ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

山本大貴(三菱岡崎)に7球団、中日「ドラフト対象になる」

2017年05月31日

5/31、中日スポーツ8面より

山本 大貴 (三菱自動車岡崎・投手)
182cm・左投左打・動画

ため込んだ思いが解き放たれた。9回2死、捕手の清水がバックネット際の飛球をお手玉しながらつかむと、三塁側スタンドから一斉に紙テープが舞った。燃費データ改ざん問題が発覚し、昨年は予選出場を辞退した三菱自動車岡崎が13安打の猛攻でホンダ鈴鹿を圧倒。激戦の東海地区を、いの一番で勝ち抜いた。

「選手、コーチを含め、2年分の思いが伝わったと思います」。こう話す野波尚伸監督の目は真っ赤だった。

北星学園大付高(北海道)から入社4年目の左腕・山本(動画)が3回に2点を失ったが、直後に桜美林大出の新人・山野辺の同点打などで3点を奪って逆転。徐々に調子を取り戻した山本は140キロ台中盤の直球とスライダー、ツーシームなどで打たせて取り、ホンダ鈴鹿の強力打線を封じ込めた。

疲れが見えた9回に2本の本塁打を浴びて降板したが、今予選は3勝。この日はプロ7球団のスカウトが視察に訪れるなど、一躍ドラフト候補に成長した。山本は「自分の出来は60~70点。納得できないけど、勝ったので100点」と喜んだ。

その山本も徐々に出番が増えてきた昨年、「今年こそ」と思っていた直後に問題発覚で2ヵ月間の活動自粛を余儀なくされた。「野球をするために入社したのでつらかった。(再開する)環境をつくってくれた会社のために結果を残したかった」。最高の結果で恩返しを果たし、「本戦は自分が全部完投するつもり」と息巻いた。

▼中日・中田宗男スカウト部長
「独特の球を投げる。変化球のほとんどは曲がりが小さく、球種を見分けづらい。左腕で若いし、ドラフト対象になってくる」


(5月30日 都市対抗東海地区予選 三菱自動車岡崎 6―4 ホンダ鈴鹿)



山本君のピッチング動画はこちら


下は社会人(投手)の主なドラフト候補です。

2017社会人のドラフト候補 <投手>
鈴木康平(日立製作所) スカウト評
田嶋大樹(JR東日本) スカウト評
西村天裕(NTT東日本) スカウト評
柏原史陽(JX-ENEOS) スカウト評
江口昌太(JX-ENEOS) スカウト評
鈴木博志(ヤマハ) スカウト評
山本大貴(三菱自動車岡崎) スカウト評
中山匠(キャプテイ) スカウト評


draftkaigi at 07:08|この記事のURL│ │中日 

柏原史陽(JX-ENEOS)に11球団、ヤクルト・日ハム評価

5/31、スポーツ報知websiteより (source)

柏原 史陽 (JX-ENEOS・投手)
175cm・右投右打・動画

JX―ENEOSの今秋ドラフト候補右腕・柏原史陽(動画)が、プロ11球団のスカウトが視察する前で7回途中1失点と踏ん張ったが、チームは延長12回の末に逆転負けを喫した。

柏原は6回を除いて毎回7安打を許しながら、失点は1点リードの7回2死に浴びた同点ソロだけ。6回2/3で128球を投げ、最速147キロの直球を主体に6三振を奪った。ヤクルト・小川SDは「真っすぐの質がいい。キレを感じる」。日本ハム・大渕スカウト部長は「投球フォームに躍動感がある」と評していた。

(5月30日 都市対抗西関東地区予選 三菱日立パワーシステムズ 4―1 JX―ENEOS)



柏原君のピッチング動画はこちら


下は社会人(投手)の主なドラフト候補です。

2017社会人のドラフト候補 <投手>
鈴木康平(日立製作所) スカウト評
田嶋大樹(JR東日本) スカウト評
西村天裕(NTT東日本) スカウト評
柏原史陽(JX-ENEOS) スカウト評
江口昌太(JX-ENEOS) スカウト評
鈴木博志(ヤマハ) スカウト評
山本大貴(三菱自動車岡崎) スカウト評
中山匠(キャプテイ) スカウト評


draftkaigi at 07:06|この記事のURL│ │ヤクルト | 日本ハム

馬場皐輔(仙台大)が155キロマーク、3球団視察

2017年05月30日

5/30、日刊スポーツwebsiteより (source)

