ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

石川翔(青藍泰斗)151キロ、阪神・西武・ソフトBの声

2017年07月20日

7/20、デイリースポーツ6面より

石川 翔 (青藍泰斗高・投手)
178cm・右投左打・動画

栃木大会では、青藍泰斗が六回コールド勝ちで2年ぶりの4強入りを決めた。今秋ドラフト候補右腕の石川翔投手(動画)が、自己最速となる151キロ直球で毎回の10三振を奪い、6回3安打1失点で完投した。(以下スカウト評のみ抜粋)

▼阪神・平塚スカウト
「低めがいい。低めで140キロ台後半はなかなかいない」

▼西武・渡辺SD
「まだもっと速くなる。縦のスライダーもいい。高校生ではトップレベル」

▼ソフトバンク・小川編成育成部長兼スカウト室長
「体の強さを感じる投手。これだけ強いボールがある。ポテンシャルを持っている」

▼中日・中田スカウト部長
「フォーム的には非の打ちどころがない。1位の12人に入るのは間違いない」


(7月19日 栃木大会準々決勝   青藍泰斗11―1石橋)



石川君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


石川君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 09:53|この記事のURL阪神 | 西武

北浦竜次(白鴎大足利)に8球団、ロッテが高評価

7/20、デイリースポーツ6面より

北浦 竜次 (白鴎大足利高・投手)
181cm・左投左打・動画

最速147キロ左腕・北浦竜次投手(動画)は、8回4失点完投も実らず敗退。初回先頭のゴロを自身がはじいて先制点につながり「自分の弱さが出た」と肩を落とした。進路については「プロ志望届を出します」と明言。この日は8球団のスカウトが視察。ロッテ・永野チーフスカウトは「八回でも144キロを出していた。馬力はある」と評価した。

(7月19日 栃木大会準々決勝 文星芸大付4―3白鴎大足利)



北浦君のピッチング動画はこちら

北浦君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 09:41|この記事のURLロッテ 

尾形崇斗(学法石川)プロ志望表明、「志望届出す方向」

7/20、サンケイスポーツ6面より 

尾形 崇斗 (学法石川高・投手)
181cm・右投左打・動画

プロ注目の最速150キロ右腕、学法石川の尾形崇斗投手(動画)は8回4失点。日大東北に4―5で敗れた。序盤はこの日最速145キロの直球で押したが、終盤に失点を重ね「スタミナには自信があったが、これが夏というのか・・・」とうつむいた。

今後については「(プロ)志望届を出す方向で考えるつもり。(帰りの)バスに乗った瞬間から切り替え、あしたから練習します」と前を向いた。

(7月19日 福島大会準々決勝 日大東北5―4学法石川)



尾形君のピッチング動画はこちら

尾形君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 09:20|この記事のURLプロ志望届 

吉住晴斗(鶴岡東)プロ志望表明、12球団OK

7/20、スポーツ報知websiteより (source)

吉住 晴斗 (鶴岡東高・投手)
185cm・右投右打・動画

2年連続夏の王者の鶴岡東が3回戦で姿を消した。プロ注目の右腕・吉住晴斗投手は、初戦に続いてリリーフ登板。3点差を追う4回に登場し、最速147キロをマークしたが、6回に本塁打を浴びるなど5イニングで8安打5失点、
7奪三振。甲子園には戻れなかった。

試合後は「上でやるにはもっと力をつけないと・・・。進路はまだ分からないが、声をかけていただけるならプロでやりたい。球団はどこでも・・・」プロ志望を明言した。

(7月19日 山形大会3回戦 山形中央12―5鶴岡東)



吉住君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

吉住君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 08:51|この記事のURLプロ志望届 

佐藤隼輔(仙台)に阪神5人態勢、ヤクルト評価

7/20、スポーツ報知websiteより (source)

佐藤 隼輔 (仙台高・投手)
180cm・左投左打・動画

宮城2回戦で、仙台のプロ注目左腕・佐藤隼輔(動画)が2試合連続完封。仙台商を1―0で退け3回戦に駒を進めた。最後の打者を直球で見逃し三振に仕留めると、佐藤隼は1度だけグラブを叩いた。「うまく打たせて取れたのでよかった」。15日の名取北との1回戦は18奪三振を記録したが、この日は8奪三振。打たせて取る投球で1点を守り切り、2戦連続完封を達成した。

テーマは「脱力」だ。1回戦は180センチ、77キロの体格を生かした力強い投球で奪三振ショーを披露。だが、138球を投げ、6回に足をつるアクシデントに見舞われた。「最近はどんどん三振を狙うのが自分の投球になっていたけど、元々は打たせて取るのが自分の投球。(足をつった後)力まないのがいいかもなと思った」。けがの功名で本来のスタイルを思い出し、122球で9回をまとめた。

勝負所ではねじ伏せた。「ランナーが出るまでは打たせて取って、出たら要所で三振を狙った。特にエラーの後は流れが悪くなるので」。失策も絡み、1死一、二塁と攻められた6回は、4、5番をいずれもスライダーで空振り三振。最後まで流れは渡さなかった。

ネット裏からは5人が訪れた阪神を筆頭に巨人、ヤクルト、楽天と4球団10人のスカウトが熱視線。楽天のスピードガンではMAX141キロをマークした。ヤクルト・斉藤宜之スカウトは「投げ方や肘の使い方にセンスがある。あとは投げるスタミナですね」と将来性を高く評価した。

「次もゼロに抑えること。この後も勝たないと意味がない」と話した佐藤隼。流れを引き寄せる投球で、チームを頂点まで導いていく。

(7月19日 宮城大会2回戦 仙台1―0仙台商)



佐藤君のピッチング動画はこちら

佐藤君のスカウト評は
こちら

draftkaigi at 08:38|この記事のURL阪神 | ヤクルト

ドラフトニュース検索