ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

清宮(早実)の愛知招待試合、入場制限も検討

2017年06月03日

6/3、サンケイスポーツ4面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

春夏連続の甲子園出場を狙うプロ注目のスラッガー、早実・清宮幸太郎内野手(動画)の招待試合を主催する愛知県高野連が“清宮フィーバー”に備えて、入場制限を検討していることが2日、分かった。

3日に収容人数1万人の刈谷球場で中京大中京と桜丘、4日に同1万2000人の小牧市民球場で至学館、享栄と2日間で4試合を戦う。両日とも入場料は無料。清宮は節目の高校通算100本塁打まであと4本に迫っており、愛知県高野連関係者は「観客数は見当がつかないが、たくさん入るようだったら、入場制限をする」と対策を練る。

両球場ともに警備員を増員。招待試合では初めて、地元のケーブルテレビやネットテレビ局「Abema(アベマ)TV」で生中継が行われる。



下は招待試合の日程です。(入場無料)

▼6月3日・刈谷球場
第1試合 中京大中京―早実 (9時30分開始予定) 
第2試合 桜丘―早実 (12時30分開始予定)

▼6月4日・小牧市民球場
第1試合 至学館―早実 (9時開始予定)
第2試合 享栄―早実 (12時開始予定)


上記の試合はインターネットテレビ局、abemaTVで生中継されます。ホームページこちら


下は高校生・野手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <捕手>
篠原翔太(報徳学園) スカウト評
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
村上宗隆(九州学院) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <内野手>
峯村貴希(木更津総合) スカウト評
清宮幸太郎(早稲田実) スカウト評
綱島龍生(糸魚川白嶺) スカウト評
安田尚憲(履正社) スカウト評
太田英毅(智弁学園) スカウト評
嶋谷将平(宇部鴻城) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <外野手>
西川愛也(花咲徳栄) スカウト評
増田珠(横浜) スカウト評
岡田悠希(龍谷大平安) スカウト評


draftkaigi at 07:06|この記事のURL│ │高校 

146キロ右腕・原(桜丘)ら、怪物・清宮(早実)に挑む

2017年06月02日

6/2、中日スポーツ8面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

他の3チームの投手陣も清宮との対戦を心待ちにしている。春の県大会と東海大会を制した至学館は、横手投げ左腕・川口の投球が見もの。麻王監督は「清宮君が変則の川口にどれだけ対応できるか。楽しみですね」とニヤリ。

桜丘の原悠は最速146キロの右スリークオーターで、享栄の早矢仕は右腕からの130キロ台中盤の直球を軸にカーブ、スライダーを駆使して挑む。



下は招待試合の日程です。(入場無料)

▼6月3日・刈谷球場
第1試合 中京大中京―早実 (9時30分開始予定) 
第2試合 桜丘―早実 (12時30分開始予定)

▼6月4日・小牧市民球場
第1試合 至学館―早実 (9時開始予定)
第2試合 享栄―早実 (12時開始予定)


上記の試合はインターネットテレビ局、abemaTVで生中継されます。ホームページこちら


下は高校生・投手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <投手>
古屋敷匠真(八戸工大一) スカウト評
佐藤隼輔(仙台) スカウト評
石川翔(青藍泰斗) スカウト評
金久保優斗(東海大市原望洋) スカウト評
布川雄大(武南) スカウト評
桜井周斗(日大三) スカウト評
金成麗生(日大三) スカウト評
本田仁海(星槎国際湘南) スカウト評
田中瑛斗(柳ヶ浦) スカウト評
山口翔(熊本工) スカウト評
川端健斗(秀岳館) スカウト評
平良海馬(八重山商工) スカウト評


draftkaigi at 09:26|この記事のURL│ │高校 

中京大中京の140キロ3人衆、清宮(早実)抑える!

