ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

中日、ドラフト1位は清宮か中村か二者択一の様相

2017年09月23日

9/23、中日スポーツ1面より
スター候補はノドから手が出るほど欲しい。ただ、最終決断はまだ先だ。早実・清宮(動画)のプロ志望表明を受け、中日の白井文吾オーナーは「欲しんだけども、もう1人いるからな」と意味深長。夏の甲子園で大会最多6本塁打を放ち、ドラフト1位候補に浮上した広陵の中村奨成捕手(動画)にも高い関心を示した。

当然、清宮は不動のドラ1候補。西山球団代表もこの日、東京都内で行われた12球団代表会議後に取材に応じ、「特Aの評価。何年かに1人の選手であることは間違いない。もし最終決定することになれば、よそと競合してもそう(入札)する」と従来の方針を繰り返した。

一方、走攻守の三拍子がそろう中村も逸材だ。甲子園での大ブレークで各球団の評価も高騰。中田スカウト部長は「外れ(1位)では、もう取れない。欲しいかどうかで言えば、間違いなく欲しい」と話していた。

清宮か、中村か。現状では二者択一の様相を呈している。白井オーナーは「いろいろな意見がある」と悩ましげな表情を浮かべ、西山代表も「まだ(清宮に)最終決定したわけではない」と強調した。ドラフト会議まで1ヵ月余り。現場の意向も踏まえた上で、慎重に検討していくことになりそうだ。



清宮君(早実)のスカウト評はこちら

中村君(広陵)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:07|この記事のURL│ │中日 

2017ドラフト展望(元巨人チーフスカウトの見解)

9/23、スポーツニッポン3面「中村和久の目」より
早実・清宮(動画)がプロ志望を表明し、8、9球団が清宮を1位指名するのではないかとみる。今年は1位が12人しっかりそろうという考えはできない。1位候補の全体数が少ないだけに、希望通りの選手を(1、2位の)2人を指名するだけでも一苦労するだろう。

JR東日本・田嶋(動画)ヤマハ・鈴木博(動画)日立製作所・鈴木康(動画)の3人が1位候補だったが、清宮が加わった。この4人は即戦力。清宮に指名が集中するのを見越し、社会人3人の単独指名を画策する球団がどのくらい出てくるか。

また、社会人3人以外にも広陵・中村(動画)履正社・安田(動画)がいる。中村は木製バットの対応や捕手としても練習をもっと積んでいく必要があるが、単独指名があるか。安田は単独または外れ1位の筆頭候補になりそうだ。(元巨人チーフスカウト)



2017高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2017大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2017社会人のドラフト候補・一覧はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL│ │ドラフト展望 

巨人、ドラフト1位は清宮(早実)で一本化へ

9/23、スポーツ報知1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

高校通算最多”111発を誇る早実・清宮幸太郎内野手(動画)が22日、東京・国分寺市の同校で会見を行い、プロ志望を表明した。12球団が興味を持ち、競合は必至。1位指名で一本化する方針で動き出した巨人は、ドラフトでのくじ引きを高橋由伸監督に託すことも判明した。

「いずれは868本を目指せるように」と先輩のソフトバンク・王貞治球団会長が持つ通算本塁打の世界記録超えに「使命感」を燃やした清宮は、日米での本塁打王獲得にも意欲を見せた。



本日の報知は「清宮、由伸監督引く!!」とデカデカとタイトルを打ち1面で報道。そればかりではなく裏1面も清宮の話題で、「王先輩超える」の大見出し。明らかに「巨人は清宮1位でいくんだな~」と購読者に思わせることを狙った紙面作りです。大本営の報知の記事ですし疑う余地はありません。巨人1位は決まりでしょう。


清宮君のスカウト評はこちら

清宮君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:03|この記事のURL│ │巨人 

高校生4人がプロ志望届提出、計56人に

日本高野連は9月22日、プロ志望届提出者を新たに4人追加。鶴岡東・吉住晴斗投手(スカウト評)、花咲徳栄・西川愛也外野手(スカウト評)、花咲徳栄・清水達也投手(スカウト評)、花咲徳栄・綱脇慧投手が加わり、これで計56人となりました。


高校生のプロ志望届提出者・一覧はこちら



draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │プロ志望届 

阪神、外れ1位に斉藤大将・鍬原拓也・高橋遥人ら

2017年09月22日

9/22、サンケイスポーツ26面より
阪神の球団首脳はこの日、早実・清宮(動画)について「ノーコメントです。会見はあしたでしょ」と話すにとどめたが、すでに1位指名の方針を固めている。重複は覚悟の上で、クジを外した場合は即戦力投手を狙う方針。

JR東日本・田嶋大樹投手は1位で消えている可能性が高いため、明大・斉藤大将投手(動画)中大・鍬原拓也投手(動画)亜大・高橋遥人投手(動画)らをマークしている。



斉藤君(明大)のスカウト評はこちら

鍬原君(中大)のスカウト評はこちら

高橋君(亜大)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 11:20|この記事のURL│ │阪神 

ドラフトニュース検索