ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

週べ厳選、2018ドラフト候補(計24人)

2017年11月13日

週刊ベースボールは「2018ドラフト候補カタログ」と題して、来年のドラフト注目選手を以下の24人挙げています。(11月13日号より)

高校生
米倉貫太(埼玉栄・投) スカウト評 
柿木蓮(大阪桐蔭・投) スカウト評
野村大樹(早稲田実・捕) スカウト評
野村佑希(花咲徳栄・内) スカウト評
根尾昂(大阪桐蔭・内) スカウト評
小園海斗(報徳学園・内) スカウト評
万波中正(横浜・外) スカウト評
藤原恭大(大阪桐蔭・外) スカウト評

大学生
小島和哉(早稲田大・投)
菅野秀哉(法政大・投)
松本航(日本体育大・投) スカウト評
東妻勇輔(日本体育大・投)
青島凌也(東海大・投) スカウト評
伊藤将司(国際武道大・投)
中川圭太(東洋大・内)
辰己涼介(立命館大・外)

社会人
齋藤友貴哉(ホンダ・投)
生田目翼(日本通運・投)
岡野祐一郎(東芝・投)
鈴木健矢(JX-ENEOS・投)
堀誠(NTT東日本・投)
平尾奎太(ホンダ鈴鹿・投)
吉川峻平(パナソニック・投) スカウト評
笹川晃平(東京ガス・外)



draftkaigi at 11:11|この記事のURL│ │ドラフト展望 

楽天ドラ5・田中耀飛、飛距離は1軍選手と変わらない

11/13、スポーツ報知websiteより (source)

2017楽天ドラフト5位 田中燿飛
兵庫ブルーサンダーズ・外野手・動画

楽天がドラフト5位で指名した独立リーグ・BFL兵庫ブルーサンダーズの田中耀飛外野手(動画)は12日、大阪市内で契約金3000万円、年俸700万円で契約合意。背番号は50本塁打の意味を込めて50に決まった。また、登録名は「耀飛」となることも明かされた(金額は推定)。

筋肉質の体に、ユニホームがよく似合った。背番号は50。「50本打てるような選手に、ということで、50を付けさせて頂きました。子どもたちに憧れられる選手になりたい。必ずホームラン王を取ります、と言いました」と語った。

魅力は長打力だ。趣味という筋トレで鍛え上げた肉体が、今季の成績に直結した。32試合で打率.422、15本塁打はリーグ2冠。本塁打は、ほぼ2試合に1本と、リーグ戦で圧倒的な数字を残すと同時に、巨人の3軍戦や楽天の2軍戦でも一発を放ち、評価を上げた。

担当の愛敬尚史スカウトは「粗削りだけど、飛距離は1軍と変わらないし、右中間にも飛ばせる」と話した。「1日でも早く1軍に上がって、4番になれるように頑張ります」と高い目標を掲げる耀飛。パワフルな打撃で、チーム内に新たな競争を生み出す。



下は2017ドラフトで楽天が指名した選手です。

楽天の2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×村上 宗隆  
1位近藤 弘樹岡山商科大投手
2位岩見 雅紀慶応大外野手
3位山崎 剛国学院大内野手
4位渡辺 佑樹横浜商科大投手
5位田中 耀飛BFL兵庫外野手
6位西巻 賢二仙台育英高内野手
7位寺岡 寛治BCリーグ石川投手
育1井手 亮太郎九州産業大投手
育2松本 京志郎 光南高内野手
育3中村 和希天理大外野手


draftkaigi at 07:44|この記事のURL│ │楽天 

大谷メジャーで日ハムが受け取る譲渡金23億円の行方

11/13、日刊ゲンダイ39面より

2012日本ハムドラフト1位 大谷翔平
花巻東高・投手・スカウト評

「メジャーで世界一になるという、入団する前からの夢へ背中を押したい。ポスティングを承諾する結論に至りました」(竹田球団社長)。10日、日本ハムが大谷翔平(2012日ハム1位)のポスティングによるメジャー挑戦を容認することを発表した。同日、竹田球団社長、栗山監督らが大谷と都内で会談し、正式決定した。

ポスティングシステムは先月末をもって失効し、現在、日米間で協議が行われている。しかし来年10月31日までの1年間は「旧制度」の継続が決定的。日本ハムは最高2000万ドル(23億円)の譲渡金をメジャー球団から得ることになる

そうなると、気になるのはこの「23億円」の使い道だ。「税金で半分くらい持っていかれる」(関係者)というから、10億円超は球団に入る計算になる。何よりチームにとって、投打の二刀流で活躍した大谷流出による戦力ダウンは必至。その穴埋めとして、メジャーから大物助っ人を獲得するなど、補強に期待するファンもいるだろう。

「しかし、球団の実入りはほとんどないでしょう」とは、さる日本ハムOB。

「かつて11年オフにダルビッシュがポスティングでレンジャーズに移籍した際に日ハムが得た譲渡金は当時のレートで約40億円でしたが、基本的にほぼ、親会社に吸い上げられたそうです。親会社は球団に対し、広告宣伝費として毎年20億円以上といわれる運営資金を捻出している。札幌ドームの年間使用料が10億円を超えるなど、球団は慢性的な赤字を抱えざるを得ない。親会社にしてみれば、その補填をしているのだからという理屈でしょう」

