ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

西勇輝、阪神を選んだ本当の理由とプロテクト問題

2018年12月13日

12/13、日刊ゲンダイ31面より

2008オリックスドラフト3位 西勇輝
菰野高・投手・18歳

「環境を変えたくなかった」。先日、阪神入りを表明した西勇輝(2008ドラフト3位)は、その理由をこう語った。オリックスからFA宣言し、阪神だけでなくソフトバンク、DeNAが争奪戦に参戦。オリックスも宣言残留を認めていた。「条件面ではソフトバンクが圧倒していた」とは、さる阪神OB。

「ソフトバンクは、4年総額26億円といわれる大型契約を用意。調査をしていた中日は参戦せずに撤退したくらいです。阪神は矢野監督が就任し、喉から手が出るほど欲しかったが、提示額は4年総額16億円程度。ソフトバンクとは10億円の開きがあった。それでも西が阪神入りを決めたのは、家庭の事情も加味したのです」

西は、16年オフに一般女性との結婚を公表している。前出OBが続ける。

「ここ1、2年の間に、大阪市内にマンションを購入し、奥さんも慣れ親しんだ大阪に愛着があるそうです。FA解禁前から在阪球団である阪神が有利といわれていた。そこにソフトバンクが参戦したことで、阪神も当初の4年10億~12億円から誠意として条件を上方修正。西サイドとしてはウハウハの結果になった。阪神のフロントは11月16日に大阪で行われた西との1回目の交渉直後に、グラスを傾けながら食事をしていたそうですから、当初から勝算があったのでしょう」

一方、西を阪神に強奪されたオリックスは今後、阪神から28人のプロテクトリストを受け取り、人的補償を求めるかどうか検討に入る。すでにオリックスは「糸井や福留、鳥谷ら高年俸のベテランがプロテクトから外れた場合、指名する可能性がある」と心理戦を仕掛けているが・・・。某オリックスOBがこう言う。

「12年に寺原がソフトバンクへFA移籍した際は、ベテランの馬原を獲得した。ただ、本当に糸井や鳥谷を取りに行くつもりがあるなら、マスコミにそんな話はしない。ブラフでしょう。狙いはむしろ、阪神がベテランを優先し、28人のボーダーライン上にいる若手有望株とみている。

面白いのは大卒4年目を終えた江越大賀。両打ち転向を指示され、結局断念するなどなかなか芽が出ないが、身体能力が高く、肩や足、守備は一軍でも十分に通用する。矢野監督はそこそこ評価しているようですが、阪神内より他球団の方が評価が高い選手。課題の打撃もウエスタンでは打率.212ながら、15本塁打でリーグ2位。ノビノビした環境かつ、力勝負が主流のパ・リーグの方がマッチするかもしれない」


オリックスはどんな「お返し」をするのか。



下は2008ドラフトでオリックスが指名した選手です。西は3位指名入団。プロでの成績はこちら

オリックスの2008ドラフト指名選手
1位甲斐 拓哉東海大三高投手
2位伊原 正樹関西国際大投手
3位西 勇輝菰野高投手
4位高島 毅青山学院大内野手
5位西川 雅人四国九州IL愛媛投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:10|この記事のURL│ │阪神 

阪神、社会人2投手を上位候補にリストアップ

12/13、スポーツニッポン2面より
阪神が、来秋ドラフトに向け社会人屈指の両腕を上位候補としてリストアップしていることが12日、わかった。JFE西日本の145キロ左腕・河野竜生投手(動画)東海理化の150キロ右腕・立野和明投手(動画)で、即戦力候補といわれる2人も、虎のドラフト戦線を熱くしそうだ。

河野は阪神の本拠地である甲子園にも縁深い。鳴門時代は1年生から主戦としてフル回転。3年連続で夏の甲子園大会に出場し、3年生だった16年夏はチームを8強へと導いた。

社会人入り後も順調に成長を遂げ、今秋の日本選手権では宮崎梅田学園と日本生命を相手に2完封を記録。決勝で三菱重工名古屋に惜敗したが、大会を通じて計27回を投げ1失点と抜群の安定感を誇った。174cmと上背こそないが、81キロとがっちりとした体格からキレある球を投げ込む。球団関係者も「2位までに消える」と高く評価している。

