ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

ヤクルト、東洋大のドラ1候補3人衆を高評価

2018年05月02日

5/2、サンケイスポーツ4面より
3季連続優勝を狙う東洋大が駒大1回戦に4-2で勝ち、先勝した。ともに最速150キロ超の先発・上茶谷大河投手(動画)が8回2失点、2番手・甲斐野央投手(動画)が1回無失点の好投。この日は登板がなかった梅津晃大投手(動画)と合わせた東洋大の150キロトリオはプロ注目の的で、今秋のドラフト会議では3人そろって1位指名を受ける可能性もある。

スカウトが初夏の神宮に集結。視線の先は「TOYO」の文字を胸にした右腕2人だ。1人目は最速151キロの上茶谷。先発して8回を投げ、4勝目をつかんだ。「自分が投げるときは、全て勝つつもりで投げています」


一回に連打と遊ゴロ併殺打の間に先制され、五回に加点される展開。しかしこの日最速150キロの直球にスプリット、スライダーをまじえて八回まで6安打3四球、10奪三振で2失点と粘った。

打線が九回に勝ち越し。最終回を打者3人、15球で2三振と遊ゴロに封じて締めたのは、抑えの甲斐野だ。スカウトの計測で98マイル(157.7キロ)を出したこともある右腕は、この日も最速152キロをマーク。「余裕はありません」と表情を引き締めたが、武器のフォークボールもさえた。

東洋大には、この日ベンチ入りしなかった“未完の大器”梅津もいる。いずれ劣らぬ逸材。ヤクルト・橿渕編成部スカウトグループデスクは、3人をこう表現する。

「上茶谷は球が速いだけでなく変化球もうまく使えて、今の安定感は一番。将来的には菅野(巨人)タイプ。甲斐野は変化球、特にフォークがよく、リリーフの山崎(DeNA)とダブる。梅津は160キロ以上を出せる可能性と将来性で、大谷(エンゼルス)のスケール感がある」

2010年秋のドラフトで早大から斎藤佑樹(日本ハム)、福井優也(広島)、大石達也(西武)が1位指名されて以来となる「同一大学から3人同時の1位指名」を受ける可能性もある。日本ハムの今成スカウトは「スケールは(8年前より)今年の方が大きいだろう」と評価した。

3人とも3年秋までの出場が少なく、登板過多の不安がないのも魅力。東洋大の右腕トリオが、平成最後のドラフトの中心を担う。



上茶谷君のスカウト評はこちら

甲斐野君のスカウト評はこちら

梅津君のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:07|この記事のURL│ │ヤクルト 

甲斐野央(東洋大)、楽天「大学生では打てない」

日刊スポーツwebsiteより (source)

甲斐野 央 (東洋大・投手)
187cm・右投左打・動画

最速157キロで今秋ドラフト1位候補の東洋大・甲斐野央投手(動画)が、パーフェクト投球で試合を締めた。2点リードの9回から登板。最速152キロをマークし、2三振を奪った。三振は130キロ後半のスプリットだった。楽天・沖原スカウトは「あのスピードで落ちたら、大学生では簡単には打てないでしょう。スライダーの曲がりも良かった」と評価した。

(5月1日 東都大学野球 東洋大 4-2 駒大)




甲斐野君のスカウト評はこちら

甲斐野君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL│ │楽天 

日ハム高卒新人・清宮、いよいよ1軍デビューも…

5/2、夕刊フジ27面より

2017日本ハムドラフト1位 清宮幸太郎
早稲田実・一塁手・動画

日本ハムのドラフト1位、清宮幸太郎内野手(動画)が、1日から1軍に合流することが決定。栗山英樹監督が前日(4月30日)に明言した。「清宮を合流させます。体の状態を確認できた」と指揮官。チームは1日には試合がなく、2日から楽天3連戦に臨む。

清宮はイースタン・リーグ横浜DeNA戦に3番・一塁で先発し、2打数1安打1打点。高校時代から同じ西東京でしのぎを削ってきた相手先発・桜井(日大三高=ドラフト5位)から2回1死一、三塁の第2打席に142キロ直球をとらえ右翼へ犠飛を打ち上げた。「散々やられてきたので、本当はスライダーを打ちたかったんですけど」

