ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

楽天ドラ2・岩見雅紀、球史に名を残す選手になる!

2017年11月20日

11/20、デイリースポーツ4面より

2017楽天ドラフト2位 岩見雅紀
慶応大・外野手・動画

楽天のドラフト2位、慶応大・岩見雅紀外野手(動画)が19日、都内で入団交渉に臨み、契約金7000万円、年俸1200万円で契約合意した。東京六大学歴代3位の通算21本塁打を誇る岩見は、プロ入り後も飛距離を落とさないため、現在の体重107キロをキープすることを明かした。

ワイシャツの上からXLのユニホームに袖を通し「サイズが入って良かった」と笑った岩見。しかし、持ち前のパワー満点の打棒を発揮するためには、今の重量がものをいう。「飛距離が落ちるといけないので、体重は落とさなくて良いと言われました」とありのままを貫くつもりだ。

それでも、限界は112キロまで。「112キロに乗るとケガをしたり張りが出るので、そこまではいかないように。油物を食べないようにする」とウエート管理は徹底する。背番号は22日の新入団発表でお披露目されるが、「13」が濃厚。憧れのA・ロッドと同じで、慶大でもつけた愛着ある番号だ。「球史に名を残す選手になりたい」。和製アーチストとして、みちのくを沸かせる。



下は2017ドラフトで楽天が指名した選手です。2位指名・岩見君のスカウト評はこちら

楽天の2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×村上 宗隆  
1位近藤 弘樹岡山商科大投手
2位岩見 雅紀慶応大外野手
3位山崎 剛国学院大内野手
4位渡辺 佑樹横浜商科大投手
5位田中 耀飛BFL兵庫外野手
6位西巻 賢二仙台育英高内野手
7位寺岡 寛治BCリーグ石川投手
育1井手 亮太郎九州産業大投手
育2松本 京志郎 光南高内野手
育3中村 和希天理大外野手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 08:51|この記事のURL楽天 

広島ドラ1・中村奨成、高校通算45本塁打で締め!

11/20、デイリースポーツ広島版1面より

2017広島ドラフト1位 中村 奨成
広陵高・捕手・動画

笑顔の花が咲いた。広陵のユニホームを着て臨む最後の一戦。類いまれな打力と勝負強さでスタンドにアーチをかけた。高校通算45本目の本塁打は勝ち越しの決勝2ラン。広陵・中村(動画)のバットがチームを勝利に導いた。

「最後だと思って一打席を大事にした。3年生全員と戦って、みんながはしゃいでくれてうれしかった。公式戦とは違う楽しさがありました」。苦楽を共にしてきた同級生、そして中井監督に贈る一撃だった。

3年生のみが出場した広島商との定期戦。2―2の五回、1死二塁で出番が来た。2球目。内角高めの直球を振り抜いた。肘を畳みはじき返した白球は、一直線に左翼フェンスを越えた。四回に2点を奪われ同点とされていただけに「何とかしたかったんです」と集中力を発揮。再びリードを奪う2ラン。無類の勝負強さだった。

八回にも左前打を放ち、3打数2安打、1本塁打、2打点。走塁でも「中井先生(監督)に『行け』と言われたので」と初回、四球で出塁すると俊足を生かして二盗を決めた。強肩を発動する場面はなかったものの強気のリードで投手を引っ張る。走攻守三拍子そろった逸材。改めてその存在感を示し、高校最後の対外試合を締めくくった。

来年1月の入寮まで2カ月を切った。プロでの戦いを前に体力、技術不足を自覚する。現在の体重は77キロ。80キロを最低限の目標に設定して食事を取り、筋力トレに励む。バットは9月のU―18W杯後から木製バットでの練習を本格化した。「まずは強い打球を打つことを心掛けて振っています。少しずつ感覚は良くなっている」。着実に前に進みながら準備している。

「3年間、やってきたことを全て出し切りました。中井先生には感謝しかない。ほかの3年生や控え選手などが支えてくれたおかげで野球ができた」。今夏の甲子園では85年の清原(PL学園)を超える1大会個人最多6本塁打を記録した。広陵に入学したからこそ、今の自分がある。さまざまな人に巡り合い過ごした高校生活に、今は感謝するだけだ。

(11月19日 定期戦 広陵 6―3 広島商)



下は2017ドラフトで広島が指名した選手です。1位指名・中村君のスカウト評はこちら

広島の2017ドラフト指名選手
1位中村 奨成広陵高捕手
2位山口 翔熊本工高投手
3位ケムナブラッド誠日本文理大投手
4位永井 敦士二松学舎大付高外野手
5位遠藤 淳志霞ヶ浦高投手
6位平岡 敬人中部学院大投手
育1岡林 飛翔菰野高投手
育2藤井 黎來大曲工高投手
育3佐々木 健小笠高投手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 08:44|この記事のURL広島 

ロッテ育成1位・和田康士朗、トリプルスリー目指す

11/20、日刊スポーツwebsiteより (source)

2017ロッテ(育成)1位 和田康士朗
富山サンダーバーズ・外野手・動画

球界の出世魚になる。ロッテ育成1位、BC富山・和田康士朗外野手(動画)が19日、富山・高岡市内のホテルで契約した。支度金300万円、年俸240万円(金額は推定)。ソフトバンク柳田のフルスイングをお手本にする若者は「最終的な目標はトリプルスリーです」と、ぶち上げた。

