ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

中日6位・丸山泰資が仮契約、「1年目から10勝する」

2016年11月14日

11/14、中日スポーツ3面より

2016中日ドラフト6位 丸山泰資
東海大・投手・動画

最後まであきらめないのが東邦魂・・・。中日からドラフト6位で指名された東海大の丸山泰資投手(動画)が13日、東京都内で入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸720万円で合意した。母校の愛知・東邦高は今夏の甲子園で歴史的な大逆転勝利。当時のエースで中日が同5位で指名した藤嶋健人投手とともに、チームを背負う決意を新たにした。

後輩たちが起こした「夏の奇跡」に、丸山の東邦魂が刺激を受けた。今夏の甲子園で、5―9とリードされていた東邦高が9回裏に5点を挙げてサヨナラ勝ち。選手権大会では史上2度目となる大逆転劇は、テレビで観戦した。

「最後まであきらめないことが大事だな」。感動冷めやらぬ翌日には、東邦の大先輩でもある東海大の横井人輝監督から「東邦の先輩として感じたことを部員の前でしゃべってみろ」と言われた。突然の指名に戸惑いながらも、敗れた青森・八戸学院光星高出身で同じ4年の天久翔斗外野手とともに、100人以上の選手やスタッフらの前で思いをぶつけた。

「投手として結果が出なくても、どうすれば選手全員の気持ちを野手に伝えることができるかが分かった。自分がどうしてもやるんだ、という姿勢を示すことが大事なんです」。

この大逆転の主役となった藤嶋は、同じ中日のドラフト5位指名。ひとあし早く仮契約を済ませた丸山は「スター性や周りを引きつける力を藤嶋は持っている。自分はそういうところが足りないと思っているので、そこは藤嶋から学びたい」と、4学年下の後輩からも吸収しようとする謙虚な姿勢を示した。

誰もが好青年と評する素直な性格。生き馬の目を抜くプロの世界ではマイナス点になりかねないが、横井監督は「芯はしっかりしているし、ふらつくところがない」と不安を一掃する。事実、大学3年春に首都大学リーグでは6年ぶりの完全試合を達成した後も、重圧につぶされることはなかった。

「自分がそれくらいの力を持っていることが分かった。考え過ぎると調子を崩しそうになるので、1試合ずつ自分の力を出していきたい」。

先発、救援ともに適性があり、登板機会は意外に早く巡ってくるかもしれない。「1年目から1軍で10勝くらい挙げて貢献したい」。どんな苦難にも逃げずに立ち向かうのが東邦魂。窮地の竜に、そんな21歳が頼もしい。




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。丸山泰資のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位柳 裕也明治大投手動画
2位京田 陽太日本大内野手動画
3位石垣 雅海酒田南高内野手動画
4位笠原 祥太郎新潟医療福祉大投手動画
5位藤嶋 健人東邦高投手動画
6位丸山 泰資東海大投手動画
育1木下 雄介四国IL・徳島投手動画


draftkaigi at 08:01│ 中日 
ドラフトニュース検索