ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

楽天ドラ6・鶴田圭祐が2軍で好投、148キロ計測

2017年05月25日

5/25、スポーツ報知websiteより (source)

2016楽天ドラフト6位 鶴田圭祐
帝京大(準硬式)・投手・動画

帝京大の準硬式からプロ入りした楽天のドラフト6位左腕・鶴田(動画)が、7回からの2イニングを1安打無失点。23日までイースタン3試合に登板し、各1イニングを無失点に抑えてきたが、初のイニングまたぎも無失点でクリアした。

MAX148キロの直球で空振り三振を奪う場面もあり「(三振は)全力で腕を振っただけ。2イニング目もゼロに抑えられてよかった。練習の成果が出ていると思います」と話していた。

(5月24日 イースタン・リーグ ヤクルト 8―2 楽天)




下は2016ドラフトで楽天が指名した選手です。6位・鶴田君のスカウト評はこちら

楽天の2016ドラフト指名選手
1位藤平 尚真横浜高 投手
2位池田 隆英創価大 投手
3位田中 和基立教大 外野手
4位菅原 秀大阪体育大 投手
5位森原 康平新日鉄住金広畑 投手
6位鶴田 圭祐帝京大・準硬式 投手
7位野元 浩輝佐世保工高 投手
8位石原 彪京都翔英高 捕手
9位高梨 雄平JX-ENEOS 投手
10位西口 直人甲賀専門学校 投手
育1千葉 耕太花巻東高 投手
育2南 要輔明星大 内野手
育3向谷 拓巳BFL・兵庫 内野手
育4木村 敏靖履正社専門学校 投手


draftkaigi at 07:33|この記事のURL楽天 

広島がスカウト会議、松田オーナー「左腕ほしい」

5/25、スポーツニッポン5面より
広島は24日に広島市内の球団事務所でスカウト会議を開き、リストアップした指名候補167選手のうち上位候補に挙げた約15人の映像を確認した。松田元オーナーは打者では高校通算95本塁打を誇る早実・清宮(動画)、投手では法大の右腕・熊谷(動画)JR東日本の左腕・田嶋(動画)らを高評価。

「清宮を指名するかどうかで変わってくるが、即戦力の投手がほしい。できれば左腕」と方針を明かし、清宮については「三塁手もあり得るね・・・という話を(スカウト陣と)した」と一塁手限定ではない見方を示した。



draftkaigi at 07:08|この記事のURL広島 

平岡敬人(中部学院大)復活、中日・阪神・ソフトBの声

5/25、中日スポーツ11面より

平岡 敬人 (中部学院大・投手)
185cm・右投右打・動画

今秋のドラフト候補に挙がる中部学院大の最速152キロ右腕・平岡敬人投手(動画)が15日の東海地区大学野球、岐阜学生リーグの最終戦・中京学院大戦2回戦で1年ぶりにリーグ戦登板を果たした。3年春以降は右肩痛や不振で苦しんだが、復帰戦で146キロを計測。プロ入りへの最後のアピールとなる秋へ手応えをつかんだ。

万全とは言い難い出来だったが、片りんは見せた。昨春の大学日本一・中京学院大との最終戦。平岡は1年ぶり登板の緊張感の中、先発で6イニングを投げて3安打、2失点。ストレートは「最近ではMAX」という146キロを計測した。

「優勝の可能性はなかったので、秋につながるように投げようと思った。制球もまだまだだし、球に勢いもなかった。もっと腕を振らないと」

3回まで1安打投球ながら、制球重視で奪三振はゼロ。原克隆監督から「オマエはこんなもんか?。三振を取りたくないのか?」とベンチで一喝され、目を覚ました。4回は1死から146キロ、143キロの直球で2者連続空振り三振。しっかり腕を振る本来の投球を取り戻した。

3年春のリーグ戦後から右肩痛に苦しめられた。秋はリハビリのみ。年末にキャッチボールを再開し、遠投を始めたのは今年に入ってからだった。実戦復帰後は社会人相手のオープン戦で結果を出せず、今春はリーグ終盤まで投球フォームの修正に専念してきた。

視察に訪れたプロ6球団のスカウトの評価はさまざま。ソフトバンク・山崎スカウトは「ブルペンでは素晴らしいのに。マウンドでその腕の振りが見られない。もったいない」と指摘すれば、阪神・熊野スカウトは「一つ一つの球はいい。素材がいいので、もう少し見てみたい」と話す。

中日・清水スカウトは「上下のバランスが本来の状態ではないが、ポテンシャルは高い。課題もあるが、伸びしろをより感じる」と素質を評価する。

「秋こそ神宮に行きたい」と平岡。剛腕が完全復活すれば、プロも神宮も十分、射程圏内だ。



平岡君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:07|この記事のURL中日 | ソフトバンク

川瀬航作(京都学園大)、来秋ドラフト候補が完封

5/25、スポーツニッポン6面より

川瀬 航作 (京都学園大・投手)
182cm・右投右打・動画

3回戦1試合があり、京都学園大が佛教大を破り、2季連続15度目の優勝を決めた。来秋ドラフト候補の最速146キロ右腕・川瀬航作投手が被安打7の8奪三振で完封。今春無傷の6勝目を挙げた。京都学園大は6月5日に開幕する全日本大学野球選手権出場を決め、1回戦で大商大と対戦する。

最後の打者をスプリットで二ゴロに仕留めた川瀬は両腕を突き上げて喜びを爆発させた。4回2死満塁の窮地でも光った宝刀のキレ味は最後まで落ちず、坂根監督からも「苦しい投手陣の中、一本立ちしてくれた」とたたえられた。

昨年までは主に中継ぎや抑え。投手陣にケガ人が続出した今春から本格的に先発へ転向し、3完封を含む計6勝を挙げるフル回転の働きだった。サイドから繰り出す直球は最速146キロ。今春は55回1/3で39奪三振で、防御率0.98と抜群の安定感を誇る。

大学選手権の1回戦は大商大だ。昨秋の関西地区大学選手権で敗れるなど入学後は2戦2敗。川瀬は「昨秋もやられた相手なので、先発するなら勝ちに結びつけられるような投球をしたい」と言葉に力を込めた。

(5月24日 京滋大学野球 京都学園大 4―0 佛教大)




川瀬君は鳥取・米子松蔭高出身の3年生です。ピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 07:06|この記事のURL大学 

広島がスカウト会議、高校生野手なら清宮・安田・村上

日刊スポーツwebsiteより (source)
広島は24日、広島市内の球団事務所でスカウト会議を行った。前回262人だった指名候補を167人に絞り込んだ。新たにリストに加わった選手もいるという。

上位候補には早実・清宮幸太郎内野手(動画)履正社・安田尚憲内野手(動画)九州学院・村上宗隆捕手(動画)法大・熊谷拓也投手(動画)JR東日本・田嶋大樹投手(動画)ヤマハ・鈴木博志投手(動画)ら14人が挙がった。

苑田スカウト統括部長は「例年に比べて候補はやや少ない。高校生野手なら清宮、安田、村上が群を抜いている」と評価。注目される清宮については「肘も柔らかいし、本人に気持ちがあればですが、サードも出来るのではと思っています」と明かした。



draftkaigi at 07:05|この記事のURL広島 

ドラフトニュース検索