ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

巨人育成7位・堀岡隼人、強心臓が武器の高卒新人

2017年02月17日

2/17、スポーツ報知4面「伸戦力の武器」より

2016巨人(育成)ドラフト7位 堀岡隼人
青森山田高・投手・動画

宮崎での3軍2次キャンプ3日目。育成7位ルーキー右腕の堀岡(動画)はフォーム固めのために、室内練習場で黙々とタオルを振っていた。鏡を見ながらのシャドーピッチング。18歳はプロの世界で活躍する未来を思い描きながら、懸命に汗を流した。

強心臓を武器に勝負する。G球場で行われた1月の育成合同自主トレ。堀岡は最年少ながら堂々と大きな声を出し、鍛錬の場に活気をもたらした。大卒や独立リーグ出身者ら年上ばかりの環境だけに「すごく緊張しました」と本心を明かしたが、「楽しもうと思って。楽しんだ方が、逆境を乗り越えていけると思っているんです」とプロの荒波に、プラス思考で挑む意向を示した。

もともとは弱気な性格だった。中学までは主に内野手としてプレーし、青森山田高から投手に転向した。当初はマウンドに一人で立つことが不安で仕方がなかった。自身は気づかなかったが、ピンチの時には緊張で不安が顔に出ていることを、チームメートに指摘された。「そこからです。逆境を楽しもうと意識しました」

弱気は最大の敵。強い気持ちで勝負することを心掛けた。すると「腕の振りがいい。投げっぷりがよくなった」と周囲に言われるようになった。2年秋の東北大会では準々決勝、準決勝と完投勝利。決勝では強豪・八戸学院光星を3安打完封し、センバツ出場に導いた。

「点を取られるという気がなくなりました。ピンチの時の方が、やる気が起こるようになります」と笑顔で自らの負けん気を分析する。

ゆったりとしたフォームから、スライダーとチェンジアップを操る投球が持ち味。現在は支配下登録が一番の目標だ。「試合では若さで、考えすぎずに思いっきり投げたい」。目指すは育成7位からの下克上。強いハートで飛躍を目指す。



下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 07:07|この記事のURL│ │巨人 

高卒2年目・高橋純平(ソフトバンク)、他球団007警戒

2/17、スポニチwebsiteより (source)

2015ソフトバンクドラフト1位 高橋純平 
県岐阜商高・投手・動画

ソフトバンクの高橋純平投手(動画)が16日、今キャンプ初の実戦となったA組(1軍)の紅白戦で紅組の先発を務め、2回を完全投球した。1軍では初の実戦登板。WBCに出場する内川聖一外野手らから3者連続三振を奪い、鮮烈なデビューを飾った。

15年のドラフトで3球団が1位で競合した高卒2年目右腕。ケガで出遅れた昨季、1軍登板なしに終わった19歳は開幕ローテーション入り、そして新人王を目指す。

王子様のような端正なマスクにさわやかな笑みが広がった。「制球より球威を意識した。きっちりファウルでカウントが取れた」。2回を完全。プロ2年目を迎えた高橋は1軍初の実戦登板で確かな手応えをつかんだ。

主力が並ぶ打線を相手に腕を振った。初回2死から長谷川勇を147キロの直球で見逃し三振に仕留めた。1歳上で同じ高卒ドラフト1位の松本裕との投げ合い。ベンチで松田から「負けんなよ!」とカツを入れられた。高橋も譲る気はなかった。

圧巻は2回だ。先頭の4番・内川を迎え「打席に入るとデカい」と感じたが、3球目には146キロの直球でファウルを打たせた。振り遅れる姿を見て「思い切り投げれば内川さんからファウルも奪える」と自信を持てた。2ボール2ストライクと追い込み、最後は切れ味鋭いスライダーで見逃し三振。

続く吉村も147キロの直球で空振り三振だ。3者連続三振はバリバリの主軸から奪った。この日最速は149キロ。自身の打席で投げ込まれた内川は「うれしいね。投げ方がダイナミック」と絶賛した。

県岐阜商では高校No・1右腕として甲子園を沸かせ、15年ドラフトでは中日、日本ハムと3球団競合。だが1年目の昨年は左すね痛で出遅れ、春季キャンプはリハビリ組だった。7月のフレッシュ球宴で自己最速の154キロを計測したが、2軍公式戦は7試合で2勝1敗止まり。1軍に呼ばれることもなかった。

今キャンプも決して順調ではなかった。12日のシート打撃では打者8人に1本塁打を含む3安打1四球。倉野投手統括コーチに呼び出され、「A組にいる意味が分かってない。自分の長所を出せ!」と叱責された。その言葉を胸に「自分の長所は球威」と開き直って好投。倉野コーチも「気持ちを見せた」とうなずいた。

12球団屈指の先発陣に加え、松本裕やドラフト1位・田中(創価大)ら若手のライバルも多い。そこから勝ち上がって目指すものがある。ファンから贈られたボール形の手作りキーホルダーを練習用バッグに付けている。「うれしいですよね」。その白球には「新人王」の文字が刺しゅうされていた。

