ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

島袋洋奨(ソフトB戦力外)、サラリーマンで再出発

2019年12月11日

12/11、スポーツニッポン4面「ユニホームを脱いだ男たち」より

2014ソフトBドラフト5位 島袋洋奨
中央大・投手・スカウト評

戸惑いの連続で、一日があっという間に過ぎていく。サラリーマンとして第二の人生をスタートさせた島袋(2014ドラフト5位)「野球とは全然違う疲れ方ですね。覚えることが多くて大変です」と苦笑いした。

入社したのはサポートギアなどを扱うメーカー「アスリートビジョン」。販売員として東京、横浜の店舗で働いている「僕がプロに入ってから肘のサポーターなどを使わせてもらっていた。興味がある分野だったので、決めました」と話した。

生活拠点を東京に移し、妻を沖縄に残しての単身赴任生活。「通勤時間の満員電車が本当に苦手」と、朝は自宅を出る時間を早め、各駅停車の電車で座席を確保する。食事面の苦労も多いが「米だけ炊いて、総菜を買っています」。

学生時代にアルバイト経験もなく、パソコンの使い方から学んだ。「エクセルって何だろう」というレベルからのスタートだったが、メールや資料のプリントアウトなどはこなせるようになった。

興南では10年にエースとして甲子園春夏連覇の立役者となり、沖縄は「トルネード旋風」に沸いた。中大を経てソフトバンク入り。プロでは1年目に2試合に登板したが、2年目以降は1軍に呼ばれることはなかった。「春夏連覇がなかったら、あの後の僕はなかった。プロでは結果が出なかったけど、悔いはない」と5年間のプロ生活を振り返った。

将来の夢は、故郷の沖縄で野球の指導者になることだ。興南の我喜屋優監督からは「(指導者の)道の中に興南もあるよ」とエールを送られたという。プロでは左肘を手術するなど、リハビリ生活も経験しただけに「プロで教わったことがたくさんある。指導者になれば経験したことを言ってあげることができる」と自身の体験談も指導に生かす構えだ。

11月に一度、沖縄に帰省し、故郷への思いを再確認した。「僕にとって沖縄は特別な場所。甲子園は想像はできないけど、やるなら上を目指していきたい」。まずはサラリーマンとして野球以外の世界を勉強し、視野を広げる。そして、母校を率いて甲子園の頂点へ。島袋の新たな挑戦が始まった。



下は2014ドラフトでソフトBが指名した選手です。5位指名・島袋君のスカウト評はこちら

ソフトBの2014ドラフト指名選手
1位松本 裕樹盛岡大付高投手
2位栗原 陵矢春江工高捕手
3位古沢 勝吾九州国際大付高内野手
4位笠谷 俊介大分商高投手
5位島袋 洋奨中央大投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:30|この記事のURL│ │ソフトバンク | 戦力外通告

ヤマハ、大本拓海ら3人が来年度新加入

静岡新聞websiteより (source)
ヤマハ野球部は10日、2020年度の新体制と新加入選手を発表した。室田信正監督のもと、新たに長谷川雄一外野手が野手コーチ兼任、佐藤二朗内野手は野手コーチ専任となる。井上結貴内野手ら3選手が退部する。内定選手は大本拓海捕手(掛川西高出、立命大)清水蓮投手(共栄大)永浜晃汰内野手(東北福祉大)の3人。

大本は打てる捕手として期待される。掛川西高で1年時から4番を担い、高2夏の静岡大会は準優勝に貢献した。立命大ではDeNA入りする左腕坂本とバッテリーを組み、今春の全日本大学選手権に出場。関西学生野球春季リーグのベストナインに選ばれた。

清水は最速149キロの本格派右腕で、制球力にも定評がある。東京新大学リーグではMVP2回、最多勝3回、最優秀投手賞3回など数々のタイトルを獲得した。永浜は大学3年の春に全日本大学選手権で優勝するなど、経験豊富な内野手。打率を残せる中距離ヒッターで、得点圏での勝負強さを持ち味とする。



スカウトが選手のしぐさから注目するポイント

12/11、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトネット裏雑記帳」より
強豪校には、言うまでもなく強打だけでなく堅実な守備力が備わっている。しかも、そこには注目する点がある。それは、あらゆる動作の流れの中に「トップの位置」が定まっているところだ。

キャッチボールをする際にも、強豪校の選手は捕球してからが素早く、利き腕の肩より高い位置まで肘を上げ、球を握る手の位置も高く構えてトップをつくる。そうすることによって、上から振り下ろすように投げられるので、球には縦に逆スピンがかかり、制球が安定する。

浮力がアップして球足が長くなり、いわゆる伸びる球が投げられるというわけだ。

打撃も同様にトップの位置がある。投球を待っている時の構えには、打つための初動としての構えが必要だ。その位置は人それぞれだが、待っている時に構えている位置と同じ高さか、それより高い位置にテークバックして初動のトップをつくる。それによって瞬時に投球に反応でき、最短距離でコンパクトにバットを振り始めることができる。

