ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

あのドラフト選手は今、榎田健一郎(ドラフト1位)

2016年03月17日

FLASH 3月29日・4月5日号より

1982阪急ドラフト1位 榎田健一郎
PL学園高・投手・18歳

優勝投手になった1982年のセンバツには、悲壮な覚悟で臨んでいた。

「中学の卒業文集に、甲子園に出場すると書いていました。ですので、優勝したときより、出場できたときのほうが喜びは大きかったですね。ただ左腕に血行障害を起こしていて、甲子園まで満足な練習ができませんでした。大会前にユニホームをもらったとき、エースナンバーの1でなかったら退学するつもりでした。ポケットに退学届を入れてました。優勝してホッとしましたが、すぐ翌日から練習が始まりました。中村順司監督の『気を緩めるなよ』という教えだったと思います」

現在は「淀川河川公園管理グループ共同体」に籍を置き、河川敷にある公園の管理、事務作業をしている。

「以前は会員制ラウンジを経営していましたが、体を壊して、やめました。今は、遊具やバーベキュー広場がある公園で、来園された方に快適に過ごしていただくためのサポートをしています」

いま残っている部員たちに、メッセージを送る。

「PLのユニホームを着ていることに誇りを持ってほしい。数々の先輩がそのユニホームを汚して練習に明け暮れて、つくった名前を、誇りに思ってほしいですね」



下は1982ドラフトで阪急(現オリックス)が指名した選手です。榎田健一郎は1位指名され入団。プロでの成績はこちら

阪急の192ドラフト指名選手
1位榎田 健一郎PL学園高投手
2位田中 孝尚佐賀商高捕手
3位藤田 浩雅関東自動車捕手
4位柴原 実常石鉄工外野手
5位湧川 勉国鉄名古屋内野手
6位山中 賢次鳴門商高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:11│ あのドラフト選手は今・・・ 
ドラフトニュース検索