ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

清水達也(花咲徳栄)、3球団スカウトの前で好投

2017年06月23日

6/23、サンケイスポーツ6面より

清水 達也 (花咲徳栄高・投手)
178cm・右投右打・動画

花咲徳栄は21日、3連覇がかかる夏の高校野球埼玉大会を前に武南(埼玉)と練習試合を行い、5―2で勝った。プロ3球団が視察する中、八回から登板した最速149キロ右腕、清水(動画)は2回を無安打無失点。この日の最速は144キロだった。

5月の春季関東大会では初戦で、清宮に同点打を浴びるなどして早実(東京)にサヨナラで敗れた。「打たれて終わっている。次は抑えたい」と、甲子園でのリベンジを目指す。

(6月22日 練習試合 花咲徳栄5―2武南)




下は高校生の主なドラフト候補(投手)です。

2017高校生のドラフト候補 <投手>
古屋敷匠真(八戸工大一) スカウト評
佐藤隼輔(仙台) スカウト評
石川翔(青藍泰斗) スカウト評
金久保優斗(東海大市原望洋) スカウト評
布川雄大(武南) スカウト評
桜井周斗(日大三) スカウト評
金成麗生(日大三) スカウト評
本田仁海(星槎国際湘南) スカウト評
田中瑛斗(柳ヶ浦) スカウト評
山口翔(熊本工) スカウト評
川端健斗(秀岳館) スカウト評
平良海馬(八重山商工) スカウト評


draftkaigi at 07:23|この記事のURL│ │高校 

2017夏の甲子園、熊本大会の展望&注目選手

スポーツ報知の熊本大会展望
3季連続甲子園4強の秀岳館が総合力で一歩リードする。今春のセンバツでも好投した川端(スカウト評)、田浦の左腕2枚看板に広部、木本を軸にした打線も強力。春夏連続出場を狙う熊本工は、最速149キロ右腕・山口(スカウト評)の出来が鍵。春季大会Vの文徳はサイド右腕・松岡に期待がかかる。昨秋8強、春4強の球磨工も地力がある。九州学院ドラフト候補捕手・村上(スカウト評)にも注目だ。

熊本大会の日程=7月9日~7月24日
熊本大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツニッポンの熊本大会展望
4季連続の甲子園を狙う秀岳館が本命。田浦、川端(スカウト評)の両左腕の安定感と木本、広部を中心とした破壊力のある打線は対戦校にとって脅威だろう。追うのは熊本NHK旗で優勝した九州学院とセンバツ出場の熊本工。熊本NHK旗の準々決勝で秀岳館を破った必由館にもチャンスはある。

熊本大会の日程=7月9日~7月24日
熊本大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



下は熊本県のドラフト出身校ランキングです。

1位 熊本工(26人)
2位 九州学院(16人)
3位 鎮西(14人)
4位 秀岳館(12人)
5位 開新(6人)
5位 八代東(6人)
7位 必由館(4人)
8位 東海大熊本星翔(3人)
8位 文徳(3人)

熊本
県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

2017夏の甲子園、佐賀大会の展望&注目選手

スポーツニッポンの佐賀大会展望
ここまで実績で一歩リードは佐賀北で、昨秋と今春の県大会を制している。ただ、直前のNHK杯では昨年覇者の唐津商が意地の優勝を果たしている。この両校に、佐賀商佐賀学園の常連校が待ったをかける。龍谷鳥栖神崎清明白石なども勢いつかめば脅威。台風の目は東明館

佐賀大会の日程=7月8日~7月23日
佐賀大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツ報知の佐賀大会展望
佐賀北、佐賀商、佐賀学園の三つどもえ。昨秋と今春の佐賀大会を制した佐賀北は、身長180センチ超の左スラッガー・古川が打線をけん引。秋準優勝の佐賀商は、昨夏決勝で敗れた雪辱に燃える。春準Vの佐賀学園は藤崎、池田のダブル左腕で守り勝つ。3強を追うのは投手陣が豊富な神埼清明。進学校で知られる昨秋8強の東明館も怖い存在となりそう。

佐賀大会の日程=7月8日~7月23日
佐賀大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



下は佐賀県のドラフト出身校ランキングです。

1位 佐賀学園(6人)
2位 龍谷(5人)
2位 佐賀商(5人)
4位 鳥栖(4人)
4位 佐賀工(4人)
6位 佐賀西(3人)
6位 厳木(3人)
6位 唐津商(3人)

