ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

あのドラフト選手は今、美口博(ドラフト2位)

2017年03月21日

3/21、中日スポーツ9面「満薗文博の光と影と」より 

1975中日ドラフト2位 美口博
中村高・投手・18歳

一塁側・中村高校アルプス席に立すいの余地はない。そんな中に、中日スポーツの美口博整理部長(1975中日2位)はいた。40年もの、長い道のりを経て、たどり着いた甲子園だった。

中村の甲子園出場は、伝説となった1977(昭和52)年春、たった12人で成し遂げた初出場で準優勝の「二十四の瞳」以来、実に40年ぶりである。当時のエース、山沖之彦さん(1981阪急1位)らもスタンドにいた。彼らは美口部長の2年後輩だ。

75年の夏、中村はエース・美口を擁して甲子園切符に王手をかけたことがある。当時は1県1代表制ではなく、南四国大会で切符を争ったが、惜しくも夢はかなわなかった。美口投手は、その年のドラフト会議でドラゴンズに2位指名されて入団。

しかし、不運な交通事故もあり、5年でプロ生活に別れを告げた。以降、中日新聞社でボールをペンに持ち替えた。6月には60歳の定年を迎える。

1―5。前橋育英に善戦しながら後輩たちが敗れた後で、美口部長の目は赤かった。「感動で胸が締め付けられ、泣きました。勝って校歌は歌えなかったけれど、2回と7回にアルプス全体で歌いました」

実は、この2月、美口部長は、元プロが学生野球を指導できる資格を回復させている。「故郷に帰ります。子供たちと野球を楽しみたい」。還暦球児に、かなわなかった甲子園への夢が宿っている。

(3月20日 センバツ高校野球大会 前橋育英 5―1 中村)




下は1975ドラフトで中日が指名した選手です。美口博は2位指名され入団。プロでの成績はこちら

中日の1975ドラフト指名選手
1位田尾 安志同志社大外野手
2位美口 博中村高投手
3位青山 久人国府高投手
4位早川 実西濃運輸投手
5位福田 功中央大捕手
6位関東 孝雄日通浦和内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 11:28|この記事のURLあのドラフト選手は今・・・ 

来秋ドラフト候補・小園海斗(報徳学園)、上々デビュー

3/21、スポーツニッポン5面より

小園 海斗 (報徳学園高・遊撃手) 
177cm・右投左打・動画

無意識に叫んでいた。「いけー」。16―0と勝敗は決した9回無死。来秋ドラフト候補の小園(動画)が左腕・前田のカーブを捉えた打球は無風の空へと舞い上がり右翼席に着弾した。報徳学園史上最多得点となる17点目をたたき出し、ともに同校最多を更新する21安打21得点の呼び水となった。

「カーブが多かったので狙っていた。1球目のカーブを空振りしたが(直前の真っすぐがボールになり)もう一度、カーブが来ると。手応えは良かったです」。公式戦1号となる高校通算10号は進化を示す一撃だった。

1年春から不動の1番として出場し結果を残してきたが、今後を考えれば不安が募った。「がむしゃらにプレーするだけだったが、今後はマークが厳しくなるはず。相手の失投を仕留める、狙い球を絞って確実に捉える打撃が必要」と意識改革し練習に取り組んできた。

狙い球を1球で・・・とはいかなかったが読み通りに結果を残せたことがうれしかった。活躍しないわけにはいかない。今大会を最後に永田監督が退任。「永田先生ともう野球ができなくなる。少しでも長くやりたい」との思いがある。

また、今大会にはU―15アジアチャレンジマッチにともに出場した早実・野村ら来夏の100回大会の主役になり得る逸材が顔をそろえ開会式のリハーサルで再会。中学時代の思い出話で盛り上がった。一方で「みんな凄いんで負けられない」とライバル意識をむき出しにした。

4打点を挙げた神頭らタレント集団と言われる2年生に負けじと2番・永山が5打席連続安打し4得点、3番・片岡が先制適時打を含む3安打2打点など3年生も意地の働き。小園にはチャンスメークに勝負強さの両方を求められているだけに2安打3打点では満足できない。

「優勝する気持ちなんで」。上々の聖地デビューを飾った男が、一足早く、春の主役に躍り出る。

(3月20日 センバツ高校野球大会 報徳学園 21―0 多治見)




小園君のバッティング動画はこちら

小園君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 10:51|この記事のURL高校 

名スカウトが選ぶセンバツ注目のドラフト候補13人

THE PAGEより (source)
春のセンバツが始まった。第89回選抜高等学校野球大会は、第2日を終えたが、すでに敗退したチームも含め、ネット裏のプロスカウトが熱視線を送る今秋のドラフト候補達が複数出場している。ヤクルトのスカウト時代に古田敦也らを発掘した片岡宏雄さんに元プロスカウトの目で注目の選手をピックアップしてもらった。

