ドラフト会議
情報局
2018ドラフト
高校生の候補
2018ドラフト
大学生の候補
2018ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
12球団情報
まとめ
ホームに
もどる

2017夏の甲子園、鹿児島大会の展望&注目選手

2017年06月18日

西日本スポーツの鹿児島大会展望
春の九州大会決勝で対戦した神村学園と鹿児島実が優勝争いの中心になりそうだ。九州大会を制した神村学園は左腕・俵森を中心に投手層が厚い。準優勝の鹿児島実は4番・枦山を中心に得点力は高い。好投手を擁する鹿児島城西が2校に続く。昨夏代表の樟南、春の県大会4強の大島も優勝争いに絡んできそう。昨秋の九州大会ベスト8のれいめいのほか、徳之島池田などもダークホースになりそうだ。

鹿児島大会の日程=7月1日~7月17日
鹿児島大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツ報知の鹿児島大会展望
今春の県大会と九州大会を制した神村学園は、青柳、俵森、中里の投手陣を中心に総合力が高い。同じく県・九州ともに準優勝の鹿児島実も、エース・渡辺を軸に粘り強い戦いが持ち味で、この2校が中心となりそうだ。追うのは昨秋県大会優勝のれいめい、今春4強の樟南、NHK杯準優勝の鹿児島城西。昨秋4強入りした武岡台、今春4強の大島にも注目したい。

鹿児島大会の日程=7月1日~7月17日
鹿児島大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



下は鹿児島県のドラフト出身校ランキングです。

1位 鹿児島実(17人)
2位 樟南(14人)
3位 鹿児島商(7人)
4位 鹿児島城西(6人)
5位 れいめい(4人)
6位 川内(3人)
6位 鹿児島(3人)
6位 喜界(3人)
6位 鹿児島工(3人)
6位 鹿屋中央(3人)

鹿児島県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 09:02|この記事のURL高校野球地方大会展望 

2017夏の甲子園、島根大会の展望&注目選手

スポーツ報知の島根大会展望
豊富な戦力を誇る春季大会王者の石見智翠館が、2年ぶりの聖地に返り咲くか。2年前に1年夏に甲子園を経験した安藤、140キロ超の直球で押す小立との右腕2枚看板は強力。昨秋優勝で春3位の益田東は、小刻みな継投で安定した戦いができる。大東は最速142キロ右腕・川角の出来が鍵。秋4位の大田の187センチ左腕・帯刀にも注目。

島根大会の日程=7月15日~7月26日
島根大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツニッポンの島根大会展望
春の県大会を制し投打に充実する石見智翠館が有力。石見智翠館とともに春の中国大会出場の大社益田東浜田が追う。特に益田東は中国大会を制覇した鳥取城北に初戦で敗れたが、終盤まで接戦を演じた粘りが身上。立正大淞南、昨夏代表の出雲開星などが逆転を狙う。

島根大会の日程=7月15日~7月26日
島根大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



下は島根県のドラフト出身校ランキングです。

1位 浜田(9人)
2位 石見智翠館(6人)
3位 邇摩(4人)
3位 開星(4人)

島根県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 08:48|この記事のURL高校野球地方大会展望 

2017夏の甲子園、愛知大会の展望&注目選手

スポーツ報知の愛知大会展望
昨秋覇者の中京大中京、春の東海王者・至学館が中心。中京大中京高校通算50発超の鵜飼(動画)に、最速140キロ以上の3投手と個々の能力が高い。至学館は小技に足を絡めた攻撃と緻密な継投が光る。春準優勝の東邦も2連覇は射程内。昨秋準Vの桜丘、同4強の享栄は好右腕が流れを呼ぶ。

愛知大会の日程=7月1日~7月28日
愛知大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツニッポンの愛知大会展望
センバツ出場し春の東海大会を制した至学館が優勢だ。投手は右の新美、左の川口が軸。機動力を絡めた攻撃も健在だ。高校日本代表1次候補に選出された鵜飼(動画)、伊藤康を擁する中京大中京は打線が強力。春の県大会準Vの東邦栄徳も力を秘める。ノーシードの愛工大名電享栄は不気味な存在。

愛知大会の日程=7月1日~7月28日
愛知大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



下は愛知県のドラフト出身校ランキングです。

1位 中京大中京(42人)
2位 愛工大名電(25人)
3位 東邦(20人)
3位 享栄(20人)
5位 愛知(8人)
6位 豊川(7人)
7位 杜若(6人)
8位 豊田大谷(5人)
9位 国府(4人)
9位 大府(4人)

愛知県の高校からドラフト指名された選手一覧は
こちら

draftkaigi at 08:34|この記事のURL高校野球地方大会展望 

2017夏の甲子園、新潟大会の展望&注目選手

スポーツニッポンの新潟大会展望
今春県大会優勝の日本文理中越が軸となる。実力はきっ抗するが、日本文理は強力打線を擁し一歩リードか。新潟明訓関根学園もあなどれない。県大会上位校以外にも佐渡1メートル85右腕・菊地(スカウト評)糸魚川白嶺三拍子ろそった遊撃手・綱島(スカウト評)ドラフト候補がいる公立校にも注目だ。

新潟大会の日程=7月7日~7月23日
新潟大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツ報知の新潟大会展望
昨秋、今春と圧倒的な強さを見せ、2季連続で県大会を制した日本文理が最右翼。09年夏準Vへと導いた大井監督が今夏限りで勇退するため、有終の美へ一丸となって戦う。2年連続出場を目指す中越、春県4強の新潟明訓関根学園にも勝機。佐渡プロ注目右腕・菊地(スカウト評)がどこまで成長しているかも楽しみだ。

新潟大会の日程=7月7日~7月23日
新潟大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



下は新潟県のドラフト出身校ランキングです。

1位 日本文理(5人)
2位 中越(3人)
2位 新発田農(3人)
2位 新潟明訓(3人)

新潟県の高校からドラフト指名された選手一覧は
こちら

draftkaigi at 08:14|この記事のURL高校野球地方大会展望 

2017夏の甲子園、東東京大会の展望&注目選手

スポーツ報知の東東京大会展望
混戦模様だが、3連覇を狙う関東第一、春都4強の帝京が上位。関東第一最速146キロ右腕・高橋晴(スカウト評)の出来が鍵を握る。帝京は1番・佐々木をはじめパンチ力のある打者がそろう。二松学舎大付も打線は引けを取らない。春8強の東京実、好投手を擁する東海大高輪台城西も注目。

東東京大会の日程=7月8日~7月29日
東東京大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


デイリースポーツの東東京大会展望
近年にない混戦ムード。東東京勢で唯一春4強の帝京は強力打線に加え、粘り強さがある。関東第一高橋(スカウト評)、小川の両右腕がともに主軸も担うチームの中心。高校通算40発超の永井ら力のある選手がそろう二松学舎大付もV圏内だ。プロ注目右腕コンビを擁する東海大高輪台、好投手がいる城西、機動力野球の東京実、都立の雄・城東などが続く。

東東京大会の日程=7月8日~7月29日
東東京大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



下は東京都のドラフト出身校ランキングです。

1位 帝京(28人)
2位 日大三(21人)
3位 早稲田実(14人)
4位 関東第一(12人)
5位 修徳(10人)
5位 国士舘(10人)
7位 日大一(9人)
7位 創価(9人)
9位 堀越(8人)
9位 二松学舎大付(8人)

東京都の高校からドラフト指名された選手一覧は
こちら

draftkaigi at 07:52|この記事のURL高校野球地方大会展望 

ドラフトニュース検索