ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

中村奨成(広陵)、オリックス「12人の枠に入る」

2017年08月18日

8/18、デイリースポーツ7面より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

広陵は甲子園3季連続4強の秀岳館を破り、3回戦に進出した。今秋ドラフト1位候補・中村奨成捕手(動画)が3―1の九回、2試合連発で今大会3号となる3ランを放ち、ダメを押した。3回戦は19日第3試合で聖光学院と対戦する。

甲高い金属音がどよめきに変わった。高々と舞い上がった白球が左翼席に消える。勝負強さと高校生離れしたパワーを見せつける聖地3本目の3ラン。中村が一振りで試合を決定付けた。打った瞬間にいったと思った。気持ち良かったです。感触はバッチリでした」

3―1の九回1死二、三塁。秀岳館のエース・田浦が投じた初球、内角寄りの直球に体を鋭く回転させた。完璧に捉えた打球は軽々とフェンス越え。人生初の公式戦4戦連発となった。

大舞台で打撃は絶好調だ。初回2死の第1打席は左翼線二塁打。四回の第2打席では左前打で出塁し、2死二、三塁から暴投で先制のホームを踏んだ。3安打3打点の大活躍。今大会は9打数7安打、3本塁打で打率・778と驚異的な高数字を残し、チームの勝利に貢献する。

スカウトの評価はさらなる上昇曲線を描く。オリックス・柳川スカウトは「モノは間違いない。捕手だけでなく、遊撃手もできる。アマの中ではトップ。12の枠(1位指名)の中に入っているでしょう」と熱視線を送った。

名門広陵に入学後、1年夏から正捕手を任されている中村。中学3年時には県内外の強豪校から誘いを受けた。進学先を決めるため、多くの監督に話を聞いた。技術的な話をする指導者が多い中、中井哲之監督からは人間性について説かれた。

「中井先生から『男として、正直に真っすぐに生きろ』と言われました。中井先生の下なら絶対に甲子園にいけると思った」。頼もしい言葉に魂が揺さぶられた。高校3年間を広陵で過ごす決断をした。

野村(現広島)と小林(現巨人)のバッテリーで準優勝した07年以来となる3回戦進出。次戦は19日に聖光学院と対戦する。「いつもみたいに向き合って、自分たちの野球をしたい」。一丸となり、悲願の夏制覇を目指す。

(8月17日 甲子園2回戦 広陵6―1秀岳館)



中村君のスカウト評はこちら

中村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:10|この記事のURL│ │オリックス 

高卒新人・山本由伸(オリックス)1軍昇格、先発起用へ

8/18、サンケイスポーツ4面より

2016オリックスドラフト4位 山本由伸
都城高・投手・動画

最終兵器投入!。オリックスのドラフト4位・山本由伸投手(動画)が20日のロッテ戦で1軍初登板初先発することが17日、わかった。2軍で33回2/3を投げ、防御率0・27(1失点)。福良監督が「前回登板もよかったと聞いている」といえば、田口2軍監督も「数字通り。球に力がある。気持ちの強さも冷静さも持っている」と評する逸材だ。

この日、先発ローテ再編のため、松葉を抹消。さらに西を22日からの日本ハム2連戦に回す中、巡ってきた2010年の山田以来となる高卒新人の初登板初先発の機会。18日に1軍合流する19歳が初陣で白星を飾れば、球団の歴史の扉をこじ開ける1勝になる。 