今大会のドラフト候補は不作だという。

「清宮が注目を浴びているが、全体的に不作だ。特にピッチャーがいない。あくまでも候補として名前を何人か挙げたが、プロスカウトの世界で言うB評価の投手が多い。誰が見ても間違いない1位候補、いわゆるA評価の投手は見当たらない。

ただセンバツは、まとまりのある“春先向き”の投手がチームを引っ張ってくる傾向にあるし、選手は成長途中。春から夏に大きく変わるので、各スカウトも定点観測のつもりで、大きくリストを広げて去年秋からの成長度や、夏までの課題の修正能力などを見ていくものだ」


ピッチャーは6人。右腕が履正社・竹田祐(動画)熊本工・山口翔(動画)東海大市原望洋・金久保優斗(動画)福岡大大濠・三浦銀二(動画)で、左腕が静岡・池谷蒼太(動画)日大三・桜井周斗(動画)の2人だ。

履正社と日大三が初日に直接対決して、竹田と桜井がマッチアップ。桜井は9回に崩れたが、8回まで13奪三振を奪うピッチングを見せた。ストレートは140キロ前後で、武器とするスライダーは鋭く、履正社の3番を打つ注目のドラフト候補の一人、安田尚憲から、昨秋、清宮幸太郎(早実)を5打席連続三振に打ち取った話題のスライダーで連続三振。

一方、竹田は174球の完投。こちらはストレートが135キロ程度で、13安打、10三振、5失点。もう一人のドラフトの逸材、日大三高の金成麗生との直接対決は4の1だった。

日大三高の桜井は上背がないが、リストが使えて球離れがいい。豪腕ではないが、ボールは低めに集まるので左のワンポイントで育てて使いたいと考える球団はあるのかもしれない。ボールに角度があり、スナップを効かせたスライダーがよく落ちる。右打者にはクロスファイファーに左打者はインサイドから外へボールが流れるため左打者はタイミングをとりにくいのだろう。最後はバテたが、バッティングもいいし野球センスを感じる。

履正社の竹田は、まだ下半身に安定感がない。序盤の制球の乱れは、そこが原因。成長を見守りたい。現状では、Bの下の評価か。初日に出場した3投手で、最も伸びシロと素材としての可能性を感じさせたのは負けた熊工の山口。まだ細身で、時折、突っ込むので制球がバラつくが重心低く肘も柔らかく使う」

熊本工の山口は智弁学園戦で9回で11安打9失点して甲子園を去ったが、175球を投げて最速は148キロ、コンスタントに143キロ前後のスピードは出ていた。

東海大市原望洋の金久保は、まだ線が細いが、変化球とストレート(最速147キロ)を同じように腕が振れる。そこにはセンスを感じる。打者は打ち辛いだろう。静岡の左の池谷は上背はないが、体全体をうまく使える。高校生では珍しく変化球を投げる時に腕が緩まない。福岡大大濠の三浦は、打者のタイミングをはずすコツを心得ている」

片岡さんが野手でピックアップしたのは別表の7人。

履正社・安田(動画)日大三・金成(動画)智弁学園・太田英毅(動画)の3人はすでに登場。金成は初戦敗退となったが、太田はプロ注目の山口から9回一死二塁の場面でレフトスタンドへ2ランを放り込んだ。170球を超えて疲れた山口の131キロの高めのストレートを見逃さなかった。3拍子揃ったショートストップだ。

「すでに日大三は初日のカードで姿を消えてしまったが、金成はバットスイングが速く、竹田の揺さぶりゆさぶりに対しても大きく崩れることはなかった。一塁手となると、なかなかプロが手を出しにくいポジションだが、体格も含めて素材としては魅力。

安田も、清宮同様、日大三の左腕、桜井のスライダーに戸惑った。待ちきれずにバットが先に動く。桜井のボールの出所の見極めが難しく間を作れなかったのだろう。清宮に比べると、まだバッティングに硬さがある。ただ、いくら金属バットとはいえ、コンパクトに振って逆方向のフェンスにまでボールを運ぶパワーはたいしたもの。サードの守備も軽快で清宮と、安田の2人が、このセンバツでは頭ひとつもふたつも抜けた存在。

太田は、そこまでのプレーヤーとしてのスピードを感じなかったが、彼のように3拍子揃ったショートは、どこの球団も欲しい」

今大会はショートに好素材が多く、太田以外にも、守備力に定評がありバッティングでは広角に打てる宇部鴻城・嶋谷翔平(動画)、片岡さんからは名前が出なかったが、ロッテに進んだ先輩の平沢大河とも比較される仙台育英・西巻賢二らがいる。

「将来性を考えてキャッチャーにも注目したい。福岡大大濠の古賀は、ショートからコンバートした変わりダネ。スローイングは捕球してからが非常に早い。“止める”という基本技術もある。バッティングはパンチも兼ね備えていて、キャッチャーは育成に時間がかかるが、欲しい球団は多いだろう。神戸国際大付の猪田は、少し動きに固さがあるが、キャッチャーに必要な基礎体力はありそう」と、片岡さんは、注目キャッチャーとして福岡大大濠・古賀悠斗(動画)神戸国際大付・猪田和希(動画)の名前を挙げた。

