ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

早実・清宮フィーバー、巨人―広島戦の視聴率上回る

2017年05月27日

5/27、サンケイスポーツ終面「球界ここだけの話」より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

熊本市の藤崎台県営野球場が、プロ野球のような熱気にあふれていた。プロ注目の清宮幸太郎内野手(動画)擁する早実(東京)と、今春のセンバツで4強入りした秀岳館(熊本)が対戦した14日の「RKK招待高校野球」。

観衆は7000人と前日13日に行われたプロ野球のソフトバンク-楽天戦の1万2922人には及ばなかったが、早実ナインがバスに乗り込む際には、出待ちのファンが殺到し、カメラやスマートフォンを構えて、清宮らを見送った。

招待高校野球を後援する、地元のRKK熊本放送が46年の歴史で「おそらく初めて」というテレビ中継を実施。午後1時から録画中継を行った。視聴率は5・8%で同局が目標としていた2桁には届かなかったが、13日の同時刻に放送されたプロ野球広島-巨人戦の4・3%を上回る数字をマークしたという。

八代市の県営八代野球場で早実が第1試合で文徳、第2試合では八代と対戦した13日は、同球場で7日に行われたウエスタン・リーグ、ソフトバンク-広島戦の3090人を上回る3500人が詰めかけ、高校野球では初めて外野席が開放された。

八代市は熊本市内から車で1時間ほどかかり、熊本県の高野連関係者が「八代でこんなに人が来たのは初めて」と驚きの声を上げていた。大声援に応えるように、清宮も高校通算93号となる右中間場外へ推定飛距離135メートルの特大弾を放ち、「こういう場を設けてくれて、感謝しています。一発出たのは、ほっとしています」とコメントを残した。

清宮は授業後の12日夜に熊本入り。14日の昼過ぎには帰京し、家族旅行で訪れたことのある熊本城や阿蘇山に足を運ぶことはできなかったが、「来てよかったです」と感慨深げだった。昨年4月の震災から復興に向けて歩みを進める熊本を活気づけた2日間だった。




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL高校 

あのドラフト選手は今、マック鈴木(ドラフト2巡目)

2017年05月26日

週プレ 6月5日号より

2002オリックスドラフト2巡目 鈴木誠(マック鈴木)
前ロイヤルズ・投手・27歳

元メジャーリーガーで、現在は解説者としても活躍中のマック鈴木氏(2002オリックス2巡目)がプロデュースする風変わりな野球教室が4月にオープンした。なんでも準備運動を含めたすべてのレッスンが英語で行われる英語野球教室なのだとか。

「普通の野球教室は以前もやっていましたが、同時に英語も身につけられるスクールをぜひやりたいと以前から思っていたんです」(マック氏)

定員は1レッスン最大20名。下は5歳から10歳までで、毎週月曜日に1コマ1時間の枠で開講。東京都足立区東伊興にある屋内練習場施設で行われ、授業料は月1万2000円だという。

早速、記者もレッスンを見学させてもらったが、コーチ陣はマック氏のほかにも、米国や欧州でプロ野球経験がある、いわばネイティブレベルの英語を操るスタッフばかり。

「OK! Let's try!」。そんなコーチのかけ声に、10名ほどの子供たちが構え、ゴロを捕球してはネットに投げ込む。うまくいけば拍手で褒められ、外せば腕立て伏せが待っている。とはいえ、罰という雰囲気は皆無で、みんな大笑いしながらやっている。

インストラクターの呼びかけはすべて英語で、BGMはメジャーの球場でよく聞かれる「Take Me Out to the Ball Game」と、まさにアメリカの野球スクールがそのままやって来た感じだ。マック鈴木氏が言う。