下は2016ドラフトでオリックスが指名した選手です。4位・山本君のスカウト評はこちら

オリックスの2016ドラフト指名選手
1位 山岡 泰輔 東京ガス 投手
2位 黒木 優太 立正大 投手
3位 岡崎 大輔 花咲徳栄高 内野手
4位 山本 由伸 都城高 投手
5位 小林 慶祐 日本生命 投手
6位 山崎 颯一郎 敦賀気比高 投手
7位 飯田 大祐 ホンダ鈴鹿 捕手
8位 沢田 圭佑 立教大 投手
9位 根本 薫 霞ケ浦高 外野手
育1 張 奕 日本経済大 外野手
育2 榊原 翼 浦和学院高 投手
育3 神戸 文也 立正大 投手
育4 坂本 一将 BCL・石川 内野手
育5 中道 勝士 明治大 捕手


draftkaigi at 07:08|この記事のURL│ │オリックス 

中村奨成(広陵)、DeNA・ヤクルト・西武の声

8/18、サンケイスポーツ1面より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

2回戦3試合が行われ、16強が出そろった。広陵はプロ注目の中村奨成捕手(動画)が2試合連続、今大会3本目となる3ランを放つなど、強豪の秀岳館に6―1で快勝した。長打力に加え、強肩&俊足の中村は今秋のドラフトでプロ12球団が注目する逸材。各球団は「1位指名でなければ獲得できない」と評価が急上昇。U-18日本代表では高校通算107本塁打の早実・清宮幸太郎内野手と主軸を組む可能性が出てきた。

▼DeNA・高田GM
「肩が強くて、打撃もいい。捕手にしては足も速い。打てて、守れる捕手は、そういない。打撃はトップの位置が安定していて、バットがしっかりと出る。金属バットでの力任せではなく、いい打ち方をしている。ウチはもともと評価が高い」

▼ヤクルト・小川SD
「もともと評価は高かった。うちはまだ決まっていないが、捕手というポジションだし、(甲子園での活躍で)1位指名されるくらいに評価を上げたと思う」

▼西武・鈴木球団本部長
「三拍子そろっていていい選手だね。ただ(若手捕手が多い)ウチのニーズに合うかは、どうかな」

(8月17日 甲子園2回戦 広陵6―1秀岳館)



中村君のスカウト評はこちら

中村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:06|この記事のURL│ │横浜DeNA | 西武

増田珠(横浜)、巨人・日ハム・中日が診断

8/18、東京スポーツ終面「プロのスカウトが診断」より

増田 珠 (横浜高・外野手)
178cm・右投右打・動画

神奈川県大会で新記録の4試合連続本塁打、タイ記録の通算5本塁打をマークした逸材。清宮不在の大会を盛り上げる男として注目を浴びたが、初陣の秀岳館戦で不発に終わり、チームとともに1回戦で甲子園を去った。

それでも巨人の岡崎スカウト部長は「自分たちは1試合で評価するのではない。たまたま本塁打とか打てなかったということもあるから、そのために1年間長い時間を見ている」。増田が県大会で本塁打を量産していた点について「それが彼の力だと思う」と言い、今秋のドラフト候補として含みを持たせる言葉も口にした。

他にも「軸がぶれずに体の近くで打てている。何より人柄も良いよね。性格も明るく前向きなところが特に評価」(日本ハム・大淵スカウト部長)。

「神奈川県大会から見ているけど、ここにこういうボールがくれば本塁打を打てるというツボを持っている。飛ばす能力は天性のものがある。しっかり甘い球を確実に一発で仕留められるタイプの打者」(中日・中田スカウト部長)
との声が上がった。

その一方で一部のスカウトからは「素材は確かにいいのかもしれないが、技術はまだまだ」、「体がまだできていない。そういう意味では鍛えがいはありそう。プロで一番必要になってくるのは甲子園で打つ、打たないよりも体力」との手厳しい意見も。今後の進路についてプロ志望を明言している増田だが、まだ課題が多く残されている感も否めない。



増田君のスカウト評はこちら

増田君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:05|この記事のURL│ │巨人 | 日本ハム

日刊スポーツ厳選、高校2年生の注目選手(36人)

2017年08月17日

日刊スポーツは、「2年生の主な注目選手」と題して、花咲徳栄・野村ら計36選手を挙げています。こちら

draftkaigi at 09:33|この記事のURL

ドラフトニュース検索