ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

中日6位・滝野要、2軍戦で活躍し評価上昇

2019年02月17日

2/17、スポーツニッポン4面より

2018中日ドラフト6位 滝野要 
大阪商業大・外野手・動画

中日のドラフト6位・滝野(動画)が2軍の練習試合、韓国・ハンファ戦に2番・左翼で先発出場。対外試合初安打を含む2安打1打点1盗塁と躍動した。

3回2死一、二塁から直球を左前に運ぶ適時打。「初安打はうれしい気持ちと、ほっとした気持ちがありますね」。5回2死無走者でも左前打した。引っ張る意識が強く、今春は3試合6打席無安打だったが「バットを一握り、二握り短く持った」とコンパクトに逆方向へ打つことを意識し、結果につなげた。

5回は一、三塁から三塁走者として重盗で生還。「スタートは良くなかった」と反省したが、50メートル走5秒9の俊足もアピールした。視察した与田監督も「レフトへ思わずうまいとうなる打球があった」と評価した。



下は2018ドラフトで中日が指名した選手です。6位・滝野君のスカウト評はこちら

中日の2018ドラフト指名選手
1位 根尾 昂 大阪桐蔭高 内野手
2位梅津 晃大東洋大 投手
3位勝野 昌慶 三菱重工名古屋 投手
4位石橋 康太 関東第一高 捕手
5位垣越 建伸 山梨学院高 投手
6位滝野 要 大阪商大 外野手


draftkaigi at 10:35|この記事のURL│ │中日 

日ハム5位・柿木蓮、高卒新人に「今すぐ使える」の声

2/17、スポーツ報知4面より

2018日本ハムドラフト5位 柿木蓮
大阪桐蔭高・投手・動画

日本ハムのドラフト5位・柿木蓮投手(動画)が16日、沖縄・国頭村で行われた1、2軍合同の紅白戦で、同1位・吉田輝星投手と昨夏の甲子園決勝以来となる投げ合い。1回完全の満点投球でデビューした。

臆することなく攻めた。柿木が堂々としたマウンドさばきで先輩たちを封じ込めた。直球で浅間のバットをへし折って中飛、松本を直球で二ゴロに抑え、打席には台湾・ラミゴの4割打者・王柏融(ワン・ボーロン)。強気に2球で追い込み、6球目。最速タイの外角144キロで一ゴロにねじ伏せた。

1回完全投球のデビューにも「追い込んでからの制球がアバウト。正直いい球は少なかった」と厳しく自己採点した。

昨夏の甲子園決勝以来となる、輝星との投げ合い。登板前日には「(昨夏の)甲子園の動画を見たりした」とプロの打者と対戦するイメージを膨らませた。この日は、先にマウンドに立った輝星のほろ苦デビューを目の当たりにしたが「気合を入れ直してプラスにできた」と、甲子園優勝投手らしい強心臓で力に変えた。

18歳の投球に賛辞が相次いだ。王は「自分のテンポで投げていたし、将来性があるね」と評価。ソフトバンク・竹口スコアラーは「今でもすぐに使えそう。キレもあるし制球もいい」と絶賛した。柿木は「ファイターズを背負っていく中で(輝星と)2人で切磋琢磨していきたい」。最高の形でプロ人生のスタートを切った。



下は2018ドラフトで日本ハムが指名した選手です。5位指名・柿木君のスカウト評はこちら

日本ハムの2018ドラフト指名選手
× 根尾 昂    
1位 吉田 輝星 金足農高 投手
2位 野村 佑希 花咲徳栄高 内野手
3位 生田目 翼 日本通運 投手
4位 万波 中正 横浜高 外野手
5位 柿木 蓮 大阪桐蔭高 投手
6位 田宮 裕涼 成田高 捕手
7位 福田 俊 星槎道都大 投手
育1 海老原 一佳 BC富山 外野手


draftkaigi at 09:51|この記事のURL│ │日本ハム 

広島2位・島内颯太郎、他球団007警戒心

2/17、スポニチwebsiteより (source)

