ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

広島ドラ2・高橋昂也、1軍首脳陣&オーナー絶賛!

2017年02月13日

2/13、デイリースポーツ5面より

2016広島ドラフト2位 高橋昂也
花咲徳栄高・投手・動画

広島ドラフト2位の高橋昂也投手(動画)が12日、1軍キャンプに初参加し、ブルペンで64球の熱投を披露。しなるような腕の振りからキレのある球を投げ込んだ。今回は1軍の1日体験のため13日からは2軍キャンプに戻るが、投球を見守った松田オーナーや首脳陣は評判通りの実力を見せつけた左腕を大絶賛した。

午前10時20分から始まった投手陣のブルペン練習。その先陣を切って高橋昂がマウンドに上がった。受けるのは正捕手の石原。その後方では緒方監督が目を光らせ、松田オーナーも視察に訪れた。右隣ではエース左腕のジョンソンも投球練習を開始。並の新人なら腕が縮こまってしまいそうなシチュエーションだが、強心臓の18歳は物怖じすることなく、快速球を投げ込んだ。

自慢のストレートに2種類のカーブ、スライダー、フォーク、シュート。多彩な持ち球を駆使しながら64球の熱投。投げ終えると石原から「ナイスボール!」という賛辞とともにグータッチを求められた。高橋昂はちょっぴり戸惑いながらもコブシを合わせて1軍初投球を終えた。

「あれだけ多くの人には見られたことがなかったので・・・。でも、思ったよりも自分のペースで投げられた。すごくいい経験をさせてもらいました」。

この日は他の高卒新人3人とともに1軍を1日体験。前夜は、みんなで「1軍ってどんな雰囲気なんだろう」と想像をかき立てた。緊張感いっぱいで天福球場にやってきたが、そこは「高校BIG4」と評され、甲子園の大舞台も経験した左腕。少々のことで萎縮するような心臓ではない。

畝投手コーチは「腕の遅れて出てくる感じはジョンソンとよく似ている。特に右打者の外へのボールはいい球だった」と話せば、緒方監督も「いい素材が入ってきた。楽しみを感じた」と絶賛。さらに松田オーナーも「監督が見ていて、石原が受けて、あの状況であれだけの球を投げられるのはすごいと思わんか?度胸がある。慌てることなく大きく育てていきたい」と、期待値の高さを口にした。

大物の片りんを見せつけた高橋昂だが、足元はしっかりと見据えている。16勝右腕の野村の投球をじっくり観察。「テンポが良くてコントロールもいい。これぐらいの制球力と球のキレがないと1軍では通用しないんだなと感じた」と自らの目指すレベルも確認した。

13日から再び2軍での練習が始まるが、「できるだけ早く(1軍の戦力として)チームに貢献したい」ときっぱり。この日の貴重な経験を胸に刻み、未来のエース左腕はさらなる進化を誓った。




下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。2位・高橋君のスカウト評はこちら

広島の2016ドラフト指名選手
1位 加藤 拓也 慶応大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手


draftkaigi at 08:15|この記事のURL広島 

ヤクルトドラ6・菊沢竜佑、他球団007高評価

2/13、デイリースポーツ5面より

2016ヤクルトドラフト6位 菊沢竜佑
相双リテック・投手・動画

ヤクルトのドラフト6位・菊沢竜佑投手(動画)が12日、今キャンプ初となる打撃投手を務めた。打者2人に対して58球を投じ、安打性の打球は3本。DeNA・久保康友投手並の高速クイック投法も披露し、首脳陣から高い評価を得ていた。

米独立リーグや軟式の社会人野球を渡り歩いた苦労人が、打者相手の初登板で周囲を驚かせた。まずは得意のシュートをコーナーに決めると、広岡に対しては1.02秒の高速クイックで詰まらせた。

中日・善村スコアラー「ヤクルトで一番速いし、しっかりストライクも入っている」と驚きを隠せない。菊沢も「アメリカで一つの武器になるんじゃないかと思って練習した」と話す高速クイックは、最速で0.9秒を記録したという。