馬場 皐輔 (仙台大・投手)
180cm・右投右打・動画

ドラフト候補右腕の仙台大・馬場皐輔(動画)が自己最速を2キロ更新した。プロ3球団のスカウトが見守る中、2回に相手6番から空振り三振を奪った3球目が東北福祉大のスピードガンで155キロを計測した。

6回1失点、77球で降板し「慌てる感じではない。気落ちしないでやる」と前を向き、最速更新については「これぐらい出ると思っていた。自信になる」と話した。

(5月29日 仙台六大学野球 東北福祉大 3―0 仙台大)



馬場君のスカウト評はこちら


下は大学生・投手の主なドラフト候補です。

2017大学生のドラフト候補 <投手>
馬場皐輔(仙台大) スカウト評
宮川哲(上武大) スカウト評
斉藤大将(明治大) スカウト評
宮台康平(東京大) スカウト評
高橋遥人(亜細亜大) スカウト評
鍬原拓也(中央大) スカウト評
椎野新(国士舘大) スカウト評
渡辺佑樹(横浜商科大) スカウト評
平岡敬人(中部学院大) スカウト評
浜口雄大(岐阜経済大) スカウト評
与座海人(岐阜経済大) スカウト評
東克樹(立命館大) スカウト評
岡田和馬(近畿大) スカウト評
近藤弘樹(岡山商科大) スカウト評
小久保気(四国学院大) スカウト評
草場亮太(九州産業大) スカウト評


draftkaigi at 11:42|この記事のURL│ │大学 

清宮(早実)争奪戦、早稲田大が猛烈な追い上げ

5/30、日刊ゲンダイ24面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

「慶大の優勝を阻止したといっても、先行きが不安。やっぱり清宮君が入ってくれないことには」。28日の早慶戦を観戦した古株の早大OBがこうつぶやいた。

六大学野球春季リーグ戦。慶大が勝てばリーグ優勝となるこの一戦は、早大が1点ビハインドの七回に大量5得点を挙げるなど、12―6で勝利した。慶大の優勝を阻止して一矢を報いたが、3季連続のV逸となった早大周辺では、この日の美来工科(沖縄)との招待試合で高校通算96号本塁打を放った早実・清宮幸太郎(動画)の待望論が一層、高まっているという。

早慶戦2試合で計14失点を喫するなど、今春のチーム防御率4.02はリーグ5位(28日現在)と投手がボロボロ。1年秋、2年春にそれぞれ4勝した大竹(4年)、2年間で通算11勝の小島(3年)が揃って不調に陥っていることが影響しており、先のOBは「投手が崩れて打線が取り返す試合が続いている。まるで(系列校の)早実のような試合展開だよ」と嘆き、こう続けた。

「今年は、昨秋ドラフト上位候補の早川(木更津総合)が入学していきなり主戦になっているが、あとの投手で目立つのは身長2メートル左腕の今西(広陵)くらい。一方で、打線は、2年生の加藤(早実)がリーグ首位打者、最多本塁打と軸として働いている。優勝を目指すにはさらに打線を強化しないといけない。来年、清宮君が入学して3番に入ることで、早実が15年夏の甲子園に出場した際の加藤との3、4番コンビが復活すればいうことない。もともと大学には、20年東京五輪の野球日本代表に早大・清宮として送り出したいという強い意向がある」

この日、早慶戦に先立って行われた慶大との新人戦では、4番の和田(2年)をはじめ、スタメンには4人の早実出身者が入り、上條(2年)がリリーフ登板した。今後は、先輩たちが中心となって戦っていくことになるだけに、清宮にとってもやりやすい環境にあるのは確か。

プロか早大か、はたまたメジャーか。進路が注目される清宮に対し、早大の猛烈な追い上げが始まる。



清宮君のスカウト評はこちら



下は高校生(野手)の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <捕手>
篠原翔太(報徳学園) スカウト評
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
村上宗隆(九州学院) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <内野手>
峯村貴希(木更津総合) スカウト評
清宮幸太郎(早稲田実) スカウト評
綱島龍生(糸魚川白嶺) スカウト評
安田尚憲(履正社) スカウト評
太田英毅(智弁学園) スカウト評
嶋谷将平(宇部鴻城) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <外野手>
西川愛也(花咲徳栄) スカウト評
増田珠(横浜) スカウト評
岡田悠希(龍谷大平安) スカウト評


draftkaigi at 07:30|この記事のURL│ │大学 

プロ志望の岩見雅紀(慶応大)、阪神スカウトが追う!

