ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

中日、奥川恭伸 (星稜)を異例の3試合連続視察

2019年08月18日

8/18、中日スポーツ7面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

中日は米村チーフスカウト、松永編成部長と担当の音スカウトがネット裏に姿を見せ、3人態勢で星稜・奥川(動画)を視察した。1大会で3試合の視察は異例中の異例

米村チーフは「総合力、勝ち抜くセンスはビッグ4の中でも抜けている。佐々木に近づいてきている」と、ずば抜けた将来性を秘める最速163キロの大船渡・佐々木朗希投手と双璧の評価。松永部長も「気持ちが入っている中でも制球ミスがない。文句のつけようがない」と絶賛した。準々決勝も引き続き音スカウトが視察する予定だ。

(8月17日 甲子園大会3回戦 星稜 4-1 智弁和歌山)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL│ │中日 

東妻純平(智弁和歌山)、プロ志望届提出を明言

8/18、デイリースポーツ4面より

東妻 純平 (智弁和歌山高・捕手)
174cm・右投右打・動画

プロ注目の捕手、智弁和歌山・東妻(動画)は、プロ志望届を提出することを明言した。星稜・奥川に無安打に抑えられたものの、中谷監督直伝の配球で3投手を好リード。サヨナラ本塁打を浴びた1球については「内角に甘く入ってしまった」と悔やんだが、「すごく濃い、高校3年間でした」と晴れやかな表情で振り返った。

(8月17日 甲子園大会3回戦 星稜 4-1 智弁和歌山)



東妻君のスカウト評はこちら

東妻君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │プロ志望届 

黒川史陽(智弁和歌山)、進路未定も「プロ入り夢」

8/18、サンケイスポーツ4面より

黒川 史陽 (智弁和歌山高・二塁手)
181cm・右投左打・動画

5季連続で臨んだ甲子園。日本一への夢ははかなく散った。最後の夏が終わり、智弁和歌山の主将・黒川史陽内野手(動画)は涙をこらえることができなかった。「悔しいです。終わらせたくなかったけど、終わってしまった」

星稜・奥川を最後まで打ち崩せなかった。黒川は6打数無安打。「高校3年間で一番気持ちの入った球。気持ちで負けた」と気迫の投球に押された。中谷監督も「想像を上回る投球だった。すべてにおいて素晴らしかった」と大会ナンバーワン投手に脱帽した。

試合後も黒川は涙が止まらない。「自分がチームを助けられず申し訳ない。みんなに助けられた3年間だった」。

進路は現時点では未定のプロ注目の二塁手は「この失敗を生かさないと、中谷監督に申し訳ない。夢であるプロ野球で活躍するため、甲子園の失敗から生かしたい」と力を込めた。聖地で、1年の夏から経験した計5つの敗戦の悔しさをこれからの野球人生にぶつけていく。 

(8月17日 甲子園大会3回戦 星稜 4-1 智弁和歌山)



黒川君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │高校 

奥川恭伸(星稜)、怪物江川に並ぶ23奪三振マーク

8/18、サンケイスポーツ1面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

3回戦が行われ、星稜は智弁和歌山に今大会初のタイブレークで延長十四回、4-1でサヨナラ勝ち。24年ぶりの8強入りを果たした。プロ注目のドラフト1位候補、奥川恭伸投手(動画)が3安打1失点で165球完投。自己最速の154キロを連発する力投ぶりで、1973年に作新学院・江川卓(元巨人)がマークした23奪三振(延長十五回)に並んだ

勝者も敗者も涙を流していた。意地と意地がぶつかり合った死闘で、奥川が強打の智弁和歌山を相手に165球を投げ抜いた。今大会で初のタイブレークが適用された試合は延長十四回に福本がサヨナラ3ラン。一塁走者として劇弾を見届けたエースはあふれる涙をこらえきれなかった。

「(打球が)上がった瞬間に抜けるのが分かったので勝ったんだなって。不思議な感覚になりました」。好カードがめじろ押しの大会第11日は午前7時10分に4度目の満員通知が出た。スタンドは超満員の4万5000人。阪神などプロ6球団のスカウトを含め、今大会ナンバーワン右腕の一挙手一投足にくぎ付けとなった。