真中監督は「いろいろな経験をしていると感じた。実戦向き」と中継ぎとして評価も急上昇。17日のDeNAとの練習試合に登板する右腕は「もっと変化球の精度を上げていきたい」。結果を残し続け、開幕1軍の座をつかむ。




下は2016ドラフトでヤクルトが指名した選手です。


ヤクルトの2016ドラフト指名選手
1位寺島 成輝履正社高 投手
2位星 知弥明治大 投手
3位梅野 雄吾九州産業高 投手
4位中尾 輝名古屋経済大 投手
5位古賀 優大明徳義塾高 捕手
6位菊沢 竜佑相双リテック 投手
育1大村 孟BCL・石川 捕手


draftkaigi at 07:50|この記事のURLヤクルト 

ソフトバンクドラ1・田中正義に弱点発覚、イップス?

2/13、サンケイスポーツ6面より

2016ソフトバンクドラフト1位 田中正義
創価大・投手・動画

イップス!? ソフトバンクのドラフト1位・田中正義投手(動画)が12日、内野との連係プレーでフィールディングに四苦八苦した。悪送球、バント処理のファンブルを繰り返し、さらに心配なのは「苦手です」とそれを認めたこと。まもなく実戦登板に臨む即戦力ルーキーに弱点発覚だ。

度々頭を下げる姿は似合わない。堂々と過ごしてきた男が壁に当たった。田中は露呈した弱点を認めるしかなかった。「フィールディングは苦手です」。投内連係で二塁送球が3度続けてそれた。上に、下に悪送球。スタンドはため息に包まれ、4度目で成功して拍手をもらうのは少し恥ずかしい光景だ。

その後もぎこちないスローイングが目立ち、さらに打球処理でもファンブル。ミス連発による動揺か、実際に打者がバントをする実戦練習に移ると投球も乱れた。斐紹に4球連続ボール球。あわや死球の大暴投で本塁カバーよりも謝罪を急ぐ始末に、他球団スコアラー陣から「メイン球場でやらなければいいのに」と、同情の声がもれるほどの惨状だった。

同時に偵察隊はメモにチェックを入れた。オリックス・田上スコアラー「いい球を持っているのは知っているからこそ、真っ向勝負で打ち崩せないのならそういうところも」と注目した。

田中はもともと腕の振りなどを加減することが苦手で、コーチの指示で近距離のスローイングも練習中だ。大学時代から傾向はあり、同スコアラーは「情報は入っていたけど噂通りですね」と確認。守備と投球の乱れも「関係あると思います」と攻略のヒントにした。

工藤監督は「はじめからすべてできる人はいない。練習の積み重ね」と克服を信じた。先輩と初めての連係という緊張感も加わり、あえてバントをさせる投球は「不器用」を自認する右腕には難関。本番では「(ミスは)気にしない」と話したが、それでも猛省だ。

「まわりにとって、ダメな投手ですよね。野手に『何やってるんだ』と思わせてしまう」。ルーキーは14日にシート打撃に登板する。アクセルを踏む直前で、落とし穴になりうる課題発覚だ。




下は2016ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。1位・田中君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2016ドラフト指名選手
1位田中 正義 創価大 投手
2位古谷 優人江陵高 投手
3位九鬼 隆平秀岳館高 捕手
4位三森 大貴青森山田高 内野手
育1大本 将吾帝京第五高 外野手
育2長谷川 宙輝聖徳学園高 投手
育3田城 飛翔八戸学院光星高 外野手
育4森山 孔介藤沢翔陵高 内野手
育5清水 陸哉京都国際高 外野手
育6松本 龍憲崇徳高 内野手


draftkaigi at 07:38|この記事のURLソフトバンク 

DeNAドラ5・細川成也、高卒新人が三塁打&2打点

2/13、デイリースポーツ4面より

2016DeNAドラフト5位 細川成也
明秀学園日立高・外野手兼投手・動画

DeNAのドラフト5位・細川成也外野手(動画)が12日、今年1軍初実戦となる紅白戦に紅組の「5番・右翼」で先発出場した。プロ初安打&初打点をマークするなど底知れぬ潜在能力を披露した。

