ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ドラフト3度指名漏れの谷田成吾が引退

2018年12月10日

12/10、スポニチwebsiteより (source)

谷田 成吾(徳島インディゴソックス・内野手)
183cm・右投左打・動画

「高橋由伸2世」と呼ばれた男は、スーツ姿で就職活動の毎日だ。「企業の方にお話をうかがったり、OBに相談したり、1日2、3人と会っています」。

アマ球界のエリート街道を歩んできた谷田。しかし、ドラフト会議では、慶大4年の15年、社会人のJX-ENEOS2年目の17年、そして四国アイランドリーグplusの徳島に在籍した今年と、3度とも声が掛からなかった。

「今年が最後と決めていたし、可能性が低いことは分かっていた」。
上位指名確実と言われながら指名漏れした3年前とは「気持ちも全然違う」という。ユニホームを脱ぐ覚悟はできていた。

だから、現役最後の試合も楽しむことができた。10月16日。宮崎でのフェニックス・リーグに四国IL選抜の一員として西武戦に出場した谷田は、第1打席で右中間三塁打を放つと、第3打席では1軍でも実績ある高木勇からバックスクリーンに本塁打を叩き込んだ。

「チームメートも引退試合のように盛り上げてくれて、一生、心に残る試合。早慶戦で優勝を決めた本塁打と同じくらい幸せな瞬間でした」。観衆30人の前で放った1本は、特別なものになった。

谷田は今年3月、JX-ENEOSを退社。単身渡米し、MLB球団とのマイナー契約を目指した。しかし、契約には至らず、2カ月で帰国。無謀な挑戦に否定的な声もあったが、後悔はない。

「余計なプライドは捨て、自分が正しいと思った方向に進む。迷いや引っかかることもあるけど、そういうのはいらないことが今回の挑戦で分かった。これからも目標を見つけたら、そういうふうに生きたい」。プロ入りの夢はかなわなかったが、第二の人生を歩む上での道しるべができた。

慶大の偉大な先輩と比較され、常に付きまとった「高橋由伸2世」という形容詞。「自分ではそう思ったこともないし、ダメな時はその名前のことで、つらい思いもした。でも、由伸2世で自分を知ってもらえたのも事実だし、それで声を掛けてくれた企業もあります。もう少し使わせてもらいます」と笑う。

現在、スポーツに関わるビジネスの仕事から野球とは無縁の一般企業まで、幅広く話を聞いており「年内には決めたい」と言う。「高橋由伸2世」の看板を下ろすのは、もう少し先になりそうだ。


下は谷田君の動画です。



draftkaigi at 13:05|この記事のURL│ │独立リーグ 

大阪桐蔭の歴代ナンバー1野手は浅村栄斗(楽天)

12/10、日刊ゲンダイ39面「小倉清一郎の鬼の秘伝書」より

2008西武ドラフト3位 浅村栄斗
大阪桐蔭高・内野手

このオフはプロ野球の移籍市場が盛り上がっている。FAで広島から巨人へ移籍した丸佳浩(2007広島3巡目)の千葉経大付高時代を思い出す。横浜高の部長時代、丸が2年生だった2006年夏の甲子園に共に出場。千葉経大付が優勝した2年秋の関東大会も見た。

通算49本塁打といっても、当時はタイミングを取るのがうまい打者という印象。投手としては肩が強い野手が投げている感じだった。それが広島で2年連続MVPを取るような選手になるとは、思いもしなかった。

丸と同じくFAで西武から楽天に移籍する浅村栄斗(2008西武3位)の方が印象が強い。08年夏の甲子園準決勝で対戦し、いいようにやられたからよく覚えている。横浜には2年生の4番・筒香(DeNA)がいた。1番・遊撃で出場した浅村はこの試合で5打数3安打3得点。通算22発ながら、長打力があって広角に打てる。足も速い。

ただ、それより目を奪われたのは遊撃の守備力だ。フットワーク、守備範囲はもちろん、何より肩が強い。三遊間へ飛んだヒットコースの打球に追いついたと思ったら、そこから一塁へ矢のような送球で打者走者を刺した。

4-9で敗れた試合後、大阪桐蔭の西谷監督に「あの浅村ってショートはいい選手だな」と言った。すると「そうでしょう? 小倉さんもそう思いますか?」とうれしそうに話していたのを思い出す。大阪桐蔭は平田(中日)、中田(日本ハム)、森(西武)らプロ野球に多くの野手を送り出している。私が見る限り、その中でも歴代ナンバーワンは浅村だ。

ポスティングで西武からメジャー挑戦を表明している菊池雄星(2009西武1位)も印象深い。高3の5月、同い年の筒香は大不振にあえいでいた。詰まった打球の凡打を繰り返し、苦しんでいる頃、センバツ準優勝校の花巻東と練習試合を行った。

相手投手はドラフト1位候補の菊池。筒香はこの時40度近い熱があり、直前まで病院で点滴を打っていたが、菊池と対戦できるまたとない機会。「せっかくだから打ってみるか?」と打席に立たせると、右翼後方のネットに突き刺す本塁打を放った。2打席を終えると、試合会場の横須賀市・ベイスターズ球場からタクシーで寮へ帰らせた。

それから夏までの約1カ月半で20発を量産。一流同士、共鳴し合ったのか。筒香を復活させたのは紛れもなく菊池だ。150キロ近い直球とスライダーのキレは、私が見た歴代左腕の中でトップクラスである。

