ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

菊地大稀(佐渡)に8球団集結、楽天が高評価

2017年05月01日

5/1、日刊スポーツwebsiteより (source)

菊地 大稀 (佐渡高・投手)
185cm・右投左打・動画

佐渡島からプロ大注目の怪腕が現れた。佐渡・菊地大稀投手(3年)プロ8球団のスカウトの前で、自己最速を更新する143キロをマーク。7安打、5失点(自責2)ながら東京学館新潟から10三振を奪い、公式戦初完投を勝利で飾った。

一冬越えて成長した大器を見るため、ネット裏に8球団のスカウトが集結した。佐渡・菊地は「初回は100%で入れと言われている」と、自己最速を1キロ上回る143キロの直球を軸にスタートした。ところが2死二塁から、4番鈴木里希也捕手に2ボールから一本調子に投げた直球を1度は逆転被弾。

2回からは「打者を見て、力をセーブしながら」と7、8割程度に抑え、勝負球をスライダーに変えて三振の山を築いた。5回に3点を返されたが、2失策に野選と内野陣のミスが重なったもの。6回以降はイニング平均12球に抑え、「練習試合で完投はあるので、スタミナ的には心配なかった」と138球を投げ抜いた。

「ストレートは走っている感覚がなく、変化球でストライクと空振りを取れた」と自己採点は70点。宮木洋介監督は「完投させるつもりはなかったが、試合展開が不安定だったので、代える勇気がなかった」と、エースに最後まで任せた。

ネット裏には巨人、中日、阪神、楽天、日本ハム、ロッテ、西武、ソフトバンクのスカウトが陣取った。楽天は長島哲郎スカウト部長との2人態勢で視察し、携帯したスピードガンで143キロを確認。担当の山田潤スカウトは「楽しみな素材。伸びしろを感じる投手です」と評価した。

昨オフはウエートトレーニングで下半身と背筋を鍛え、一冬で体重は8キロ増の80キロ、身長も1センチ伸びて185センチに。「体の力強さを感じる。球に力が伝わるようになった」と最速も昨秋の137キロから、コンスタントに140キロを計測する。県ナンバー1クラスに躍り出た右腕から、目が離せなくなった。

(4月30日 新潟大会2回戦 佐渡 10―5 東京学館新潟)



菊地君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


下は高校生・投手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <投手>
古屋敷匠真(八戸工大一) スカウト評
佐藤隼輔(仙台) スカウト評
石川翔(青藍泰斗) スカウト評
金久保優斗(東海大市原望洋) スカウト評
布川雄大(武南) スカウト評
清水達也(花咲徳栄) スカウト評
桜井周斗(日大三) スカウト評
金成麗生(日大三) スカウト評
本田仁海(星槎国際湘南) スカウト評
田中瑛斗(柳ヶ浦) スカウト評
山口翔(熊本工) スカウト評
川端健斗(秀岳館) スカウト評
平良海馬(八重山商工) スカウト評


draftkaigi at 13:18|この記事のURL│ │楽天 

阪神ドラ6・福永春吾、2軍で巨人打線ねじ伏せた!

5/1、デイリースポーツ4面「阪神2軍情報」より

2016阪神ドラフト6位 福永春吾
徳島インディゴソックス・投手・動画

「原点」に立ち返りG打線をねじ伏せた。先発したドラフト6位・福永(動画)7回5安打、無失点と好投。宿敵撃破に大きく貢献した。最速149キロの直球とスライダーがさえ渡った。

これが福永本来の投球だ。これまではカーブとシュートを中心としたスタイルで結果を残していた。だが、23日のウエスタン・ソフトバンク戦で3回7安打6失点と炎上。右腕は「この前良くなかったんで、いったんリセットするために」と、得意とする球で勝利を手にした。

与えた四球はわずか1。掛布2軍監督は「ストライク率が高かったし、(ピンチも)しのいでいた」と称賛した。続けて「小野も見ていたと思う。ゾーンで勝負する姿勢を見習ってほしい」と、前日29日に登板し、制球に課題を残したドラ2右腕に言及した。

「またこれから練習していきたい」と成長を誓った福永。同学年の新人右腕2人が刺激し合い、1軍のマウンドを目指していく。

(4月30日 ファーム交流戦 阪神 10―0 巨人)