また、余分な動きがなくなるので、体の前でバットが振れ、効率よく力が球に伝えられる。力強い打球を打ち出すことが、可能になるわけだ。

強いチームの大半はそれらを心得ているので、試合直前にベンチ前で行われる先攻の素振りや、後攻のキャッチボールを見ていれば、そのチームの指導状況がわかる。強豪校の強さには、選手の資質や練習量だけでなく、その根元に核となる教えが存在するのは明らかだ。

自然な動きに逆らわず、ニュートンの法則も利用しながらプレーもする。そういうものも、我々スカウトは選手のしぐさから観察している。



2019ドラフト、12球団の指名選手はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL│ │高校 

今季限りで引退の田中賢介、日ハムのSAに就任

12/11、スポーツニッポン5面より

1999日本ハムドラフト2位 田中賢介
東福岡高・内野手


日本ハムは10日、今季限りで現役引退した田中賢介氏(1999日ハム2位)が来年1月1日付でスペシャルアドバイザー(SA)に就任すると発表した。契約は1年ごとに更新する。

札幌市内の球団事務所で行われた会見に出席した田中SAは、春季キャンプ中は他の全11球団を視察する計画を明かし「日本のプロ野球はファイターズしか知らないので、他のチームがどういうキャンプをしているか、開幕までどう臨んでいるか知らない。いいものを取り入れて助言できれば」と意欲的に話した。

同職は新たに設けられた役職で、アマチュア選手やプロ野球の他球団の視察などの編成面の仕事に加え、野球の普及活動などの事業面、23年完成予定の新球場建設に関して、選手目線での助言も行う。



下は1999ドラフトで日ハムが指名した選手です。田中賢介は2位指名入団。プロでの成績はこちら

日本ハムの1999ドラフト指名選手
1位正田 樹桐生第一高投手
2位田中 賢介東福岡高内野手
3位吉崎 勝ミキハウス投手
4位佐々木 貴賀高松西高投手
5位藤崎 大輔中央学院高捕手
6位神島 崇インディアンヒルズ短大投手
7位遠藤 良平東京大投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │日本ハム | 戦力外通告

中川大志(DeNA戦力外)、第二の人生はスカウト

2019年12月10日

12/10、スポーツニッポン4面「ユニホームを脱いだ男たち」より

2008楽天ドラフト2位 中川大志
桜丘高・内野手


11月22日、横浜市内で行われたDeNAの新入団発表。スーツ姿で会場の一番後ろから見守る中川大(2008楽天2位)の姿があった。アマスカウトとしての初仕事。「まだ自分が指名した選手はいないけど、夢と希望を持って入団してくる選手の顔を見るだけでうれしい。親心湧きますよね、きっと」。次のステージへ、力強く歩みだしていた。

引き際は決めていた。17年限りで楽天を戦力外となり、DeNAから声が掛かった。このときも引退が頭をよぎったが「もう一度、チャンスがあるならやりたいと思った。でも次が最後」。そう心に決めて、新天地にやってきた。

移籍2年目は3試合出場で3打数無安打。2度目の通告で、迷いはなかった。いつも支えてくれた莉野夫人も「あなたに任せる」と言ってくれた。11年間の現役生活に別れを告げ、バットを置いた。

小学1年で野球を始めたのは、高校野球の指導者だった父・明智さんの影響だった。とにかく厳しかった父だが、「プロを目指せ」と基礎を叩き込んでくれた。16年に56歳で他界。天国で見守る父の教え通りに努力する姿は「練習の虫」とも呼ばれた。

「いいときも悪いときも、投げやりにせずにやってきた。頑張ってきたので、父も“お疲れさま”って言ってくれていると思います」。父を思い、穏やかに笑った。

18歳でプロの世界に飛び込んでから毎年、シーズンが終わると欠かさなかったことがある。自身をプロの世界に導いてくれた担当スカウトの山田潤氏(楽天)への連絡だ。話題は野球のことだけでなく、プライベートにまで及ぶ。戦力外通告を受け、アマスカウトの話をもらったときもすぐに相談した。

恩師からの「魅力的な仕事だ」との言葉に、中川大も「僕は山田さんに今も感謝しているし、縁って大事。自分もそうなれたら」と新たな道を決めた。「たくさん失敗すると思いますが、失敗を恐れて逃げては駄目。どんなことも逃げずに頑張っていきたいと思います」。次の舞台でも中川大らしく努力を重ね、原石を発掘していく。



下は2008ドラフトで楽天が指名した選手です。2位指名・中川大志のプロでの成績はこちら

楽天の2008ドラフト指名選手
1位 藤原 紘通 NTT西日本 投手
2位 中川 大志 桜丘高 内野手
3位 井坂 亮平 住友金属鹿島 投手
4位 井上 雄介 青山学院大 投手
5位 楠城 祐介 パナソニック 外野手
6位 辛島 航 飯塚高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 09:39|この記事のURL│ │横浜DeNA | 戦力外通告


ドラフトニュース検索