ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ロッテ、ドラ1は藤原か根尾(ともに大阪桐蔭)有力

2018年10月21日

10/21、スポーツニッポン4面より
ロッテはドラフト会議で競合した場合、井口監督が抽選くじを引くことが決まった。 昨年までは2年連続で山室晋也球団社長が担当。1位入札は外したものの、16年は5球団競合の外れ1位・佐々木、17年は3球団競合の安田を引き当てた。同社長から大役を託された指揮官は「僕が引きます。社長命令なので」と承諾。

伊東前監督が担当した13年には2球団競合の石川、15年も2球団競合の平沢を当てた。同社長は「自分が育てる選手。自分の手で当ててほしい」と期待した。1位は大阪桐蔭・藤原(動画)同・根尾(動画)が有力で、抽選の可能性が高い。



藤原君のスカウト評はこちら

根尾君のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │ロッテ 

浅村栄斗(西武)争奪戦、阪神は脱落のウワサ

10/21、日刊ゲンダイ39面より

2008西武ドラフト3位 浅村栄斗
大阪桐蔭高・内野手

CSが進む中、FA市場の調査が水面下で進んでいる。今オフの目玉となるのが、2年連続でMVP候補に挙がる広島の丸、そして、西武の浅村栄斗(2008西武3位)だ。主将2年目となった今季は3割30本塁打をクリア。打点王(127)にも輝き、リーグ優勝に大きく貢献した。

CSファイナルでも3試合で打率.417。活躍からすれば、今季の年俸2億1000万円からの大幅アップは確実だ。昨オフ、FA取得を見越した球団から複数年契約を提示されたものの「甘えを持ってやりたくない」と1年契約を選択しただけに、移籍の可能性あり、と他球団が腰を浮かせている。

権利取得直後は本人もこう言っていた。「せっかく得られた権利なので、先輩たちの話は聞きたい。(楽天に移籍した)岸(孝之)さんとか(海外FAを行使してメジャー入りし、帰国後にオリックス入りした)中島(宏之)さんとか、(西武を)出て行った人の話を聞いてみたいですね。どういう気持ちで出て行ったのか」

そんな浅村に巨人、ソフトバンク、楽天が興味を示している中、表向きはFA補強に消極的な態度を装っている阪神も水面下で調査を続けているという。浅村は大阪市出身で高校も大阪桐蔭という生粋の地元選手。獲得を望む声は少なくないのだが、当の浅村は「僕は小さいときから西武ファンなんですよ」と言ってこう続ける。

「大阪出身だから阪神ファンだと思われがちなんですけど、小さい頃から松井稼頭央さんのファンだったんです。バッティングはもちろん、グラブさばきとか走塁とかすごいなあと尊敬していて、憧れていました。だから試合も、当時は交流戦がなかったので、(阪神が試合をする)甲子園じゃなくて京セラ(ドーム)へ西武戦を見に行っていました」

松井は浅村と同じ大阪出身で、浅村が4歳のとき西武に入団。メジャー移籍を経て2011年に楽天入りすると、今季からテクニカルコーチ兼任で古巣の西武に復帰した。現役は今季限りで引退するが、指導者として球団に残る方向で話が進んでいる。

加えて、西武はエースの菊池雄星が今オフ、入札制度でメジャー移籍することが濃厚。西武には少なくない譲渡金が入り、浅村の引き留め資金を上積みできる。阪神に出る幕はないかもしれない。



下は2008ドラフトで西武が指名した選手です。浅村栄斗は3位指名され入団。プロでの成績はこちら

西武の2008ドラフト指名選手
1位 中崎 雄太 日南学園高 投手
2位 野上 亮磨 日産自動車 投手
3位 浅村 栄斗 大阪桐蔭高 内野手
4位 坂田 遼 函館大 外野手
5位 岳野 竜也 福岡大 捕手
6位 宮田 和希 甲賀専門学校 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │阪神 | FA

高橋優貴(八戸学院大)、中日・楽天「上位クラス」

日刊スポーツwebsiteより (source)