古賀は2年秋にショートからキャッチャーに転向。スローイングの秒数はプロでもなかなか出せない1.8秒台で、通算42本塁打を誇る。猪田も2年秋にレフトからキャッチャーへ転向した。秋の予選では4本塁打をマークしている強肩強打のキャッチャーだ。

さて最後に2度目の甲子園登場となる通算79本塁打の怪物、早稲田実・清宮幸太郎(動画)についてだが、片岡さんは、「成長は著しいが明徳の左投手にどういうバッティングができるかをチェックしたい」という。

「昨秋、日大三高の桜井に5三振を喫したが、左投手に対してはボールを見ているけれどタイミングがとれず、間のあるスイングができていなかった。こういう決定的な弱点を最初から持ってプロへ行くのは厄介。秋から春にどう対応できるようになっているかを見てみたい」

早実は23日に明徳義塾と対戦するが、明徳義塾のエースの北本佑斗は清宮が苦手とする左腕である。1992年夏の甲子園で、星稜高時代の松井秀喜を5打席敬遠で歩かせ、物議を呼んだ経験のある明徳義塾の馬淵監督は「全打席敬遠はしないが、場合によってはあるかも」と早くも牽制、心理戦を仕掛けている。ドラフト候補生たちの活躍に注目するのもセンバツ観戦の醍醐味のひとつだろう。



2017高校生のドラフト候補一覧はこちら



draftkaigi at 09:45|この記事のURL甲子園大会展望 

春のセンバツ注目のスーパー球児(計23人)

週刊大衆(4月3日号)は、「春のセンバツ注目のスーパー球児」と題して、以下の23選手を挙げ特集記事を組んでいます。

投手
長谷川拓帆(仙台育英)  
大関秀太郎(作新学院)  
金久保優斗(東海大市原望洋) スカウト評
桜井周斗(日大三) スカウト評
池谷蒼大(静岡) スカウト評
竹田祐(履正社)  
徳山壮磨(大阪桐蔭)  
松本竜也(智弁学園)  
三浦銀二(福岡大大濠)  
山口翔(熊本工) スカウト評
捕手
小野大夏(健大高崎)  
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
内野手
清宮幸太郎(早稲田実) スカウト評
野村大樹(早稲田実・2年)  
金成麗生(日大三) スカウト評
安田尚憲(履正社) スカウト評
根尾昂(大阪桐蔭・2年)  
嶋谷将平(宇部鴻城) スカウト評
西浦颯大(明徳義塾)  
外野手
若林将平(履正社) スカウト評
筒井太成(履正社・2年)  
藤原恭大(大阪桐蔭・2年)  
福元悠真(智弁学園)  


draftkaigi at 09:02|この記事のURL甲子園大会展望 

楽天ドラ1・藤平尚真、高卒新人2軍で圧巻デビュー

3/21、スポーツ報知6面より

2016楽天ドラフト1位 藤平尚真
横浜高・投手・動画

楽天のドラフト1位・藤平尚真投手(動画)が20日、イースタン開幕のDeNA戦に先発し、3回1安打、無失点、6奪三振の好投を見せた。

面白いようにDeNA打線のバットが空を切った。最速146キロの直球と鋭く曲がる変化球で6Kを奪い「ボール何個分の世界で、ボールの出し入れをすることができた。プロに入って少し成長できたと思う」と納得。鮮烈な印象を与える54球だった。

圧巻の公式戦デビューに平石2軍監督も「期待に応えてくれたと思う。十分じゃないですかね」と賛辞を贈った。

横浜高から7キロほどの場所での凱旋に知人も多く観戦。敵地ながら拍手が送られ「開幕のマウンドに立てたことはうれしいけど、1軍で投げることが目標なので満足せずにやっていきたい」。今後も60球を目安に中5、6日のペースで登板していく予定だ。

(3月20日 イースタン・リーグ 楽天 11―0 DeNA)




下は2016ドラフトで楽天が指名した選手です。1位・藤平君のスカウト評はこちら

楽天の2016ドラフト指名選手
1位藤平 尚真横浜高 投手
2位池田 隆英創価大 投手
3位田中 和基立教大 外野手
4位菅原 秀大阪体育大 投手
5位森原 康平新日鉄住金広畑 投手
6位鶴田 圭祐帝京大・準硬式 投手
7位野元 浩輝佐世保工高 投手
8位石原 彪京都翔英高 捕手
9位高梨 雄平JX-ENEOS 投手
10位西口 直人甲賀専門学校 投手
育1千葉 耕太花巻東高 投手
育2南 要輔明星大 内野手
育3向谷 拓巳BFL・兵庫 内野手
育4木村 敏靖履正社専門学校 投手


draftkaigi at 08:02|この記事のURL楽天 

ドラフトニュース検索