6/2、中日スポーツ8面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

フィーバー必至の通算100号までマジック4。初戦で対戦する中京大中京が100本目を献上する可能性は低いが、たとえ1本でも清宮(動画)には打たれたくない。エースの香村が言葉に力を込めた。「観客の方も清宮の本塁打を期待しているだろうけど、同じ高校生。絶対に打たせない」

183センチの長身から最速140キロの直球とスライダーを投げ込む。早実とは昨年8月の練習試合でも対戦し、清宮を4打数無安打、1三振に抑えた。特に第4打席は内角への直球2球で追い込み、1球外した後に内角低めへスライダー。狙い通りの組み立てで空振り三振に仕留めた。

「その前までの3打席も内角で打ち取っていたので内角を意識づけられた。抑えたことが自信になっている。今回も同じイメージで攻めたい」と香村。その後の清宮の打撃は今春のセンバツ大会やテレビのスポーツニュースなどでチェックし、「変化球を中堅方向に打っている。スライダーが甘いと打たれる。低めを徹底したい」と意気込んでいる。

自身も昨夏から成長している。当時は力任せで投げていたが、今春の県大会後にフォームを修正。オリックス・金子を参考にグラブの位置を下げると無駄な力が抜け、球が低めに集まるようになった。

5月の日大三(東京)との練習試合では、今春の東京都大会決勝で早実と計35得点の乱打戦を演じた強力打線を6イニング無失点。プロ注目の強打者、金成も3打数無安打、1三振に封じた。「自分の投球をすれば、今回もいい結果が出る」と香村。自信を胸に、最強スラッガーを地元で迎え撃つ。

中京大中京は磯村、伊藤稜の両左腕も登板機会をうかがう。前チームではエースナンバーを背負っていた最速143キロの磯村「早実は清宮だけではない。いつも通りに投げたい」と平常心を強調。今春の県大会・東邦戦で140キロを計測するなど急成長している伊藤稜「怖いけど、清宮と対戦してみたい」と本番を見据えた。



下は招待試合の日程です。(入場無料)

▼6月3日・刈谷球場
第1試合 中京大中京―早実 (9時30分開始予定) 
第2試合 桜丘―早実 (12時30分開始予定)

▼6月4日・小牧市民球場
第1試合 至学館―早実 (9時開始予定)
第2試合 享栄―早実 (12時開始予定)


上記の試合はインターネットテレビ局、abemaTVで生中継されます。ホームページこちら




下は高校生・投手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <投手>
古屋敷匠真(八戸工大一) スカウト評
佐藤隼輔(仙台) スカウト評
石川翔(青藍泰斗) スカウト評
金久保優斗(東海大市原望洋) スカウト評
布川雄大(武南) スカウト評
桜井周斗(日大三) スカウト評
金成麗生(日大三) スカウト評
本田仁海(星槎国際湘南) スカウト評
田中瑛斗(柳ヶ浦) スカウト評
山口翔(熊本工) スカウト評
川端健斗(秀岳館) スカウト評
平良海馬(八重山商工) スカウト評


draftkaigi at 09:03|この記事のURL│ │高校 

阪神ドラ1・大山悠輔、2軍で一塁起用「上からの要請」

6/2、デイリースポーツ4面「阪神2軍情報」より

2016阪神ドラフト1位 大山悠輔
白鴎大・三塁手・動画

高い適応能力を生かして自らのチャンスを広げていく。ドラフト1位・大山(動画)が1番・一塁で出場。公式戦で初めて一塁手で大山を起用した掛布2軍監督は「上からの要請」と説明した。

普段の守備練習でもほとんど守ったことがないポジションだ。基本的に三塁を主戦場としている大山だが「ゴロを捕ることは内野手の基本なんで」ときっぱり。その言葉通り、5度の守備機会では問題なく打球を処理した。

一方、投内連係では不慣れな面も見せた。ゴロを捕球後、ベースカーバーに入った投手への送球が少しそれる場面が2度あった。掛布2軍監督は「サインプレーも含めて(2日に練習を行う)高知でやるよ」と、一塁守備の練習を大山に課すことを予告した。

一塁と同様、「外野も守らせるように」と1軍から指示があったことを明かした指揮官。5月31日には遊撃を守った大山。複数ポジションをこなし、レギュラーの座をつかみに行く。

(6月1日 ウエスタン・リーグ ソフトバンク 3―0 阪神)



現在、大山君は2軍で41試合出場し、141打数32安打、打率.220の成績を残しています。大卒ドラ1新人の割には打率が低いですね。坂倉君(広島ドラフト4位)、今井君(日ハムドラフト9位)など高卒新人組に負けています。

