ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

DeNAドラ5・細川成也、阪神監督「何でドラフトで・・・」

2017年02月14日

2/14、スポーツ報知4面より

2016DeNAドラフト5位 細川成也
明秀学園日立高・外野手兼投手・動画

手に残った極上の感触で、細川(動画)は打球の行方を確信した。「打った瞬間、行ったと思いました」。白球は高い放物線を描き、中堅122メートルの宜野座村営球場のバックスクリーンに飛び込んだ。高卒ルーキーが、今季の12球団新人1号を、ど派手に打ち込んだ。

ラミレス監督から「ハマのカブレラ」と認められたパワーを見せつけた。7回1死、1ボール2ストライクから阪神左腕・島本の外角高め137キロ直球を振り抜いた。「三振でもOKと言われてたので。いいアピールができた」。

12日の紅白戦では右翼線三塁打。この日もコースに逆らわない打撃を披露し指揮官から「無理に引っ張らず逆方向やセンターに打てる。パワーがあるからコンタクトすることが重要とわかっている」と絶賛された。

信念は、母校・明秀学園日立高の恩師・金沢成奉監督から授かった。「プロでも小さくならずに、フルスイングは貫いていけ、と言われています」。

青森・光星学院時代に巨人・坂本らを育てた同監督は、阪神・金本監督の東北福祉大時代の先輩にあたる。「いいねえ。先輩に言われたよ。何で(ドラフトで)獲れへんねん!、って」と敵将も頭をかいた好素材。14日からは2軍キャンプに戻り、練習量と実戦形式での打席数を確保する方針だ。

同じく指揮官の期待を集める網谷(2015育成1位)も初回にバックスクリーン弾。「立場的に結果を出してなんぼなんですけど、いかに濃い内容であるかを大事にしたい」。本職は捕手だが、打力を生かすため一塁にも挑戦中。

侍ジャパンの小久保監督に「この2人は将来すごくなるから、よく見ておいてください」と推薦したラミ・チルドレン。昨季12球団2位の140発を誇った強力打線に、新たなオプションとして加わる可能性は十分ある。

(2月13日 練習試合 DeNA 4―1 阪神)




下は2016ドラフトでDeNAが指名した選手です。5位・細川君のスカウト評はこちら


DeNAの2016ドラフト指名選手
1位 浜口 遥大 神奈川大 投手
2位 水野 滉也 東海大北海道 投手
3位 松尾 大河 秀岳館高 内野手
4位 京山 将弥 近江高 投手
5位 細川 成也 明秀学園日立高 外野手
6位 尾仲 祐哉 広島経済大 投手
7位 狩野 行寿 平成国際大 内野手
8位 進藤 拓也 JR東日本 投手
9位 佐野 恵太 明治大 内野手
育1 笠井 崇正 BCL・信濃(早大) 投手


draftkaigi at 07:09|この記事のURL│ │横浜DeNA 

高卒2年目・広岡大志(ヤクルト)、コーチ「山田より上」

2/14、サンケイスポーツ24面より

2015ヤクルトドラフト2位 広岡大志
智弁学園高・遊撃手・動画

打球は高い放物線を描き、浦添市民球場の左翼芝生席に着弾した。三回先頭の広岡(動画)が今季初打席初本塁打。2800人の観衆から「ピュ~イ!」と指笛が鳴った。「キャンプで取り組んでいることを打席で出せました。でも風がフォローだったし、まだ完璧なスイングではないです」

バットを高く掲げて左足を上げる打撃フォームは、山田哲人内野手にそっくり。先輩を尊敬する背番号36はハンファの2009年WBC韓国代表右腕、李在雨のスライダーを強振して運んだ。

「試合になると、力んでバットが下から出てしまう。上から振る練習をしている」という高卒2年目の19歳。初の1軍キャンプスタートで、走攻守で連日の居残り特訓。打撃面は杉村チーフ打撃コーチとスイングを矯正中だ。山田も行うティー打撃だけでなく、自身の映像を見ながら改善点を脳裏にイメージさせた。

「アッパースイングだと、球が速く変化球も切れる1軍の投手に対応できない。上半身が投手寄りに倒れたり、左手だけバットを緩く持つ癖があった」と杉村コーチ。それでも破格の長打力は魅力だ。

「19歳の頃の池山(隆寛)や山田より飛ばすし、田淵(幸一)さんみたいに打球が高く上がる。30本塁打を打てるような指導をしていきたい」と期待する。

17年のチーム第1号。広岡は“初打席男”だ。昨年9月29日のDeNA戦では、引退試合の三浦大輔氏からプロ初打席初本塁打を放った。1メートル83の大型内野手はこの日、三塁手で出場したが、大引、西浦、谷内らと正遊撃手を争う。

真中監督は「遊撃手のレギュラーは決まっていない。広岡が力を発揮すれば(レギュラーもある)。きょうはいきなり本塁打。若手が張り切ってくれるとチームのムードもよくなる」と台頭を歓迎した。

四回一死満塁の好機では二ゴロの間に1打点をあげた。六回は四球、八回は遊失で3打数1安打2打点。試合後は山崎とともに特打を行った。「練習は苦じゃありません。1軍で活躍したい気持ちが強いです」と広岡。実力の世界。開幕スタメンへと突き進む。

(2月13日 練習試合 ヤクルト 6―3 韓国ハンファ)




下は2015ドラフト会議でヤクルトが指名した選手です。広岡大志は2位指名され入団。スカウト評はこちら

ヤクルトの2015ドラフト指名選手
×高山 俊  
1位原 樹理東洋大投手
2位広岡 大志智弁学園高内野手
3位高橋 奎二龍谷大平安高投手
4位日隈 ジュリアス高知中央高投手
5位山崎 晃大朗日本大外野手
6位渡辺 大樹専大松戸高内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:08|この記事のURL│ │ヤクルト 

