ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

あのドラフト選手は今、鹿島忠(ドラフト1位)

2015年08月04日

8/4、中日スポーツ9面より

1982中日ドラフト1位 鹿島忠
鹿児島鉄道管理局・投手・21歳

5年ぶりの甲子園出場を果たした鹿児島実を、元竜戦士が支えている。かつてリリーフで活躍した鹿島忠さん(1982中日1位)だ。今年になってアマ資格を回復して、高校生の指導が可能となり、4月から母校の非常勤コーチに就任。投手の育成に尽力したのだ。

中部地区校友会の会長を務めていたことがきっかけとなった。毎年、出席している卒業式で、アマ資格の回復を報告。すると数日後に、中学も高校も後輩にあたる宮下正一監督が名古屋を訪れて「手伝ってください」と要請。鹿島さんは快諾した。

「投手には体のバランス、体の使い方、モノの考え方などを教えた。目に見えて成長してきた」。140キロを超える直球とスライダーを武器とする右腕、橋本拓実投手は課題の制球が安定するようになり、春までの背番号10から、夏はエースナンバーに変わった。

プロで通算36勝の鹿島さんは、夏の甲子園に2度出場している。2年生だった1978年は静岡に3―4、翌79年は三重の相可に2―4と惜敗。いずれも初戦敗退だった。

開幕戦で北海(南北海道)と対戦する後輩たちには「学校創立100年の年に甲子園に出てくれた。初戦を突破して、勝ち上がってほしい」とエールを送った。



下は1982ドラフトで中日が指名した選手です。鹿島忠は1位指名され入団。プロでの成績はこちら

中日の1982ドラフト指名選手
1位鹿島 忠鹿児島鉄道管理局投手
2位平沼 定晴千葉商大付高投手
3位市村 則紀電電関東投手
4位近藤 満駒沢大投手
5位彦野 利勝愛知高投手
6位宮下 昌己日大三高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:11│ あのドラフト選手は今・・・ 
ドラフトニュース検索