ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

あのドラフト選手は今、町田公二郎(ドラフト1位)

2015年07月21日

7/21、スポニチwebsiteより (source)

1991広島ドラフト1位 町田公二郎
専修大・外野手・22歳

勝利の瞬間、三菱重工広島の町田監督(1991広島1位)は大きく息を吐き出した。「社員の皆さまに勝つ喜びを味わってもらいたくて頑張りました」。4年ぶりの都市対抗出場を目指し、2季務めたヘッドコーチから昨年11月に指揮官に昇格。大舞台での白星にスタンドに向けて声を張り上げた。

チーム初のプロ出身監督。スローガンは「覚悟」だ。8回に勝負を決定付ける3ランを放った実政は「1球の重みに対して、心を込めて練習しろとよく言われます」。プロでは代打の切り札としてならし一振り稼業に懸けてきた指揮官だからこその言葉。

現役時代は控えであっても、ドラフト同期生の鉄人・金本知憲氏(1991広島4位)をもって「マッチ(町田)ほど練習する選手はいない」と言わしめた。

専大では広島・黒田(1996広島2位)の先輩にあたる。96年11月に行われた東都大学選抜―東都OB現役プロ戦では、黒田から左前打を放ったこともある。「広島に帰ってきたのは本当びっくりした。可愛い後輩ですよ」と昨オフも何度か一緒に食卓を囲んだ。

アマ野球の監督について「一つ方向性を示せば、凄く良くなったりすることが楽しみであり、やりがいでもある」と町田監督。打撃投手を率先して買って出るなど、背中で引っ張るタイプの青年指揮官。「潜在能力の高い選手はいるし、もっともっとできると思っている。選手が輝けるようにしたい」と快進撃を誓った。

(7月20日 都市対抗1回戦 三菱重工広島 4―0 明治安田生命)




下は1991ドラフトで広島が指名した選手です。町田公二郎は1位指名され入団。プロでの成績はこちら

広島の1991ドラフト指名選手
1位町田 公二郎専修大外野手
2位徳本 政敬木本高内野手
3位佐藤 貞治鎮西高投手
4位金本 知憲東北福祉大外野手
5位杉田 勇富士学苑高捕手
6位伊藤 真八千代国際大投手
7位小畑 幸司所沢商高捕手
8位大石 昌義鳴尾高出投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 16:19│ あのドラフト選手は今・・・ 
ドラフトニュース検索