2018広島ドラフト2位 島内颯太郎
九州共立大・投手・動画

広島のドラフト2位・島内颯太郎投手(動画)が目標の開幕1軍入りへ前進した。小気味よい好テンポの投球だった。沖縄2次キャンプ初の紅白戦で、ルーキー・島内は同点の3回に紅組の2番手として登板。球数20球で打者6人、2イニングを完全に抑え、首脳陣を何度もうなずかせた。   

「直球に詰まる場面があったので自信にしたい。課題のスライダーでカウントを取れたし、チェンジアップが思った所に投げられたのもよかったです」。

ベテラン・石原のリードにも物おじしなかった。1ボールから先頭・野間への2球目。「カウントを取りたかったので」。チェンジアップの要求に敢然と首を振り、直球で3球ファウルを打たせると、最後は決め球のフォークで一ゴロだ。

さらに自慢の直球で菊池涼、松山、会沢、坂倉を抑えれば、バティスタは初球スライダーで捕邪飛に斬った。日南キャンプ中の10日にあったシート打撃でも、田中広や鈴木ら打者6人を無安打に抑えており、佐々岡投手コーチはニンマリだ。

「実戦派の感じがする。ビックリするブルペンではないけど、甘い球でも差し込まれたり、タイミングが取りづらそう。見た目以上に打ちづらいのかも」

視察に訪れた他球団の007も当然、警戒心を強めている。中日の鈴木義広スコアラーは「ボール先行後の直球を打者が仕留め切れていない。手元で速い球質。フォークで簡単に空振りが取れると、警戒する球種も増えてくる」と悩ましげに分析した。

投球練習では才能を隠し、いざマウンドに登るとキバを剥く。島内自身、課題を念頭に置いて投げるブルペンより「実戦の方が腕を振れていると思う」としつつ、確たる信頼を得るために自分を決して甘やかさない。

「今日はよかったけど、毎回いいかわからない。直球と変化球両方でカウントが取れ、決め球に使えるように練習していきたい」。開幕ローテーション入りへ、好スタートを切った本格派右腕。次回登板が楽しみだ。



下は2018ドラフトで広島が指名した選手です。2位指名・島内君のスカウト評はこちら

広島の2018ドラフト指名選手
1位 小園 海斗 報徳学園高 内野手
2位島内 颯太郎 九州共立大 投手
3位林 晃汰 智弁和歌山高 内野手
4位中神 拓都 市岐阜商高 内野手
5位田中 法彦 菰野高 投手
6位正随 優弥 亜細亜大 外野手
7位羽月 隆太郎 神村学園高 内野手
育1大盛 穂 静岡産大 外野手


draftkaigi at 09:28|この記事のURL│ │広島 

高卒2年目・村上宗隆(ヤクルト)、侍ジャパン入り

2/17、サンケイスポーツ2面より

2017ヤクルトドラフト1位 村上宗隆
九州学院高・捕手・動画

ヤクルト・村上宗隆内野手(動画)が3月9、10日に行われるメキシコ代表との強化試合で、自身初の日本代表入りを果たすことが16日、分かった。同日に沖縄・浦添で行われたDeNAとの練習試合では、一回に先制の2点適時二塁打。視察した同代表の稲葉篤紀監督の前で、改めて存在をアピールした。試合は3-5で敗れた。

空気を切り裂いた白球は、右翼フェンス上部に激突した。一回無死一、三塁。村上がカウント2-2から阪口の144キロの直球に反応し、先制二塁打を放った。「2ストライクと追い込まれた中で反応できた点を考えればよかった。ただ他の打席が駄目だった。もっと良い打席を増やしていければと思う」

ドラフト1位で入団して2年目となる期待の星が、試行錯誤を続けている。臨時コーチを務める若松勉元監督からはスタンス、ステップで右足の向きが内側に入りすぎる点を指摘された。「今はタイミングの取り方を意識している」。

三回は石田に中飛、五回は浜口に空振り三振、七回は三上に一ゴロと抑えられ「これから対戦する投手。次からは打てるようにしたい」と前を向いた。

成長中の19歳。初めて日の丸のユニホームに袖を通すことも分かった。若手中心のメンバー構成となる3月の強化試合に、原、梅野とともに代表入りする。三塁手が決まらない代表の事情もあり、白羽の矢が立った。

