ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

あのドラフト選手は今、森廣二(ドラフト2位)

2016年05月31日

山陽新聞デジタルより (source)

1986ロッテドラフト2位 森廣二
岡山理大付高・投手・17歳

プロ野球のロッテなどで投手としてプレーした森廣二さん(1986ロッテ2位)が4月から、英数学館高校(福山市引野町)で硬式野球部監督として指導している。森さんは「甲子園はいつまでも憧れ。選手たちとともに夢の舞台へ階段を上りたい」と、自らが果たせなかった夢を生徒に託し、第二の野球人生に闘志を燃やしている。

教諭経験がなくても研修を受ければ、プロ経験者に学生野球の指導資格を認める制度を活用。制度は日本学生野球協会などが2013年に定め、広島県内での活用は初めて。

森さんは、倉敷市出身。岡山理科大付属高校(岡山市)では甲子園出場は果たせなかったが、3年生の春の岡山県大会でノーヒットノーランを達成するなどエースとして活躍した。1987年にドラフト2位でロッテに入団。91年には先発ローテーションの一角を担ったが、その後はけがに苦しんだ。96年に中日に移籍、翌年に現役を退いた。

引退後は、母校を運営する学校法人加計学園(同市)に就職。地元の野球教室で小中学生を指導しながら、14年に指導資格を得た。今年になって系列校の英数学館高校から監督就任の要請があり、「母校への恩返しができるなら」と引き受けた。就任後は同校広報室に籍を置きながら、週6日指導している。

「こんな球、4番ならスタンドに持っていかれるぞ」、「今のコースだったら打者も手は出せない。その調子」。練習中には同校グラウンドにブルペンから大きな声が響いた。森さんは投手のそばに立ち、フォームの乱れや配球などを細かくチェック。粟根大輝投手は「チームが変われるチャンス。いろんなことを吸収して夏に臨みたい」と気合は十分だ。

森さんは練習時には、選手たちには必ず体に異常がないかどうかを報告させるという。現役時代、けがに泣いただけに、「3年間の限られた時間でけがをしてしまうことは大きなロス。プレーできない悔しさを味わってほしくない」。

4月の春季県高校野球大会は1回戦で、昨夏の甲子園に出場した新庄高校(北広島町)にコールド負け。「守備のミスが目立ったが、チャンスもつくれた。課題を修正できれば、しっかり戦える」と、夏の大会での飛躍を目指している。



下は1986ドラフトでロッテが指名した選手です。森廣二は2位指名され入団。プロでの成績はこちら

ロッテの1986ドラフト指名選手
1位関 清和専修大投手
2位森 廣二岡山理大付高投手
3位青柳 進西日本短大付高捕手
4位佐藤 幸彦拓大紅陵高内野手
5位永野 吉成熊本工高投手
6位大美 健二岡崎工高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:08│ あのドラフト選手は今・・・ 
ドラフトニュース検索