ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

イチローを発掘した名スカウト、自殺の真相(その5)

2017年07月21日

7/19、日刊ゲンダイ31面「球界への遺言」より 

1998オリックストドラフト1位 新垣渚
沖縄水産高・投手・18歳



「いや~、栽監督はヒドいですよ」。1998年11月26日の夕方、電話をかけてきた三輪田勝利の第一声がこれだった。20日のドラフト会議で「ダイエー以外なら進学」の新垣渚投手(沖縄水産高)を1位指名。交渉役で編成部長の三輪田は現地へ飛んだが、本人はもちろん、沖縄水産高野球部の栽弘義監督に会うことすらできない。

栽監督の知人から持ち掛けられた裏金5000万円の要求をのむと伝え、ようやく会えることに。栽監督と話をしてきた三輪田は堰を切ったようにこう続けた。

「だって代表、僕はここに1週間いて、話をするどころか、会うことすらかなわなかったんですよ。それがきょう、グラウンドに行って、タクシーから降りるなり、監督の方から僕の方に近づいてきたんですから」。これまでグラウンドにいながら顔も見せなかった栽監督が、自分から挨拶に出向いてきたというのだ。三輪田があきれたのは無理もない。こちらが裏金の要求に応じたとたん、態度が豹変したのだから。

三輪田の話は続く。「三輪田君、君はすごいね。早稲田ってのは、すごい力を持ってるね。僕はこの3日間、早稲田のOBからものすごく責められたよ。三輪田をこれ以上、困らせるなってね。僕はもう、どうしようもない。早稲田に負けたよ。新垣を取ってくれと、栽監督はこういう言い方をするんですから」

なにはともあれ、とりあえず、道は開けた。「そうか、良かったやないか。結局、カネが効いたんやないか」、「会社には迷惑をかけることになりますけど、これで新垣は取れますよね?」。新垣獲得に関して確信にも似た感触が生じたのだろう。三輪田の声は弾んでいた。

「栽監督は、早稲田のOBに迷惑をかけるといかんから、僕が全部、新垣に会う段取りをする、三輪田君、あすには会えるからもう心配するなと、こうですよ」、「それは良かったやないか。あした、すぐに会え!」

聞けば、翌27日夕方6時に自宅で本人と両親に会う段取りになっているという。こちらからは三輪田と九州担当スカウトの山本公士の2人が出向くことになった。三輪田とは、新垣家への手土産は何にしたらよいかといった話もした。

栽監督が「新垣を取ってくれ」と言っている以上、何も心配することはない。我々にとっては万々歳じゃないかと、そんな会話もあった。三輪田の声のトーンは明らかに明るかった。しかし、三輪田との会話はこれが最後になった。(つづく)



上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

下は10年前(2007年)の日刊サイゾーの記事ですが、本当の話だったんですね。

「アマチュア球界・プロ野球界は裏金で成り立ってきた過去がある。特に名将といわれる監督ほど黒い噂は絶えない。5月に逝去した沖縄水産高校の栽弘義監督が、沖縄本島に栽御殿と呼ばれる豪邸を建てたのは有名な話」。スポーツ紙記者がそう語るように、西武ライオンズのスカウト活動に伴う不正行為に端を発したアマチュア球界の裏金問題。(以下略)



下は1998ドラフトでオリックスが指名した選手です。新垣渚は1位指名されるも入団拒否しました。

オリックスの1998ドラフト指名選手
1位新垣 渚沖縄水産高投手
2位川越 英隆日産自動車投手
3位相川 良太東海大内野手
4位木村 昌広日立製作所投手
5位徳元 敏東農大生産学部投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06|この記事のURLオリックス | ドラフトのウラ話

田嶋大樹(JR東日本)2試合連続完封、ロッテが評価

スポニチwebsiteより (source)

田嶋 大樹 (JR東日本・投手)
180cm・左投左打・動画

今秋ドラフト1位候補のJR東日本・田嶋(動画)が、1回戦に続いて2試合連続完封勝利の快投を演じた。「本当にチームが勝って良かった。チームを勝たせることに精一杯でした」。0―0の2回、2死一、二塁から8番・安田に中前打を許すも、中堅・拝崎が本塁へ好返球。得点を許さなかった。

4回には無死一塁から連続死球で満塁のピンチを招いたが、後続を冷静に打ち取った。9回にはマウンド上で自身に「集中しろ」と言い聞かせ、最後は1死一塁から代打・西田を二ゴロ併殺打に仕留めた。

1回戦の伏木海陸運送戦での1安打完封に続き、強打の三菱重工名古屋の打線を散発4安打に封じてシャットアウト。ネット裏には各球団のスカウトらが集結し、ロッテ・林信平球団本部長は「ピンチでも落ち着いているし、自信を持って投げている。スタミナも十分」と左腕を高く評価した。

(7月20日 都市対抗野球2回戦 JR東日本3―0三菱重工名古屋)



田嶋君のピッチング動画はこちら

田嶋君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURLロッテ 

野村大樹(早実)、早くも来秋ドラフト1位候補の声

7/19、夕刊フジ27面より

野村 大樹 (早稲田実高・三塁手)
172cm・右投右打・動画

注目のスラッガー、早実・清宮幸太郎内野手のラスト・サマーの鍵を握っているのは、1学年下の後輩でチームの4番を打つ野村大樹捕手(動画)かもしれない。

西東京大会4回戦・都芦花戦。「3番・一塁」清宮が7回に左中間席へ高校通算105号の満塁本塁打を放てば、「4番・捕手」野村も、先制適時打を含む3安打3打点の勝負強さで14―0の7回コールド勝ちに貢献。アマ球界随一の呼び声高い“KNコンビ”の破壊力を見せつけた。

