ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

ドラフト選手の家庭の事情 (楽天1位・藤平尚真)

2016年11月17日

11/17、日刊ゲンダイ31面「ドラフト選手の家庭の事情」より

2016楽天ドラフト1位 藤平尚真
横浜高・投手・動画

185センチの大型右腕・藤平(動画)は東京湾に面する千葉県南部の富津市で育った。市内の吉野小学校1年のときからボールに触れると、6年のとき「ロッテマリーンズ・ジュニア」に入団。このときはエースになれず、中継ぎ投手としてマウンドに立っていた。

富津市立大貫中学校ではなぜか1年時にバドミントン部、3年時に軟式野球部に所属したが、実際は「千葉市リトルシニア」で投手兼サードとしての活動が中心だった。それでも、人並み外れた運動神経は学校中で有名になり、各部活動で大会が近づくと、助っ人としてお呼びがかかったという。

陸上部からヘルプコールが起こると、ジュニアオリンピックの走り高跳び部門で190センチを跳んで金メダル(自己ベストは201センチ)。県大会前の地区予選ではハードル部門で優勝した。大貫中学校体育科教師の千艘裕一郎さんはこう話す。

「1年生のときは少しやんちゃな部分もありましたが、2年生からは礼儀正しくて言葉の使い分けもしっかりとできていました。身体能力に関しては他の子よりも頭2つ、3つ抜けていて、スイッチが入ったときの集中力は凄まじかった。努力も怠らない真面目な子でしたね。3年生のとき体育祭の応援団長をやったんですが、その年の夏に侍JAPAN(U―15)に選ばれて公欠したり、歯にウイルスが入って化膿したために入院したりして応援団の練習を休むことも多くあった。それなのに、1回振り付けを見ただけでほとんど覚えていたのには驚きました」

千葉シニアの加藤正次監督もこう証言する。

「投げることが大好きで、順調に育てばプロに行くだろうなと思っていました。3年の夏にシニア選手権の初戦(新潟シニア戦)でプレーボールから10者連続三振を取ったときは圧巻でした。その試合も次の試合も完投させたので、3戦目(準々決勝)は休ませてレフトを守らせたんですが、2番手のピッチャーが打ち込まれたんです。ふっとレフトを見たら、藤平がベンチに向かって肩をぐるぐる回してアピールしていたんです」

その姿を意気に感じた監督は最終回に登板させると、初球で138キロを計測した。

闘志むき出しの性格を見せる一方で、親思いの一面も。両親は共働きで、母の直美さんは美容院を経営し、父の武美さんも会社員。野球の練習相手はもっぱら祖父の鎌田幸一さんだった。かつて少年野球の監督も務めていた幸一さんの自宅も藤平家からほど近い富津市内だったため、そこでキャッチボールや素振りをする孫を叱咤激励していたという。

両親も多忙の合間を縫って、毎週末のように千葉市内にあるシニアのグラウンドへ向かった。自宅から車で片道1時間半かけて息子の応援に行った。そんな両親の支えに藤平は、中学3年の夏、日本選手権の壮行会で両親に宛てた手紙を朗読。ボロボロと涙をこぼしながら、感謝の気持ちを伝えたという。

ドラフト会議が終わり、プロ入りが決まった10月末、大貫中学校ではこんなこともあったという。

「ドラフトの直後、藤平くんに『母校の生徒に話をしてくれないか』と頼んだところ、快諾してくれて、先月末、道徳の授業の一環で3年生のクラスにスペシャルゲストとして呼びました。24人の生徒の前で『夢や目標を諦めないで続けよう』とか『挫折を乗り越えれば大きく成長できる』といった話を堂々とした様子で話していた。立派で貫禄さえ感じましたね。母校や恩師のことを忘れず、恩義を大切にする男だなと改めて思いました」(前出の千艘先生)

杜の都でどこまで成長するか。



下は2016ドラフトで楽天が指名した選手です。1位・藤平君のスカウト評はこちら

楽天の2016ドラフト指名選手
1位藤平 尚真横浜高投手動画
2位池田 隆英創価大投手動画
3位田中 和基立教大外野手動画
4位菅原 秀大阪体育大投手動画
5位森原 康平新日鉄住金広畑投手動画
6位鶴田 圭祐帝京大・準硬式投手動画
7位野元 浩輝佐世保工高投手動画
8位石原 彪京都翔英高捕手動画
9位高梨 雄平JX-ENEOS投手動画
10位西口 直人甲賀専門学校投手動画
育1千葉 耕太花巻東高投手動画
育2南 要輔明星大内野手動画
育3向谷 拓巳BFL・兵庫内野手動画
育4木村 敏靖履正社専門学校投手動画


draftkaigi at 07:28│ 楽天 | ドラフト選手の家庭の事情
ドラフトニュース検索