下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。

阪神の2016ドラフト指名選手
1位大山 悠輔白鴎大 内野手
2位小野 泰己富士大 投手
3位才木 浩人須磨翔風高 投手
4位浜地 真澄福岡大大濠高 投手
5位糸原 健斗JX-ENEOS 内野手
6位福永 春吾四国IL・徳島 投手
7位長坂 拳弥東北福祉大 捕手
8位藤谷 洸介パナソニック 投手


draftkaigi at 08:35|この記事のURL│ │阪神 

加藤雅樹(早大)が2試合連続弾、広島「弱点がない」

5/1、スポーツ報知4面より

加藤 雅樹 (早稲田大・外野手)
185cm・右投左打・動画

早大の加藤雅樹左翼手(動画)
が、今秋ドラフト候補左腕の東大・宮台康平投手から2試合連続本塁打となるグランドスラムを放ち、3カードを終えて打撃3冠に立った。

1球で仕留めた。勝負を避けられ、4四球で迎えた7回2死満塁の5打席目。カウント3ボールから、高めの直球を完璧にとらえた。加藤は「見逃してばっかりで打ちたいな、と思っていた。完璧にとらえられて、納得のいくホームランでした」。ドラフト候補左腕の宮台から、2日連続で逆方向の左翼席へたたき込んだ。

東大戦で8打点を稼ぎ、これで10打点。打率は.556まで上昇。3本塁打は慶大の主砲・岩見と並び、立大、慶大戦を残して3冠王を視界にとらえた。2年春での3冠なら、00年の法大・後藤武敏(現DeNA)、01年の早大・鳥谷敬(現阪神)に並ぶ最速タイだ。

後輩の清宮から刺激を受けた。27日の都大会決勝をスタンドから観戦し「清宮、野村のホームランを見てすごいな、と。自分もこれぐらい六大学で打たないと。刺激になりました」。早実時代から注目してきた広島・苑田スカウト統括部長は「体勢が崩れない。弱点がないね」と評価した。

(4月30日 東京六大学野球 早稲田大 12―0 東京大)




加藤君は現在2年生で、再来年(2019年)のドラフト対象選手です。バッティング動画はこちら


下は大学生・野手の主なドラフト候補です。

2017大学生のドラフト候補 <捕手>
保坂淳介(中央大) スカウト評
2017大学生のドラフト候補 <内野手>
楠本泰史(東北福祉大) スカウト評
笠松悠哉(立教大) スカウト評
山崎剛(国学院大) スカウト評
宮本丈(奈良学園大) スカウト評
2017大学生のドラフト候補 <外野手>
島田海吏(上武大) スカウト評
岩見雅紀(慶応大) スカウト評


draftkaigi at 08:10|この記事のURL│ │広島 

巨人ドラ2・畠世周、2軍で152キロデビュー

5/1、スポーツ報知1面より

2016巨人ドラフト2位 畠 世周
近畿大・投手・動画

巨人のドラフト2位・畠世周投手(動画)が、大物感たっぷりの2軍デビューを飾った。30日の阪神とのファーム交流戦に先発し、最速152キロで5回3安打、無失点。昨秋に受けた右肘手術から順調な回復を見せ、1軍戦前にテレビでチェックした由伸監督も期待を膨らませた。

今後は2軍戦で球数を増やしていく予定だが、1軍先発陣の状況次第では、前半戦中に1軍昇格を果たす可能性も十分にありそうだ。

糸を引くような真っすぐが捕手のミットに収まった。畠の剛腕がうなりを上げた。「自分は直球中心(の投手)だと思う。直球中心で押していけた」。両軍無得点の3回2死三塁のピンチで4番・陽川と対峙した。カウント2―2からの5球目、149キロの直球で空振り三振を奪った。「ヨッシャー!」と右拳を握り、ガッツポーズ。

普段は物静かな性格の男が、初の公式戦マウンドで心を熱くした。全79球中、直球は約50球。最速は152キロを計時した。直球はほとんどが140キロ台後半で150キロ超は6球。5回の最後の打者相手に148キロを出すなど威力は落ちなかった。

