ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ソフトB育成1位・尾形崇斗、速さよりキレ求める

2017年11月24日

11/24、スポーツ報知websiteより (source)

2017ソフトB(育成)1位 尾形崇斗
学法石川高・投手・動画

ソフトバンクから育成1位指名された学法石川(福島)の尾形崇斗投手(動画)が23日、地元の宮城・仙台市内で入団交渉を行い、支度金300万円、年俸360万円(金額は推定)で契約合意した。持ち味の直球に“速さよりキレ”を求め、まずは支配下選手登録へ実力をつける。

見た目に惑わされない。150キロを出したこともある直球を持ちながら、尾形は「球が速いのは当然で、どういう球を投げるか。分かっていても打てない直球を投げたい」。意識する数字は、球速よりも回転数だ。回転数が多いと初速と終速の差が小さく、球のキレや伸びにつながるとされ、最近は測定できる機器を設置する球団も増えている。

一度も測ったことがない尾形だが「(回転数は)指先だけじゃなく、下半身から体全体を鍛えて上げる」。現在は走り込みなどで全身をバランスよく鍛えるとともに、一瞬で最大の力が出せるよう、負荷の重いウェートトレにも取り組んでいる。

「ここで力をつけてトップレベルの選手になる、とずっと思っていた」と尾形。国内トップ級の楽天・則本昂大投手のように、多いときは1分間で2500を超える回転数の直球を身につけ、支配下登録を勝ち取る。



下は2017ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。育成1位・尾形君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×安田 尚憲  
×馬場 皐輔  
1位吉住 晴斗鶴岡東高投手
2位高橋 礼専修大投手
3位増田 珠 横浜高外野手
4位椎野 新国士館大投手
5位田浦 文丸秀岳館高投手
育1尾形 崇斗 学法石川高投手
育2周東 佑京東農大北海道内野手
育3砂川 リチャード沖縄尚学高内野手
育4大竹 耕太郎 早稲田大投手
育5日暮 矢麻人 立花学園高外野手
育6渡辺 雄大BCリーグ新潟投手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 10:52|この記事のURL│ │ソフトバンク 

門叶直己(瀬戸内)、広島ドラ1にひけ取らない

デイリースポーツ7面「週刊デイリー高校野球」より

門叶 直己 (瀬戸内高・外野手)
183cm・右投右打・動画

描くきれいな放物線と圧倒的な飛距離で見ている者を魅了した。瀬戸内・門叶(動画)の打席に立つ姿勢から、伝わってくるアーチストとしての存在感。次世代を担うスラッガーとしての雰囲気を漂わせる。強烈なインパクトを残したのは、秋季中国大会の米子松蔭との1回戦だ。1試合で4本塁打と圧巻のアーチショーだった。

まず三回1死一塁から左翼席へ2ラン。四回は左翼席を越える場外本塁打で、観客の度肝を抜いた。九回はバックスクリーンへ2ランを叩き込むと、期待を背負いながら向かったこの回2度目の打席で、左翼手が打球を追うのも諦める豪快弾を放った。

今夏から4番に座る門叶。身長183センチ、体重90キロのがっちりした体格から繰り出される長打力は、夏の甲子園で大会記録の6本塁打をマークした広島1位指名の中村奨成(広陵)にもひけを取らない。その中村には憧れの気持ちがありつつも、「同じ広島なので、負けていられない」とライバル心もある。

「甲子園に行って、中村さんの記録を超えられるように頑張りたい」。テレビを見ながら衝撃を受けた同郷選手の活躍。夢舞台で躍進する青写真を描いて高い目標を掲げた。

1年時から一冬を越して着実に成長した姿を見せつけた。球場周辺のランニングコースや約170段の階段、坂道ダッシュで下半身を強化。素振りやティー打撃でスイングの力強さを身につけた。

また、一昨年秋から取り入れた「食トレ」も成長を促す要因の一つとなっている。寮生は朝食に白ご飯800グラム、夕食では1.2キロをノルマに課せられている。長谷川監督は「体ができると体力が違う。食べる体力があるということは動く体力があるということ」と話した。

中国大会の準決勝で、おかやま山陽(岡山)に4―7で敗退した。門叶は3打数2安打、3打点と快音を響かせたが、あと一歩届かず。来春の甲子園出場へ当確ランプをともすことはできなかったが、中国地区3校目の枠に入る可能性は高い。試合後は「切り替えて、冬に一回り大きくなる」と前を向き、鍛錬の日々を送っている。

まだまだ伸び盛りの大砲。さらなる成長を遂げ、全国の晴れ舞台でその力を披露する機会が訪れることを願いながら待つ。
 


門叶君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:00|この記事のURL│ │高校 

巨人、ふられまくりで補強全敗の危機

11/23、日刊ゲンダイ25面より

2008西武ドラフト2位 野上亮磨
日産自動車・投手

今季Bクラス4位に沈んだ巨人が、オフの補強でも苦戦を強いられている。FA戦線では日本ハムの抑えを務めた増井浩俊に加え、今季11勝(10敗)を挙げた西武の野上亮磨が新たに浮上。残留交渉の難航が伝えられる14勝(8敗)のマイコラスのメジャー流出に備え、代役として白羽の矢が立った格好だ。さる球界関係者がこう言う。

