ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

金成麗生(日大三)、招待試合で2打席連続本塁打

2017年05月29日

5/29、スポニチwebsiteより (source)

金成 麗生 (日大三高・一塁手)
193cm・左投左打・動画

福岡県高野連の招待試合の福岡工大城東戦で、日大三・金成(動画)2打席連続本塁打を放った。3回に中越えのソロ。4回は低めのスライダーに1メートル93の長身をかがめて反応し、右翼場外に高校通算26号の2ランを運んだ。

先発投手も務め、4回で3失点。「ボールが多かった。打撃も投球もどちらもできるようにしっかり調整したい」と夏に目を向けた。

(5月28日 福岡招待試合 日大三 10―7 福岡工大城東)



金成君のスカウト評はこちら


下は高校生・野手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <捕手>
篠原翔太(報徳学園) スカウト評
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
村上宗隆(九州学院) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <内野手>
峯村貴希(木更津総合) スカウト評
清宮幸太郎(早稲田実) スカウト評
綱島龍生(糸魚川白嶺) スカウト評
安田尚憲(履正社) スカウト評
太田英毅(智弁学園) スカウト評
嶋谷将平(宇部鴻城) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <外野手>
西川愛也(花咲徳栄) スカウト評
増田珠(横浜) スカウト評
岡田悠希(龍谷大平安) スカウト評


draftkaigi at 07:36|この記事のURL 高校 

清宮幸太郎(早実)、「9球団1位競合も」の声

5/29、スポーツ報知5面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

今秋ドラフト目玉の早実(東京)・清宮幸太郎一塁手(動画)が28日、沖縄招待試合(那覇)の美来工科戦で高校通算96号を放った。5点を追う8回2死二、三塁。2番手の下手投げ右腕の初球、真ん中シンカーを仕留めた。右翼席後方の防球ネット上段に突き刺す推定130メートル弾を「完璧」と表した。

4、5月で計17発は、過去2年の4月から夏の西東京大会前まで(1年時13本、2年時15本)を上回る。通算100発の大台にあと4本に迫り「意識しないというのもウソ。自分の中では変わりない」と自らの打撃スタイルを貫く。

23~25日は中間試験で練習が不足。27日の沖縄招待2戦は不調で、夜に宿舎の屋上でナインと30分、スイングを確認した。「悪いときは、ヘッドがかえるのが遅かったり、前に突っ込んだり。自分の中でタイミングを元に戻せた」。第2試合は雨天中止になり、「沖縄に来て、最後に1本出て、ほっとした」と息を吐いた。

6月3、4日の愛知招待と続く清宮フィーバーは、ドラフト戦線でも巻き起こる。

「今年は高校生、大学生の投手で上位候補が少ない」というのが、各球団スカウトの共通見解。年初では、清宮がプロ志望届を提出すれば、1位指名は5球団前後とみられていたが、この日沖縄に駆けつけたロッテ・永野チーフスカウトは「もっと多くなるでしょう」と推察。

関東大会を視察したセ・リーグのスカウトは「最大9球団くらいの競合もあり得る」。89年の野茂英雄(新日鉄堺)、90年の小池秀郎(亜大)の8球団を超え、史上最多となる可能性まで指摘した。

(5月28日 沖縄招待試合 美来工科 7―5 早稲田実)



清宮君のスカウト評はこちら



下は高校生・野手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <捕手>
篠原翔太(報徳学園) スカウト評
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
村上宗隆(九州学院) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <内野手>
峯村貴希(木更津総合) スカウト評
清宮幸太郎(早稲田実) スカウト評
綱島龍生(糸魚川白嶺) スカウト評
安田尚憲(履正社) スカウト評
太田英毅(智弁学園) スカウト評
嶋谷将平(宇部鴻城) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <外野手>
西川愛也(花咲徳栄) スカウト評
増田珠(横浜) スカウト評
岡田悠希(龍谷大平安) スカウト評


draftkaigi at 07:12|この記事のURL 高校 

ソフトBドラ1・田中正義、2ヵ月ぶり投げた

5/29、西日本スポーツ2面より

2016ソフトバンクドラフト1位 田中正義
創価大・投手・動画

右肩の不調などでリハビリ組で調整中のドラフト1位の田中正義投手(動画)が28日、筑後屋内練習場で投球練習を再開した。3月中旬に実戦調整を外れて以降は本格的な投球練習は行っておらず、約2ヵ月ぶりのブルペンで捕手が立った状態で10球、中腰の状態で11球の計21球を投げた。

田中は5月上旬まで約1ヵ月半のノースロー期間を設けるなど、慎重に状態の改善に努めてきた。札幌ドームで報告を受けた倉野投手統括コーチは「もう少し早く投げられるようになるかな、と思ってはいたけど、まずはここまで来られてよかった」と話した。

田中は「肩に負担がかからない投げ方にしたい」と口にしており、今後はブルペンに週に2回程度入り、6月上旬には捕手を座った状態での投球練習などを再開予定。倉野コーチは「そこで回復状態がどうなるか。様子を見ながら、球数を増やしていく」とした。