二回1死からの6者連続など、五回で2桁奪三振に到達し、延長十回まで毎回の18K。延長に入っても自己最速となる154キロを何度もマークし、六回に失った1点を必死で守り続けた。

十一回2死。2番・細川に四球を与えたあと、右ふくらはぎが悲鳴をあげた。1年前の悲劇が脳裏によぎった。昨夏の2回戦・済美戦も同じ箇所がつり、4回降板。チームは延長十三回タイブレークで6番手投手が逆転サヨナラ満塁弾を被弾。背番号1の責任を全うできず、涙をのんだ。

「向こうは攻めどころだと思って強い気持ちで向かってくると思った。気持ちを入れ直して、しっかりと投げました」。同じ轍を踏むわけにはいかない。すぐに水分補給をしてこの回を投げ抜き、冷却やストレッチで応急処置。延長十三回から無死一、二塁で始まるタイブレークの“悪夢”も払拭した。

十三、十四回は奥川と智弁和歌山の守備陣が先頭打者のバントを三塁封殺にする甲子園の歴史に残るハイレベルな試合を14回3安打1失点で制し、「怪物」と呼ばれた作新学院・江川が1973年の柳川商(延長十五回)戦でマークした23奪三振に並んだ。ピンチもアクシデントも相手の脅威も“怪物級の精神力”で乗り切った。

準優勝した1995年以来24年ぶりとなる8強入りで、18日の準々決勝は仙台育英と対戦する。林監督はエースの連投について「どこまで回復できるか、状態による。8、9割でなければ無理はさせたくない」と慎重な姿勢だったが、本人はマウンドへの意欲を失っていない。

「自分たちにとって高校野球は最後。全部を出し切って最高の夏にしたい」と奥川。これからは新たな伝説を刻む戦い。令和の新怪物が真価を発揮する。

(8月17日 甲子園大会3回戦 星稜 4-1 智弁和歌山)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │高校 

甲子園ドラフト候補、行きたくない球団・嫌いな球団

2019年08月17日

8/17、日刊ゲンダイ終面より
夏の甲子園は16日、17日でベスト8が出揃う。本紙は、プロのスカウトが熱視線を送った今秋ドラフト候補を中心とした選手に、行きたい(好きな)球団、行きたくない(嫌いな)球団について直撃。すると、人気球団、不人気球団が浮き彫りになった。

行きたくない球団として最も多かったのが、甲子園を本拠地とする阪神だった。ある関東の高校の内野手は「甲子園は素晴らしい球場ですが・・・」と、こう話す。「ニュースで藤浪(晋太郎)さんが結構、ヤジを浴びていると読みました。お客さんが騒がしくてキツそうですよね・・・(苦笑い)。関東出身だし、関西の雰囲気に溶け込めるかどうかも心配です」

地元・関西でもこんな声が。「ウチの監督さんから、育成がうまくないし、球団の育成方針に一貫性がない。人間関係も複雑だから、あそこだけはやめておけと言われました(笑い)。高卒の野手のレギュラーがいないのも不安です」(近畿の出場校の外野手)

近江のエース・林優樹(スカウト評)が「京都出身で昔から阪神ファンです。お父さんが好きで、小さいころからサンテレビの中継をずっと見てました。鳥谷さんがかっこいいです」と話したのが救いか。

セの首位を走る巨人はどうか。花咲徳栄の遊撃手・韮沢雄也(スカウト評)が「家族が巨人ファンで、小さいころによく東京ドームに行ってました。小笠原、ラミレスが中軸のころ? はい。とても強いチームだなと思いながら、応援していました。もし巨人に指名されたら? 家族が喜ぶと思います」と笑顔で話す一方で、こんな意見も。

「打てなかったらすぐにクビになったり、トレードに出されたりというのがあるじゃないですか。高校から入って、捕手というポジションですぐにレギュラーになっている方は少ない。できるだけ長い目で見てくれそうな球団がいいですね」(東日本の出場校の捕手)

「起用を見ていると、何か裏がありそうですよね(笑い)。その時々の監督の好き嫌いで決まっているように見えます」(北信越地区の内野手)

こんな声もある。「DeNAは大卒の投手が多く、高卒が入る余地があるんですかね。雰囲気が合わないような気がします」(東海地方の投手) いずれも、球児の本音だ。12球団はご参考あれ――。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 08:40|この記事のURL│ │高校 


ドラフトニュース検索