ダルの時に日本ハムは旭川市(北海道)に2億円、札幌市とキャンプ地の名護(沖縄)に1億円を寄付した程度だったが、今回も似たような形に落ち着くに違いない。



下は2012ドラフトで日本ハムが指名した選手です。大谷翔平は1位指名され入団。高校時代のスカウト評はこちら


日本ハムの2012ドラフト指名選手
1位 大谷 翔平 花巻東高 投手
2位 森本 龍弥 高岡第一高 内野手
3位 鍵谷 陽平 中央大 投手
4位 宇佐美 塁大 広島工高 内野手
5位 新垣 勇人 東芝 投手
6位 屋宜 照悟 JX-ENEOS 投手
7位 河野 秀数 新日鉄住金広畑 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:30|この記事のURL│ │日本ハム 

ヤクルトドラ1・村上宗隆、三塁手に転向する予定

11/13、サンケイスポーツ6面より

2017ヤクルトドラフト1位 村上宗隆
九州学院高・捕手・動画

金びょうぶの置かれたホテルの会見場で決意を示した。九州学院・村上宗隆(動画)契約金8000万円、年俸720万円で仮契約。背番号は55に決まった。「55番は松井秀喜さんの番号の印象が強いですが、いずれは自分の番号といわれるような活躍がしたいです」

187センチ、95キロの堂々たる体格を誇る村上は、松井氏と同じ左の長距離砲。高校通算52本塁打をマークした打撃を生かすため、今後は捕手から三塁手に転向する予定だ。

交渉の席で背番号を提示した橿淵スカウトデスクは「55番は、日本では左の強打者のイメージ。そういった選手に近づいてほしいので55番に決めました」と意図を説明。大きな期待に、村上は「弾丸ライナーで本塁打を打てる打者になりたい。将来は背番号と同じ55本塁打? はい、打ちたいです」と応じた。

燕のゴジラの道を歩み出す17歳は、並外れた筋力の持ち主だ。背筋を中心に鍛えるデッドリフトは200キロ、ベンチプレスは最高110キロを持ち上げる。握力は右手が72キロで左手が71キロ。村上にとって、松井氏はメジャーリーガーとしての印象が強く、プロ野球のテレビ中継では同じ左打者の日本ハム・大谷やDeNA・筒香を見る機会が多かったという。

仮契約交渉の感想を聞かれて「文字を書くことが多かったです」と周囲を笑わせながら、「チームに貢献することが一番です。中学、高校と日本代表の候補で終わってしまったので、いずれは日の丸を背負う選手になりたい」と決意を表明した。将来の主軸候補は55番にふさわしい実力を身につけ、神宮でアーチを量産する。



下は2017ドラフトでヤクルトが指名した選手です。1位指名・村上君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
1位村上 宗隆九州学院高捕手
2位大下 佑馬三菱重工広島投手
3位蔵本 治孝岡山商科大投手
4位塩見 泰隆 JX-ENEOS外野手
5位金久保 優斗東海大市原望洋高投手
6位宮本 丈奈良学園大内野手
7位松本 直樹 西濃運輸 捕手
8位沼田 拓巳BCリーグ石川投手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:06|この記事のURL│ │ヤクルト 

阪神ドラ4・島田海吏、自慢の足で赤星超え狙う

11/13、デイリースポーツ4面より

2017阪神ドラフト4位 島田海吏
上武大・外野手・動画

阪神からドラフト4位指名を受けた上武大・島田海吏外野手(動画)が12日、群馬県高崎市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金5000万円、年俸800万円で仮契約した。昨年の大学日本代表でチームメートだった大山悠輔内野手から1年目の極意を学び、目指すは開幕1軍。50メートル走5秒75の脚力を武器に、将来は赤星超えを成し遂げる。

未知なるプロの世界も、島田には頼れる先輩がいる。大学日本代表の仲間として、共に日の丸を背負った1学年上の大山。「大変よくしていただいたんですけど、これからもお世話になる形になると思います」。技術面、生活面と質問事項は多岐にわたる。全てを吸収する構えだ。

阪神からドラフト4位指名されてすぐ、無料通信アプリLINEの着信音が鳴った。「これからよろしく」。送り主は縦じまの背番号3。所属する関甲新学生リーグでは、白鴎大・大山と何度もしのぎを削ってきた。プロでは志を共にし、日本一を目指す。

「ありがたいです。いいところは盗んで、見ていきながら一日一日、成長していけるといいなと思います」。大山は今季75試合に出場して打率・237、7本塁打、38打点。CSファーストSでは打率・538と大爆発し、勝負強さを見せつけた。1年目から活躍する極意を先輩から学び、行動に移す。そうすれば、進むべき道は見えてくるはずだ。

最大の武器は50メートル走5秒75の脚力。「最終的には、赤星さんの記録を超えられるような選手になりたいです」。赤星憲広氏が残した通算381盗塁は阪神球団最多記録。壮大な夢を胸に、上州の韋駄天がスタートラインに立った。

▼阪神・吉野スカウト
「走る能力はもちろん、広い守備範囲を生かした守りも素晴らしいものを持っている。先輩方からアドバイスをもらいながら、成長していってほしいです」




下は2017ドラフトで阪神が指名した選手です。4位指名・島田君のスカウト評はこちら

阪神の2017ドラフト指名選手 
× 清宮 幸太郎       
× 安田 尚憲     
1位 馬場 皐輔 仙台大 投手
2位 高橋 遥人 亜細亜大 投手
3位 熊谷 敬宥 立教大 内野手
4位 島田 海吏 上武大 外野手
5位 谷川 昌希 九州三菱自動車 投手
6位 牧 丈一郎 啓新高 投手
育1 石井 将希 上武大 投手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL│ │阪神 

ドラフトニュース検索