ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

スカウトの逆襲、「スカウトは本音を言わなきゃ」

2019年09月23日

9/23、日刊ゲンダイ24面「スカウトの逆襲」より
ドラフトが1カ月後に迫り、各球団とも1位指名を誰にするか、煮詰めているころだと思う。高校生の佐々木(動画)奥川(動画)か、大学生の森下(動画)か、ウチはパソコンおたくのエラいさんが最終決定するだろうが、3人のうちの誰にいっても競合は必至。問題は、クジで外れた場合の1位指名や、2位以下をどうするかだ。

この前のスカウト会議で、オレは自分が担当する地区の高校生野手を思い切り売り込んだ。ゆくゆくは、球界を代表するスラッガーに化ける要素がある。ぜひ、外れ1位か、2位で指名すべきだってね。

エラいさんは「数字がどうも・・・」なんて渋ってたけど、お構いなし。自分が担当したいまの4番打者が高校生だったときの雰囲気にソックリだって我が物顔で言ったんだ。で、会議が終わった直後のこと。後輩のスカウトが「よく、あんなこと言えますね」と声を掛けてきた。

スカウトとしては中堅どころだが、ここ4、5年は会議で推した選手がからっきし。獲得した選手は働かないわ、蹴飛ばした選手は他球団で芽を出すわで散々。すっかり自信を失ったのか、最近は会議でも静かにしている。

そいつに「だって先輩が引き合いに出したいまの4番って部長が推して取った選手でしょう。なのに、さも、自分が見つけてきたみたいに言うもんだから・・・」と言われて、ハタと気付いた。担当したのは確かにオレだけど、その選手は担当地区にいただけ。自分はむしろ獲得に消極的だったことを思い出したんだ。

部長は会議でニヤニヤしながらオレの話を聞いてたけど、ホント、穴があったら入りたいって心境になった。後日・・・。部長とメシを食う機会があったんで、さすがに頭を下げた。いまの4番をさも自分が発掘したみたいな言い方をして申し訳ありませんでしたってね。

すると部長は「そうやって物事を自分の都合のいいようにとらえて前を向くおまえの性格は悪いことじゃないんだぞ」って、ケタケタ笑いながらこう言った。

「スカウトはたいてい1年契約だ。失敗が続くとエラいさんの方ばかり見るようになり、ヘタなこと言ってまた裏目に出たらどうしよう、契約してもらえないんじゃないかって、消極的になっちまう。けれども、スカウトが本音を言わなくなったら、球団にとってはマイナスだからな」

いつの間にか4番はオレが評価したと本気で思い込んでいた自分の性格が怖くなったが、部長の言うことを聞いて救われた気持ちになったのも事実。今度、後輩に会ったら、一度や二度の失敗なんて気にするな! 自分の意見は臆せず言わなきゃ意味がないぞって、言おうと思った。(プロ野球覆面スカウト)



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

宇草孔基(法大)、DeNA・楽天が高評価

スポーツ報知websiteより (source)

宇草 孔基 (法政大・外野手)
185cm・右投左打・動画

今秋ドラフト候補5人を擁する法大は、宇草孔基右翼手(動画)の先制中前打などで計5点を挙げ、開幕からの連勝を4に伸ばした。

しぶとく運んだ。0-0の3回。1死三塁で宇草は、1ボール2ストライクからの4球目に食らいついた。打球がセンターに抜けると、一塁ベース上でコーチャーとグータッチで喜んだ。「追い込まれていたので、バットに当てようと思った。気持ちで打った」。

ノーステップに切り替え、今秋初安打につなげた。4回も2死二塁の場面で、好機を広げる中前打。二盗も決め、5打数2安打1打点の活躍だった。

前日まで3試合無安打。打順も前日の3番から1番に変更。青木久典監督は「1番打者として、きれいな状態のバッターボックスに立ってきっかけにしてくれればと思った。(2安打出て)良かった」と安心した。宇草も「苦しかったが、回りも心配してくれていた。打てない状況も受け入れて、強い気持ちで臨んだ」と力強かった。

プロのスカウト陣からも、評価は高い。DeNA・八馬スカウトは「スケールが大きい外野手で、能力が高い」と高評価。楽天・鷹野スカウトも「足が速くバッティングも良い。投ゴロで一塁まで全力で走るプレースタイルも評価できる」と野球に取り組む姿勢にも注目していた。