5/30、デイリースポーツ5面「虎が追う」より

岩見 雅紀 (慶応大・外野手)
187cm・右投右打・動画

まるでピンポン球のようにすっ飛んでいく・・・。岩見(動画)のアーチには、そんな表現が何よりふさわしい。187センチ、108キロの巨体。小学生時代には、柔道でも県大会で優勝したパワー。目いっぱいに振り回さなくとも、外国人選手顔負けの飛距離をたたき出す。

今春リーグ戦では5本塁打。東大2回戦では、神宮球場のグラウンドから高さ7・65メートルのバックスクリーンを越える推定135メートル弾を放ち、スタンドの度肝を抜いた。スカウト陣から比較対象として挙がる名前は、バレンティン(ヤクルト)やエルドレッド(広島)だった。

飛ばし屋伝説は、現在進行形だ。慶大・日吉グラウンドの練習では、岩見だけ約10メートル下がってフリー打撃を行う。それでも、高さ10メートルの左中間後方のネットを越える打球は日常茶飯事。隣接する保育施設の屋根に設置されたソーラーパネルを破壊したこともある。今季終了後には、ネットを15メートルの高さに改修する予定となっている。

「あんなにケージを下げたのは、ブーマー(元阪急)がここで練習した時以来。打撃練習用の(足場の)人工芝も新しく買ったし・・・お金がかかるんですよ」。慶大・大久保秀昭監督は、苦笑しながら証言する。

豪快な一発が目立つ岩見。実は2年春のリーグ戦デビュー以降の通算打率も・296と3割近い数字を残す。大久保監督は「最初は全く当たらなかった。オープン戦で、30打数20何三振とかしていた」と振り返りつつ「練習では真っすぐも変化球も打てていた。問題はそれをミックスされた時。いかに試合で打席に立たせるかだった」と、スイングに大きな欠陥がないことは見抜いていた。

岩見は「監督のおかげです。新人戦にも出ていなかった自分を、1年の冬にいきなり(1軍に)上げて使ってくれた」と、師に感謝する。口酸っぱく言われ続けたのは「練習から全部しっかりスイングして、センター中心に打ち返せ。そのスイングができていれば大丈夫」という言葉。その教えに忠実に、一歩ずつ自身の打撃レベルを上げていった。

慶大には現役で一度は受験に失敗しながら「プロに行くためには一番の近道」と一浪して合格。目標に向かって地道にやるべきことを突き詰められる素養もあった。

担当の阪神・畑山チーフスカウトは「クラウチング気味に構えるメジャースタイル。横尾(現日本ハム)とか慶大には多いけど、今のアマ球界には珍しい」と特徴に言及。その上で「彼のパワーがあってこそできる打ち方。見たり勉強したりする中でスタイルを確立して、成長していっているね」と評価する。

下級生の頃は遅刻が多かった生活面を含めて取り組みも改善。「野球でメシが食いたいのか?」と問いかけて成長を促した指揮官も「この1年でだいぶ変わってきた」と認めた。すでに進路はプロ1本を明言している岩見。フェンスのはるか上を越えていく豪快な放物線を神宮の空に描くたびに、その夢は近づく。



岩見君のスカウト評はこちら


下は大学生(野手)の主なドラフト候補です。

2017大学生のドラフト候補 <捕手>
保坂淳介(中央大) スカウト評
2017大学生のドラフト候補 <内野手>
楠本泰史(東北福祉大) スカウト評
笠松悠哉(立教大) スカウト評
山崎剛(国学院大) スカウト評
宮本丈(奈良学園大) スカウト評
2017大学生のドラフト候補 <外野手>
島田海吏(上武大) スカウト評
岩見雅紀(慶応大) スカウト評


draftkaigi at 07:09|この記事のURL│ │阪神 

ドラフトニュース検索