佐賀県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

楽天、東克樹(立命大)をドラ1候補に 「一番良い」

6/23、スポーツニッポン4面より

東 克樹 (立命館大・投手)
170cm・左投左打・動画

楽天が今秋のドラフトに向け、立命館大の東克樹投手(動画)を1位候補としてリストアップしていることが22日、分かった。直球は最速で152キロを誇り、守護神・松井裕樹投手をほうふつさせる本格派左腕。関西学生リーグで史上初となる2度のノーヒットノーランを達成している即戦力投手を獲得し、先発の左腕不足を解消する。

楽天が大学No.1左腕の獲得を狙っている。東は5月5日の関大戦で、関西学生リーグ史上初となる2度目のノーヒットノーランを達成するなど実績は抜群だ。4年生となった今年は大学日本代表にも選出されており、今夏の日米大学選手権、ユニバーシアード夏季大会にも出場する。

球団関係者は「(社会人、高校含めて)現時点では一番良い」と高い評価を与えており、今秋のドラフトに向けて1位候補のリストに入れている。

楽天は今季、首位と好調だが、先発陣はリーグトップの8勝を挙げている則本を筆頭に岸(5勝)、美馬(7勝)の右腕が支えている。左腕では辛島、森が開幕ローテーション入りを果たしたものの、現在は2軍調整中。昨季8勝を挙げた塩見も腰痛で出遅れるなど手薄な状況で、来季を見据えた左腕の補強が重要視されている。

名門・愛工大名電(愛知)出身の東は1メートル70と小柄だが、直球は最速で152キロを計測し、スライダー、チェンジアップを武器としている。同じ左腕で楽天の守護神を務める松井裕も1メートル74と決して大きくはないが、直球は最速153キロを誇る。同じ球種を操る点でも同タイプの本格派だ。

しかも東と松井裕は同じ学年にあたり、獲得が実現すれば「同学年左腕リレー」が見られる可能性もあり、話題を呼びそうだ。

東は5勝、防御率0.47と好成績を残した春季リーグ後、自身の進路について「社会人に行くつもりだが、大学ジャパンでいろんな話を聞いて、気持ちが変わったら、プロ志望届を出すこともあるかもしれない」と話している。社会人かプロか。野球人生の青写真をじっくりと考える方針だが、後者を選択した時、楽天が動く。



東君のスカウト評はこちら

下は大学生の主なドラフト候補(投手)です。

2017大学生のドラフト候補 <投手>
馬場皐輔(仙台大) スカウト評
宮川哲(上武大) スカウト評
斉藤大将(明治大) スカウト評
宮台康平(東京大) スカウト評
高橋遥人(亜細亜大) スカウト評
鍬原拓也(中央大) スカウト評
椎野新(国士舘大) スカウト評
渡辺佑樹(横浜商科大) スカウト評
平岡敬人(中部学院大) スカウト評
浜口雄大(岐阜経済大) スカウト評
与座海人(岐阜経済大) スカウト評
東克樹(立命館大) スカウト評
岡田和馬(近畿大) スカウト評
近藤弘樹(岡山商科大) スカウト評
小久保気(四国学院大) スカウト評
草場亮太(九州産業大) スカウト評


draftkaigi at 07:10|この記事のURL│ │楽天 

2017夏の甲子園、福島大会の展望&注目選手

スポーツニッポンの福島大会展望
聖光学院が総合力で頭一つ抜きんでている。優勝した春の県大会では4試合で49得点。投手陣も斎藤を中心に層が厚い。6月の東北大会4強の東日本国際大昌平は強力打線が武器。最速148キロ右腕・尾形(動画)を擁する学法石川や、プロ注目の右の大砲・園部がけん引する、いわき光洋が続く。

福島大会の日程=7月7日~7月22日
福島大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツ報知の福島大会展望
自らの持つ戦後最多記録を更新する、11年連続出場を狙う聖光学院が優勝候補筆頭。瀬川や斉藤郁ら、昨夏経験者が引っ張る。東日本国際大昌平は元巨人・伊藤監督の指導で第2シードと躍進。150キロ近い直球が武器の本格派右腕・尾形(動画)のいる学法石川などが、打倒・聖光を目指す。

福島大会の日程=7月7日~7月22日
福島大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



下は福島県のドラフト出身校ランキングです。

1位 学法石川(8人)
2位 福島商(4人)
2位 聖光学院(4人)

福島
県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら


ドラフトニュース検索