ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

和田毅、ドラフトで巨人や阪神を拒否した理由

2017年08月03日

8/3、日刊ゲンダイ31面「球界への遺言」より

2002ダイエードラフト自由枠 和田毅
早稲田大・投手・21歳

「ウチの和田が大リーグに行きたがっているので、一度、本人に会って、メジャーの話をしてもらいたいのですが・・・」。2002年、早大野球部の野村徹監督から電話がかかってきた。「和田」とは当時、早大のエースだった和田毅(2002ダイエー自由枠)のことだ。

野村監督とは以前から面識があり、長谷川滋利の移籍にかかわり、国際関係委員会の座長を務めた経験のあるわたしに相談に乗って欲しいということだろう。

和田はその年のドラフトの目玉選手のひとり。貴重な左腕ということもあって、ウチも含めた数球団が逆指名、つまり自由枠での獲得に興味を持っていただけに、目玉選手と直接、話ができるのは渡りに船。野村監督には「喜んでお会いしましょう。自分でお役に立つのであれば、何でもお話ししますよ」と伝え、会う約束を取り付けた。

数日後、和田とは焼き肉店で食事をしながら話をした。本人はメジャーに関心を持っていて、米球界でプレーしたいと考えていた。しかし、卒業してすぐに、というわけではなかった。いきなりメジャーでプレーする自信はないので、まずは日本のプロ球団に入団、ある程度の成績が残せたら、メジャーに挑戦したいと考えていた。

「君なら巨人でも阪神でも人気球団が欲しがるだろうし、自由枠でどこにでも行けるだろう」。こんなふうに水を向けると、本人はかぶりを振ってこう言った。

「そんな巨人や阪神のような人気球団に入って、もし、活躍したら、絶対にFA権を取得するまで大リーグには行けませんよ。球団やファンが離さないでしょう。巨人や阪神に行く気はありません」。
この選手は頭がいいし、しっかりと先を読んでいると感心した。

和田はその後、自由枠でダイエー(現ソフトバンク)に入団した。ダイエーが和田を口説くためにどんな方法を使ったのかは定かじゃない。

自由枠は要するに逆指名制度、ドラフト上位選手が希望球団に入団できるシステムだ。自由競争による契約金の高騰を防ぐために契約金1億円プラス出来高払い5000万円という上限が設けられたものの、あくまで12球団の申し合わせ事項。5億、10億、いや、それ以上の大金が裏で飛び交っていたのは周知の通りだ。

選手にクレジットカードを持たせて銀座で自由に飲み食いをさせたり、大リーグ希望の選手には米国の大物代理人を紹介して海外FA権を取得する以前のメジャー挑戦を認めたりする球団も中にはあった。

もちろん和田はそんなことで“籠絡”されるはずがないし、ダイエーに魅力を感じていたからこそ自由枠で入団したに違いない。入団1年目から5年連続2ケタ勝利をマーク。その後、ケガで振るわない時期もあったものの、11年、チームの日本一に貢献し、結局、海外FA権を行使して海を渡った。(つづく)


上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

下は2002ドラフトでダイエー(現ソフトバンク)が指名した選手です。和田毅のプロ入り後の成績はこちら

ダイエーの2002ドラフト指名選手
自由枠和田 毅早稲田大投手
自由枠新垣 渚九州共立大投手
1巡目(指名権なし)
2巡目(指名権なし)
3巡目(指名権なし)
4巡目溝口 大樹戸畑商高投手
5巡目大野 隆治日本大捕手
6巡目森本 学シダックス内野手
7巡目田中 直樹沖学園高投手
8巡目稲嶺 誉東農大生産学部内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06|この記事のURL│ │ドラフトのウラ話 

プロ注目・清水達也(花咲徳栄)、「150キロ出したい」

8/3、サンケイスポーツ5面より

清水 達也 (花咲徳栄高・投手)
178cm・右投右打・動画

背番号1を背負い、1年ぶりに帰ってきた甲子園のマウンド。プロ注目右腕、清水達也投手(動画)は落ち着いていた。「普通のマウンドより傾斜が少ないので、いつもよりボールが浮く。予想通りです」

昨夏の甲子園で143キロをマーク。冬には90メートルの遠投をノーステップでこなすなどして、最速は149キロまで上がった。同じく昨夏の甲子園を経験した背番号10の綱脇慧投手との二枚看板。「150キロを出したい」と、聖地での大台突破をもくろむ。

広島D2位・高橋昂也投手を擁した昨夏は、優勝した作新学院(栃木)との3回戦で敗退。その高橋には「楽しんでこい」と激励された。「昂也さんがいても、簡単に勝てなかった。去年を超えたい」と清水。エースを中心に、初の頂点をうかがう。



