ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

ソフトバンク、ドラフト1位コンビが好調

2019年08月19日

8/19、西日本スポーツ3面より

2018ソフトバンクドラフト1位 甲斐野央
東洋大・投手・動画

シーソーゲームで流れをたぐり寄せたのは、「ドラ1」右腕コンビだった。4、5回に2点ずつ奪われ逆転を許した後、1点ビハインドの6回に出番が訪れたのは甲斐野(2018ドラフト1位)だ。「とにかく3人で終わらせたい」。その思いを、見事に結果で示した。

先頭木村をフルカウントから外角高め154キロの直球で空を切らせると、エンジン全開。永江はフォークで3球三振、2安打と当たっていた秋山にもフォークを多投しフルカウントからの決め球もフォーク。内角低めに落ちる球を振らせ、3者連続空振り三振で料理した。

球団では2014年に58試合に登板した森以来となる、1年目での50試合登板の節目を華々しく飾った。開幕戦でプロ初勝利を挙げると、デビューから13試合連続無失点の新人記録も樹立。森の離脱中は代役で8セーブもマークした右腕は「本当に濃い、いい経験をしている。もっとチームの勝利に貢献したい」と貪欲な姿勢を貫く。

相乗効果がある。「甲斐野さんの3者連続三振が刺激になった」。奮い立たされたのは、7回のマウンドに上がった4年目の高橋純(2015ドラフト1位)。甲斐野に負けじと、金子侑からオール直球で空振り三振を奪うと森、中村と続く上位打線を3者連続三振に仕留め、球場のボルテージを一気に上げた。

「三振は全打者狙っている。早くリベンジしたい気持ちがあった」。前回登板の15日楽天戦では、延長11回に満塁策を選んだ後、銀次にサヨナラ適時打を浴び、プロ初黒星を喫した。この登板では先頭茂木に二塁打を浴び「あらためて、先頭を切る意識が強くなった」と教訓を得た。長打力のある打線相手に大量失点を防ぐためにも、金子侑への投球は力が入った。

2人で6者連続奪三振という圧巻の投球に、打線も奮起し逆転。高橋純には3勝目が舞い込んだ。「しっかり三振で抑えるとチームにも勢いが付きますし、そういう意味ではあそこの三振というのは非常に大きかった」。工藤監督も勝敗を分けたターニングポイントを絶賛。ピッチングで流れを変えられる才能が、2人にはある。

(8月18日 パ・リーグ ソフトバンク 5―4 西武)



甲斐野君(2018ドラフト1位)の大学時代のスカウト評はこちら

高橋君(2015ドラフト1位)の高校時代のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │ソフトバンク 

堀裕貴(高岡商)、プロ志望届提出を明言

2019年08月18日

8/18、中日スポーツ7面より

堀 裕貴 (高岡商高・外野手)
176cm・右投左打・動画

涙を必死に堪えた。プロが注目する高岡商の4番・堀裕貴外野手(動画)は、好機で凡退した中盤の2打席を悔やんだ。「結果がほしくて当てにいってしまった。自分の打撃が負けにつながった。自分をもっと磨けと甲子園に言われた」。3点を追う4回無死一、二塁は中飛、4点差の6回無死一、二塁では二ゴロに倒れた。

過去2戦は思うように勝負してもらえず、4打数無安打5四死球。この日は最後の打席となった8回に左前打を放った。「最後に1本出て良かった」。同校の過去最高に並ぶ72年ぶりの8強は逃したが、意地は見せた。

高校通算23本塁打の強打と、投手としても球速が140キロを超える遠投120メートルの強肩が売り。進路について問われると「プロ志望届を提出します」と即答した。「プロで甲子園に戻ってきて、活躍したい」。悔しさを胸に、次のステージへ向かう。

(8月17日 甲子園大会3回戦 履正社 9-4 高岡商)



