ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

万波中正(横浜)、ヤクルト・阪神が熱視線

2018年07月19日

7/19、サンケイスポーツ26面より

万波 中正 (横浜高・外野手)
190cm・右投右打・動画

ジリジリと照りつける日差し。最高気温は35度。過酷な条件の相模原でプロ注目のスラッガー、万波(動画)が躍動した。6番・中堅で先発出場し、打っては2安打1打点。守っては七回に一塁、八回に右翼と守備位置を変え、九回には投手として1回を3者凡退。大車輪の活躍で、チームの16強進出に貢献した。

「相手も最後の大会で気合が入っているなと感じていた。とにかく気合で負けないように、思いっ切りストレートで押していこうと思いました」。公式戦のマウンドは昨夏の甲子園以来1年ぶり。投げた6球は全て直球で、最後の打者は3球三振に斬った。

2年前の夏。神奈川大会3回戦(対松陽)で横浜スタジアムのバックスクリーン上を直撃する推定135メートル弾を放ちスーパー1年生として話題になった。そのパワーに、横浜OBの筒香(DeNA)も「僕の中では考えられない」と驚いたほど。昨夏の甲子園ではリリーフも兼任し、常に注目を浴び続けてきた。

しかし、最後の夏までの道のりは厳しかった。コンゴ出身の父を持ち、1メートル90、88キロと恵まれた体格ながら、その体を持て余して打撃不振に陥った。春の関東大会は、開幕直前のメンバー変更で何とかベンチ入り。今大会も、直前までベンチ入りメンバーを外れていた。

レギュラーの確約がない中、打撃投手を務めてくれた平田徹監督のボールを打ち込むなど懸命に汗を流し、最後に20人枠に滑り込んだ。この日は二回の第1打席で、巧みに右方向に運んでフェンス直撃の二塁打。三回の第2打席は左翼への当たりに俊足を飛ばして二塁打とし、2戦連続複数安打を記録した。

指揮官は「いいマインドでプレーしている。良いところが出始めている」と復調に目を細めた。スタンドではヤクルト、阪神のスカウトが熱視線を送った。横浜OBでもあるヤクルト・斉藤スカウトは「(将来は日本ハムの)中田翔みたいにホームランや打点で勝負していけるバッターになるんじゃないかな」と高く評価した。

(7月18日 南神奈川大会3回戦 横浜 8-2 逗子開成)



万波君のスカウト評はこちら

万波君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL│ │阪神 | ヤクルト

山田龍聖(高岡商)に4球団、広島・オリックス評価

 7/19、スポーツ報知websiteより (source)

山田 龍聖 (高岡商高・投手)
182cm・左投左打・動画

3回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろった。高岡商は13安打を放ち、富山国際大付に12-5で勝利。先発の148キロ左腕・山田龍聖(動画)は5失点し、7回途中で降板した。

高岡商のエース・山田が今大会初先発したが、9安打5失点で7回途中に降板した。序盤はストレートを軸に最速142キロをマーク。4回までは変化球も駆使して打たせて取った。しかし、10-0とコールド勝利目前だった5回に2四球、2安打で3失点すると、6回に続き、7回も甘い変化球を狙われて1失点。まさかの途中降板となった。

ネット裏では巨人、オリックス、広島、ヤクルトの4球団が視察。オリックスの由田慎太郎スカウトは「体の力、馬力があり、持っているものはいい」と話せば、広島の高山健一スカウトは「自分のタイミングをつかめば、まだ伸びる。本当にプロに行きたいなら自信を持ってプレーして欲しい」と期待を寄せた。

コールド勝ちは逃したものの、打線は絶好調だ。初回には相手の3失策を逃さず、一挙に4得点を先制。高岡との初戦の15安打12得点に続き、この日も13安打12得点と圧倒した。吉田真監督は「序盤の相手のミスがなかったら、違う展開になっていた。点差ほどの差はなかったと思う。謙虚にいかないと」と2連覇に向け、引き締めを図っていく。