走者を出してからも落ち着き払っていた。2、3、5回に安打を許し、3度、得点圏に走者を背負ったが最後は全て直球を投じ苦境を乗り切った。2四死球を与えたが、5回3安打無失点、5奪三振と堂々のデビュー。「先輩方に声をかけていただいたりして冷静になれた」と周囲へ感謝を忘れなかった。

昨秋に受けた右肘手術から完全復活への過程とあって、球数を考慮されて降板したが「もう少し投げられそうだった」と余力を残しての快投だった。

この日は“伝統の一戦”。2軍とはいえ、両軍のファンがスタンドを埋め尽くした。2回1死一、二塁の場面では大山に死球を与えてヤジも浴びたが「関西(の大学)で慣れていたので大丈夫でした。鳴り物の音が大きいなとは思った」とケロリ。強心臓ぶりも見せつけた。

右肘手術後は「全てに意味がある」と、プラス思考で地道なリハビリに取り組んできた。プロ初登板は4月2日のオリックス2軍戦で、3軍の一員として、非公式試合にあたる交流戦で自己最速の155キロをマーク。さらに同15日のプロ・アマ交流戦、NTT東日本戦でも2回1失点ながら154キロを出すなど、潜在能力の高さを見せた。

斎藤2軍監督は「ホレボレするね。公式戦初登板の相手が阪神だったけど、全く動じることはなかった」とベタ褒め。ナイターのヤクルト戦前にテレビでチェックしていた由伸監督も「楽しみだね。まだ焦らせる必要はないから、徐々にね」と期待を膨らませた。

順調にステップアップすれば前半戦中の1軍デビューも十分。現状、1軍の先発は菅野、大竹寛、宮国、マイコラス、田口、内海の6人だが、故障者や不調の投手が出れば、さらに昇格が早まる可能性もありそうだ。「ゼロに抑えれば負けはない。負けない投球を続けたい」と畠。強烈な輝きを放つ新星が現れた。

(4月30日 ファーム交流戦 阪神 10―0 巨人)




下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。2位・畠君のスカウト評はこちら


巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 07:42|この記事のURL│ │巨人 

岡田和馬(近畿大)に4球団、巨人「能力高い」

5/1、サンケイスポーツ6面より

岡田 和馬 (近畿大・投手)
182cm・左投左打・動画

2回戦2試合が行われ、近大が2―1で関学大に連勝し、勝ち点を4に伸ばした。先発したプロ注目のMAX147キロ左腕、岡田和馬投手(動画)は7回を6安打、1失点(自責0)。近大は第7節の京大戦で勝ち点を挙げれば、8季ぶり45度目の優勝が決まる。

近大の岡田は七回に失策がからんで失点したものの、その1点だけで踏ん張ると八回に味方が逆転。勝ち投手となったが、「きょうは投げ切ろうと思った。代えられて悔しかった」と唇をかんだ。この日の最速は143キロで、プロ4球団が視察。巨人の益田スカウトは「要所を抑えている。能力が高い。順調にきている」と評価した。

チームは第7節の京大戦で勝ち点をとれば8季ぶりの優勝が決まる。2014年春に就任した田中秀昌監督は「優勝が見えたとは全然思っていない。京大さんはあなどれない」と、かぶとの緒を締めた。

(4月30日 関西学生野球 近畿大 2―1 関西学院大)



岡田君のピッチング動画はこちら


下は大学生・投手の主なドラフト候補です。

2017大学生のドラフト候補 <投手>
馬場皐輔(仙台大) スカウト評
宮川哲(上武大) スカウト評
斉藤大将(明治大) スカウト評
宮台康平(東京大) スカウト評
高橋遥人(亜細亜大) スカウト評
鍬原拓也(中央大) スカウト評
椎野新(国士舘大) スカウト評
渡辺佑樹(横浜商科大) スカウト評
平岡敬人(中部学院大) スカウト評
浜口雄大(岐阜経済大) スカウト評
与座海人(岐阜経済大) スカウト評
東克樹(立命館大) スカウト評
岡田和馬(近畿大) スカウト評
近藤弘樹(岡山商科大) スカウト評
小久保気(四国学院大) スカウト評
草場亮太(九州産業大) スカウト評

2017大学生のドラフト候補一覧はこちら
 


draftkaigi at 07:08|この記事のURL│ │巨人 

ドラフトニュース検索