ロッテドラ2・酒居知史、監督が期待「紅白戦楽しみ」

2/14、日刊スポーツ2面より

2016ロッテドラフト2位 酒居知史
大阪ガス・投手・動画

大阪の益田”が現れた。ロッテのドラフト2位、酒居知史投手(動画)が13日、フリー打撃に初登板。左足をスッと高く上げ、右足1本で立ってから繰り出す直球にはキレがあった。高浜は最初の4球はバントを試みたが、うち2球を前に転がすことが出来なかった。スイングしても2球、ケージから出なかった。

次の井上も初球ファウルでケージを出ない。最後の加藤にも1球、直球でファウルを打たせた。初めてプロを相手に投げたが「しっかりコースに強い球を放れば、直球でファウルが取れる」と収穫があった。

証言者から出た名前が、くしくも同じだった。左打ちの高浜は「伸びますね。内に角度があって入ってくる直球は益田みたい」。2日前にブルペンで受けたチーム最年長捕手の金沢も「真っすぐがピュッと来る。益田に近い」。

和歌山出身の益田は、今季は抑え候補。キレのある直球を誇り、5年連続50試合登板中。大阪出身の酒居にも守護神に近いキレがあった。

己の武器と自覚している。最速148キロで、ずばぬけて速いわけではない。「速さがないので、直球の質で勝負しないと。ブルペンでも、しっかり低めに投げ続けるイメージで練習しています」と明かした。

伊東監督は「指にかかっていた。実戦向き。紅白戦(17、18日)が楽しみ」とニンマリだ。先発ローテは涌井、石川の2人しか確定していない。社会人時代に都市対抗などで活躍した即戦力右腕が、残り4枠に殴り込みをかける。




下は2016ドラフトでロッテが指名した選手です。2位・酒居君のスカウト評はこちら

ロッテの2016ドラフト指名選手
1位佐々木 千隼桜美林大 投手
2位酒居 知史大阪ガス 投手
3位島 孝明東海大市原望洋 投手
4位土肥 星也大阪ガス 投手
5位有吉 優樹九州三菱自動車 投手
6位種市 篤暉八戸工大一高 投手
7位宗接 唯人亜細亜大 捕手
育1安江 嘉純BCL・石川 投手
育2菅原 祥太日本ウェルネス大 投手


draftkaigi at 07:07|この記事のURL│ │ロッテ 

中日ドラ2・京田陽太、マルチ安打&1盗塁デビュー

2017年02月13日

2/13、中日スポーツ2面より

2016中日ドラフト2位 京田陽太
日本大・遊撃手・動画

途中出場のドラフト2位の京田陽太内野手(動画)がマルチ安打&1盗塁の鮮烈デビュー。「緊張しましたけど、良いところに(打球が)飛んでくれました」と安堵の笑みを浮かべた。

4回1死、死球を受けたビシエドの代走(特別ルール)として登場すると、続く平田の中前打で快足を生かして三進。5回からは堂上に代わって4打席立ち、8回に三塁線を破る二塁打。9回にも左前打で出塁した。

打つ、走る。持ち味を出したデビュー戦で、京田が反省材料として振り返ったのは8回の三盗だった。「走るな、のサインを見落としてしまいました」。直後には奈良原内野守備走塁コーチからグラウンド上で厳重注意を受けた。

それでも、手元に残るのは収穫ばかりだ。ベンチでは森監督の目の前に座り、首脳陣の試合中のナマの会話に耳をそばだてた。打席が終わり、守備が終われば、すぐに担当コーチから課題の確認がある。「とても勉強になります。安定して結果を出せるように頑張ります」。その引き締まった顔にプロとしての実感がにじんだ。

(2月12日 練習試合 中日 18―1 韓国ハンファ)





下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。2位・京田君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位柳 裕也明治大 投手
2位京田 陽太日本大 内野手
3位石垣 雅海酒田南高 内野手
4位笠原 祥太郎新潟医療福祉大 投手
5位藤嶋 健人東邦高 投手
6位丸山 泰資東海大 投手
育1木下 雄介四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 10:21|この記事のURL│ │中日 

DeNA育成1位・笠井崇正、監督絶賛「非常に驚いた」

デイリースポーツwebsiteより (source)

2016DeNA(育成)ドラフト1位 笠井崇正
信濃グランセローズ・投手・動画

DeNA育成1位の笠井崇正投手(動画)が、紅白戦(宜野湾)で白組の3番手として七回から登板。最速146キロの直球を武器に2回を無安打、3奪三振、無失点と好投した。

2軍の嘉手納キャンプに帯同していた右腕を呼び、起用したアレックス・ラミレス監督は、「笠井は非常に球も速くて低めにコントロールされていた。非常に驚きました」と目を丸くして大絶賛。今後も「1軍でチャンスを与えようと思ってます」とご褒美を与えるプランも示した。

(2月12日 DeNA紅白戦 白組 11―4 紅組)




下は2016ドラフトでDeNAが指名した選手です。

DeNAの2016ドラフト指名選手
1位 浜口 遥大 神奈川大 投手
2位 水野 滉也 東海大北海道 投手
3位 松尾 大河 秀岳館高 内野手
4位 京山 将弥 近江高 投手
5位 細川 成也 明秀学園日立高 外野手
6位 尾仲 祐哉 広島経済大 投手
7位 狩野 行寿 平成国際大 内野手
8位 進藤 拓也 JR東日本 投手
9位 佐野 恵太 明治大 内野手
育1 笠井 崇正 BCL・信濃(早大) 投手


draftkaigi at 09:05|この記事のURL│ │横浜DeNA 

ドラフトニュース検索