ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

中山誠吾(白鴎大)、楽天が高評価

2021年03月01日

日刊スポーツwebsiteより  (source)

中山誠吾(白鴎大・遊撃手)
190cm・右投左打・動画

リーグを超えた“大型遊撃手対決”が実現した。身長190センチ、体重97キロ。元ヤンキース遊撃手のジーターにも引けを取らない体格を誇る白鴎大・中山誠吾内野手(動画)「意識しました」と打ち明けた。

その相手とは、日大の遊撃手、峯村貴希内野手。身長186センチ、体重86キロで、同じ左打ち。こちらも「(中山のことは)意識しましたね」と話した。ともに今秋ドラフト候補に挙がるが、対戦するのは、この日が初めて。

まずは、白鴎大の4番、中山がバットでみせた。2回先頭、左投手の初球の曲がり球を中前に落とした。紅白戦も含め、今年初実戦だったが「最初から思い切りいこうと。カーブか、スライダーか、変化球で入ってくると思いました」と読みが当たった。続く4回1死一塁では、チェンジアップを右前に運んだ。

3打席目は中飛に倒れたが、もっとも収穫があったという。カウント1-2からチェンジアップの読みが外れた。だが、直球を捉え、右中間へ。好守に阻まれたが、悪くない当たり。

「反応であそこまで飛ばせました。(野手の頭上を)越せないのは技術不足ですが、追い込まれてから変化球に対応する練習をしてきました。その中で、直球にも対応できました」とうなずいた。

峯村は足でみせた。1点を追う5回無死一、三塁に代打で登場。「犠飛かゴロで、まず1点」と、二ゴロで一時同点とした。50メートル走6秒0の足で併殺を阻止すると、次打者の初球で二盗に成功。「行けたら行こうと思ってました」と、スタートよく走った。

二塁ベース付近で並んだ2人。中山から「足、速いね」と声を掛けた。「(峯村とは)高校から比べられていたし、同じポジション。よきライバル。大舞台やジャパンで、また比べられたら。負けたくありません」。

峯村も「(中山は)2安打。負けられません。スケールも同じ。ライバル視してます」と闘志を燃やす。

▼楽天・後関スカウト部長
(白鴎大・中山について)「遊撃守備は体は大きいが動ける。スローイングも悪くない。打撃は振れる魅力がある。インコースの球にも肘をうまくたたんで打っていた。対応力がありそう」


(2月28日 オープン戦 白鴎大 2-1 日大)



中山君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:20|この記事のURL│ │楽天 

達孝太(天理)、7回6失点もオリックス高評価

日刊スポーツwebsiteより (source)

達孝太(天理高・投手)
193cm・右投右打・動画

オリックスの谷口スカウトが、28日の天理・達(動画)の投球を視察した。7回6失点の結果で、この日は本領発揮の投球内容ではなかったが、谷口スカウトは「(193センチと)長身で角度があるし、楽しみな素材です。変化球の決め球もあり、ここ一番の球に力がある」と評価した。



達君のスカウト評はこちら

達君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:20|この記事のURL│ │オリックス 

西垣雅矢(早大)に4球団、巨人・ロッテ高評価

2021年02月28日

スポニチwebsiteより (source)

西垣雅矢(早稲田大・投手)
184cm・右投左打・動画

昨秋の東京六大学リーグ戦で優勝した早大が27日、都内で昨年の都市対抗を制したHondaとオープン戦を行い、5―4で競り勝った。今秋のドラフト候補で最速147キロ右腕の西垣雅矢投手(動画)巨人など4球団のスカウトの前で先発し、5回1安打無失点の快投を披露した。

前日は徳山壮磨投手が好投し、昨年の都市対抗で通算100勝を達成したENEOSに1―0で勝利。社会人野球の強豪相手に連勝を飾り、小宮山悟監督は「2人(徳山と西垣)とも良かった。この感じでリーグ戦を迎えたい」と手応えを口にした。

1メートル84の大型右腕でドラフト候補に挙がる西垣は「徳山に負けないくらいのピッチングができたら」と意気込みマウンドに上がった。最速で145キロを計測した直球を軸に、昨年の都市対抗は5試合で29得点を挙げた強打戦を封じ込めた。

小宮山監督は「日頃の練習の成果ということ。言うことなかった」と投球を称え、西垣は「0で抑えられたのは自信になる」と笑顔を見せた。

昨年までシュート回転していた直球は、体を開かず手首を立てて投じるよう改良。威力が増した速球に2種類のフォーク、大きく曲がるスライダーなどを組み合わせる完成度の高い投球で視察したスカウト陣に猛アピールした。

巨人・水野雄仁スカウト部参与は「制球が良くなっている。球速ももっと上がってくると思う」と評し、ロッテ・中川隆治スカウトは「真っすぐの質が良い。ストライクゾーンを広く使えていた」と高評価を与えた。

小宮山監督が「早川が昨年、ああいう形(4球団競合)でプロに行ったことが刺激になっている」という右腕は「チームを勝たせることがアピールにつながる」と表情を引き締めた。

(2月27日 オープン戦 早稲田大 5-4 ホンダ)



西垣君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:42|この記事のURL│ │巨人 | ロッテ

小園健太(市和歌山)、阪神・日ハムスカウト視察

2/28、スポーツ報知websiteより (source)

小園健太(市和歌山高・投手)
184cm・右投右打・動画

第93回センバツ高校野球大会に出場する市和歌山の最速152キロ右腕・小園健太(動画)が27日、和歌山市の同校で紅白戦に先発。6回を4安打無失点、8奪三振、1死球に抑えた。

25日に148キロを計測した今秋ドラフト上位候補は「あまり良くなかった。寒すぎて制球が荒れていた」と、この日は144キロ止まりだったが、視察した阪神と日本ハムのスカウトの視線をくぎ付けにした。

23日の組み合わせ抽選会で、県岐阜商と第4日第1試合に対戦することが決定。東海大会準Vの強豪が相手となり「床に倒れ込みました」と苦笑しながらも「全打者、振ってくるイメージ。立ち上がりから攻めていけたら」と研究を開始。

チームも現3年生の左腕2投手に投げてもらい、相手の主戦サウスポー・野崎慎裕の対策を始めた。



小園君のスカウト評はこちら

小園君のピッチング動画こちら


draftkaigi at 06:41|この記事のURL│ │阪神 | 日本ハム

大内信之介(JPアセット証券)、プロスカウト注目

2/28、西日本スポーツ7面より 

大内信之介(JPアセット証券・遊撃手)
168cm・右投左打・動画

創部3年目の社会人野球のJPアセット証券は27日、東京都府中市で明大と練習試合を行い、新主将の大内信之介内野手(動画)が走る野球を目標に掲げた。

昨年の都市対抗ではセガサミーの補強選手として活躍した“走る証券マン”は「ことしは盗塁数にこだわりたい。個人では毎試合盗塁、チームで1試合3個以上」とした。この日は1安打1盗塁。チームは足を使った攻撃で終盤に3点をもぎとり、3―2で逆転勝ちした。

50メートル5秒8の俊足で、今春はNPBスカウトも視察するなどプロ注目の存在「人生が変わりました」。選手全員が証券マンという中で、営業成績もチームトップクラスという大内がグラウンド内外で走り回る。

(2月27日 練習試合 JPアセット証券 3―2 明治大)



大内君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 06:40|この記事のURL│ │社会人 


ドラフトニュース検索