ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

あのドラフト選手は今、大久保博元(ドラフト1位)

2016年03月05日

3/5、サンケイスポーツ4面より

1984西武ドラフト1位 大久保博元
水戸商高・捕手・17歳

念願の「居酒屋のおやじ」デビューだ! 前楽天監督の大久保博元氏(1984西武1位)が4日、東京・新橋に焼き肉、おでん、ラーメンの店「肉蔵でーぶ」をオープンさせた。昨季まではグラウンドで指揮を執ったデーブ氏が、食の世界で腕を振るう。

「野球を通して知り合った仲間と集える店がほしかったんですよ。もちろん野球を知らない方や家族連れも大歓迎です」

JR新橋駅烏森口から日比谷通りに向かって、徒歩で約5分。店内はバーカウンターと屋台を模したスペースに分かれ、柱には「食品衛生責任者 大久保博元」の札が貼られている。大久保氏は「監督経験者でこの資格を取ったのは僕くらいでしょう」と鼻息は荒い。

自ら築地での仕入れや料理の仕込みを行い、板長の高橋道明さんと2人で厨房に立つ。子供の頃から包丁を握り、現役時代は全国各地の料理を食べ歩いた。食へのこだわりは人一倍で「売れそうなものではなく、自分が食べて飲んで、うまいと思ったものを一流の素材を使って出したい」。

本気度を知った博多の屋台「ともちゃん」、東京・練馬のつけメン店「丸長」など、なじみの有名店が惜しげもなくレシピを教えてくれたという。当初はランチ営業も考えたが、代表を務める野球塾「デーブ・ベースボールアカデミー」の生徒に会う時間を作るためにやめた。

今季から再び、野球評論家として球場にも足を運ぶ。「寝る時間はいりません。最優先は野球の仕事です」。居酒屋のおやじとして、野球人として、デーブが二刀流の新たな人生を歩む。



下は1984ドラフトで西武が指名した選手です。大久保博元は1位指名され入団。プロでの成績はこちら

西武の1984ドラフト指名選手
1位大久保 博元水戸商高捕手
2位田辺 徳雄吉田高内野手
3位高山 郁夫元プリンスホテル投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06│ あのドラフト選手は今・・・ 
ドラフトニュース検索