「5、6歳くらいは野球未経験の子も多いんです。そういう子たちはまず捕って投げる基本動作から教える。遊び感覚で、楽しみながらですね」

ここでは、日本流のシートノックやティー打撃のようなルーティン化された練習はなく、カリキュラムには英会話の時間も盛り込まれ、MLBに関する質疑もあるという。

「日本人はどうしても英語を頭の中で考え、理解して話そうとしてしまう。それを感覚で聞き、話せるようになってもらえれば、と思ってます」

野球と同時に英語を学ぶというユニークな発想は、マック氏自身の体験から来るものだという。

「僕は幸いにもメジャーまで行きましたが、それよりも20年間のアメリカ生活で英語を身につけたことのほうが人生の財産になっている気がする。この子たちも、英語を身につけることで、少しでも人生の選択肢を広げることになれば。野球はそのための入り口にすぎません。ゆくゆくは全国展開も目指しています」

残念ながら大人は対象外。大人にも人気が出そうだが。




下は2002ドラフトでオリックスが指名した選手です。鈴木誠(マック鈴木)は2巡目で指名され入団。プロでの成績はこちら

オリックスの2002ドラフト指名選手
自由枠加藤 大輔神奈川大投手
自由枠(行使せず)
1巡目(指名権なし)
2巡目鈴木 誠前ロイヤルズ投手
3巡目(指名権なし)
4巡目前田 大輔神戸製鋼捕手
5巡目菊池 俊夫仙台育英高投手
6巡目長田 勝神港学園高捕手
7巡目塩屋 大輔元米独立リーグ投手
8巡目中島 俊哉九州国際大外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:27|この記事のURLあのドラフト選手は今・・・ 

田嶋大樹(JR東日本)に9球団、巨人「12人に入る」

5/26、日刊スポーツ4面より

田嶋 大樹 (JR東日本・投手)
180cm・左投左打・動画

都市対抗東京都第1代表決定トーナメント準決勝が25日、東京・大田スタジアムで行われ、ドラフト上位候補で最速152キロ左腕のJR東日本・田嶋大樹投手(動画)がセガサミー戦で9安打、1失点完投勝利を収めた。9球団のスカウトが視察する中、最速147キロを出し9奪三振。

3日間で300球を投げた田嶋は「中1日の完投はほぼ初めてです。投げるスタミナがついてきました」と29日のNTT東日本との決勝を見据えた。巨人・岡崎スカウト部長は「真っすぐがいい。12人に入るのでは」と評した。

(5月25日 都市対抗東京予選 JR東日本 5―1 セガサミー)




田嶋君のピッチング動画はこちら

田嶋君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:08|この記事のURL巨人 

田嶋大樹(JR東日本)、ヤクルト「丈夫さ・球の力ある」

5/26、サンケイスポーツ6面より

田嶋 大樹 (JR東日本・投手)
180cm・左投左打・動画

JR東日本が25日、都市対抗の東京第1代表決定トーナメント準決勝(対セガサミー)に5―1で快勝。最速152キロ左腕・田嶋(動画)が9三振を奪い、9安打1失点で完投した。23日の1回戦でも完投勝利を挙げたドラフト候補は「貢献できて満足」と笑顔。

プロ9球団が視察し、ヤクルト・小川SDは「中1日でこれだけ投げられる丈夫さと球の力がある。(ドラフトの)上位候補」と評価した。

(5月25日 都市対抗東京予選 JR東日本 5―1 セガサミー)




田嶋君のピッチング動画はこちら

田嶋君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:06|この記事のURLヤクルト 

阪神がスカウト会議、高校生候補について話し合い

5/26、サンケイスポーツ2面より
阪神は25日、西宮市内の甲子園クラブハウス内でスカウト会議を開いた。佐野仙好統括スカウトらを中心に、およそ2時間、高校、大学、社会人合わせてリストアップした選手を150人にまで絞り込んだ。

球団関係者の話によると、主な話題は高校生。ドラフト1位最有力候補に挙げている早実高・清宮幸太郎内野手(動画)履正社高・安田尚憲内野手(動画)らを中心に夏の地方大会視察の戦略などを練ったもよう。

draftkaigi at 07:05|この記事のURL阪神 

ドラフトニュース検索