下は2016ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。1位・田中君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2016ドラフト指名選手
1位田中 正義 創価大 投手
2位古谷 優人江陵高 投手
3位九鬼 隆平秀岳館高 捕手
4位三森 大貴青森山田高 内野手
育1大本 将吾帝京第五高 外野手
育2長谷川 宙輝聖徳学園高 投手
育3田城 飛翔八戸学院光星高 外野手
育4森山 孔介藤沢翔陵高 内野手
育5清水 陸哉京都国際高 外野手
育6松本 龍憲崇徳高 内野手


draftkaigi at 07:11|この記事のURL ソフトバンク 

清宮幸太郎(早実)が96号本塁打、ロッテ高評価

5/29、デイリースポーツ6面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

早実・清宮幸太郎内野手(動画)が28日、沖縄で行われた招待試合・美来工科戦で高校通算96号本塁打を放った。八回2死二、三塁から、下手投げ右腕のシンカーを捉える推定130メートルの特大3ランを右翼後方のネット上部に突き刺した。

茨城での関東大会後、3日間の学校の試験を挟んで沖縄入り。2試合で1安打だった前日は、宿舎の屋上で約30分の素振りを行い、修正を図った。練習不足を何とか補って結果を出し「沖縄に入っていい当たりが出ていなかった。最後の最後で1本出てホッとしました」と笑った。

地方の招待試合で放ったアーチは入学以来11発。これで6カ所目になった。この日は2試合目が雨天中止。結果的に沖縄での最終打席で約1500人の観衆の期待に応え「満足して帰っていただくのは、かなりモチベーションになっている」とうなずいた。

あと4本に迫った通算100号の節目は「意識しないというのはうそになるけど、自分の中ではそんなに変わりはない」と清宮。泰然と大台に歩を進める。

▼ロッテ・永野チーフスカウト
「普通の高校生ならライトオーバーの当たり。甘い球を逃さず打ったのは大したもの」

(5月28日 沖縄招待試合 美来工科 7―5 早稲田実)



清宮君のスカウト評はこちら



下は高校生・野手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <捕手>
篠原翔太(報徳学園) スカウト評
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
村上宗隆(九州学院) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <内野手>
峯村貴希(木更津総合) スカウト評
清宮幸太郎(早稲田実) スカウト評
綱島龍生(糸魚川白嶺) スカウト評
安田尚憲(履正社) スカウト評
太田英毅(智弁学園) スカウト評
嶋谷将平(宇部鴻城) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <外野手>
西川愛也(花咲徳栄) スカウト評
増田珠(横浜) スカウト評
岡田悠希(龍谷大平安) スカウト評


draftkaigi at 07:10|この記事のURL ロッテ 

古賀悠斗(福岡大大濠)、プロ注目捕手が攻守に活躍

2017年05月28日

5/28、西日本スポーツ23面より

古賀 悠斗 (福岡大大濠高・捕手)
174cm・右投右打・動画

全国の強豪校と福岡県内の上位校が対戦する平成29年度福岡県高校野球連盟招待試合が27日、福岡県の小郡市野球場などで4試合が行われ、今春のセンバツ大会8強の福岡大大濠は同8強の健大高崎(群馬)に3―4と競り負けた。

プロ注目の強肩強打の捕手、福岡大大濠の古賀悠斗(動画)が4番に座り、適時二塁打を含む3打数2安打2打点、守備でも2度、盗塁を阻止して攻守で光る活躍を見せた。

攻守の要として敗戦の中でも十分に力を出した。福岡大大濠の新4番に座った古賀が2安打2打点に加え、自慢の肩で2盗塁を阻止。「軌道破壊」を看板に掲げる相手の打線の足攻を封じた。

「相手は足を使ってくるので、捕手の自分が焦ったらチームが崩れてしまう」。先月の九州大会では準々決勝の鹿児島実戦で、古賀をはじめ選手に焦りが生まれ、敗れた。その経験からチームの柱として冷静にまとめようと務めた。

「チームに刺激を与えるため、打順をいろいろ試している」と八木啓伸監督は今回の試合で大幅に打順を入れ替えた。古賀は昨春から3番が定位置だったが、4番へ。1点リードの2回2死満塁では右中間を抜く適時二塁打を放ち2点を追加。5回も先頭打者で右前打を放って出塁した。

「大事な場面で打てたのは良かったけど、チームで勝てなかったので意味ないです」と4番の務めを果たす一打も勝利につながらず笑顔はなかった。

昨秋、遊撃から捕手に転向して、その打撃センスと強肩で一躍、プロ注目の選手になった。センバツ大会で高校通算46号を放った本塁打も順調に積み重ね、現在通算50本塁打。好不調の波が小さく、コンスタントに長打が打てるのも古賀の魅力だ。

センバツ大会で引き分け再試合を経験した両チームの対戦は、1点差の接戦に。福岡大大濠は3点リードしながら、逆転負けを喫した。「いい薬になったでしょう。反省して夏につなげたい」と八木監督。もう一度、甲子園へ。チームを束ねる古賀が勝負の鍵を握っている。

(5月27日 招待試合 健大高崎 4―3 福岡大大濠)




古賀君のスカウト評はこちら


下は高校生・野手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <捕手>
篠原翔太(報徳学園) スカウト評
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
村上宗隆(九州学院) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <内野手>
峯村貴希(木更津総合) スカウト評
清宮幸太郎(早稲田実) スカウト評
綱島龍生(糸魚川白嶺) スカウト評
安田尚憲(履正社) スカウト評
太田英毅(智弁学園) スカウト評
嶋谷将平(宇部鴻城) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <外野手>
西川愛也(花咲徳栄) スカウト評
増田珠(横浜) スカウト評
岡田悠希(龍谷大平安) スカウト評


draftkaigi at 07:35|この記事のURL 高校 

ドラフトニュース検索