ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

望月涼太(九州共立大)、プロ志望届提出へ

2017年09月10日

9/10、西日本スポーツ21面より

望月 涼太 (九州共立大・遊撃手)
175cm・右投左打・動画

リーグ戦通算100安打も通過点だった。2回1死2塁。九共大の1番・望月は好機を広げる安打にも表情を変えることはなかった。「100本目というだけなので」。体勢を崩しながらも、巧みなバット操作で右前に運んだ一打を振り返った。2015年秋の長池城磨(九産大)以来となる大台到達。「打てたのは調子が悪いときも使ってくれた監督たちのおかげです」

3年生の昨年は春秋で計37安打を量産。秋にはベストナインにも選ばれたが、その後は苦しい時期が続いた。昨冬に股関節を痛めた影響で、今春はわずか9安打。夏に納得いくまで人一倍バットを振り込んで、大学最後のシーズンに臨んだ。開幕3戦目で到達した努力家を、上原忠監督は「練習を人一倍やる子。野球の神様は見ていた」とたたえた。

現段階で複数の社会人チームから誘われているが、全て断ってプロ志望届を提出するつもりだ。自身と同じリーグ戦通算100安打をクリアしたOBの柴原洋はホークスの主力として活躍。望月もプロでのプレーを熱望する。

秋は3連覇中の九共大も、明治神宮大会出場は11年が最後。大学4年間の集大成で全国の舞台に立てば、プロへの大きなアピールにもなる。「自分がチャンスメークできれば、おのずと結果もついてくる」。リードオフマンは力を込めた。

(9月9日 福岡六大学野球 九共大 4―0 福教大)



望月君のバッティング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 08:24|この記事のURL│ │プロ志望届 

宮台康平(東京大)、球速戻り145キロ計測

9/10、スポーツニッポン6面より

宮台 康平 (東京大・投手)
178cm・左投左打・動画

東大のエース宮台(動画)が7回から登板。2イニングで山根に本塁打を浴びたが、145キロと球速が戻り、懸念された四球もなかった。先発起用しなかった浜田一志監督は「一番元気なのが宮台。全試合に投げさせる最善の策」と説明。

宮台は「先発できない悔しさはあるけど、言われたところで投げる。いい球もあったので安心しました。明日は先発の準備もします」と最後のシーズンへの意欲を口にした。

(9月9日 東京六大学野球 立教大 4―1 東京大)



宮台君のスカウト評はこちら

宮台君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:51|この記事のURL│ │大学 

斉藤大将(明治大)、巨人「左腕の上位候補」

9/10、サンケイスポーツ5面より 

斉藤 大将 (明治大・投手)
178cm・左投左打・動画

明大・斉藤(動画)が6安打で初完封。ユニバーシアードで優勝した大学日本代表の貫禄を見せた。4併殺を奪って113球で投げ終え「代表の仲間からチェンジアップの握りなど聞き、役に立てた。まだ1勝。勝ち点を取らなければ意味がない」

スタンドではプロ9球団が視察し、巨人・福王東日本統括スカウトは「左腕の上位候補。低めにうまく集めていた」と評価した。

(9月9日 東京六大学野球 明治大 3―0 早稲田大)



斉藤君のスカウト評はこちら

斉藤君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:11|この記事のURL│ │巨人 

東妻勇輔(日体大)ノーヒットノーラン、152キロ計測

9/10、スポーツ報知6面より

東妻 勇輔 (日本体育大・投手)
170cm・右投右打・動画

日体大の右腕・東妻勇輔投手(動画)が、明星大1回戦で、リーグ史上14人目となるノーヒットノーランを達成した。打者30人に対し、4四死球、12奪三振。直球の最速は152キロをマークした。6回に大木惇司のソロで挙げた1点を死守し、東海大とともに開幕3連勝。今春王者の帝京大は、開幕3連敗となった。

(9月9日 首都大学野球 日体大 1―0 明星大)



東妻君は現在大学3年生で来年のドラフト対象選手です。ピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:10|この記事のURL│ │大学 

斉藤大将(明治大)、西武「候補として十分可能性ある」

9/10、スポニチwebsiteより (source)

齊藤 大将 (明治大・投手)
178cm・左投左打・動画

秋季リーグ戦が開幕し、明大は今秋ドラフト候補の斉藤大将投手(動画)が早大相手にリーグ戦初完投初完封勝利を挙げた。今春5位からの巻き返しを誓う秋の初戦でリーグ戦初完投初完封。明大の左腕・斉藤は喜びに浸ることなく「まだ1勝。勝ち点を取らなければ意味がない」と気を引き締めた。

優勝したユニバーシアードの日本代表メンバー。決勝で救援し、胴上げ投手となった。これまではリーグ戦でも救援が主。春はピンチで力んで打たれる場面が多かった。代表で「周りの投手が力まずぽんぽん投げていた」と脱力を意識するように変化。6安打に抑え、4併殺を取った。

ネット裏では11球団が視察し、西武・渡辺久信SDは「候補として十分可能性がある。また見に来る」と評した。ユニバーシアードも指揮した善波達也監督は「斉藤がみんなの期待に応えてくれた」。2季ぶりの優勝へ最高のスタートを切った。

(9月9日 東京六大学野球 明治大 3―0 早稲田大)



斉藤君のスカウト評はこちら

斉藤君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:05|この記事のURL│ │西武 

ドラフトニュース検索