ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

森下暢仁(明治大)、広島「大瀬良タイプの投手」

2019年05月19日

5/19、スポーツ報知7面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

今秋ドラフト1位候補の明大・森下投手(動画)が首位攻防の慶大戦で9回8安打9奪三振の2失点完投。現役最多タイの通算13勝目を挙げた。連続無失点は24回1/3で止まったが、通算100安打に王手をかける柳町達三塁手を無安打に封じ、チームを7連勝に導いた。

大台到達を許さなかった。最速155キロ右腕・森下は、柳町に鋭い視線を向けた。「あと1本で100安打。自分が投げて打たれたくない」。3回に高め150キロで空振り三振。3点リードの9回1死一、二塁ではカーブのファウルに「待っていて、いい打者だと思ったけど、2ストライクでもらったな」と中飛に仕留めた。

11日の東大戦の延長10回20K完封に続き、9奪三振2失点で2試合連続完投。首位同士の初戦で先勝した。広島・苑田スカウト統括部長は「いい打者にピンチでギアを入れられる。九州共立大時代の大瀬良(広島)もそうだった」と称賛。

(5月18日 東京六大学野球 明治大 5-2 慶応大)



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:40|この記事のURL│ │広島 

ドラフト隠し玉・北南達矢(金沢大)、153キロ計測

スポーツ報知websiteより (source)

北南 達矢 (金沢大・投手)
183cm・左投左打・動画

令和初ドラフトの隠し玉だ。金沢大・北南達矢(動画)は昨年5月の金沢星稜大戦に登板、福井県営球場のスピードガンで153キロを計測した。大学生左腕最速の数字をたたき出した無名の国立大生は「びっくりしました」と振り返る。

今春は2部に降格したが、金沢工大戦で18三振を奪って完封するなど34回で自責点1。防御率は驚異の0.26。数球団のスカウトが視察に訪れた。

金沢桜丘高時代は、最速131キロ止まりの控え投手だった。1年秋からベンチ入りしたが、ケガも重なり3年春まで背番号は18。背番号11で迎えた最後の夏も、登板機会のないまま2回戦で散った。一般入試で金沢大進学後、桜丘高の先輩や同期に誘われて野球部へ。当初は外野手としてプレーしていたが、2年春から再びマウンドに上がっている。

3年で驚きの球速22キロアップ。急成長の要因を、北南は「意識の違いが一番ですかね」と自己分析する。県外の大学に進んだ友人たちが海外留学するなど夢を追いかける姿を見て「自分は何も頑張っていない。野球をやめる選択肢もあった中、やると決めたからには本気でやろう」と決意。

投手コーチがいないため、動画サイトのユーチューブで菊池雄星(米マリナーズ)ら左腕投手の映像をスローモーションで見て、自身の映像と比較しながらフォームを追究。ウェートトレの方法もネットで学んだ。

現在、「プロに行きたい」と明確に目標を見据えている。昨冬までは牛丼店やホテル清掃のアルバイトをしていたが、今春は野球に専念。「公務員になって欲しい」と話していた両親も、「自分の好きなことをやればいいよ」と背中を押してくれた。

「後悔はしたくないので、自分らしく進路を決めたいと思った。将来はプロの1軍で活躍できるピッチャーになりたい」。無限の可能性を信じて、2部リーグからプロのマウンドを目指す。



北南君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:08|この記事のURL│ │大学 

上野響平(京都国際)、阪神など4球団スカウト視察

5/19、デイリースポーツ6面より

上野 響平 (京都国際高・遊撃手)
170cm・右投右打・動画

京都国際がセンバツ8強の龍谷大平安を下して決勝進出を決めた。プロ注目の京都国際・上野響平内野手が、延長十一回に勝負を決める2点三塁打を放つなど、3安打3打点の活躍を見せた。

「僕が決めようと思った。(最後は)追い込まれていたので芯にぶつけることを考えました」と上野。延長十一回2死二、三塁の勝負どころで、価値ある一打を放った打撃はもちろん、堅実な守備にも定評がある。阪神などプロ4球団のスカウトが視察に訪れていた中、攻守両面で活躍する姿を見せた。

「勝ち切れて、夏までにいい経験ができました。明日も勝つことに意味があるので」と19日に行われる乙訓との決勝戦でも勝利を目指す。

(5月18日 京都大会準決勝 京都国際 8-7 龍谷大平安)



上野君のバッティング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


draftkaigi at 07:03|この記事のURL│ │阪神 

佐々木朗希(大船渡)、7球団スカウト集結も・・・

5/19、デイリースポーツ6面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

最後の春は短いものとなった。最速163キロ右腕の佐々木朗希投手(動画)擁する大船渡は18日、岩手県野田村野球場で釜石に延長十回サヨナラ負けを喫した。令和の怪物は「4番・右翼」で先発出場したが、登板機会はなく初戦敗退となった。今夏の岩手大会はノーシードとなり、念願の甲子園出場は厳しい道のりとなりそうだ。

日米7球団のスカウトを前に、今秋ドラフトの目玉はマウンドとは違う場所で早すぎる敗戦に唇をかんだ。佐々木は右翼から気丈に試合終了の整列へ向かったが「すごく悔しい」とショックを隠せず。主砲として4打数1安打に「チャンスで1本が打てなかった」と責任を負った。

本業へ心の準備はできていた。ただ「チームの総合力を上げたい」という国保陽平監督の狙いから出番はなし。試合中に一度もブルペンへ向かわず、貴重な公式戦の登板機会を失った。

甲子園切符獲得へ、試金石の場が不足したのは痛い。佐々木が今年に入って投げた公式戦は、春季岩手大会・沿岸南地区予選での1試合のみ。公式戦と練習試合では重圧、肉体の疲労度は大きく違う。監督の方針とは言え、聖地を目指す佐々木自身が夏の厳しい戦いを乗り越えられるか、一抹の不安が残る。

目標にしていた今春の東北大会出場どころか、夏のシード権も逃した。肩や肘の故障を防ぐために、直近では球速をセーブしながらの投球。強豪を相手に“本気”を出さないまま、今夏の岩手大会を迎えることになる。

佐々木は敗れた現実をしっかりと受け止め「経験値として残念ですけど、それもすべて夏に勝つため」と前を向いた。短い春を糧として、最後の夏を長いものにしてみせる。

(5月18日 岩手大会1回戦 釜石 5-4 大船渡)



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │高校 

飯島一徹(東農大三)、中日「体の強さある」

スポニチwebsiteより (source)

飯島 一徹 (東農大三高・投手)
180cm・右投右打・動画

東農大三(埼玉)が桐光学園(神奈川)に7回コールド負け。初戦敗退を喫した。エースで1メートル80の長身を誇り、ドラフト候補として注目される右腕・飯島一徹投手(動画)が先発も、4回途中6安打7失点と乱調だった。バックネット裏にはプロ10球団のスカウトが集結。中日の松永幸男編成部長は「打たれてしまったが体の強さはある」と評した。

(5月18日 関東大会1回戦 桐光学園 11ー2 東農大三)



飯島君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │中日 

ドラフトニュース検索