ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

宮崎祐樹(オリックス戦力外)、民間企業に就職予定

2019年12月13日

12/13、日刊スポーツ4面「さよならプロ野球」より

2010オリックスドラフト3位 宮崎祐樹
セガサミー・外野手


幸運は、いつ訪れるかわからない。11年から今年までオリックスで活躍した宮崎祐樹外野手(2010オリックス3位)は「1球」で野球人生を変えた。「あの年、苦しかった。5月に1軍に上がったけれど結果が残せなくて落ちて。全然ダメで。ずっと構想外が頭をちらついていたんよね。自分の野球人生、いつ終わってもおかしくないなと」

与えられた機会で居場所を勝ち取るため、必死でバットを振った。プロ2年目の12年9月29日、その瞬間は訪れた。

ビジターのロッテ戦に1番センターで出場。「覚悟を決めていた」と言うように初回の初球をフルスイング。ロッテ・藤岡の変化球だった。うまく腕をたたんで対応すると、打球は左翼スタンド中段で弾んだ。再び爆発。コワモテな顔が右拳をグッと上げた。

「水口さん(打撃コーチ)に徹底的に教えてもらった。死ぬ気で練習したよね、あのとき。2軍で初球を狙う準備をずっとやってきたからね」。プロ初安打を初球先頭打者本塁打で飾るのはNPB史上初の快挙だった。「あの1球で、自分の野球人生は変わったよ。これでなんとか1軍でやっていけるんじゃないかって自信もついた」

9年間、オリックスで戦った。「しんどかったけど楽しかった。一流はみんな、めちゃくちゃ練習する」。オフの自主トレで米グアムで阪神・糸井やソフトバンク・柳田と汗を流した。亜大の先輩であるソフトバンク・松田からは「今の俺どう?」と助言を求められることも。「やっぱり、周りの人に恵まれた野球人生でした」

今後はバットを置き、民間企業への就職を目指す予定「野球の指導者をしたい気持ちは強い。ただ、嫁と子供がいる。まずは家族のことを考えた選択がしたい」。33歳。志高く、新たな旅路を行く。その一瞬を諦めない。



下は2010ドラフトでオリックスが指名した選手です。4位指名・塚原頌平のプロ入り後の成績はこちら

オリックスの2010ドラフト指名選手
1位後藤 駿太前橋商高外野手
2位三ツ俣 大樹修徳高内野手
3位宮崎 祐樹セガサミー外野手
4位塚原 頌平つくば秀英高投手
5位深江 真登関西独立L・明石外野手
プロ入り後の成績



draftkaigi at 16:10|この記事のURL│ │戦力外通告 | オリックス

ドラフトで巨人に真っ向勝負を挑んだ阪神

12/13、日刊ゲンダイ27面「阪神が巨人に勝てない内幕」より

1978阪神ドラフト1位 江川卓
作新学院職員・投手

1978年11月。翌日のドラフト会議を控え、岡崎義人はスカウトらとともに上京し、戦略を確認し合った。岡崎は当時の阪神球団代表で、指名相手の近況を聞いたあと、すぐ大阪に残る球団社長の小津正次郎に電話を入れた。小津は阪神電鉄専務で、この年から球団社長を兼務。「ブルドーザー」の異名をとったヤリ手だ。

「ほんまに江川(卓)でええんですか? 本当に・・・」。電話の向こう側から小津の甲高い声が返ってくる。「ええ言うたらええ。なにを言いたいんや? この期に及んで」

ドラフト会議の当日の朝も、岡崎は小津に確認の電話を入れる。「よろしいんでっか。やはり江川で? 巨人と戦争になりまっせ。ほんまに」

また甲高い声が返ってくる。「変えたら許さん。巨人がなんぼのもんや。いつまでもペコペコできんわい。江川をとる。そのクジを引け」。ドラフト会場で岡崎は本当に江川のクジを引き当て、その場で「あわわわ。えらいこっちゃ。ほんまに江川を当ててもうたがな」と慌てふためいた。

この「阪神江川」の解決は翌年1月までもつれ込んだ。結局はコミッショナー権限で、阪神江川卓と巨人小林繁の1対1交換トレードが成立したのは野球通でなくても知らぬ者はいなかったろう。それほどの騒動になったが、あそこまで江川にこだわった小津はなぜ、最終的に巨人の軍門に下ったのか。

やはり・・・小津の上司・田中隆造(当時の本社社長、タイガースオーナー)から「巨人には逆らわない方がええ。小津君、折れてやれ」。この一言だった。小津は呆然としたが、結果はともあれ、巨人と正面衝突した阪神の役員は小津が初めてである。

もう一人、巨人、というより読売新聞のドン渡辺恒雄に逆らったのが野村克也、星野仙一時代の球団社長・野崎勝義だった。 (つづく)