▼楽天・安田周一郎スコアラー
「いいボールを投げていた。切れもある。(武田ら)WBC組の調整次第では(先発ローテーションに)入ってくる可能性はある」

▼オリックス・田上健一スコアラー
「真っすぐも変化球も切れる。(先発枠への)十分なレベルにいる」

(2月16日 紅白戦  紅組 2―0 白組)




下は2015ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。高橋純平は1位指名され入団。スカウト評はこちら

ソフトバンクの2015ドラフト指名選手
1位高橋 純平県岐阜商高投手
2位小沢 怜史日大三島高投手
3位谷川原 健太豊橋中央高捕手
4位茶谷 健太帝京三高投手
5位黒瀬 健太初芝橋本高捕手
6位川瀬 晃大分商高内野手
育1野沢 佑斗つくば秀英高投手
育2児玉 龍也神奈川大投手
育3樋越 優一東農大北海道捕手
育4中村 晨ルーテル学院高投手
育5渡辺 健史飯塚高投手


draftkaigi at 07:06|この記事のURL│ │ソフトバンク 

154キロ右腕・鈴木博志(ヤマハ)、中日が高評価

2017年02月16日

2/16、中日スポーツ9面「中部から飛び出せ2017ドラフト候補」より

鈴木 博志 (ヤマハ・投手)
180cm・右投右打・動画

中部地区でもっとも注目される選手だろう。ヤマハの鈴木博志投手(動画)は最速154キロの剛腕。堂々の1位候補に名を連ねている。「今年は全てにおいて勝負の年です」。ドラフト解禁の高卒3年目を迎え、自然と言葉に力がこもる。

持ち味であるストレートは打者をねじ伏せるような威力。さらなる球速アップも見据えるが、今年は「勝てる投手」への脱皮も大きなテーマだ。高校時代に右肘を疲労骨折し、入社1年目はほぼリハビリに費やした。2年目の昨季から本格的に登板し、主に抑え役として短いイニングで力を発揮した。

優勝した秋の日本選手権2回戦・NTT西日本戦では先発を経験。1回の初球から3球連続で153キロを計測したものの、1、2回に3四球で満塁のピンチを招くなど制球難に陥った。今年は先発陣の一角として期待されるだけに、力任せではなく、制球や投球術にも磨きを掛ける。

「2年経験して、社会人の野球が分かってきた。今年は打者をどう抑えるか、どうチームで勝つかを考え、スキルアップしたい。まず、勝つための投球をしたい」。その自覚は練習にも現れている。今年はキャッチボールでも相手の右肩を狙い、一球一球を大事に投げるように意識している。

「球速を求めて、以前は雑になっていた。細かいところから見つめ直したい」。どうしたら速い球が投げられるか。そればかりを考えていた昨年までとは違う。

年明けに各球団が行ったスカウト会議で鈴木博の名前が軒並み上位候補に挙がった。中日・中原スカウトは「あのストレートは魅力。角度があって、力もある。伸びしろもある。(高校、大学を含めても)東海地区ではナンバー1の注目を浴びるでしょう」と話す。

「コツコツとやって、チームに貢献していった結果が(プロ入りに)つながる。ただ、半端な気持ちではなく、ドラフト1位しか狙わないくらいの気持ちで一年間やりたい」と鈴木博。勝負の1年が幕を開ける。



鈴木君のスカウト評はこちら


下は社会人・投手の主なドラフト候補です。

2017社会人のドラフト候補 <投手>
鈴木康平(日立製作所) スカウト評
田嶋大樹(JR東日本) スカウト評
西村天裕(NTT東日本) スカウト評
柏原史陽(JX-ENEOS) スカウト評
江口昌太(JX-ENEOS) スカウト評
鈴木博志(ヤマハ) スカウト評
山本大貴(三菱自動車岡崎) スカウト評
中山匠(キャプテイ) スカウト評

2017社会人のドラフト候補一覧はこちら


draftkaigi at 07:54|この記事のURL│ │中日 

DeNA育成1位・笠井崇正、他球団007軒並み高評価

2/16、スポニチwebsiteより (source)

2016DeNA(育成)ドラフト1位 笠井崇正
信濃グランセローズ・投手・動画

2軍から招集された背番号「105」が、またも2回完全だ。DeNAの育成ドラフト1位右腕・笠井(動画)が韓国・ハンファを最速146キロの直球とスプリットでなで斬りにした。

7回からマウンドに上がり、いきなり4者連続奪三振。ラミレス監督が「ビッグインパクトを残してくれた。間違いなく(1軍で)もう一度投げてもらう」と絶賛したことを知っても、無印右腕は「うれしいけど、僕は(好成績を)続けていかないといけない立場。準備を怠らず頑張りたい」と気を引き締めた。

