい」

11/13、サンケイスポーツ2面より

2018阪神ドラフト2位 小幡竜平
延岡学園高・遊撃手・動画

半端ない守備を目指す!。阪神にドラフト2位指名された延岡学園高・小幡竜平内野手(動画)が12日、大分市内のホテルで入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸720万円で合意した(金額は推定)。

この日は偶然、同じホテルにサッカー日本代表がチェックイン。「大迫、半端ないって」で有名なFW大迫勇也らと遭遇する機会はなかったが、自身の「半端ない」アピールを問われ、初々しい笑顔を見せた。「守備で、言われるようになりたいです」。

高3の春に甲子園の土を踏んだが、2回戦の国学院栃木戦でフライを落球。「エラーした時の(相手の)歓声が忘れられない。今度は歓声をもらえる場面で、しっかり仕事をしていきたいです」。これからは本拠地となる聖地。相手に「半端ないって~」と言わせるプレーで、沸かせてみせる。

▼阪神・田中スカウト
「三拍子そろっているけど、特に守備がいい。送球、センスがいい。打つ方もミートする力がある。鳥谷みたいなタイプ」




下は2018ドラフトで阪神が指名した選手です。2位指名・小幡君のスカウト評はこちら

阪神の2018ドラフト指名選手 
×藤原 恭大   
×辰己 涼介    
1位近本 光司 大阪ガス 外野手
2位小幡 竜平 延岡学園高 内野手
3位木浪 聖也 ホンダ 内野手
4位斎藤 友貴哉 ホンダ 投手
5位川原 陸 創成館高 投手
6位湯浅 京己 BC富山 投手
育1片山 雄哉 BC福井 捕手


draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │阪神 

ドラフトニュース検索