まずは四回1死一、三塁で三嶋から放ったフェンス際への大飛球は中犠飛になったが、ラミレス監督は「ほとんどホームラン」とニヤリと笑みを浮かべた。六回2死一塁では右線に適時三塁打。1軍に呼ばれて2打点と躍動した若武者は「こんなに打てるとは思わなかった」とはにかんだ。

ラミレス監督は、視察した侍ジャパンの小久保監督と雑談した際に「(細川は)アレックス・カブレラのような選手だと話した」と明かした。パワーは02年に55本塁打を放ち、西武などで活躍した助っ人級だと絶賛した。ハマのカブレラは、13日の阪神との練習試合も出場予定。「自分らしくドンドン、振っていきたい」と積極打法で虎投手陣に挑む。

(2月12日 DeNA紅白戦 白組 11―4 紅組)




下は2016ドラフトでDeNAが指名した選手です。5位・細川君のスカウト評はこちら


DeNAの2016ドラフト指名選手
1位 浜口 遥大 神奈川大 投手
2位 水野 滉也 東海大北海道 投手
3位 松尾 大河 秀岳館高 内野手
4位 京山 将弥 近江高 投手
5位 細川 成也 明秀学園日立高 外野手
6位 尾仲 祐哉 広島経済大 投手
7位 狩野 行寿 平成国際大 内野手
8位 進藤 拓也 JR東日本 投手
9位 佐野 恵太 明治大 内野手
育1 笠井 崇正 BCL・信濃(早大) 投手


draftkaigi at 07:25|この記事のURL横浜DeNA 

ヤクルトドラ1・寺島成輝、開幕1軍絶望的に

2/13、サンケイスポーツ4面より

2016ヤクルトドラフト1位 寺島成輝
履正社高・投手・動画

ヤクルトのドラフト1位・寺島成輝投手(動画)が12日、沖縄・那覇市内の病院でMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受け、「左内転筋筋膜炎」と診断された。全治は不明だが、13日に2軍の宮崎・西都キャンプに合流することが決定。調整の遅れは必至で、目標としていた開幕1軍は絶望的になった。

故障でリタイア、そして2軍に降格・・・。ドラ1左腕、寺島のショックは大きかった。「状態に関しては何も言えないです」。この一言だけを残し、タクシーに乗って宿舎へと戻った。那覇市内の病院でMRI検査を受けた結果「左内転筋筋膜炎」という診断。13日、宮崎・西都の2軍キャンプに合流することになった。

異変が起きたのは前日11日のキャッチボールの時だった。左ももの内側に張りを訴え、一部で別メニュー調整。大事を取ったが検査の結果、軽症ではなく、目標にしていた開幕1軍の可能性はほぼなくなった。

真中監督は「(筋肉が)切れていなくてよかった。開幕1軍? そこよりも自分のできることをやって、投げられるようにならないと。内転筋は焦ると、引きずることもある。見通しは難しいね」と説明した。

ブルペン入りの時期を遅らせるなど慎重を期していたが、故障は避けられなかった。「こっち(沖縄)で焦るより、向こう(宮崎)に行って再調整した方がいい」と伊藤投手コーチ。投手にとって、軸足の内転筋は、投球時に踏ん張りをきかせるのに重要な箇所。その分、負荷も大きくなる。いきなり試練に直面した寺島は現実を直視して、2軍から出直す。




下は2016ドラフトでヤクルトが指名した選手です。1位・寺島君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2016ドラフト指名選手
1位寺島 成輝履正社高 投手
2位星 知弥明治大 投手
3位梅野 雄吾九州産業高 投手
4位中尾 輝名古屋経済大 投手
5位古賀 優大明徳義塾高 捕手
6位菊沢 竜佑相双リテック 投手
育1大村 孟BCL・石川 捕手


draftkaigi at 07:14|この記事のURLヤクルト 

ドラフトニュース検索