ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

藤原恭大(大阪桐蔭)、来秋ドラフト候補の逸材

2017年07月31日

7/31、デイリースポーツ1面より

藤原 恭大 (大阪桐蔭高・外野手)
180cm・左投左打・動画

一息つくと、全力でセンターからマウンドへ駆けだした。大冠の猛追をしのぎ、たどり着いた大阪の頂点。藤原(動画)が最高の笑顔で歓喜の輪に身をゆだねた。「最後はひやひやした。でも、優勝は気持ちいいというか・・・。最高ですね!」

不動の1番。自らのバットで勝利への流れを生み出した。3点差を追い付いた後の六回1死だった。「僕は狙ってホームランを打つタイプ。ここで打てれば、流れが変わると思っていた。決勝に強いというか、決勝で結構打っているので強気に行った」

カウント3ボール1ストライク。本塁打狙いで直球に絞り、全力で振り抜いた。「完璧だった」。右中間への大飛球。右翼手は途中で背走を諦めた。今大会3本塁打目で高校通算19本目となる一発が、決勝ソロとなった。

2年生ながらU-18日本代表第1次候補の30人に選ばれており、スカウトが来秋のドラフト候補と口をそろえる逸材は“持っている男”だ。大舞台では集中力が増す。特に「気持ちが入る」と言う決勝では、無類の勝負強さを見せてきた。

今春のセンバツ決勝・履正社戦では先頭打者弾を含む2本塁打。今春近畿大会決勝・東海大仰星戦も5打数4安打だった。「スポーツは誰にも負けたくない」と言う負けず嫌い。根尾昂投手、山田健太内野手ら同級生の活躍も刺激に、名門で成長を遂げてきた。

(7月30日 大阪大会決勝 大阪桐蔭10―8大冠)



藤原君のバッティング動画はこちら

藤原君のスカウト評は
こちら

draftkaigi at 11:30|この記事のURL│ │高校 

清宮幸太郎(早実)、スカウトの間でも情報が錯綜

7/31、日刊スポーツ1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

早実・清宮幸太郎内野手(動画)の夏が、悔し涙で終わった。東海大菅生との決勝戦に「3番・一塁」で出場。8回に右前打を放ったが、高校通算108号アーチは出ず、チームも敗れた。

清宮は進路について、未定を強調した。「まだ、この先どうしようかは考えてないです。どこに行くにしろ、さらにレベルが高くなります。高校野球よりも、もっと長い間、野球をやることになると思いますし、ここがマックスじゃないです。まだまだ人生は長いので、最後に良かったなと言える負けにしたいです」と話した。

清宮は文武両道を掲げ、野球と同じように勉学にも一生懸命に取り組む。当初は進学が既定路線と思われたが、本塁打量産とともにプロ側も熱視線。仮にプロ入りした場合はインターネットで受講する早大の通信教育課程「eスクール」を利用する案も浮上した。プロか、大学か、プロスカウトの間でも情報が錯綜する。

清宮は進路決定の期限を明言しておらず、第1次候補に選出された9月の第28回U18(18歳以下)ワールドカップ後に表明する可能性がある。ラグビー、ヤマハ発動機で監督を務める父克幸さん、母を交えた家族会議を経て、決定するとみられる。



清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 11:08|この記事のURL│ │高校 

阪神、早実・清宮進学なら即戦力投手へ方向転換も

7/31、スポーツニッポン1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

阪神は今秋ドラフトの1位候補として今夏も早実・清宮(動画)の視察を続けてきた。球団幹部は「プロ志望なら清宮君に行かないと。競合になるでしょうけど」と方針を説明。坂井オーナーも昨年末の本紙インタビューで「何年に一人の逸材かと思います。ぜひとも欲しい打者です」と高く評価しており、プロ志望なら競合覚悟の1位指名する方針だ。

高野連へのプロ志望届提出の受付は甲子園大会後。提出しなければ、10月26日のドラフト会議では指名されない。清宮が進学を決めた場合には方針転換が必要で、既に即戦力投手をリストアップ済み。JR東日本・田嶋(動画)ヤマハ・鈴木(動画)NTT東日本・西村(動画)らが1位候補に挙がる。




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら





draftkaigi at 11:00|この記事のURL│ │阪神 

巨人、清宮幸太郎(早実)の高評価不変

7/31、スポーツ報知2面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

巨人の鹿取GMが、今秋ドラフト目玉の早実・清宮(動画)に対する高い評価を改めて口にした。東京ドームでのDeNA戦後、西東京大会決勝で敗れた清宮について、「どのチームも上位で行くでしょう」と話した。プロ入りとなれば、複数球団の競合は避けられないが、今夏を踏まえても最上位の評価は不変のようだ。

(7月30日 西東京大会決勝 東海大菅生6―2早稲田実)



清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら




draftkaigi at 07:27|この記事のURL│ │巨人 

清宮幸太郎(早実)プロ拒否、大学進学濃厚に

7/31、スポーツニッポン1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

早実・清宮幸太郎内野手(動画)が高校通算最多とされる記録を更新する108号を放てず、夏を終えた。第99回全国高校野球選手権大会の西東京大会決勝が30日に行われ、早実は東海大菅生に敗れて2年ぶりの甲子園出場を逃した。注目される清宮の進路は、進学が濃厚であることが分かった。

唇をかみしめ、気丈に振る舞ってきた清宮の頬を大粒の涙が伝った。ともに戦ってきた仲間への思いを問われた時だ。26秒の沈黙。目はみるみる赤く腫れ、感情があふれ出た。「主将になっていろいろなことをみんなに言ってきたけど、文句一つ言わずついてきてくれた。準優勝という結果ですけど、日本一のチームだった」

甲子園に行けなかった悔しさももちろんある。だが、それ以上に、苦楽をともにした仲間と早実のユニホームを着てプレーする機会がもうなくなったことが寂しかった。

新チーム結成後、東京では19連勝中だったが、最後の最後に負けた。1―1の5回2死一塁。三塁・生沼のハーフバウンドの送球を後ろにそらし(記録は三塁失策)、勝ち越し点を与えた。2―4の9回1死一塁では内野安打の打球処理で悪送球。失策で試合を決定づける追加点を許した。

記録更新の一発は出なかった。4打席全て走者がいない場面で、打線は分断された。最終打席となった8回に鋭い右前打を放ったが「持ち味の打撃でカバーできなかったのが敗因」と悔やんだ。

東京北砂リトル時代に出場した世界大会で優勝の原動力となり、飛び抜けた体格から米メディアが「日本のベーブ・ルース」とニックネームをつけた。注目を集めながら早実に入学。本塁打を量産し、ファンを引きつけた。「濃い2年半だった」と言った。

注目されるのは進路。「この先どうしようかは考えていない」と話すにとどめた。だが、複数の関係者の話を総合すると、進学の方針を固めているという。系列の早大を軸に、米国の大学も視野に入れているとみられる。今春センバツ出場時のアンケートで将来の夢に「メジャーリーグで本塁打王」と記した。その目標に歩んでいくため最良の選択肢を探る。

「高校野球はこれで終わってしまったけど、まだ次がある。準優勝で終わってしまったことは、“まだ次があるんだぞ”と神様に言ってもらってると思ってやりたい」。入学直後に「本塁打じゃなければ意味がない」と考えていた大砲は、勝利への一打を追求する主将に成長した。怪物伝説はまだまだ続く。

(7月30日 西東京大会決勝 東海大菅生6―2早稲田実)



清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら




draftkaigi at 07:10|この記事のURL│ │高校 

ドラフトニュース検索