ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

金久保優斗(東海大市原望洋)、西武「春より進化した」

2017年07月23日

7/23、スポーツ報知5面より

金久保 優斗 (東海大市原望洋高・投手)
180cm・右投左打・動画

エースのバットが死闘に終止符を打った。5―5で迎えた延長10回1死一塁。打席に立った東海大市原望洋・金久保(動画)は、専大松戸の背番号1・川上鳳之の内角直球を振り抜いた。高々と上がった打球は右中席に飛び込む。勝ち越し2ランだ。「打った瞬間、行ったと思った」。炎天下の3時間16分。投げて打って、大暴れした。“金久保劇場”にマリンが沸いた。

連投だった。前日の千葉明徳戦で131球を投げたが、人生初となる2日連続の先発を任された。自己最速にあと1キロと迫る146キロを計測も、直球狙いの相手打線に変化球を見極められた。降板した6回1/3まで154球を要し、5失点。それでも心は折れなかった。右翼の守備に就く際、電光掲示板にともされた2―5の点数を見上げ、「まだ勝てる」と勝利を信じた。

出番は再び訪れた。2点ビハインドで迎えた9回だ。1点を返し、なおも2死二、三塁と「あと1人」に追い込まれた場面で、川上が暴投。同点に追いついた。その裏から再びマウンドへ。「自分から志願した。取り返さなきゃ」。エースの意地でゼロに封じ、延長へ持ち込んだ。計186球の熱投、さらにはバットで、チームに白星を呼び込んだ。

今春センバツ後、腰痛を発症。約3か月間、軽めの練習しかできなかった。今、自分ができることは何か・・・。浜崎雄作監督から教わった「新聞紙トレ」が、球威と制球力の向上につながった。広げた新聞紙を床に置き、中心に右手を添える。指先を動かし、手の中に収まるよう新聞を丸めながら集めた後、思い切り握り潰す。1日10度ほど繰り返し、手先の感覚と握力向上に努めた。

この日は7球団15人のスカウトが熱視線。西武・渡辺SDは「春から制球力、球の質が上がった」と評価した。

(7月22日 千葉大会準々決勝 東海大市原望洋7―5専大松戸)



金久保君のピッチング動画はこちら

金久保君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL│ │西武 

石川翔(青藍泰斗)、日ハム「平均140キロ中盤いない」

7/23、デイリースポーツ6面より

石川 翔 (青藍泰斗高・投手)
178cm・右投左打・動画

1球が命取りになった。昨秋に続き、同じ準決勝で王者に屈した青藍泰斗の石川翔投手(動画)「少し浮いてしまった。最後の最後の粘り強さが足りなかった」と決勝打を浴びた場面を悔やんだ。力は見せた。5球団のスカウト陣の前で、最速148キロを計測。三回以外は得点を許さず、8奪三振で完投した。

楽天・長島スカウト部長は「高校生では全国トップレベル。黒木君(オリックス)のようになるのでは」と称賛。日本ハムは吉村GMも視察し、山田スカウト顧問は「球が速くばらつかない。平均で140キロ台中盤はいない」と評価した。

試合後、プロ志望を明言した石川の目に涙はなし。「最終的には日本を背負える投手になりたい」と壮大な目標を掲げ、次の舞台を見据えた。

(7月22日 栃木大会準決勝 作新学院3―2青藍泰斗)



石川君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


石川君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │日本ハム 

金久保優斗(東海大市原望洋)、DeNA・ソフトBが評価

7/23、サンケイスポーツ6面より

金久保 優斗 (東海大市原望洋高・投手)
180cm・右投左打・動画

千葉準々決勝で、東海大市原望洋が春季県大会覇者の専大松戸に延長十回、7―5で勝ち、ベスト4に進出した。5―5の延長十回にプロ注目の右腕、金久保優斗投手(動画)が右中間席に決勝2ランを放った。

「ピッチングよりバッティングが好きなんです。自分で取り返そうと思っていた。手応えはバッチリ」と左打ちの金久保。6番打者で打席に入った十回、一死一塁。ZOZOマリンの8メートルの逆風をものともせず、スタンドに突き刺した。

投手としては先発で最速146キロを計時も、制球が定まらず9四死球で154球を費やして5失点。2―5の七回一死で降板して右翼に回った。5―5に追いついた九回から再登板。2回で2四球を出しながらも無安打無失点に抑え、みずからのバットで勝利をもぎ取った。

2―6で敗れた今春のセンバツ初戦・滋賀学園戦では延長十四回で218球を投げ抜き、この日は計8回1/3で186球を投げた鉄腕。「次はスライダーとフォークでカウントをとれるようにしたい」。3年ぶりの夏の甲子園へ、金久保が投打でチームを引っ張る。

▼DeNA・河原スカウト
「直球は角度がある。いいフォークボールも持っているし、打撃もいいね」

▼ソフトバンク・荒金スカウト
「リリースの角度が独特。いい素材で、体ができてくればよくなると思う」


(7月22日 千葉大会準々決勝 東海大市原望洋7―5専大松戸)



金久保君のピッチング動画はこちら

金久保君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │横浜DeNA | ソフトバンク

山上信吾(群馬・常磐)、中日が高評価

2017年07月22日

7/22、日刊スポーツ7面より 

山上 信吾 (常磐高・投手)
183cm・右投右打・動画

プロ注目の常磐・山上信吾投手が投打で本領を発揮した。右翼手で先発出場すると、6回に先制3ランをマーク。6回2死三塁で救援のマウンドに上がると、このピンチを三振で切り抜けた。今大会ここまでは制球に苦しんだが、この日は3回1/3を1安打、1四球、無失点。「徐々に調子が上がってきました」

中日・中田スカウト部長も「こんなに体を大きく使える投手は最近はいない」と評価した。

(7月21日 群馬大会4回戦 常磐3―1前橋工業)



山上君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブにアップお願いします。

山上君のスカウト評はこちら



draftkaigi at 11:27|この記事のURL│ │中日 

上田大河(大商大高)、日ハム「広島の岡田に似てる」

7/22、スポーツニッポン5面より

上田 大河 (大阪商業大高・投手)
180cm・右投左打・動画

広島・岡田2世だ。1年生の上田が7回1/3を被安打10の4失点。今大会初先発で最速135キロを計測した。

1メートル80、77キロの体格から最速138キロの直球、カーブ、スライダー、フォーク、チェンジアップを操り、日本ハム・芝草宇宙スカウトは「タイプ的に岡田(広島)に似ている。投げっぷりがいいし、逃げずに直球で勝負するところがいい」と評価。OBの岡田を彷ふつさせる背番号18の大器は「秋は全部一人で投げ切れるようになりたい」と前を向いた。

(7月21日 大阪大会3回戦 上宮4―3大商大高)



上田君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


draftkaigi at 11:10|この記事のURL│ │日本ハム 

ドラフトニュース検索