ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

阪神がスカウト会議、清宮(早実)1位指名を確認

2017年09月26日

9/26、スポーツニッポン4面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

阪神は25日、西宮市内の球団事務所でスカウト会議を開き、同日中にプロ志望届を提出した早実・清宮(動画)の1位入札を改めて確認した。佐野仙好アマスカウト統括は「清宮君の1位を確認したということ。(最も評価するのは)打撃。遠くに飛ばす力も持っているし、柔らかい打撃もしている」と説明した。

清宮側が希望しているというプロ志望届提出後の面談については「担当が高校の方に連絡を取って、どういう風にやっていくかを決めていきたいと思う」と話すにとどめた。

清宮の1位指名は複数球団の競合が予想されることから、外れ1位の人選なども含めて全体の候補選手を70人前後に絞り込んだ。10月26日のドラフト会議へ向け、今後も準備を整えていく構えだ。



清宮君のスカウト評はこちら

清宮君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:35|この記事のURL│ │阪神 

宮本丈(奈良学園大)、巨人・ヤクルト・西武が視察

9/26、スポーツニッポン6面より

宮本 丈 (奈良学園大・遊撃手)
181cm・右投左打・動画

侍ジャパン大学代表の宮本(動画)が1部リーグでは11年ぶり史上5人目の通算100安打を達成した。7番・DHで先発して4回2死一、二塁から中堅右へ同点の2点適時三塁打。勝利で花を添え、「大学生は100安打が目安になるので、意識はしていました。勝利のために積み重ねてきた結果です」と胸を張った。

通算100安打以上は06年の友次悠平(奈良産大)以来。11日の神戸大戦の守備の際に腰を痛めて戦線離脱して以来の出場でチームを首位浮上へ押し上げた。巨人、ヤクルト、西武が視察。既にプロ志望届を提出し、阪神、巨人、ソフトバンクから調査書が届く。連盟記録の113安打更新と王座奪回へ突っ走る。

(9月25日 近畿学生野球 奈良学園大 8―4 大阪工大)



宮本君のスカウト評はこちら

宮本君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:21|この記事のURL│ │西武 | 巨人

岩見雅紀(慶応大)、広島「ドラ1でも恥ずかしくない」

9/26、日刊スポーツ5面より

岩見 雅紀 (慶応大・外野手)
187cm・右投右打・動画

岩見(動画)の打球が珍しい方向へ放物線を描いた。2点リードの4回、先頭打者で2球目の直球を右中間へ運んだ。リーグ2本目となる逆方向への1発だ。23日の1回戦で4打数無安打に抑えられた法大・菅野から「うまく対応できた」と能力を示した。21世紀の打者初のトップテン入りとなる通算17号に「素直にうれしいです」と笑った。

驚異的なペースで本塁打を積み上げている。2年春から出場し同秋に1号を放ってから、3.2試合に1本打ってきた。一方、歴代1位の高橋は4.4試合に1本。2年秋からの比較では、岩見が17本で高橋は15本と上回る。今季も6試合で3号。5安打のうち半分以上が本塁打だ。

慶大の練習場には、右翼の「由伸ネット」に対し、左翼に「岩見ネット」があり、打球が越えないようにしている。左中間方向には今春、保育園が開園した。迷惑をかけないように、春季リーグ後にネットを高くするなど増築したが、その前はバックネットぎりぎりから打撃練習していた。

187センチ、107キロのスラッガー。大久保秀昭監督が「岩見は散々、近所の家に迷惑をかけてきた」と苦笑いするパワーは規格外だ。リーグ開幕2日前のリーグ懇親会で、岩見は「10本打って記録を塗り替えたい」と高橋超えの24号を宣言。20年ぶりの快挙は少しずつ夢物語でなくなってきている。

左翼手の長距離砲などの共通点から広島・苑田スカウト統括部長「慶応のエルドレッド」と評したことがある。この日も熱視線を送り「言うことない。1位でも恥ずかしくないんじゃないかな」と上位候補とした。

(9月25日 東京六大学野球 慶応大 9―5 法政大)



岩見君のスカウト評はこちら

岩見君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:47|この記事のURL│ │広島 

高校生7人、大学生2人がプロ志望届提出

日本高野連は9月25日、プロ志望届提出者を新たに7人追加。大曲工・藤井黎來投手(スカウト評)、菰野・岡林飛翔投手(スカウト評)、都城商・森遼大朗投手(スカウト評)、守山北・北中悠人外野手、関西・近藤慎二郎内野手、出雲西・月森大介内野手などが加わり、これで計63人となりました。

高校生のプロ志望届提出者・一覧はこちら


同じく全日本大学野球連盟は9月25日、プロ志望届提出者を新たに2人追加。拓殖大・加藤敦之外野手、青山学院大・遠藤康平内野手が加わり、これで計34人となりました。

大学生のプロ志望届提出者・一覧はこちら


draftkaigi at 07:38|この記事のURL│ │プロ志望届 

ヤクルト、田中俊太(日立製作所)獲得狙う

9/26、サンケイスポーツ4面より

田中 俊太 (日立製作所・二塁手)
177cm・右投左打・動画

ヤクルトが10月26日のドラフト会議において、広島・田中広輔内野手の実弟で、日立製作所・田中俊太内野手(動画)の獲得を狙っていることが25日、分かった。「現在のレギュラーに匹敵する選手が必要」と小川シニアディレクターは、即戦力となる内野手の指名を示唆。田中に白羽の矢が立った。

兄譲りの守備力と勝負強い打撃で、昨夏の都市対抗準優勝に貢献。侍ジャパンの社会人代表メンバーにも選ばれている実力派だ。本職は二塁だが、他のポジションの適性もあるとみている。1位指名は高校通算111本塁打の早実高・清宮幸太郎内野手が濃厚だが、来季は神宮で“田中弟”が暴れているかもしれない。



田中君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:30|この記事のURL│ │ヤクルト 


ドラフトニュース検索