12日の紅白戦でも2回完全の快投。2試合で打者12人を連続で斬ったことになる。そんな男の経歴は異色だ。一般入試で早大スポーツ科学部に入学したが、環境の違いなどで硬式野球部をわずか2日で退部。それでもサークルで硬式野球を続け、2度のトライアウトを経て大学4年の16年に信濃入団。元楽天の有銘兼久コーチらの指導で、球速は146キロから151キロまでアップした。

大学3年まで焼き肉店でアルバイトしていた笠井は、男子テニスの錦織圭に「似ていると言われる」と打ち明ける。そんな22歳にネット裏も驚いた。日本ハム・関根裕之スコアラー「則本(楽天)のようなテークバックで小気味よく投げる」と評価した。

DeNAの現在の支配下選手は67人。支配下登録を大きくアピールした右腕に、指揮官も「彼がどういう投球をしたかはフロントの方々も全員知っている。正しい決断をするのではないかと思う」と含みを持たせた。残り3枠の滑り込みへ、笠井は「チャンスが来たとき、今日みたいにいい結果が出せるように」と力を込めていた。

▼巨人・吉原孝介スコアラー
「真っすぐに力がある。相手にスイングさせていなかったので、打者は球威を感じているはず」

▼中日・鈴木義広スコアラー
「投げっぷりがいい。ストライクもしっかり取れて結果を出している」

(2月15日 練習試合  DeNA 2―0 韓国ハンファ)




下は2016ドラフトでDeNAが指名した選手です。


DeNAの2016ドラフト指名選手
1位 浜口 遥大 神奈川大 投手
2位 水野 滉也 東海大北海道 投手
3位 松尾 大河 秀岳館高 内野手
4位 京山 将弥 近江高 投手
5位 細川 成也 明秀学園日立高 外野手
6位 尾仲 祐哉 広島経済大 投手
7位 狩野 行寿 平成国際大 内野手
8位 進藤 拓也 JR東日本 投手
9位 佐野 恵太 明治大 内野手
育1 笠井 崇正 BCL・信濃(早大) 投手


draftkaigi at 07:09|この記事のURL│ │横浜DeNA 

中日ドラ1・柳裕也、2回0封も監督「他球団なら厳しい」

2/16、サンケイスポーツ5面より

2016中日ドラフト1位 柳裕也
明治大・投手・動画

中日のドラフト1位・柳裕也投手(動画)が15日、韓国・KIAとの練習試合に登板した。2回2安打無失点、3奪三振とまずまずの対外試合デビューを飾ったが、森繁和監督は「うちでは先発ローテでも他球団なら厳しい」と辛口。もっと上を目指せと、大きな期待をかけた。

最高気温19度。ポカポカ陽気の北谷で竜期待のドラ1、柳が躍動した。五回から3番手で登板して2回無失点。3三振を奪い、初の対外試合でしっかり結果を残した。「ゼロに抑えられて、よかった。きょうは、真っすぐも変化球でも勝負できた」

韓国球団特有の、振ってくる打者が多かったことも幸いした。力勝負ではなく、制球力&緩急を使って勝負する柳がもっとも得意とする相手だ。先頭打者にいきなり高め速球を中前打されたが、「大学時代も意識していた」というけん制で仕留め、波に乗った。

最速138キロ。「いつもは142、3キロです」と照れ笑いも「3つの三振はカーブ、縦に落ちるスライダー、外角低めの直球です」。東京六大学リーグ通算338奪三振(歴代7位)の実力の片りんを見せ、阪神・山脇スコアラー「落ち着いている。直球、変化球問わず、いつでもストライクを取れる感じ。直球も打者の手元で伸びるから、スピードより速くみえる」とうならせた。

ただ・・・。ルーキーが初登板無失点なら普通は褒められるところだが、そこは森監督。柳が降板すると「ちょっと来い」と呼び寄せた。「2本目のヒットは2ストライクから。カウントが有利で、なぜストライクゾーンで勝負するんだ。大学とプロは違うんだ」・・・。

始まったのは説教タイムだったという。投球自体は「投げた瞬間にボール、という球はなさそうだな」と一定の評価をしつつ「うちでは先発ローテでも、他球団なら厳しい」と、超シビアに言い放った。

現状、先発ローテ当確は吉見、大野、バルデス、若松の4人。5番手以降は決まっていない。最下位から巻き返しへ、新戦力が是が非でも欲しいからこそ辛口になる。

柳も「僕は(150キロ超の)速い球は投げられないが、もっとスピンの効いた球は投げられる。これからです」と表情を引き締めた。開幕ローテ入りだけが目標ではない。竜の救世主、そして球界のエースへ。上を上を、目指していく。

(2月15日 練習試合 中日 5―0 韓国KIA)




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。1位・柳君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位 柳 裕也 明治大 投手
2位 京田 陽太 日本大 内野手
3位 石垣 雅海 酒田南高 内野手
4位 笠原 祥太郎 新潟医療福祉大 投手
5位 藤嶋 健人 東邦高 投手
6位 丸山 泰資 東海大 投手
育1 木下 雄介 四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 07:08|この記事のURL│ │中日 

ドラフトニュース検索