ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

楽天、ドラフト1位に石川昂弥(東邦)急浮上

2019年10月16日

10/16、日刊スポーツ5面より

石川 昂弥 (東邦高・三塁手兼投手)
185cm・右投右打・動画

楽天の1位候補に日本の4番・石川(動画)が急浮上した。球団関係者によると「10年に1度、出てくるかの逸材。将来の主砲候補として調査している」と説明。高校通算55本塁打の右の大砲について石井GMら首脳陣の評価が高く、佐々木と並んで1位候補に絞り込まれた模様だ。

甲子園の星に熱視線を注ぐ。石川は今春のセンバツ決勝で2本塁打を放ち、投げては完封。U18W杯でも全試合に4番で出場して存在感を示した。投打二刀流としても魅力があるが、スラッガーとしての才能を評価。浅村に続く和製長距離砲は補強ポイントの1つで、競合必至での指名を検討している。

「令和の怪物」も1位候補に残る。最速163キロをマークした大船渡・佐々木(動画)の動向をつぶさにチェック。8月末のU18高校日本代表壮行試合では石井GMも視察し「何十年かに1人の逸材」と絶賛していた。

4日にはプロ志望届を提出した佐々木と面談。宮越スカウトは「日本球界としてどう育てていくか」とスケールの大きさを口にしていた。東北6県に根ざす球団として、岩手出身のご当地選手は魅力が十分にある。

石川か、佐々木か。どちらにしても競合は避けられない。16日に石井GMらも出席してのスカウト会議を行い、1位指名の最終決定をする。



石川君のスカウト評はこちら

石川君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:06|この記事のURL│ │楽天 

ヤクルト、ドラフト1位は奥川恭伸(星稜)に決定!

10/16、日刊スポーツ4面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

即戦力のイケメン高校生右腕を引く! ヤクルトはドラフト1位に星稜・奥川恭伸投手(動画)を指名することを、高津臣吾新監督が公言した。

都内の球団事務所で監督や衣笠球団社長兼オーナー代行も参加し、約3時間半のスカウト会議を行った。高津監督が「ドラフト1位は、奥川投手でいきます」と口を開いた。「体つきがいい。がっちりしているし、下半身が大きい。本格派の投手。顔もいい」とべた褒め。

今季はリーグワーストのチーム防御率4・78で、投手陣の再建が急務。即戦力が最大のポイントで、フィジカル面や球数など課題はあるが「育成プランをクリアしたときに、1年で活躍する実力がある。来年、勝ってくれると思う投手」とした。

即戦力では、明大・森下や社会人の投手も候補には入っていたが、伊東編成部長は「その中でも、奥川投手を即戦力として見ている」ときっぱり。橿渕スカウトグループデスクも「今年は16連敗がありましたが、エースとして連敗を止められる素質がある」と称賛した。

現状で奥川を1位指名に公言している球団はないが、競合は必至。くじ引きは9連敗中だが、大役に向けて高津監督は「自信はないが、挑戦したい」と笑顔を見せた。



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL│ │ヤクルト 

ロッテ、ドラフト1位は佐々木朗希(大船渡)に決定!

10/16、日刊スポーツ5面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

ロッテはZOZOマリンでスカウト会議を行い、大船渡・佐々木(動画)を1位指名することを決めた。井口監督が「佐々木投手で行こうと決まりました。将来性もある投手。競合するのはわかっているが、うちのチームは一番の選手を指名するのがここ何年か続いている。ぜひとも指名させていただきたい」と明言した。

約5時間にも及んだ会議だが、1位指名はすんなり決まった。「まだまだ伸びしろもある。スカウト陣もここ何十年見た中で一番いいという評価。まだまだ完全ではないと聞いているが、逆に言えば完全じゃない状態であれだけですから」と現場、フロント、スカウトの意見が一致。

最大8球団の競合も予想される中、そのリスクを背負うだけの逸材と判断した。今季、高卒3年目の種市がチームトップタイの8勝を挙げるなど、チームには若手が育つ環境もある。

くじ引きは昨年、3球団競合の末、藤原を引き当てた井口監督が務めることも決まった。「何とか引き当てたい。世界に羽ばたける投手だと思う。ぜひ一緒にやりたいと思う」。その手で令和のスターを引き当てる。



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL│ │ロッテ 

大西広樹(大商大)、阪神がドラフト指名検討

日刊スポーツwebsiteより (source)

大西 広樹 (大阪商業大・投手)
176cm・右投右打・動画

阪神がドラフト指名を検討している大商大・大西広樹投手(動画)がドラフト前最後の先発で快投した。5回1失点で今季3勝目を挙げ、リーグ歴代9位に並ぶ通算27勝をマーク。すでに優勝は決めており、16日のリーグ最終戦は中継ぎ待機する。

最速148キロの本格派右腕は、初回に1失点(自責なし)したが2回から修正。直球、変化球ともコースに投げ分ける本来の投球だった。今季は下級生に経験を積ませるため中継ぎも多かったが、3度の先発はすべて勝利。この日は志願の先発だった。「優勝が決まっている中で、勝ち点を落としてはいけない」とエースの意地を見せた。

スカウトが熱心に追いかけ続けた阪神など、複数球団が興味を示す。12球団OKの構えの右腕は「緊張よりもドキドキで楽しみ。プロに入ってから実力をしっかり上げたい」と17日のドラフト会議を待つ。

(10月15日 関西六大学野球:大商大 3-1 大経大)



大西君のスカウト評はこちら

大西君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL│ │阪神 

小林珠維(東海大札幌)、複数球団から調査書届く

日刊スポーツwebsiteより (source)

小林 珠維 (東海大札幌高・投手)
183cm・右投右打・動画

東海大札幌の150キロ右腕、小林珠維投手(動画)はドラフト当日、“右足出発”で吉報を引き寄せる。2日後に迫った15日、「少しずつ緊張してきたが、ご飯は食べられている。登板のときは必ず右足で白線をまたぐようにしているので、当日の朝も右足から玄関を出るようにしたい」と話した。

9月2日にプロ志望届が日本高野連に受理されて以来、複数球団から調査書が届き記入してきた。「初めての経験だったので、書いているうちにドラフトが近づいているという実感がわいてきた」。

プロへの準備として今は「下半身の使い方が参考になる」と楽天則本昂の動画を見ながらフォームをチェック。並行して、週1回程度の投球練習と筋力トレーニングを行いながら、コンディションを整えてきた。

「中学を卒業したときから、高校を出たらプロになると決めていた。その夢をかなえて、ここまで野球をやらせてくれた両親に恩返しがしたい」。同校出身では、東海大を経て12年オリックス3位指名を受けた伏見寅威以来7年ぶり、高校から直接では97年巨人7位指名を受けた吉村将生以来22年ぶりの指名を待つ。



小林君のスカウト評はこちら

小林君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │高校 


ドラフトニュース検索