しかも野村はバットマンのような真っ黒なフェースガードの上にマスクを被り、投手陣をリードし続けた。今春に三塁から中学時代に親しんだ捕手にコンバートされたが、前戦の都南平戦で相手選手が素振りしていたバットを顔面に受け鼻骨骨折。負傷時は鼻血が止まらず、この日も出場が危ぶまれたが、本人は周囲が拍子抜けするほど、あっけらかんとしていた。

「バットを振るのも、走るのも大丈夫でした。鼻血が出ちゃって、(鼻骨は)何ミリかずれているみたいですが、お医者さんから『気にするタイプじゃないでしょ?』って言われました」。チームの課題は清宮、野村コンビの前にいかにチャンスを作れるか。清宮は「センバツの時は僕と野村の前に走者を出せなかった。いまはそこが機能しつつある」と手応えを口にする。

あるセ・リーグ球団のスカウトは野村を「身長172センチと上背はないが、体の強さは特筆すべき。もともと高校生の右打者では一番評価されていたが、捕手に転向して、さらに価値が上がった」と希少価値の高い“打てる捕手”として再評価している。

関西の名門・同志社中から早実のユニホームに憧れ、高校進学を機に父を関西に残して母と上京。今秋の清宮に続き、早くも来秋のドラフトの1位候補に挙げられている。「次の試合に向けてガードを付けない状態も試したかった」と試合途中でフェースガードを外した野村。その視線の先には明るい未来がはっきりと描かれている。



野村君のバッティング動画はこちら

野村君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL高校 

佐藤隼輔(仙台)2試合連続完封、楽天・巨人が高評価

2017年07月20日

7/20、日刊スポーツwebsiteより (source)

佐藤 隼輔 (仙台高・投手)
180cm・左投左打・動画

クールに決めた。伸びのある外角直球で最終打者を見逃し三振に打ち取った佐藤隼(動画)は、グラブをポンとたたいて淡々と整列に加わった。ピンチでも顔色1つ変えずに黙々と投げ込む鉄仮面の表情は、2戦連続の完封を達成しても緩むことなく引き締まっていた。

「球数が多くならないように、うまく打たせてとれた。今までずっと接戦で勝ってきたので、負けるとは思ってなかった。いつも通り投げられた」

ケガの功名でモデルチェンジに成功した。15日の初戦は18個の三振を奪ったが、力みもあり6回から両足がつり体重も1キロ減ってしまった。その反省から、この日は「7割ぐらい」の力で投げ込み、要所でアクセルを踏んだ。

2死で三塁に走者を置いた5、7回、2人の走者がたまった6回はいずれもギアを上げて三振で切り抜けた。「ピンチでは1段階上げた。今まではバンバン三振狙っていたけど、打たせて取るのが自分の投球。本来の姿を取り戻せた」と122球で投げきった。

プロ4球団10人のスカウトは佐藤隼の変化を感じ取っていた。3人で乗り込んだ楽天・上岡良一スカウトは「前の試合より全然いい。反省点を生かして、力みなくギアの上げ下げができている」と絶賛。巨人・柏田貴史スカウトも「能力は高い。力の配分を考えて投げられるクレバーさを持っている。先発投手としての資質はある」とほめちぎった。

持ち前の頭脳は、野球だけではなく学校生活にも生かされている。理系の佐藤隼は約280人いる学年で1桁台の成績を維持する秀才でもある。23日の3回戦は宮城農と対戦する。「次の試合も0点に抑えてチームを勝たせたい」。頭脳的な投球でスコアボードに0を刻み続ける。

(7月19日 宮城大会2回戦 仙台1―0仙台商)



佐藤君のピッチング動画はこちら

佐藤君のスカウト評は
こちら

draftkaigi at 12:45|この記事のURL巨人 | 楽天

石川翔(青藍泰斗)151キロ、DeNA・広島・ロッテの声

7/20、日刊スポーツ7面より

石川 翔 (青藍泰斗高・投手)
178cm・右投左打・動画

復調した関東ナンバー1右腕が、いよいよ王者と対戦だ。ドラフト1位候補の青藍泰斗・石川翔投手(動画)が、今夏初先発し、6回3安打、10三振、1失点の快投を演じた。最終回に最速を2キロ更新する151キロを計測。石橋に6回コールド勝利し、22日の準決勝では作新学院に真っ向勝負を挑む。(以下スカウト評のみ抜粋)

▼DeNA・吉田編成部長兼GM補佐
「投球に躍動感があって、これからが楽しみな素材」

▼ロッテ・永野チーフスカウト
「柔らかさと強さを兼ね備えている。素材としてはトップレベル」

▼広島・近藤スカウト
「ストレートとスライダーのキレが抜群。伸びしろもある」

▼中日・中田スカウト部長
「これだけの柔らかさと強さを持つ投手はそういない。ドラフトでは1位で消える素材だと思います」


(7月19日 栃木大会準々決勝   青藍泰斗11―1石橋)



石川君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


石川君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 10:44|この記事のURL横浜DeNA | 広島

ドラフトニュース検索