ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

広島ドラ5・遠藤淳志、球持ち・体のバランスいい

2017年11月11日

11/11、産経新聞websiteより (source)

2017広島ドラフト5位 遠藤淳志
霞ヶ浦高・投手・動画

10月26日に行われたプロ野球のドラフト会議で、広島から5位指名を受けた霞ケ浦高の遠藤淳志投手(動画)が10日、入団の仮契約を「ホテルマロウド筑波」(土浦市城北町)で結んだ。

遠藤投手は記者団に対し「体作りからしっかり取り組んで、将来はチームの中心選手として大歓声の中でプレーしたい」と述べ、同席した父、隆さんと母、美江さんの前で奮闘を誓った。契約金は3千万円で、年俸は480万円(金額は推定)。

土浦市出身の遠藤投手は、市立新治中で軟式野球部に所属。中学時代には目立った成績を残せなかったが、霞ケ浦高の高橋祐二監督に才能を見いだされ、同校に入学すると急成長。184センチの長身と長い手足が繰り出す最速142キロの角度のある直球が最大の武器で、切れ味の鋭いスライダーやカーブを織り交ぜて三振を奪っていった。

3年夏には、エースとしてチームを県大会準優勝に導き、延長十五回の死闘となった決勝戦では200球を超える力投を見せた。

仮契約にあたって、広島のスカウト、尾形佳紀氏は「球持ちが良くて体のバランスがよい。体格が大きくなれば、もっと速い球を投げられる」と潜在能力を高く評価。「3、4後には1軍でローテーションの一角を担ってもらえれば」と期待を寄せた。

高橋監督は「メンタルも技術ももっと鍛えて、10年後もインタビューを受けられる選手でいてほしい」と教え子にエールを送った。

近年のドラフト会議で指名を受けた同校出身の選手は、27年の綾部翔選手(DeNA)、28年の根本薫選手(オリックス)に続き3年連続。遠藤投手は「背中を見続けてきた先輩と同じ舞台に行けるのはうれしいが、プロではライバル。対戦したら絶対に負けないように努力したい」と気を引き締めていた。



下は2017ドラフトで広島が指名した選手です。5位指名・遠藤君のスカウト評はこちら

広島の2017ドラフト指名選手
1位中村 奨成広陵高捕手
2位山口 翔熊本工高投手
3位ケムナブラッド誠日本文理大投手
4位永井 敦士二松学舎大付高外野手
5位遠藤 淳志霞ヶ浦高投手
6位平岡 敬人中部学院大投手
育1岡林 飛翔菰野高投手
育2藤井 黎來大曲工高投手
育3佐々木 健小笠高投手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:46|この記事のURL│ │広島 

楽天ドラ7・寺岡寛治、7~8回任せられる投手に

11/11、スポーツ報知websiteより (source)

2017楽天ドラフト7位 寺岡 寛治
石川ミリオンスターズ・投手・動画

楽天がドラフト7位で指名したBCリーグ・石川ミリオンスターズの寺岡寛治投手(動画)は10日、金沢市内のホテルで契約金2000万円、年俸600万円で契約合意。背番号は「56」に決まった。右肘の故障で高校3年以降は主に外野手としてプレーしてきた異色の右腕は、即戦力として若い投手陣に割って入ることを誓った。

クリムゾンレッドのユニホームを初めてまとい、寺岡は笑顔を見せた。「やっとプロ野球選手として、第一歩を踏めたかなと。来年、1軍投手12人の中でも3番目ぐらいなれるように、頑張っていきたい」と高い目標を掲げた。

異色の経歴だ。高校2年の2月、右肘を故障。高校3年から外野手としてプレーし、右肘の故障も癒えた九共大4年春には打率.371をマークし、ベストナインに選出された。その後も社会人野球の強豪・九州三菱自動車に進み、野手としてプレーしていた。

転機は社会人1年目の8月。元ダイエーの山内孝徳コーチから「ピッチャーやってみないか?」と打診された。「外野からの送球を見て、言ってもらった。投げられる自信はありました」。それでも社会人時代は「野手7割、投手3割」だった。育成指名の可能性も広げられるBC石川に今年から移籍し、投手に専念。1年足らずで、ドラフト指名を勝ち取った。

武器はMAX155キロの直球と落差のあるカットボール。担当の鷹野史寿スカウトは「長所は打者に向かっていく姿勢。7、8回ぐらいを任せられる投手になってほしい」。「持っている力を、100%出すだけ」という遅咲きの大器が、1年目から方程式の一角を狙う。



下は2017ドラフトで楽天が指名した選手です。7位指名・寺岡君のスカウト評はこちら

楽天の2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×村上 宗隆  
1位近藤 弘樹岡山商科大投手
2位岩見 雅紀慶応大外野手
3位山崎 剛国学院大内野手
4位渡辺 佑樹横浜商科大投手
5位田中 耀飛BFL兵庫外野手
6位西巻 賢二仙台育英高内野手
7位寺岡 寛治BCリーグ石川投手
育1井手 亮太郎九州産業大投手
育2松本 京志郎 光南高内野手
育3中村 和希天理大外野手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:34|この記事のURL│ │楽天 