下は1978ドラフト会議で阪神が指名した選手です。プロ入り後の成績はこちら

阪神の1978ドラフト指名選手
1位江川 卓作新学院職員投手
2位枝川 正典長門高投手
3位渡辺 長助九州産交捕手
4位青木 重市山形相互銀行投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:14|この記事のURL│ │巨人 | 阪神

巨人、ドラフト逸材発掘へ全国各地にスカウト構想

12/13、デイリースポーツ7面より
巨人の原辰徳監督は11日(日本時間12日)、将来の金の卵発掘へOB“特命スカウト”ネットワーク構想を計画していることを明かした。北は北海道、南は沖縄までいる巨人OB会員の中から人選し、スカウティング強化に乗り出す。

人材発掘強化へ、全国津々浦々、少年野球などに携わっている巨人OBにスカウティング活動を依頼するプランが立ち上がった。原監督は「OBの方々にはアマチュア野球に精通している人がいる。OB会の方を面談して、選んでいければ」と構想を明かした。

野球センスのある将来有望な子どもたちを幼少期からリサーチしていくことが狙いだ。「有望な子が17、18歳になった時、金の卵だった時は、こういう風に成長してきたというのが分かれば説得力があるよね」と原監督。幼少期からの成長過程を見続けている“特命スカウト”がいれば、より選手の特長や性格を把握できる。

原監督は愛知の無名公立高校出身ながら、今や球界のエースとなった千賀を例に挙げ「当時から何か光るものがあったり、すごい努力をする心を持っていたんだと思う」。ダイヤの原石を埋もれた逸材にしないことが狙いだ。

球団OBは北海道から沖縄まで点在し、少年野球などに携わっている人材が多い。各都道府県に1人は特命スカウトを置く構想があり「そうなればいいけど。今、名簿も含めていろいろ検討している状況。計画は進んでいる」と原監督。球団は適正なルールにのっとって打診を始めており、早ければ来季中にも実現させる方針だ。



巨人の歴代ドラフト指名選手はこちら



draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │巨人 

横山弘樹(広島戦力外)、巨人の打撃投手に転身

Full-Countより (source)

2015広島ドラフト2位 横山弘樹
NTT東日本・投手

広島から戦力外通告を受けた横山弘樹投手(2015ドラフト2位)が自身のインスタグラムを更新し、来季から巨人の打撃投手を務めることを発表した。

横山は2015年ドラフト2位で広島に入団。ルーキーイヤーの16年には6試合に登板し2勝2敗、防御率5.47の成績を残したが、その後は1軍登板なく今オフに戦力外通告を受けていた。

自身のインスタでは「来季から読売ジャイアンツで打撃投手を務めさせて頂くことを昨日正式に契約して頂きました」と発表。怪我をしてから支えてくれたトレーナー、裏方に感謝の言葉を綴り「悔いがあるとするなら1軍でもうひと花咲かせるところをファンはもちろんですが、そのトレーナーさんに見せれなかったことです」と思いを吐露。

来季は巨人で打撃投手として第2の人生をスタートするが「ジャイアンツ関係者並びにファンの皆さん。どうか宜しくお願い致します」と綴った。



下は2015ドラフト会議で広島が指名した選手です。横山弘樹は2位指名入団。 プロでの成績はこちら

広島の2015ドラフト指名選手
1位 岡田 明丈 大阪商大 投手
2位 横山 弘樹 NTT東日本 投手
3位 高橋 樹也 花巻東高 投手
4位 船越 涼太 王子 捕手
5位 西川 龍馬 王子 内野手
6位 仲尾次オスカル ホンダ 投手
7位 青木 陸 山形中央高 捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │広島 | 戦力外通告

小宮山慎二(阪神戦力外)、第二の人生はブルペン捕手

12/13、サンケイスポーツ3面より

2003阪神ドラフト5巡目 小宮山慎二
横浜隼人高・捕手

阪神から戦力外通告を受けた小宮山慎二氏(2003阪神5巡目)が12日、鳴尾浜を訪れ、来季からチームのブルペン捕手になることを明かした。「ピッチャーが投げたい時にすぐ投げられるように、なるべくストレスなく練習できるようにサポート役に徹していきたいと思います」。

2003年ドラフト5位で横浜隼人高から入団。17年以降、1軍出場はなかった。8月に腰椎椎間板摘出術を受けてリハビリを続けていた。「身体がダメでしたし、選手としての諦めはついていました」とすっきりとした表情だった。



下は2003ドラフトで阪神が指名した選手です。小宮山慎二は5巡目指名入団。プロでの成績はこちら

阪神の2003ドラフト指名選手
自由枠 鳥谷 敬 早稲田大 内野手
自由枠筒井 和也愛知学院大投手
1巡目(指名権なし)
2巡目(指名権なし)
3巡目(指名権なし)
4巡目桟原 将司新日鉄広畑投手
5巡目小宮山慎二横浜隼人高捕手
6巡目庄田 隆弘シダックス外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │阪神 | 戦力外通告


ドラフトニュース検索