ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

森下暢仁(明治大)、広島・ソフトB・オリックスの声

2019年06月18日

6/18、日刊スポーツ1面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

明大が6-1で佛教大(京滋)を破り1981年以来、38年ぶり6度目の優勝を果たした。ドラフト1位候補の森下暢仁投手(動画)が準々決勝に続く2試合連続完封こそ逃したが10三振を奪い1失点完投。胴上げ投手となった。

▼広島・苑田スカウト統括部長
「大学NO・1。本当に即戦力。この投球ならば、プロでも1軍のローテーションにも入れるんじゃないですか。フィールディングがいいのも魅力」

▼ソフトバンク・宮田スカウト
「これまでは150キロの球がシュート回転していた。それがなくなった。カットボールでも141キロ。チェンジアップもいい。リーグ戦以上の投球を全国大会で見せてくれた」

▼オリックス・由田スカウト
「球も全てにおいてレベルアップしているし、この春、主将になってから何より勝負強くなった。勝ちきれる投手になった。精神的な成長を感じます」


(6月17日 全日本大学野球選手権決勝 明大 6-1 佛教大)



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:50|この記事のURL│ │広島 | ソフトバンク

伊勢大夢(明治大)、広島が称賛「制球良くなった」

2019年06月17日

6/17、スポーツ報知7面より

伊勢 大夢 (明治大・投手)
181cm・右投右打・動画

躍動するサイド右腕が、試合の流れを引き寄せた。3回から2番手でマウンドに上がった明大・伊勢(動画)が、自己最速151キロをマークするなど、9回までの7回を1安打無失点、8奪三振の力投。「流れを変えようとスピードは意識しました」と力強い直球で相手打線を圧倒し、空気を変えた。

順延がプラスに働いた。雨で15日が中止となったことで、2日間試合があいた。「フォームを修正しました。足を上げて、ワンクッションがなかった。正直、明日(16日)先発だったらなと思っていた」。手応えは既につかんでいた。

今秋ドラフト候補に挙がりながら、不振の今春リーグ戦は先発ゼロ。「真っすぐが戻ってきた。自分らしいピッチングができました」と笑った。視察した広島・苑田スカウト統括部長も「だいたいで投げてたのが、狙ったところに80%ぐらい、いっていた。元々、球の力はありましたからね」と右腕の覚醒に目を細めた。

(6月16日 全日本大学野球選手権準決勝 明大 5-1 東農大北海道)



伊勢君のスカウト評はこちら

伊勢君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:06|この記事のURL│ │広島 

奥川恭伸(星稜)、中日「こういう投手そうはいない」

6/17、中日スポーツ9面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

中日などが今秋ドラフト1位候補に挙げる星稜の152キロ右腕、奥川恭伸投手(動画)が16日、愛知県春日井市の愛工大名電グラウンドで、同校との練習試合に先発。6イニングで8安打2失点したものの、毎回の12奪三振、直球は最速149キロをマークした。

自慢のスライダーがさえ渡った。大きく曲がり、低めに決まる奥川のウイニングショットに、愛工大名電打線のバットが次々に空を切った。6イニングで4連続を含む12奪三振。うち10個をスライダーなど変化球で奪った。昨夏の甲子園経験者が残る愛工大名電の鋭いスイングに、直球で空振りを奪えなかった。

「序盤はムキになった」というが、投球のリズムを変えたり、変化球でカウントを稼ぐことで対応した。「対処法を学べて、いい勉強になった。引き出しが増えた」。この日は早朝5時半に金沢を出発し、約3時間のバス移動。その影響もあってか、本来の出来ではなかったが、収穫はあった。

3人態勢で視察した中日・中田スカウトアドバイザーは「スライダーは天下一品。直球も普通に140キロ台後半が出る。こういう投手はそうはいない」と改めて高評価した。

直球は最速で149キロを計測。5回に1番・堀内に左中間に二塁打を打たれた146キロの直球は、金属バットの芯がへこんだほどの球威だった。「全てにおいて、レベルアップしないといけない」と奥川。来月12日の石川大会開幕まで1ヵ月を切り、仕上げの段階に入る。

(6月16日 練習試合 愛工大名電 4-1 星稜)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURL│ │中日 

1年生・田村俊介(愛工大名電)、3球団スカウト絶賛

6/17、スポーツ報知7面より

田村 俊介 (愛工大名電高・投手)
176cm・左投左打・動画

 愛工大名電の1年生エースで最速140キロ左腕の田村俊介(動画)が16日、星稜(石川)との練習試合に先発し、7回無失点でドラフト1位候補右腕・奥川恭伸との投げ合いを制した。

176センチ、88キロの15歳は7回4安打2四球で得点を許さず、5奪三振。「相手投手が注目されているので、投げ勝ってやろうと意識した」。最速137キロにスライダー、チェンジアップなど5種類の変化球を意のままに操り、北信越3季連続王者を翻弄。プロ3球団のスカウトに「1年生とは思えない完成度」「まだまだ伸びる」とうならせた。

明徳義塾中時代に軟式で140キロをマーク。京都生まれで「自分の人生は自分で決めたい」と愛工大名電に進んだ。倉野監督は「名電で1年生の夏に1番をつけるのは初めてかな。試合を作れて、怖いもの知らず」と工藤、イチローも背負ったエース番号を託した。

夏の愛知大会はノーシードで2回戦に春県Vの中部大第一が待つ。背番号1に「喜びの方が大きい。重圧は感じない」と田村。頼もしいルーキーが2年連続の甲子園切符に挑む。

(6月16日 練習試合 愛工大名電 4-1 星稜)



田村君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL│ │高校 

奥川恭伸(星稜)、阪神「さすがだね」と高評価

6/17、デイリースポーツ6面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

今秋ドラフト1位候補の星稜・奥川恭伸投手(動画)が愛工大名電との練習試合に登板し、6回8安打2失点。本調子ではなかったが、12奪三振、最速149キロを連発し、仕上がりの良さを見せた。これには阪神・筒井スカウトも「さすがだね」と高評価

奥川は「良くない中でもつかめた部分があった。夏を見据えて調整していきたい」と敗戦にも手応えを口にした。

(6月16日 練習試合 愛工大名電 4-1 星稜)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL│ │阪神 


ドラフトニュース検索