高卒新人選手の2軍成績はこちら




下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。1位指名の大山君のスカウト評はこちら

阪神の2016ドラフト指名選手
1位大山 悠輔白鴎大 内野手
2位小野 泰己富士大 投手
3位才木 浩人須磨翔風高 投手
4位浜地 真澄福岡大大濠高 投手
5位糸原 健斗JX-ENEOS 内野手
6位福永 春吾四国IL・徳島 投手
7位長坂 拳弥東北福祉大 捕手
8位藤谷 洸介パナソニック 投手


draftkaigi at 07:46|この記事のURL│ │阪神 

阪神、中田翔(日ハム)獲りにいく!?

6/2、サンケイスポーツ1面より

2007日本ハム(高校)ドラフト1巡目 中田翔
大阪桐蔭高・外野手・18歳

かつての恋人が甲子園に帰ってくる。パの最下位ロッテに敗れた阪神は2日に帰阪し、昨年の日本一チーム、日本ハムを本拠地に迎える。

昨年交流戦で3連敗したロッテに2勝1敗と勝ち越した金本監督は「いや、それは特には(感想は)ないですけどね」と特別な関心を示さず。次なる戦いに気持ちを向けていた。仕切り直しの交流戦第2カードは、オフのストーブリーグをにらんだマッチアップとなる。阪神は調子を上げてきた和製大砲、中田の動向に大注目する。

阪神は今オフの補強について具体的には動き出していないが、球団関係者によると、昨年始めから2017年シーズンで国内FA権を取得見込みの中田の動向について注目しているという。日本ハムの背番号6は07年1月の年賀式で当時の宮崎オーナーが「球団を挙げて大阪桐蔭高の中田君を獲りに行く」と宣言した意中の人だ。

大阪桐蔭高で甲子園での4発を含む高校通算87本塁打を放った逸材は、ドラフトで4球団競合の末、入団した日本ハムで着実に成長。2015年には30本塁打を放ち、14、16年には打点王を獲得した。今春のWBCでは5番を打ち、大会中、3本塁打、8打点の成績を残し、筒香(DeNA)と強力なクリーンアップを形成した。

注目の今シーズンはけがで序盤離脱したが、すぐに復帰し、調子も上げてきた。1日のDeNA戦では三回に5号2ランを放った。上り調子で甲子園に乗り込む。

阪神は右打者が手薄なチーム事情はここ数年も変わっておらず、通算166本塁打の長距離打者は、浜風を本拠地とする球団にとって魅力的な存在だ。ただ、15年オフに就任した金本監督は超変革を掲げ、若手を育ててチームを根底から変える方針で動き出した。

若手が育つまでチームを支えるために、昨オフ糸井をオリックスからFAで獲得したばかり。球団関係者によると、現状ではチームは首位戦線で優勝争いを繰り広げており、本社-球団-現場で来季補強について具体的に話し合われていないという。指揮官が手塩にかけた中谷が今季6発、原口も一塁専任で打力を磨いており、球団は現場の意向を踏まえて補強策について今後慎重に検討していく見通しだ。

オフの去就について注目が集まる中田だが、シーズン中とあり、明らかにしていない。阪神側も本格調査に入るのかどうか、今後話し合われることになる。10年後も猛虎と中田の赤い糸はつながっているのか、いないのか-。いろんな意味で注目が集まる3連戦となる。



関連記事
中田翔(日ハム)、阪神へFA移籍確実のウワサ
阪神、中田翔(日ハム)の獲得調査


下は2007高校ドラフトで日本ハムが指名した選手です。中田翔は1巡目指名され入団。プロでの成績はこちら


日本ハムの2007高校ドラフト指名選手
1巡目中田 翔大阪桐蔭高外野手
2巡目指名権なし
3巡目津田 大樹倉敷高投手
4巡目大平 成一波佐見高外野手
5巡目松山 傑横浜商大高投手
6巡目豊島 明好北陸大谷高投手
7巡目浅沼 寿紀旭川南高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:10|この記事のURL│ │FA 

ドラフトニュース検索