異色の経歴だ。中学時代の股関節などのケガで、埼玉・小川高では野球を断念。陸上部で走り幅跳びの選手になった。だが、1年夏に埼玉県大会のテレビ中継で旧友を発見。再び野球への情熱が湧き起こる。野球部ではなく、父親のツテで埼玉のクラブチーム都畿川倶楽部硬式野球団を選んだ。

「甲子園への憧れはありましたが・・・。クラブチームでいろいろ教えてもらえて良かったです」。あえて、もまれる道を選んだ。課題は体力面と自覚する。食が細く、185センチの長身に対し72キロしかない。それでも、富山に来て「ブラックラーメンがおいしい。しょっぱくて」と地元グルメで6キロ増量した。

まずは支配下登録が目標だ。「体を大きくして、ホームランを打てる選手になりたい」と意気込んだ。体重を増やして、富山の冬の味覚ブリのように出世する。ちなみに「ブリは食べる機会はなかったです。値段的にも」と苦笑い。ビッグになって舌鼓も打つ。



下は2017ドラフトでロッテが指名した選手です。育成1位・和田君のスカウト評はこちら

ロッテの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
1位安田 尚憲 履正社高内野手
2位藤岡 裕大 トヨタ自動車内野手
3位山本 大貴三菱自動車岡崎 投手
4位菅野 剛士 日立製作所外野手
5位渡辺 啓太NTT東日本投手
6位永野 将司ホンダ投手
育1和田 康士朗BCリーグ富山外野手
育2森 遼大朗都城商高投手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 08:42|この記事のURLロッテ 

DeNAドラ8・楠本泰史、「松井裕樹と対戦したい」

11/20、スポーツ報知websiteより (source)

2017DeNAドラフト8位 楠本泰史
東北福祉大・遊撃手兼外野手・動画

DeNAドラフト8位指名の東北福祉大・楠本泰史外野手(動画)が19日、仙台市内のホテルで球団と契約金2500万円、年俸700万円(いずれも推定)で仮契約を結んだ。今夏の台北ユニバーシアードで日本代表の4番を担った好打者は、大学の先輩でもあるプロゴルファー・松山英樹の「修正能力」を野球でも生かし、開幕1軍を目指す。

大学ジャパンの主砲が目を丸くした。仮契約を結んだ楠本は、この日の国内男子プロゴルフツアー・ダンロップフェニックスで松山がホールインワンを達成したことに「きのう(18日)テレビを見て、調子が良くないかなと思っていた。1日で修正する能力はすごいし、野球にも通じる。自分も大事にしたい」と、今年2月の米国合宿で話をした大先輩から刺激を受けていた。

23日に本契約を結び、来年1月8日の新人合同自主トレから開幕1軍を目指す戦いが始まる。4年間過ごした仙台に「もうひとつの故郷ができた」と語った楠本は、対戦したい相手に小中学校時代のチームメートだった楽天・松井裕樹投手を指名。「自分たちだけじゃなく、2人に関わってくれた皆さんが期待している。早く1軍に上がって、将来対戦したい」と笑顔で誓った。



下は2017ドラフトでDeNAが指名した選手です。8位指名・楠本君のスカウト評はこちら

DeNAの2017ドラフト指名選手
1位東 克樹 立命館大投手
2位神里 和毅日本生命外野手
3位阪口 皓亮北海高投手
4位斎藤 俊介JX-ENEOS投手
5位桜井 周斗日大三高投手
6位寺田 光輝BCリーグ石川投手
7位宮本 秀明パナソニック内野手
8位楠本 泰史東北福祉大内野手
9位山本 祐大BCリーグ滋賀捕手
育1中川 虎大箕島高投手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 08:36|この記事のURL横浜DeNA 

平松竜也(盛岡大付)、八戸学院大に合格

日刊スポーツwebsiteより (source)

平松 竜也 (盛岡大付高・投手)
183cm・右投右打・動画

春夏連続で甲子園8強入りした盛岡大付のエース右腕、平松竜也(動画)八戸学院大(青森・北東北)に合格したことが17日、分かった。今夏の甲子園準々決勝で、優勝した花咲徳栄(埼玉)に敗戦後、プロ志望届の提出を明言。だが実際には提出せず、大学で4年間鍛え直して再びプロを目指す方針に転換していた。

右上手から最速145キロの威力ある直球を投げ込み、カーブ、スライダー、フォークなどを自在に操るパワー型の投手だ。中学で所属していた横浜瀬谷ボーイズでは外野手だったが、高校入学後から本格的に投手へ転向し、頭角を現した。中学のチームメートで、東北福祉大(仙台6大学)に合格した左腕の三浦瑞樹とともに強力な左右の両輪を形成し、県勢初の3季連続甲子園に導いた。

今夏の甲子園1回戦では前年優勝校の作新学院(栃木)を相手に9回2安打1失点で完投。済美(愛媛)との3回戦でも先発し5回6失点で降板も、8回から再登板。延長10回まで無失点に抑え、同校初の大会3勝に貢献した。

八戸学院大が所属する北東北大学リーグは現在、富士大(岩手)が8連覇を達成。盛岡大付で春夏の甲子園、愛媛国体に出場した大宮海星捕手も合格しており、2人で富士大の連覇を止めてみせる。



平松君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL甲子園球児の進路 

ドラフトニュース検索