高橋 優貴 (八戸学院大・投手)
178cm・左投左打・動画

八戸学院大の最速152キロ左腕・高橋優貴(動画)が19日、視察に訪れた4球団8人のスカウトの前で、好投を披露した。宮城県内で行った七十七銀行との練習試合に先発登板し、3回無安打3奪三振1四球無失点。「自分のやることは変わらない。点数をとられないことが一番大事」。ドラフト会議(25日)に向けた最後のアピールとなった。

リーグ戦最終戦(2日)以来の実戦。最速は144キロだったが、直球のキレと変化球の精度で、今夏の都市対抗野球に出場した強豪を翻弄した。追い込んでからのチェンジアップやスライダーは圧巻。足元に飛んだ投直を捕球するなど、フィールディングも抜群だった。

3人で最終確認した中日・米村明チーフスカウトは「腕がしっかり振れているので150キロは投げられるでしょうし、チェンジアップなど決め球があることも精神的な自信につながっている」と絶賛。楽天・長島哲郎スカウト部長も「全国的に見ても貴重な左投手。上位クラスは間違いない」と高評価した。



高橋君のスカウト評はこちら

高橋君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │中日 | 楽天

湯浅京己(BC富山)、DeNA・日ハムなど評価アップ

2018年10月20日

10/20、スポーツ報知websiteより (source)

湯浅 京己(富山GRNサンダーバーズ・投手)
183cm・右投右打・動画

プロ野球ドラフト会議は25日、東京都内で行われる。BCリーグ・富山GRNサンダーバーズの最速151キロ右腕、湯浅京己(動画)複数球団から調査書が届いており、支配下での本指名が期待される。富山に残ってトレーニングを続ける湯浅は「ドキドキも、ワクワクもしています」と運命の日を心待ちにしている。

高校入学後は成長痛の腰痛に苦しんだが、全快した高校2年秋に内野手から投手に転向。3年夏には最速145キロをマークした。高校卒業時には、周囲から大学進学を勧められたが「野球に集中したい」とBCリーグのトライアウトを受験し、ドラフト1位で富山に入団した。

今春からは伊藤智仁監督の指導で急成長。5月にはMAX147キロに伸び、9月17日の福井戦では151キロを記録。ロッテ、DeNA、日本ハムなど、視察していた複数球団の評価は大幅アップした。湯浅は「NPB(日本野球機構)から指名を受けたら、本当のスタートラインだと思ってます」と吉報を待つ。



湯浅君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 10:55|この記事のURL│ │横浜DeNA | 日本ハム

渡辺佳明(明大)に7球団調査書、DeNA高評価

10/20、スポーツ報知4面「輝く隠れスター」より

渡辺 佳明 (明治大・三塁手)
179cm・右投左打・動画

「プロ一本でいきます」。真っすぐなまなざしで力強く宣言した。明大・渡辺佳明内野手(動画)は横浜高の監督として歴代4位タイの甲子園通算51勝を挙げた名将・渡辺元智氏を祖父に持ち、巧みなバットコントロールで安打を量産する大学球界屈指のショートだ。

横浜高時代も「5番・一塁」で甲子園に2度出場。“祖父孫鷹”として注目を浴びたが、スポットライトはいつも祖父の方に向けられていた。「高校の時は、あんまりでしたね」。同期に浅間、高浜(ともに現日本ハム)がいたスター軍団の中で、選手としては決して目立つ存在ではなかった。

だが、大学で心身ともに大きく成長した。堅実な守備を買われ、1年春からリーグ戦に出場。三塁手で2度、遊撃手で1度と計3度のベストナインを受賞した。大学日本代表には3年時から2年連続で選出。東洋大の159キロ右腕・甲斐野央には、配球や投手心理を聞き、自身のレベルアップにつなげた。

今秋はプロ入りに向けて猛アピールした。打率.419はリーグトップで、通算92安打は現役最多。20日からの立大との最終カードで100安打の大台に挑む。

調査書は7球団から届き、地元・横浜のDeNA・河原スカウティングディレクターも「広角に打ち分けられ、選球眼もいい。内野ならどこでも守れる実戦的な選手」と注目している。「もし悪い結果になったとしても後悔はありません」。己を信じ、進化を続ける渡辺が運命の時を待つ。



渡辺君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 09:51|この記事のURL│ │横浜DeNA 

ドラフトニュース検索