(7月18日 富山大会3回戦 高岡商 12-5 富山国際大付)



山田君のスカウト評はこちら

山田君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL│ │広島 | オリックス

矢沢宏太(藤嶺藤沢)、ロッテ「素質は十分」

7/19、日刊スポーツ7面より

矢沢 宏太 (藤嶺藤沢高・投手)
172cm・左投左打・動画

注目左腕の藤嶺藤沢・矢沢宏太投手(動画)は、4球団のスカウトの前で野手として勝利に貢献した。1番・右翼手で先発し、初回に右前打。守備では強肩を見せ「初回は、先頭が出ればチームが勢いに乗れると思った。やるべきことがしっかりできた」と納得の表情。

ロッテ・井辺スカウトは「肩も強いし、打撃のセンスもある。足もあるし、素質は十分」と評価した。

(7月18日 南神奈川大会3回戦 藤嶺藤沢 7-0 大磯)



矢沢君のスカウト評はこちら

矢沢君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │ロッテ 

垣越建伸(山梨学院)、中日「楽しみな一人」

7/19、日刊スポーツ6面より

垣越 建伸 (山梨学院高・投手)
183cm・左投左打・動画

山梨学院は初回に3点を先制されたが、逆転で4強入りを決めた。プロ注目左腕の垣越建伸投手(動画)が8回から救援し、2回を6奪三振と好投。「球のキレだったり直球の質をもっと求めたい」と意欲を口にした。視察した中日・八木智哉スカウトは「変化球が打者の手元で曲がるようになった。楽しみな1人」と評価した。

(7月18日 山梨大会準々決勝 山梨学院 8-4 都留)



垣越君のスカウト評はこちら

垣越君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │中日 

野村大樹(早実)、志望届出さず早大進学濃厚

7/19、日刊ゲンダイ29面より

野村 大樹 (早稲田実高・三塁手)
172cm・右投右打・動画

第3シードの早実(西東京)が4回戦でノーシードの八王子学園八王子に敗れ、3年ぶりの夏の甲子園出場はならなかった。3番・三塁で出場した野村大樹主将(動画)は1-6で迎えた七回に左翼場外に2ラン。4-7の九回1死からは「打たなきゃ男じゃない」と2打席連続となる通算68号2ランを放って1点差に詰め寄ったものの、あと1点届かなかった。

2本塁打を含む5打数4安打4打点の野村は「打てたのはよかったけど負けてしまった。早過ぎる。主将として一番長い夏にしようと話していたのに、終わってしまって悔しい」と唇をかむ。和泉実監督も「総合力で八王子に負けた。結果が出なかったのは監督の責任。全国で皆さんにお見せしたかった。大好きなチームだった」とガックリ肩を落とした。

夏に八王子学園八王子と対戦するのは、先輩の清宮(日本ハム)が入学した2015年から4年連続。15年の準々決勝は11-4で勝ち、野村が1年生だった16年の準々決勝は4-6で敗れた。17年準決勝は清宮が本塁打するなどで4-1で勝利していた。

プロ注目のスラッガーだが、早実は早大の系列校でもあり、そのまま大学進学が濃厚だ。早大野球部関係者がこう言う。

「野村は系列校の逸材。はっきり言って、いきなりプロ入りされたら困ります。昨年の清宮だって、早大へ入学してくれるものだと思っていたので、プロ入りを表明した時は、高橋監督をはじめ、関係者の落胆ぶりは大きかった。昨秋のリーグ戦で70年ぶりの最下位に沈み、今春も4位。低迷している早大の起爆剤として、1年春から中軸を任せたいという大きな期待があります」

来年からは神宮で慶大時代の高橋由伸(巨人監督)が持つ通算23本塁打を目指すことになりそうだ。



日刊スポーツも同じく「早大進学有力」と報じております。
↓↓↓


20180719



野村君のスカウト評はこちら

野村君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │プロ志望届 

ドラフトニュース検索