バックネット裏で目を細めたのは、その侍ジャパンの稲葉監督だ。ヤクルトで三塁の定位置を狙う立場ではあるが「1年成績を残せば、(フルメンバーの)ジャパンに入ってくる可能性は十分にある。楽しみに見ていきたい」と明かした。

さらに同じ左打者として「簡単に三振をしない。追い込まれてもファウルで逃げられる。1軍に慣れていけば、2ストライクアプローチも含めてアジャスト(適応)できるのではないか」とした。

チームの小川監督も村上の変化を感じ取っている。「ここ何日か状態が良くなっていると感じていた。実戦で結果が出れば、気持ちも前を向けるのではないか」。若武者が、着実に階段を上っている。

(2月16日 習試合 DeNA 5-3 ヤクルト)



下は2017ドラフトでヤクルトが指名した選手です。1位指名・村上君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
1位村上 宗隆九州学院高捕手
2位大下 佑馬三菱重工広島投手
3位蔵本 治孝岡山商科大投手
4位塩見 泰隆 JX-ENEOS外野手
5位金久保 優斗東海大市原望洋高投手
6位宮本 丈奈良学園大内野手
7位松本 直樹 西濃運輸 捕手
8位沼田 拓巳BCリーグ石川投手


draftkaigi at 07:03|この記事のURL│ │ヤクルト 

楽天6位・渡辺佳明、新人最速の対外試合1号弾

2/17、サンケイスポーツ4面より

2018楽天ドラフト6位 渡辺佳明
明治大・三塁手・動画

楽天のドラフト6位・渡辺佳明内野手(動画)が16日、沖縄・金武でのロッテとの練習試合に「9番・二塁」でスタメン出場し、プロ初安打となるソロ本塁打。横浜高前監督の渡辺元智氏を祖父に持つサラブレッドが、今季のルーキー最速で対外試合1号をマークした。

舞い上がった打球が、沖縄の曇り空でアーチとなった。描いたのは渡辺佳。今季の新人で誰よりも早く、対外試合で本塁打を放った。「練習通りに打とうと。うまく内角に対応できたと思います」。

ロッテ・田中の外角に逃げていくシュートに食らいつき、ファウルで粘る。カウント2-2と追い込まれてからは狙い球は決めず「来た球に反応する」と頭を切り替えた。実戦2試合目での初安打が初本塁打。横浜高前監督の祖父・元智氏には「結果は伝えます。ただ2三振しているので、指摘されると思います」と表情を引き締めた。

明大時代は公式戦、練習試合とも本塁打なし。「(横浜)高校3年の6月の練習試合以来」というアーチで、スタッフからホームランボールを手渡されても「小学生のときにしか記憶がない」と照れ笑いした。

大学までは短打を意識してきたが、プロ入りしてからは強い球に負けないよう強く振ることを意識。「球の内側を強くたたく。球を長く見て体の近くで打つ」というイメージが、金森栄治打撃コーチの理論とも合致した。

大学日本代表の同士でもあるドラフト1位・辰己(立命大)に、プロ初安打で先んじた。「いつも刺激をもらっている。先に打ててうれしい。これからも切磋琢磨していきたい」と声を弾ませた。内野のポジション争いは厳しいが、平石監督は「バットコントロールも体の使い方もうまい。このまま競争に勝ってもらえたら」と期待をかけた。

(2月16日 練習試合 ロッテ 4-1 楽天)



下は2018ドラフトで楽天が指名した選手です。6位指名・渡辺君のスカウト評はこちら

楽天の2018ドラフト指名選手 
× 藤原 恭大    
1位 辰己 涼介 立命館大 外野手
2位 太田 光 大阪商大 捕手
3位 引地 秀一郎 倉敷商高 投手
4位 弓削 隼人 スバル 投手
5位 佐藤 智輝 山形中央高 投手
6位 渡辺 佳明 明治大 内野手
7位 小郷 裕哉 立正大 外野手
8位 鈴木 翔天 富士大 投手
育1 清宮 虎多朗 八千代松陰高 投手
育2 則本 佳樹 山岸ロジスターズ 投手



draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │楽天 

ドラフトニュース検索