ドラフト1位の菊池、筒香はともかく、丸も浅村も3位で入団。丸はよく指名したと思うが、浅村はもっと上位でいい選手だ。それほど浅村は高校時代から際立っていた。


上の記事は松坂大輔の育ての親として有名な小倉清一郎氏が書いたものです。


下は2008ドラフトで西武が指名した選手です。浅村栄斗は3位指名され入団。プロでの成績はこちら

西武の2008ドラフト指名選手
1位 中崎 雄太 日南学園高 投手
2位 野上 亮磨 日産自動車 投手
3位 浅村 栄斗 大阪桐蔭高 内野手
4位 坂田 遼 函館大 外野手
5位 岳野 竜也 福岡大 捕手
6位 宮田 和希 甲賀専門学校 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:08|この記事のURL│ │思い出ドラフト 

井上広輝(日大三)、ロッテなど日米3球団視察

12/10、スポニチwebsiteより (source)

井上 広輝 (日大三高・投手)
180cm・右投右打・動画

15日からキューバに遠征するU17東京代表が9日、神宮で日大の下級生チームと練習試合を行い、0-5で敗れた。来秋ドラフト候補、日大三の150キロ右腕・井上(動画)が7番・DHで出場。ロッテなど日米3球団が視察する中、本番を想定した木製バットで7回に左前打を放った。

投げては4番手で2/3回を2安打2失点。「大学生相手に直球を試してみたかった」と最速146キロを計測した。代表の前田三夫監督(帝京)は「投げない時は(DH起用の)可能性はある」と二刀流を示唆し、投手では守護神を任される見通しだ。



井上君のスカウト評はこちら

井上君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │ロッテ 

北山比呂&吉田大喜(日体大)、来年ドラフト注目

日刊スポーツwebsiteより (source)
首都大学リーグの日体大が9日、横浜市の同校で今年の練習納めを行った。4年生対3年生の壮行試合が行われ、ロッテのドラフト2位・東妻勇輔投手が逆転満塁弾でしめくくった。西武のドラフト1位・松本航投手らチームメートが、ダイヤモンド1周を終えた東妻を飛び跳ねて迎えた。

大団円のシーンを、来年のドラフト候補右腕コンビもしっかりと記憶した。北山比呂投手(動画)吉田大喜投手(動画)だ。北山は最速151キロ、吉田は同150キロ。ともに同155キロをマークした松本、東妻の先輩コンビに迫る勢いで、進化を続けている。

特に北山は成長著しい。横浜高校時代のエースは、1学年下の藤平(現楽天)。「自分は背番号18で、4番手でした」と振り返るが、この1~2年で一気に素質が開花。12月上旬の侍ジャパン大学代表候補強化合宿に招集され、力強い直球を評価された。

同級生の猛追に、背番号18をつける吉田も「北山は一気に上がってきた。今の状態ではダメ、と思わせてくれる存在です」とライバルに刺激を受けている。元から技術的な意見交換をする2人はこの師走、合宿所の風呂であらためて語り合った。

「チームが優勝するために、自分の持っているものを隠すんじゃなくて、教え合おうと。技術も考え方も、僕にしかないものも、吉田にしかないものもある。そういうやりとりが増えれば、お互いの引き出しも増える」と北山。コンビの結束をさらに高め、最終学年を迎える。

北山は通算0勝、吉田も3勝。2人で通算44勝の先輩コンビと比べると、実績には乏しい。古城隆利監督も「松本と東妻が下級生から投げていたから、他の投手にチャンスが少なかったのはあります。吉田も北山も良いボールを投げている。あとは経験や、投手としてのチームへの責任感。そのあたりを学んでいってほしい」と期待する。

3年生剛腕コンビの来春の目標は、ともに「リーグ戦で5勝」。達成した先に、将来の選択肢が広がる。



北山君のピッチング動画はこちら

吉田君のピッチング動画は
こちら



draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │大学 

指名漏れの船迫大雅(東日本国際大)、西濃運輸に内定

日刊スポーツwebsiteより (source)

船迫 大雅 (東日本国際大・投手)
174cm・右投左打・動画

南東北大学野球リーグの東日本国際大(福島)エース右腕・船迫大雅(動画)が、社会人の強豪で14年都市対抗を初制覇した西濃運輸(岐阜・大垣市)に内定したことが、8日までに決まった。プロ志望届提出も、指名されなかった悔しさを味わったが「2年後にプロ野球で必要と認められるような投手に、絶対なります」と前を向いた。

ドラフトの10月25日を「生きてきた中で一番屈辱的な1日」と形容した。切磋琢磨してきた粟津凱士投手だけが西武4位指名。当日は同期に励まされ、表向きは明るく振る舞ったが、直後の明治神宮大会中も、すべてが吹っ切れたわけではなかった。

引退し、野球を続けることができない仲間もいることを、あらためて実感。頭に浮かんだのは聖光学院(福島)時代の恩師・斎藤智也監督が話してくれていた「起こることは、すべて必然」の言葉だった。「3週間くらい、かかりましたね。何してんだオレって感じ。すべては将来に意味があることだと思えています」と苦笑い。

今月4日に岐阜に出向き、来春入社の同期と野球部の先輩で食事会に参加。「そこで完全にスイッチが入りました。高校、大学だけでなく、力の差を見せつけて社会人でもエースに。日本一になるために限界突破を掲げて、もっと成長したい」。プロの先輩となる粟津とも交流をさらに密にし、吸収するつもりだ。

足りないものは大きく2つと自己分析した。大学では1年春から登板し、リーグ最多タイの34勝を挙げたが、全国舞台では1勝のみ。「結果を出すには、まっすぐの球速アップ。三振をとれる投手になることが理想」。サイドから得意のシンカーやスライダーを生かすためにも、最速144キロの直球を150キロに近づける。

「そのためには体を大きく」。現在は筋力トレーニングと並行して「体を動かしすぎずに、とにかく増量」。次の舞台への準備を着々と進める。屈辱を、必然の1日だったと言えるように。



船迫君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │社会人 

ドラフトニュース検索