ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

柿木蓮(大阪桐蔭)、ドラ1の12人に入る可能性

2018年08月15日

8/15、夕刊フジ終面より

柿木 蓮 (大阪桐蔭高・投手)
183cm・右投右打・動画

9回に登板し、今大会の最速となる151キロをマークするなど1回無失点に抑えた右腕、大阪桐蔭・柿木蓮(動画)も急速に評価を高めている。

パ・リーグ球団幹部は「昨年まではばらつきがあったが、意図するところと実際の投球が一致してきた。今年は高校生の投手が少ない傾向にあるから、秋の大学生の動向次第では(ドラフト1位の)12人に入るかもしれない」

過去に大学では同一チームから3人が1位指名されたことが5度あったが、仮に根尾、藤原、柿木が1位指名されれば、高校では史上初の快挙となる。



柿木君のスカウト評は
こちら

柿木君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:03|この記事のURL│ │高校 

野村佑希(花咲徳栄)、進路未定も広島・西武ら評価

8/15、サンケイスポーツ2面より

野村 佑希 (花咲徳栄高・三塁手)
185cm・右投右打・動画

史上7校目の大会連覇を狙った花咲徳栄は、2回戦で横浜に6-8で敗れ、夢がついえた。九回二死満塁、7番・井上朋也外野手が空振り三振で試合終了。号泣の井上を励ますエース、野村佑希投手(動画)の瞳からも涙がこぼれた。

「甲子園は自分を成長させてくれた場所。(連覇の)重圧はすごかったが、また甲子園に帰ってきて、粘れて最後はチームが一つになって終われた」。野村は横浜打線に集中打を浴びて、四回途中7失点で降板。だが、プロ注目の打撃では、六回無死一塁で左翼席に飛び込む2試合連発の2ランを放つなど、最後の夏も持ち味を発揮した。

偉業は達成できなかった。岩井隆監督はナインをねぎらい、「点差が離れてもウチらしい粘りで戦ってくれた。この夏へ向け、ただ一人、優勝経験の野村を1年かけて鍛えてきた。次のステージに生きると思う」と4番打者の未来に期待した。

昨秋は「4番」、冬には「主将」、春から「エース兼4番」と常に刺激を与え続けられてきた野村は、右の強打者として広島、西武などプロから評価が高い。「進路は決まっていないが、将来的にはプロになりたい」と野村。明言は避けたが、今秋のドラフトで再び表舞台に戻ってくる。

(8月14日 夏の甲子園2回戦 横浜 8-6 花咲徳栄)



野村君のスカウト評はこちら

野村君のバッティング動画は
こちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │西武 | 広島

中川卓也&山田健太(大阪桐蔭)、大学進学濃厚

8/15、夕刊フジ終面より
背番号10の190センチ左腕、横川凱投手(動画)もドラフト指名の可能性を秘めているが、現状の評価でプロ志望届を出せば、下位指名の可能性が高い。

主将の中川卓也(動画)山田健太両内野手(動画)もプロから注目されているが、現時点では2人とも東京六大学への進学が濃厚だ。根尾をはじめ空前のドラフト候補を抱える大阪桐蔭が、第100回の節目を自分たちの大会にするだろうか。




2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │大学 

中日、根尾(大阪桐蔭)に本気モードの12人態勢

2018年08月14日

8/14、中日スポーツ1面より 

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

史上初2度目の春夏連覇に挑む大阪桐蔭が、沖学園に10-4で勝ち、3回戦に進出した。中日がドラフト1位候補に挙げる根尾昂遊撃手(動画)は5番・投手で出場し、7回にバックスクリーンに飛び込む甲子園初ホームランを放った。中日スカウト陣は、例年なら視察しない2戦目を異例の12人態勢でチェック。改めてホレ直した。

異例の視察が高い評価を物語っていた。中日スカウト陣は、例年なら全チームが出そろった12日を最後に解散するが、この日は松永編成部長、中田スカウトディレクター(SD)、米村チーフスカウトら全12人が初戦に続き甲子園に姿を見せた。

大阪桐蔭の試合が翌日の第1試合だったこともあるが、1大会で2度の視察は異例中の異例だ。プロ全体で11球団40人ほどのスカウト陣のなかで、異彩を放った。

松永編成部長は「甘い球を一発で仕留めた。強引に行かず、センター中心に打っていた」とクレバーは打撃を評価。さらにマウンドでは、バックアップなどのチームプレーを忠実にこなしていた点も見逃さなかった。米村チーフは「犠牲心があり、1点を守って勝つウチのスタイルに合う。パズルにはまる選手だと思う」とホレ込んだ。

12日のスカウト会議ではチームメートの藤原、報徳学園・小園らとともに、1位候補の1人に根尾の名前が挙がった。広角に打ち分ける長打力、投手として最速148キロを計測する強肩、50メートル走6秒1の俊足を買い、現時点では大島の後継者の外野手と評価している。

だが、中田SDは「初戦を見たら打球への反応が良くなっている。ショートとしてもトップクラス」と指摘。京田と競わせる可能性もある。地元重視を打ち出した今年、岐阜県飛騨市出身の根尾は方針にも合致する。秋のシーズンが始まる大学、社会人候補とともに、最後まで熟考を重ねる。

(8月13日 夏の甲子園2回戦 大阪桐蔭 10-4 沖学園)



根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 13:40|この記事のURL│ │中日 

根尾&藤原(大阪桐蔭)、ヤクルト・中日などの声

8/14、スポーツニッポン3面より
異例のおかわり視察だ。大阪桐蔭のドラ1候補コンビ・根尾(動画)藤原(動画)の2戦目に11球団40人超のスカウトや編成担当者が集結した。通常は出場全56校が出そろった段階で視察はひと区切りでも、各球団は金の卵に再び熱い視線を向けた。

阪神は佐野統括スカウト以下、5人態勢で視察。担当の阪神・畑山チーフアマスカウトは「2試合を通じて、潜在能力と大舞台で力を発揮する能力をまざまざと見せつけた。2人は凄い」と賛辞を贈った。

中日・中田スカウトディレクターは「藤原も根尾も打って投げてという選手としての基本は当然として、バックアップやカバーリングが素晴らしい。センスを感じたし、判断もいい」と高く評価。

DeNA・吉田スカウト部長は「根尾はやっぱりスター」とうなった。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「根尾は投手としても十分力はある。投手と野手、2倍練習している中でこれだけやれるのは、やはり本物。今日まで残って良かった」と収穫を強調した。

(8月13日 夏の甲子園2回戦 大阪桐蔭 10-4 沖学園)



根尾君(大阪桐蔭)のスカウト評はこちら

藤原君(大阪桐蔭)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 11:36|この記事のURL│ │中日 | ヤクルト

ドラフトニュース検索