181cm、77kgと均整のとれた体格の立野は、中部大第一では甲子園出場経験こそないが、入社2年目の今季に才能を開花させた。

秋の日本選手権が圧巻で先発した1回戦の室蘭シャークス戦では初回に自己最速を1キロ更新し大台に到達する150キロを計測。6回まで完全投球を展開しタイブレークに突入した延長12回も投げ抜き4安打1失点完投。チームに二大大会初勝利をもたらした。球団関係者も「来年の目玉(の1人)になる」とうなずく。

来秋のドラフト戦線は「高校四天王」と称される大船渡の157キロ右腕・佐々木朗希投手(動画)を筆頭に星稜・奥川恭伸投手(動画)創志学園の西純矢投手(動画)横浜の及川雅貴投手(動画)ら高校生にも逸材が揃う。将来性を重視するのか、それとも即戦力を獲得するのか・・・。答えが出る来秋まで、猛虎はマークを続けていく。



立野君(東海理化)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:26|この記事のURL│ │阪神 

中央大野球部のスポーツ推薦合格者(2019年度)

2018年12月11日

12/11、スポーツ報知4面より
東都大学リーグの中大は、東海大相模・森下翔太外野手ら来年度のスポーツ推薦合格者14人を別表の通り発表した。

投手
井平 光紀 北海
佐野 涼弥 (スカウト評) 浦和学院
沢田 龍太 (スカウト評) 富山商
鈴木 睦也 東京実
楢山 魁聖 函館ラサール
捕手
村高 尭 日大豊山
内野手
今井 大輔 (スカウト評) 市立太田
河嶋 駿太郎 石岡一
北村 恵吾 (スカウト評) 近江
深津 優心 浜松工
外野手
門川 大晟 日南学園
斎藤 未来也 関東第一
松本 恭也 鶴見大付
森下 翔太 (スカウト評) 東海大相模


井平光紀(北海)、中央大にスポーツ推薦で合格

12/11、日刊スポーツwebsiteより (source)

井平 光紀 (北海高・投手)
178cm・右投右打・動画

「鍵谷ロード」を歩み、プロを目指す。北海でエースで4番を務め主将だった井平光紀投手が10日、東都大学リーグの中大にスポーツ推薦で合格した。「4年間で使える時間を全部使ってプロに入りたい」と意気込みを語った。

高校の先輩、日本ハム鍵谷陽平投手は同じ道南出身で中大を経てプロ入り。中大を志望したのは鍵谷の存在も一因だった。中学3年時、函館でのトークショーを見た時から意識した。「強気の投球や直球に憧れる。すべてが目標になる」。

大学入学後は投手一本で勝負する。先輩のように戦国東都で鍛えられながら4年後のドラフトに向かう。高校3年間に後悔はない。今年は重要な三役を担い、南大会4連覇を狙ったが準々決勝で敗退した。「それまで責任を持って野球をすることがなかった。経験できたのは自信になった」。

平川敦監督の指導で投球フォームを横手投げに変えた。「上手だったら公式戦で投げられなかったと思う。平川監督がいなかったら今の自分はいない」と感謝しきりだった。

同期の大窪士夢投手(動画)は西武から育成2位指名を受けた。「うれしさより悔しさの方が大きかった。4年間負けないように頑張ってプロで一緒にやりたい」。将来は鍵谷のように自分のサイン入りユニホームを学校に飾るつもりだ。



下は井平投手のピッチング動画です。



福地元春(DeNA戦力外)、BCリーグ信濃に入団

12/11、サンケイスポーツ23面より

2014DeNAドラフト4位 福地元春
三菱日立パワーシステムズ横浜・投手

NPBは12月2日に保留選手名簿、自由契約選手を公示した。自由契約選手は国内外の他球団との交渉が可能となり、BCLに新天地を求める選手が続々決まっている。

前DeNAの福地元春投手(2014ドラフト4位)は、信濃に投手コーチ兼任で入団。DeNAでは4年間で通算19試合に登板して0勝1敗、防御率5.64。今季の登板はなかった。「指導経験はありませんが選手の手本になりたいと思いますし、選手としてもチームの優勝に貢献したい」と抱負を語った。



下は2014ドラフトでDeNAが指名した選手です。4位指名入団・福地元春のスカウト評はこちら

DeNAの2014ドラフト指名選手
× 有原 航平    
1位 山崎 康晃 亜細亜大 投手
2位 石田 健大 法政大 投手
3位 倉本 寿彦 日本新薬 内野手
4位 福地 元春 三菱日立PS横浜 投手
5位 山下 幸輝 国学院大 内野手
6位 百瀬 大騎 松本第一高 内野手
7位 飯塚 悟史 日本文理高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │戦力外通告 

ドラフトニュース検索