ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

佐々木朗希(大船渡)、広島「課題持ってやってる」

2019年04月21日

4/21、デイリースポーツ6面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

最速163キロ右腕が日米20球団の前で新たな一面を披露した。今秋ドラフトの目玉である大船渡・佐々木朗希投手(動画)が20日、宮城・多賀城市内で行われた仙台育英との練習試合に「4番・投手」で先発出場。投げては変化球を軸に四回途中2失点、打ってはバックスクリーン直撃の先制3ランを放って存在感を示した。

強い意志を持って春夏通じて甲子園39度出場で春1度、夏2度の準優勝を誇る強豪に挑んだ。佐々木は国内の高校生最速をマークした剛速球をセーブし、変化球主体の投球をお披露。カーブ、チェンジアップを試すかのように投げ込んだ。

直球自体もこの日は最速150キロで、被安打3、5奪三振にとどまった。4四球と制球に苦しむ場面もあったが、阪神など国内10球団27人、メジャー10球団13人が集結したスカウト陣の評価は揺らがない。広島・苑田スカウト統括部長は「課題を持ってやっている」と意図を持って投げる姿勢を称えた。

スピードだけではないところも改めて示した。阪神・葛西スカウトは「ツーシームも投げていたんじゃないか」と新兵器の存在を示唆。打ち取って抑える省エネスタイルを習得して投球の幅を広げれば、悲願の甲子園も近づいてくる。

本業以外にも主砲として初回に先制3ランを放ち、球場を沸かせた。中堅まで125メートルの球場でバックスクリーン直撃の一発。スタンドまで軽々と運ぶ姿も様になる。令和の怪物にふさわしいスター性。この日も学校の方針で取材対応はなかったが、周囲の騒がしさに惑わされず進化を続けている。

(4月20日 練習試合 仙台育英 8-4 大船渡)



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 10:15|この記事のURL│ │広島 

森下暢仁(明治大)、6回4失点も楽天スカウト評価

4/21、西日本スポーツ6面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

今秋ドラフト上位候補の明大・森下(動画)は、最速152キロもマークしたが10安打を浴びて6イニングで4失点。「立ち上がりからボールが浮いて修正できなかった。スピードだけではダメだと思いました」。DeNA、ソフトバンクなどが視察。楽天・後関スカウト部長は「ボールそのものは悪くない。どう修正できるかでしょう」と期待した。

(4月20日 東京六大学 立大 4-0 明大)



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 09:40|この記事のURL│ │楽天 

坂本裕哉(立命館大)、巨人「真っすぐの制球いい」

4/21、デイリースポーツ6面より

坂本 裕哉 (立命館大・投手)
180cm・左投左打・動画

1回戦2試合が行われ、立命大が京大を、同大が関大をそれぞれ下して先勝した。立命大は今秋のドラフト候補・坂本裕哉投手(動画)が5安打無失点、9奪三振の力投で、自身リーグ戦初完封勝利を挙げた。

最後までマウンドを譲らなかった。126球の完封勝利に、坂本は「100球を超えても球威は落ちなかったので。うれしいです」と笑顔を見せた。自己最速の148キロ超えとはいかなかったが、この日最速の146キロ直球を軸に、京大打線を相手にゼロを並べた。

ネット裏では巨人の長谷川スカウト部長、渡辺スカウトが見つめた中、渡辺スカウトは「まっすぐの制球がいい。これからもっと上がってくるのでは」と評価。バットでもダメ押しの適時二塁打を放って勝利に貢献した。

福岡大大濠では、阪神・浜地の1学年上の先輩として、一緒にプレー。今でも連絡を取り合う間柄だ。「刺激になりますし、負けないようにがんばりたい」と、さらに上を目指していく。

(4月20日 関西学生野球 立命大 3-0 京大)



坂本君のスカウト評はこちら

坂本君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 08:00|この記事のURL│ │巨人 

佐々木朗希(大船渡)、巨人・DeNA・オリックスの声

4/21、サンケイスポーツ5面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

最速163キロを誇る剛腕、大船渡高の佐々木朗希投手(動画)が20日、宮城・仙台育英高との練習試合に登板。3回2/3を投げて3安打2失点、4四球5奪三振だった。最速も150キロで数字上は際立ったものはなかったが、多彩な変化球を中心とした技巧派投球に、視察した日米合計20球団のスカウトら関係者は、評価をさらに高めた。(以下スカウト評)

▼オリックス・長村球団本部長
「初めて見たが、変化球中心に課題を持って投げていると思った。上背、リーチ、スケール感のある投手」

▼巨人・柏田スカウト
「意図があって、こういう(変化球中心の)投球をしている。夏には、こういう対応をしないといけないと分かっているのでしょう」

▼DeNA・欠端スカウトグループリーダー
「夏を考えて、真っすぐを生かすための変化球を試しているのだろう」

▼フィリーズ・大慈彌環太平洋担当部長
「クイック、牽制、フィールディングという勝てる投手に必要な部分を見せた」


(4月20日 練習試合 仙台育英 8-4 大船渡)



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL│ │巨人 | 横浜DeNA

森下暢仁(明治大)に12球団、西武・巨人など評価

スポーツ報知websiteより (source)

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

明大のドラフト1位候補右腕・森下暢仁(動画)が今春初戦の立大戦に先発したが、6回10安打4失点で黒星を喫した。主将として責任を背負った。「全然、出し切れていない。開幕の緊張感があって球をコントロールできず、修正できなかった。それが試合を壊してしまった原因だと思います」。

4回2死一、三塁で、高く一塁手の頭上に弾む先制二塁打を許し、5回には暴投で追加点を献上。「低めを意識しても真ん中に行き、腕の振りがうまくいかなかった」と首をひねった。善波達也監督は「今まで見た中で一番悪いかな。球がどこに行くか分からないくらい」と指摘。「ビデオを見て、本人と話します」と次戦までの立て直しを期待した。

ネット裏にはプロ12球団のスカウトが集結。球場表示で152キロをマークし、西武のスピードガンでは自己最速にあと1キロと迫る15キロを計測した。西武・潮崎編成ディレクターは「スマートな投手でカーブ、チェンジアップもある。楽天・岸みたいなタイプで即戦力」と高評価。

楽天・後関スカウト部長は「高校時代から上位候補。真っすぐの質はいい」。巨人・織田スカウトは「今日の結果だけで評価が変わることはない」と語った。

(4月20日 東京六大学 立大 4-0 明大)



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │巨人 | 西武

ドラフトニュース検索