ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018夏の甲子園、南福岡大会の展望&注目選手

2018年06月23日

日刊スポーツの南福岡大会展望
絶対的V候補はなく大混戦。昨春センバツで2打席連発など8強入りに貢献した樺島竜太郎外野手を擁す福岡大大濠や、ドラフト候補の大畑功士郎(動画)ら投手力のある筑陽学園が有力。東福岡福岡工大城東西日本短大付にも勝機はある。

南福岡大会の日程=7月7日~7月24日
南福岡大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツニッポンの南福岡大会展望
激戦必至となる。強打が魅力の西日本短大付、投手力の高い筑陽学園、投打のバランスよく仕上げる九産大九州、勢いある沖学園が軸。私立相手に朝倉福岡久留米商福岡工など公立勢が波乱起こせば面白い。東福岡福岡大大濠九産大九産福岡工大城東など強豪の粘りも期待される。

南福岡大会の日程=7月7日~7月24日
南福岡大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



福岡県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

2018夏の甲子園、北福岡大会の展望&注目選手

日刊スポーツの北福岡大会展望
エース・石田旭昇投手を擁し3季連続甲子園を狙う東筑プロ注目の甲斐生海内野手を擁す強力打線で春の九州大会を制した九州国際大付の力が目立つ。ノーシードながら春夏通算21度の甲子園出場を誇る古豪復活を目指す小倉にもチャンスがある。

北福岡大会の日程=7月7日~7月23日
北福岡大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツ報知の北福岡大会展望
100回の記念大会で初めて福岡から2校が代表となる。3季連続出場を目指す東筑は昨夏、今春センバツのマウンドを経験したエース・石田を中心に安定。今春九州大会を制した九州国際大付も、投打に充実している。今春県Vの小倉、準Vの八幡なども地力がある。

北福岡大会の日程=7月7日~7月23日
北福岡大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



福岡県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

小野寺瑞生(東海大甲府)、中学時代からプロ注目

2018年06月22日

6/22、日刊スポーツ9面より

小野寺 瑞生 (東海大甲府高・投手)
183cm・右投右打・動画

大型右腕がリベンジのマウンドに帰ってきた。「背番号1は小野寺」。村中秀人監督が抽選会当日にサプライズを明らかにした。昨夏決勝で敗れた山梨学院戦を最後に公式戦のマウンドから消えた。4月14日、春の県大会初戦(増穂商)に先発して6回1/3を投げて4安打7奪三振無失点も、その後の県大会、関東大会でも登板はなかった。

「故障? アクシデント?」。ライバルが注視する中で左腕の渡部雄大、加藤匠ら多彩な投手陣が台頭して定着した。逆サイドにも適時打を放てる強打の一塁手が小野寺の定位置となっていた。

夏への秘密兵器だった。「故障なしです(笑い)。冬場に股関節の柔軟性を上げて体幹を鍛え直した。微調整したフォームでストレートのアベレージもアップした」(村中監督)。夏を託された右腕は、まだ指揮官の決断を知らない。「春は内容が悪すぎた。いつでも行ける準備はしています」。黙々と140キロ台のストレートを投げ込む。

川崎中央シニア時代から最速140キロ超と、横浜スタジアム中段に本塁打を打ち込むパワーでプロ注目の逸材だった。3年ぶりの頂点へ切り札が復活した。



下は小野寺君の中学時代のピッチング動画です。



draftkaigi at 09:53|この記事のURL│ │高校 

2018ドラフトはパ・リーグに優先権

6/22、サンケイスポーツ4面より
セ・パ交流戦は21日、最後の1試合が行われ、全日程が終了した。オリックスは阪神と延長12回の末、3-3で引き分け、11勝6敗1分けで2位を守った。通算成績は9年連続13度目の勝ち越しをすでに決めていたパが59勝48敗1分けで終了。パには、今秋のドラフト会議でウエーバー順となる2巡目指名での優先権が与えられる。



ドラフト2巡目はパ6位→セ6位→パ5位→セ5位→パ4位→セ4位・・・の順となり、3巡目はその逆順。以後交互に折り返しで指名を行います。



draftkaigi at 07:37|この記事のURL│ │ドラフト制度 

垣越建伸(山梨学院)、プロ注目の144キロ左腕

6/22、サンケイスポーツ8面より

垣越 建伸 (山梨学院高・投手)
183cm・左投左打・動画

100回大会で新たな歴史を刻む。8日の2回戦から登場する山梨学院。初の夏3連覇へ、プロ注目のエース・垣越「先輩方がつくってきた歴史なので、全力でぶつかっていきたい」と力強く誓った。

冬には同校名物の丸太トレーニングなどで下半身を徹底的に鍛え、昨夏130キロ台だった球速は今春144キロを計測。吉田洸二監督が「この夏、147キロは出るんじゃないか」と期待を寄せる左腕だ。

垣越には、かなえたい思いがある。「根尾を真っすぐで抑えたい」。大阪桐蔭でセンバツ連覇の原動力となった根尾昂内野手とは中学時代に岐阜・飛騨高山ボーイズでチームメート。昨年末には同チームの練習会で顔を合わせ、今夏のスター候補と聖地での再会を誓った。

昨夏はわずか1イニングの登板に終わった甲子園。あの場所に戻り、ライバルを封じる。



垣越君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


draftkaigi at 07:35|この記事のURL│ │高校 

ドラフトニュース検索