ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

阪神、ドラフト1位は明治大の祐ちゃん

2010年12月27日

12/27、日刊スポーツ5面より
阪神が来秋ドラフトの1位候補に明治の祐ちゃん(動画)をリストアップした。

今季は早大斎藤を先頭に、大学球界が盛り上がったが、来年も逸材がそろう。巨人が早々と1位指名を決めた東海大の右腕菅野や東洋大の左腕藤岡が注目を集める。そんな中で球団首脳は明大・野村(動画)を最も高く評価していることを明かした。「菅野に匹敵する実力をもつ。投球術はナンバーワンだろう」。


野村は広陵時代にエースとして、夏の甲子園準優勝に導いた。明大では1年春から大活躍。秋季リーグ戦では44年ぶりの防御率0・00を達成。今秋も8戦5勝2敗で最優秀防御率(1・30)のタイトルを獲得した。

150キロ近い速球に、変化球のコンビネーションは抜群だ。完成された投球フォームで、故障知らずという点もポイントアップ。「勝ち」を知り尽くした投手ということが何よりの魅力だ。

阪神は他大学の逸材にももちろん、密着マークする方針だ。しかし原監督を伯父にもつ菅野は巨人とのパイプが太い東海大。東洋大の藤岡は左腕だが、今ドラフトで榎田を指名しており、左の層は厚くなっている。球団方針で右の本格派を獲得する可能性は十分にあり、現時点で野村を筆頭候補に推す声がある。

明大と言えば「場外戦」の直接対決も話題になる。今季限りで阪神を退団し、楽天の指揮官に就任した星野監督は同校OB。11月27日の明大野球部100周年記念式典では「まだまだだ!」と野村にゲキを飛ばした経緯もある。かつて中日時代に川上を獲得したように、楽天のエース候補として1位指名する可能性は十分にある。


来季は3月9日甲子園のオープン戦を皮切りに、交流戦も含め、星野楽天と5試合の直接対決が組まれている。闘将と古巣の激突はかつてないほど注目が集まるはずだ。

気の早い話だが、激戦の後、ドラフト会議で再び競合すれば、盛り上がることは必至。明大の右腕を巡る動きにも、目が離せない。

20101227


野村君(明大)のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 14:16|この記事のURL阪神 

阪神、丸子達也(広陵高)を上位候補に

12/27、スポーツ報知7面より
来秋のドラフトで広陵高の丸子達也内野手(動画)を上位候補としてリストアップした。1年生から四番を務め、高校通算25本塁打し、「金本二世」の呼び声が高い。

「今年のドラフトでも大砲候補は獲得できなかった。浜中や桜井が入団したころのように、四番を打てる生え抜きの選手を作っていきたい」と球団関係者は指摘した。


丸子君(広陵高)のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 14:14|この記事のURL阪神 

2011ドラフト上位候補 <日刊の見解>

12/27、日刊スポーツ5面より
今年同様に大学生に逸材が多い。特に「大学ビッグ3」といわれる東海大の157キロ右腕・菅野(動画)東洋大の左腕・藤岡(動画)明大・野村(動画)は文句なしの1位候補。近大の左腕・中後(動画)らほかにも好素材がそろう。

野手では大学日本代表の4番で、アジア大会代表にも選出された慶大・伊藤外野手(動画)が注目されている。

高校生では帝京・伊藤(動画)金沢・釜田(動画)の両右腕や東海大甲府・高橋(動画)広陵・丸子(動画)の両内野手も上位候補に挙がる。



draftkaigi at 14:13|この記事のURLドラフト展望 

東海大・菅野、巨人の1位指名表明を「うれしい」

2010年12月25日

12/25、スポーツ報知4面より
来秋のドラフトで巨人から史上最速での1位指名を表明された東海大・菅野智之投手(動画)が24日、「プロに行く準備として、まず大学日本一を目指したい」と“大学NO1投手”を手みやげにしてのプロ入りを宣言した。


神奈川・平塚市内のグラウンドに来秋ドラフトの目玉を目当てにテレビカメラ5台、約40人もの報道陣が集まった。菅野は「今は大学日本一しか考えられない」と自身初の全国制覇を掲げた。

巨人の1位指名については「早い段階で評価していただいたことは光栄ですし、うれしいですけど、まだ来年のことなので」と冷静に受け止めつつ、チームの印象を「とにかく強くて、良い選手がそろっている」と語った。

斎藤とは大学日本代表で一緒にプレーした。「見ていて大変だなと思った。常に結果を求められる。でも、重圧のかかった中でやらないと自覚も生まれない」とニヤリ。横井人輝監督(48)も「まだまだ発展途上」と157キロ右腕の伸びしろに太鼓判を押す。

「大学日本一」は伯父の巨人・原辰徳監督も成し遂げていない。「それだけに頑張らないと」と菅野は、変化球を交えた30球の投球練習で年内の練習を締めた。モットーの「向上心」を胸に、集大成のシーズンを駆け抜ける。


菅野君(東海大)のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 09:56|この記事のURL巨人 

菅野(東海大)の1位指名競合の可能性はあるのか?

2010年12月22日

新聞社ウェブサイトから無料配信されてない記事です。転載はやめてね。



12/22、デイリースポーツ2面より
委細構わず、強行指名すればいい。と、周囲が口で言うほど単純なものでもないらしい。でも、あまりにも配慮、遠慮するものも絶対おかしい・・・。

来年のドラフト会議。今年に勝るとも劣らず、大学生投手に逸材が多い。少し前に本紙1面でも阪神の1位指名候補と紹介した東洋大・藤岡貴裕(動画)。巨人・原監督のおいで東海大の菅野智之(動画)、さらに明大・野村祐輔(動画)らだ。

菅野に関しては先日、早々と巨人が来年の1位指名を公表。球団は他球団へのけん制ではなく、純粋に力量を評価した、と説明している。その真意は別にして、他球団が来秋、菅野を1位指名した場合、確実に巨人と競合する。

それを避けるため、相手側としても、早々と菅野は1位指名候補から外すものなのか。セ・リーグ球団のあるスカウトに電話で聞いた。

【質問者】早速ですが、菅野には巨人以外の球団は手を出しづらいのでしょうか。

「少なくとも僕ら、スカウトの現場レベルでは多分そうじゃないかな。もし、自分の親戚がそうなってとか考えたら、同じ球団に入ってほしい、と思うのが人情でしょう。かなり昔、その球団に父が所属、とかならまだしも、菅野の場合は今、おじさんがチームの監督をしてるわけだからね」

【質問者】心情的に指名はしづらい、と。

「うん、それにもし(菅野と)力が同じくらいか、それほど変わらなければ、リスクを冒さずに、狙いの投手を最初から1位でいけばいいし」

【質問者】なるほどです。となると、巨人以外に、例えば阪神も、菅野の1位指名は絶対にない、と。

「いや、でも、編成、スカウト連中の思いとは別に、最後は、どの球団でもユニホーム組を含めたフロントの最終決定が答えだからね。どんな状況でも、みんなで一番いいと判断した選手をルールにのっとって正当に指名するのは当然のことだし」

【質問者】はい

「だから、ドラフト直前に、もし菅野が飛び抜けてると球団の決定として判断したら、ほかにも1位でいく球団は出てくる可能性はある。ドラフト戦略で監督の意見、立場が強いと言われてる球団がいくつかあるけど、そいういうところの菅野1位指名は十分にあるかもしれないよ」

(めちゃくちゃ長いので以下略。コンビニで買いましょう)



draftkaigi at 10:46|この記事のURLドラフト展望 

ドラフトニュース検索