もっとも、試合前にはチームの編成トップを務める吉村浩GMが、清宮の早期1軍昇格に反対する荒木2軍監督と話し込む場面があった。

守備、走塁、サインプレーなどに課題が残る。飯山2軍内野守備走塁コーチは「今はまだコーチ陣が彼に声を掛けて練習を課している状態。まだ自分に何が必要か分からない段階だから。これが自分からコーチに声を掛けて練習できるようになってほしい」と惜別のダメ出しを贈った。

1軍はこの日、28日の同カードで右ふくらはぎに軽度の肉離れを発症した近藤健介捕手の出場選手登録を抹消した。4割前後の打率と5割超の出塁率で打線を引っ張ってきた中軸打者を失ったチームの損失は計り知れないが、清宮にとってはチャンス。これをものにするかどうかで、清宮が本当に「持っている」かどうかがはっきりする。



下は2017ドラフトで日ハムが指名した選手です。1位指名・清宮君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位清宮 幸太郎早稲田実高内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手


draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │日本ハム 

ソフトB高卒新人・田浦、2軍デビュー戦で快投

5/2、西日本スポーツ2面より

2017ソフトBドラフト5位 田浦文丸 
秀岳館高・投手・動画

ドラフト5位ルーキー左腕・田浦(動画)が1日のウエスタン・阪神戦で2軍戦デビューし、2回を被安打2、2奪三振で無失点の好投を演じた。3番手として6回に登板。先頭・島田の内野安打と盗塁で無死二塁とされても「全く焦らなかった」。

北條を遊ゴロに打ち取り、4番・板山からは外角低めを突く140キロの真っすぐで見逃し三振を奪った。7回も「抜けた球もあったけど、しっかりストライクに決まったのが良かった」と熊本・秀岳館高時代から武器にするブレーキのかかったチェンジアップも生かして的を絞らせなかった。

同校時代にチームを春夏計4度甲子園に導いた左腕も、プロ入り後は3軍戦を主な舞台に腕を磨く。「今後も安定した投球を続けていけるように」と気を引き締めた。

(5月1日 ウエスタン・リーグ 阪神 2-1 ソフトバンク)




下は2017ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。5位指名・田浦君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×安田 尚憲  
×馬場 皐輔  
1位吉住 晴斗鶴岡東高投手
2位高橋 礼専修大投手
3位増田 珠 横浜高外野手
4位椎野 新国士館大投手
5位田浦 文丸秀岳館高投手
育1尾形 崇斗 学法石川高投手
育2周東 佑京東農大北海道内野手
育3砂川 リチャード沖縄尚学高内野手
育4大竹 耕太郎 早稲田大投手
育5日暮 矢麻人 立花学園高外野手
育6渡辺 雄大BCリーグ新潟投手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL│ │ソフトバンク 

加藤雅樹(早稲田大)、「阪神・鳥谷2世」の声

2018年05月01日

デイリースポーツwebsiteより (source)

加藤 雅樹 (早稲田大・外野手)
185cm・右投左打・動画


元阪神スカウトの菊地敏幸氏は早大・加藤雅樹外野手(3年)のスター性に注目した。この日は1安打のみながら、開幕から4番として低迷するチームを鼓舞し続けている。

同氏は加藤の印象について、鳥谷敬内野手(2003阪神自由枠)「打撃フォーム、また打席での横顔、これも本当にかぶる」と指摘。自らが担当した早大OBとの共通点から、素質の高さを大きく買っている。

「打線を自分が引っ張っていく、そういう強い気持ちでやってもらいたい」と主軸としての責任を全うしながら、着実に成績を残していくことに期待をかけた。

(4月30日 東京六大学野球 明大 9-4 早大)



下は加藤君(早大)のバッティング動画です。



draftkaigi at 08:46|この記事のURL│ │大学 


ドラフトニュース検索