(9月22日 東京六大学野球 法政大 5-3 立教大)



宇草君のスカウト評はこちら

宇草君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │横浜DeNA | 楽天

吉田大喜(日体大)、阪神など8球団スカウト熱視線

2019年09月22日

デイリースポーツwebsiteより (source)

吉田 大喜 (日本体育大・投手)
175cm・右投右打・動画

今秋ドラフト上位候補で最速151キロ右腕の日体大・吉田大喜投手(動画)が、リーグ戦初完投初完封を果たした。バックネット裏から阪神など8球団14人のスカウトの熱視線を浴びながら、11奪三振。被安打はわずか3本と危なげない投球でスコアボードにゼロを並べた。

この日最速149キロを計測した直球に加えて鋭く落ちるスプリットで相手打線を圧倒した。大学ラストシーズンにして「未知の世界」と自ら評した完封劇を披露。ただ、試合後半になって疲れから変化球の精度が落ちたことには「納得はできていない」と不満を口にした。

プロ志望届はWエースを組む北山比呂投手とともに提出済みだ。「できるだけいいところを見せて順位を上げられれば」。課題だったスタミナ面も成長し、プロ入りへ猛アピールに成功した。

(9月21日 首都大学野球 日体大 3-0 大東大)



吉田君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 09:20|この記事のURL│ │阪神 

宮田輝星(福岡大)、日ハムスカウトが熱視線

9/22、西日本スポーツ7面より

宮田 輝星 (福岡大・外野手)
177cm・右投両打・動画

プロ志望届を提出した福岡大の宮田輝星(動画)は5打席目で詰まりながらも右翼前へ落ちる安打を放った。「リーグ戦に入って調子が悪い。最後の安打は打球が飛んだところが良かった」と少し苦笑い。50メートル5秒8の俊足を生かすために3年時に右打ちから両打ちに変えた。遠投100メートルを越える強肩も大きな武器。

この日は名前の漢字が同じ吉田輝星が在籍する日本ハムのスカウトがネット裏で視察していた。「持ち味は足と守備」と九州の輝星がアピールを続ける。

(9月21日 九州六大学野球 福岡大 8-3 西南大)



宮田君のスカウト評はこちら

宮田君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 08:00|この記事のURL│ │日本ハム 

津留崎大成(慶大)、広島・ソフトバンク高評価

スポニチwebsiteより (source)

津留崎 大成 (慶応大・投手)
180cm・右投右打・動画

慶大が今季初戦で東大に逆転勝ち。白星スタートを切った。5回から2番手で登板したプロ志望の153キロ右腕・津留崎大成投手(動画)が最速150キロをマークして2回完全の好リリーフ。今季初勝利を挙げた。9月10日にプロ志望届を提出したが「いつも通りできる限りの準備をしてきた。届を提出して、意識していないわけではないがチームのために投げることを意識した」と振り返った。

高3時に受けた右肘手術の影響でリーグ戦登板はこれで19試合目と決して多くはないが、剛速球とフォーク、カットボールを操る隠れた逸材。「セルフケアをしっかりして、ひじは問題ない」と言う。

ソフトバンク・福山龍太郎アマスカウトチーフは「ウチにいた五十嵐亮太みたいなタイプ。球に力がある」と評価。広島・苑田聡彦スカウト統括部長は「出所が見づらいフォーム。次の試合もチェックしたい」とした。

野手陣も好プレーを披露。先発の左腕・高橋佑樹投手が2回につかまり、2失点。なおも2死満塁のピンチが続いたが左翼・正木智也外野手の好返球で3点目を阻止した。すると、3回に小原和樹内野手が右越えへ走者一掃の逆転適時三塁打を放った。

大久保秀昭監督は「開幕戦というのももちろんありますけど、ちょっと(試合に)入りきれなかった。正木のワンプレーが非常に大きかった。小原の一打も良かった」と初戦白星に安どしていた。 

(9月21日 東京六大学野球 慶応大 13-4 東京大)



津留崎君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:25|この記事のURL│ │広島 | ソフトバンク


ドラフトニュース検索