「当初、増井は巨人で決まりとみられていた。それが、日本ハム残留の線が出てきたうえ、オリックスと中日などが次々と参戦。争奪戦になり、雲行きが変わってきた。巨人としては、老川オーナーが補強宣言をしたばかり。確実に来てくれると思っていた増井に逃げられたらタイミングも悪い。念のために野上にも声を掛け、FA補強ゼロという事態にならないよう手を打つということでしょう」

さらにまずい状況なのは外国人補強である。このオフの最も重要な補強ポイントは、「4番を張れる大砲」の獲得で、ヤクルトのバレンティン中日のゲレーロの獲得調査を進めていた。しかし、本命視されていたバレンティンがヤクルトに残留すると21日付のスポーツ報知が報じたのだ。

「巨人は今季20本塁打以上の打者がゼロというスラッガー不在の事態。今季のセ・リーグの本塁打王・ゲレーロは、中日の森監督が米国で直接交渉に乗り出しているともっぱらで、残留の可能性がささやかれ始めた。それだけに、バレンティンは確実に仕留めたかったところ。先月に帰国する際は『来季は勝てるチームでプレーしたい』と話していて、流出かと思われたが、ヤクルトの小川監督―宮本ヘッドコーチらの新体制が残留を強く要望。今季年俸の3億3000万円の現状維持を提示したというから、巨人も想定外だったのではないか」(前出の関係者)

今季単年契約だったバレンティンは125試合で打率・254、32本塁打、80打点。緩慢な守備面などが指摘されるが、なんといっても2013年にプロ野球記録の60本塁打をマークした有数の長距離砲で人気者でもある。来季の打線の核としたかった巨人陣営の失望ぶりは推して知るべしである。 助っ人を取り逃がし、FA補強も後手に回る。ヘタをすれば、「補強全敗」の可能性もありそうだ。



下は2008ドラフトで西武が指名した選手です。野上亮磨は2位指名され入団。プロでの成績はこちら

西武の2008ドラフト指名選手
1位 中崎 雄太 日南学園高 投手
2位 野上 亮磨 日産自動車 投手
3位 浅村 栄斗 大阪桐蔭高 内野手
4位 坂田 遼 函館大 外野手
5位 岳野 竜也 福岡大 捕手
6位 宮田 和希 甲賀専門学校 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:09|この記事のURL│ │巨人 

強制性交事件、一二三慎太容疑者が弁護人を選任

11/24、デイリースポーツ2面より

2010阪神ドラフト2位 一二三慎太
東海大相模高・投手・スカウト評

独立リーグのルートインBCリーグ石川ミリオンスターズは23日、練習生として所属する一二三慎太投手(2010阪神2位)が強制性交の疑いで沖縄県警に逮捕されたことを受け、代表取締役の端保聡社長が球団ホームページに文書で現状を報告した。

「本件当時、選手は沖縄県において自主トレ中であり、球団としましても、現在、事実関係の確認を進めておりますところ、本件について選手において弁護人を選任した旨の情報を入手しております。球団としましては、事案の性質を踏まえ、慎重に対応していく所存です」とした。



下は2010ドラフトで阪神が指名した選手です。一二三慎太は2位指名され入団。高校時代のスカウト評はこちら

阪神の2010ドラフト指名選手
× 大石 達也    
1位 榎田 大樹 東京ガス 投手
2位 一二三 慎太 東海大相模高 投手
3位 中谷 将大 福岡工大城東高 捕手
4位 岩本 輝 南陽工高 投手
5位 荒木 郁也 明治大 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:04|この記事のURL│ │ドラフト犯罪・逮捕 

西武ドラ5・与座海人、制球力と球のキレは即戦力

琉球新報websiteより (source)

2017西武ドラフト5位 与座海人
岐阜経済大・投手・動画

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で、埼玉西武ライオンズからドラフト5位で指名された岐阜経済大4年の與座海人(動画)が22日、入団交渉に臨み、合意した。契約金や年俸は非公開。背番号は12月7日の入団発表会見で披露される。

同日、岐阜県の大垣フォーラムホテルで、埼玉西武ライオンズの安達俊也育成・アマチュア担当と会見を開いた與座は「1年目から期待に応えられるような投球をしたい」と抱負を述べた。

與座は右の下手投げ。最速132キロの直球とスライダー、シンカーなどを織り交ぜる投球が持ち味だ。緩急をつけ、コースを丁寧につく。取材陣から対戦したい選手を聞かれると、與座は日本ハムからドラフト1位指名された東京・早稲田実業高の清宮幸太郎の名前を挙げ「自分の持っているものを出して打ち取りたい」と意欲を見せた。

安達育成・アマチュア担当は與座について「抜群のコントロールと球のキレはプロでも通用すると思う。辻発彦監督からも『先発、中継ぎとしてフル回転し1軍でライオンズのために活躍してほしい』とメッセージがあった」と期待を寄せた。

会見に同席した岐阜経済大学野球部の小森茂監督は「じっくり体をつくって長く選手生活を送ってほしい。日本球界を代表するアンダースロー投手になって、日の丸をつけて国際大会に出てほしい」と語った。どのような選手になりたいか尋ねられた與座は「どこのポジションでも与えられた場所で自分の仕事をして、勝てる投手になりたい。沖縄の人の応援してくれる思いも背負って頑張りたい」と拳を握った。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。5位指名・与座君のスカウト評はこちら

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │西武 

ドラフトニュース検索