堀君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 13:00|この記事のURL│ │プロ志望届 

奥川恭伸(星稜)、ヤクルトなどスカウト絶賛の嵐

8/18、日刊スポーツ2面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

甲子園で星稜・奥川(動画)の賛歌が相次いだ。テレビ中継でゲスト解説を務めた星稜の山下智茂名誉監督は「調子が悪くて心配だったのに・・・失投は1、2球。こいつ、本当に人間なんかな?と思った」と驚いた。ともに解説した智弁和歌山の高嶋仁名誉監督も「甘い球がない。完璧。3安打じゃ勝てません」と脱帽だった。

星稜の林和成監督は「僕が見た中でベストピッチ。末恐ろしい。相手によって(強いほど)牙をむく。延長に入ってコーナーに150キロ以上の球を投げていたので、もう奥川でいくしかないと思った。ゾーンに入っているようでした」と興奮気味に語った。

プロ野球関係者もうなるしかない。現場に駆けつけた楽天・立花球団社長は「毎年甲子園に来てはいますが、ここ数年ではNO・1投手。150球投げても150キロが投げられるのはすごい」と話す。阪神・筒井スカウトは「いい意味で心と体のバランスが取れている」と大人の投球ぶりに感心。

ロッテ・永野チーフスカウトは「前の試合と全然違う。スライダーの精度が変わった。ものにしたと思う。強烈だった」。中日・米村チーフスカウトは「彼は負けない。いい状態でも悪い状態でも勝って、総合力ではNO・1。プロに入ったら勝つことが一番重要」。

ヤクルト・阿部スカウトは「試合開始後の初球からチェンジアップを続けるのは今までなかった。配球も含めて考えている。勝てるピッチャーだから、そこはプラスアルファの評価になるでしょう」など高い評価が続いた。

(8月17日 甲子園大会3回戦 星稜 4-1 智弁和歌山)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 11:27|この記事のURL│ │ヤクルト | 楽天

木下元秀(敦賀気比)、プロ志望届提出を明言

8/18、スポーツ報知2面より

木下 元秀 (敦賀気比高・外野手)
182cm・左投左打・動画

プロ注目の敦賀気比・木下元秀(動画)は、寮で同部屋の親友を再び甲子園に立たせることができなかった。2回戦でサイクル安打を達成した杉田翔太郎が、初回に後頭部へ死球を受け途中交代。1点ビハインドの9回1死一、三塁ではベンチに戻った杉田から「1本打ってくれ」と声をかけられたが、左飛に終わり「自分の責任」と涙した。

野手としてプロ志望届を提出予定「4番にこだわっていきたい」と話した。

(8月17日 甲子園大会3回戦 仙台育英 4-3 敦賀気比)



木下君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 09:30|この記事のURL│ │プロ志望届 

奥川恭伸(星稜)、阪神・楽天・ロッテの声

8/18、デイリースポーツ1面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

伝説となる死闘の主役は、やはりこの男だった。今秋ドラフト1位候補の星稜・奥川恭伸投手(動画)が右足をつるアクシデントに見舞われながらも14回を投げ切り、23三振を奪って3安打1失点で完投。延長十三回から今大会初のタイブレークに突入し、十四回にサヨナラ勝利が決まると号泣した。

~以下、奥川のスカウト評~

▼阪神・筒井スカウト
「鳥肌が立ちました。今まで見てきた中でもベストピッチかなと。こういう仕事をしていても、なかなかこれだけのピッチングは見れるものじゃない。精神的にも成長している」

▼楽天・立花球団社長
「素晴らしいです。甲子園に毎年来ているんですけど、ここ数年ではナンバーワン」

▼ロッテ・永野チーフスカウト
「スライダーの切れがいい。大きな課題をクリアできた。(大船渡・佐々木と比較しても)遜色ない可能性が出てきた」


(8月17日 甲子園大会3回戦 星稜 4-1 智弁和歌山)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 08:50|この記事のURL│ │阪神 | ロッテ


ドラフトニュース検索