清水君のスカウト評はこちら

清水君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL│ │高校 

山本拓実(市立西宮)、特命スカウトが採点

2017年08月02日

8/2、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

山本 拓実 (市立西宮高・投手)
167cm・右投右打・動画

今春のセンバツ覇者、大阪桐蔭を相手に練習試合で好投した山本君(動画)。投手としては167センチと小柄だが、マウンドでは数字以上に大きく見える。最速148キロ、常時145キロ前後の直球は力強い。

彼の魅力は、オーバーハンドから力んで腕を振ってもリリース時にしっかりと手にボールが吸い付いており、効率よく力を伝えて投げられること。しかも、制球が良い。直球が横回転やシュート回転せず、スピン量が多いので球が伸びてホップする。あれだけ勢いのある球を投げられるのは体が強い証拠だ。

変化球もいつでもストライクが取れる。捕手が外角に構えていても、送りバントをしようとすると意図的に内角へ投げ投ゴロで併殺打にしようとするなど投手センス、野球センスの高さを感じる。小さい頃は遊撃もこなしており、投球時のバックスイングやリリーズ時の指先の感覚が培われている。

直球の球質は、ソフトバンク・松阪の横浜時代をほうふつとさせる。猛暑の地方大会で投手であるにもかかわらず、次打者席から打席まで駆け足で向かっていく。野球を楽しむその気持ちが一番大事なポイントだろう。

将来は楽天・則本のように気持ちでバッタバッタと三振を取るタイプ。これだけの球を投げられるのだから抑えでも活躍できるだろう。私なら思い切って上位で指名したいと思う。



山本のスカウトチャート
項目 現在 将来
投手センス 50点 60点
直球 55点 70点
同制球 50点 55点
同変化 50点 55点
カーブ 50点 55点
同制球 50点 55点
スライダー 45点 60点
同制球 50点 55点
縦スライダー 50点 55点
同制球 50点 50点
カットボール 50点 60点
同制球 50点 50点
チェンジアップ 50点 55点
同制球 40点 50点
フィールディング 55点 60点
精神力 50点 70点
総合評価 50点 60点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)


draftkaigi at 09:05|この記事のURL│ │特命スカウトが行く 

森井絃斗(板野)、特命スカウトが採点

8/2、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

森井 絃斗 (板野高・投手)
184cm・右投右打・動画

森井君(動画)は全身がガッチリした恵まれた体つき。特に両肩が丸く盛り上がっている筋肉の付き方からもパワー系だと見てとれる。最速150キロという球速は、プロでもなかなか出せないものだ、その原動力は高校生離れした馬力のある強い体と、粗削りで将来の伸びしろがたっぷりあるところ。

馬力の強さはフォームからもわかる。オーバーハンドだが、腕をしならせて投げるのではなく、左肩を早く開いて胸を捕手方向へ正対して投げる。つまり肩や腕で力ずくで投げるのだ。そのため押し投げっぽくなり、スピンの量が少なくなる。スピードガンの球速ほど打者には感じられないという欠点もある。

しかし、リラックスして両肩がスムーズに回転すれば左肩の開きも少なくなり、腕の振りもよくなる。140キロ前後の球速だがしっかりとスピンも利いている。ただ、押し投げの影響で変化球でも回転が球にかからず抜けてしまうのか、腕の振りを緩めてしまいがちだ。特にスライダーはスラーブ系になり本来のキレと曲がりが出ない。

今後は体づくりと正しい体の使い方、技術を磨いてほしい。高い潜在能力が生かせれば、将来は最速155、6キロの抑えになる可能性がある。まずは社会人で経験を積み、即戦力としてプロで活躍してほしい。



森井のスカウトチャート
項目 現在 将来
投手センス 40点 50点
直球 50点 70点
同制球 40点 45点
同変化 45点 50点
ツーシーム 40点 50点
同制球 40点 45点
カーブ 45点 50点
同制球 45点 50点
スライダー 45点 55点
同制球 40点 50点
チェンジアップ 40点 50点
同制球 40点 45点
フィールディング 40点 45点
精神力 45点 50点
総合評価 40点 50点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)


draftkaigi at 08:42|この記事のURL│ │特命スカウトが行く 

2017夏の甲子園出場校、スポーツ紙の評価

2017夏の甲子園出場49代表校が決まりました。スポーツニッポン、日刊スポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ、中日スポーツの5紙が出場49校をランク付けしています。

スポーツ紙の評価はこちら http://draft7777.blog.fc2.com/blog-entry-128.html


draftkaigi at 07:15|この記事のURL


ドラフトニュース検索