鈴木翔天(富士大)、阪神「ドラフト上位候補になる」

11/11、デイリースポーツ5面より

鈴木 翔天 (富士大・投手)
184cm・左投左打・動画

大学の部2試合、高校の部2試合が行われ、富士大は来秋ドラフト上位候補・鈴木翔天投手(動画)が、二回途中に左足がつった状態で、4回1/3を無失点で9奪三振の好投を見せた。

アクシデントの中での好投が、最速149キロ左腕の素質をより際立たせた。鈴木翔は二回途中で左足の太もも、ふくらはぎがつった状態でマウンドに立ち続けた。五回2死一塁で左足が限界となるまで、4安打9三振。奪った三振は全て空振りだった。

この日の最速146キロの直球と、右打者はチェンジアップ、左打者はスライダーで空を切らせた。「三振は気持ちよかった」と笑顔を見せたが、途中降板には不満げな表情。「緊張もあってつった。力は抑え気味だったし、もう少し投げられた」。余力を残しており、中1日での準々決勝・東洋大戦ではさらなる好投を狙う。

今秋は北東北大学野球リーグ・八戸工大2回戦で、同リーグ初の完全試合を達成し、注目を集めた。もちろん将来の目標はプロ入りだ。向上時代は14年神奈川大会決勝で1学年下の小笠原(中日)、吉田(オリックス)を擁する東海大相模に敗れた。「また(プロで)対戦したい」。来秋ドラフトにつなげるためにも今秋は日本一を目指す。

▼阪神・葛西スカウト
「直球の質がよくて、右打者の内角へ角度よく入る。スライダー、チェンジアップも左投手として質がいい。体もある。来年ドラフトは上位候補になる」

(11月10日 明治神宮大会1回戦 富士大 4―1 大阪商業大)



鈴木君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:10|この記事のURL│ │阪神 

ヤクルト、山田大樹(ソフトB)を無償トレードで獲得

11/11、サンケイスポーツ4面より
ヤクルトがソフトバンク・山田大樹投手(2006ソフトB育成1巡目)無償トレードで獲得することが10日、分かった。11日にも発表される。山田はつくば秀英高から2006年、育成ドラフト1巡目でソフトバンク入り。189センチの大型左腕として11年に7勝し、翌12年は自己最多の8勝。だが今季は1勝0敗、防御率3.68。来季の戦力構想から外れていた。

それでもウエスタン・リーグでは10勝5敗、防御率2.35。左の先発投手が不足しているヤクルトが山田の獲得調査を行っていた。今季のヤクルトの先発陣は小川や山中らの故障もあり、規定投球回に到達したのはブキャナンのみ。左腕で100回以上を投げたのは石川だけだった。

山田は今月中旬にも愛媛・松山秋季キャンプに合流予定。リーグ最下位のチーム防御率4.21に終わった燕の新たな戦力になる。



某スポーツ紙(計2紙)では山田大樹を戦力外通告選手と掲載していますが、これは間違いです。構想から外れただけで戦力外通告されていません。ソフトバンク球団公式ホームページからリリースも出ていないし確認すればすぐわかることなのですが、おそらくプロ野球にあまり詳しくない若い記者さんが戦力外と構想外をごっちゃにしているものと思われます。


山田大樹は2006育成ドラフトで1巡目指名され入団。プロ入り後の成績はこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL│ │ヤクルト 

日大三・小倉監督激怒、「下手したら死んでしまう」

11/11、サンケイスポーツ6面より
明治神宮野球大会が開幕し、1回戦の4試合が行われた。各地区秋季大会を制した10校が参加する高校の部は日本航空石川(北信越)、創成館(九州)が準々決勝に進んだ。日本航空石川は延長十回のタイブレークで日大三(東京)に7―6でサヨナラ勝ちした。

日大三は同点の九回二死一、二塁のピンチで右前打を許した。外野からの返球を受けた斉藤龍二捕手が、二走・上田優弥外野手の激突を受けてボールをこぼしたため、いったんはセーフと判定された。その後に審判団が協議し、危険な行為による守備妨害としてアウトに覆った。

斉藤はその場で倒れ込み、担架で運ばれて病院に向かった。小倉監督は「あんなプレーは絶対、許さんですよ。けがするし、下手したら死んでしまう」と語気を強めた。日大三は、結局タイブレークの延長十回無死満塁で、代わった1年生の佐藤英の捕逸でサヨナラ負けした。斉藤は「右腕外傷性打撲で全治約2週間」と診断され、日大三にとっては辛い敗戦となった。

▼日本航空石川・中村監督
「本当に申し訳ない。選手を傷つけてしまい、おわびするしかない」


(11月10日 明治神宮大会1回戦 日本航空石川 7―6 日大三)



draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │高校 

ドラフトニュース検索