ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

あのドラフト選手は今、藤岡寛生(ドラフト2位)

2016年05月20日

週刊ポスト5月27日号より

1984巨人ドラフト2位 藤岡寛生
三田学園高・内野手・18歳

1984年のドラフト前、「巨人以外なら実家の寺を継ぐ」と宣言した藤岡寛生(1984巨人2位)は現在、兵庫県神戸市の照願寺で僧侶を務めている。「初めてお経を上げた時は脚の震えが止まりませんでした。一軍の初打席でもそうはならなかったのに」

3年目に二軍で打点王を獲得。時には合宿所の門限を破り、非常階段の有刺鉄線を乗り越えようとしてズボンがビリビリに破れた上に、罰金30万円を取られたこともあったという藤岡。1995年の引退後はプロゴルファーを目指していたが、父親が倒れたのを機に仏教を学び、2002年に僧侶の資格を取得。

2005年には、JR福知山線の脱線事故で犠牲になった当時21歳の女子大生の霊を慰めた。熱烈な阪神ファンだった彼女はこの年の優勝を信じ、父親と胴上げの瞬間を観に行こうと約束していた矢先の悲劇だった。

その話を聞いた藤岡は、巨人時代の同期で広報になっていた藤本健治に9月29日の甲子園のチケットを頼み、両親に渡した。彼女の遺影の前で、岡田彰布監督が宙に舞った。「ご遺族にとっては、それが良かったのか、より悲しみが増したのかわからないですけど・・・」。

今年10月には82歳の父親の後を継ぎ、江戸時代から続く寺で7代目の住職に就く。



下は1984ドラフトで巨人が指名した選手です。藤岡寛生は2位指名され入団。プロでの成績はこちら

巨人の1984ドラフト指名選手
1位上田 和明慶応大内野手
2位藤岡 寛生三田学園高内野手
3位宮本 和知川崎製鉄水島投手
4位佐藤 洋電電東北内野手
5位井上 真二熊本工高外野手
6位藤本 健治東海大相模高内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 09:39│ あのドラフト選手は今・・・ 
ドラフトニュース検索