ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

阪神2位・小野泰己が仮契約、「2ケタ勝てる投手に」

2016年11月21日

11/21、デイリースポーツ1面より

2016阪神ドラフト2位 小野泰己
富士大・投手・動画

阪神からドラフト2位指名を受けた富士大・小野泰己投手(動画)が20日、岩手県盛岡市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約した。来春キャンプ中に高山との実戦形式での対戦を熱望。今季の新人王最有力候補のバットを封じ、目標に掲げる開幕1軍切符をゲットする。

高山斬りが目標達成への近道だ。対戦したい打者は他球団とは限らない。小野はチーム内では「高山選手とやってみたい」と迷わず答えた。「大学とプロを見て、よく打つバッター。そこを抑えられるようなピッチャーになりたい」。ルーキーイヤーから結果を残した1学年上の先輩との対決を試金石とする。

現実的な目標としては開幕1軍を掲げ、「そこを目指して、年明けからしっかりやっていきたい」と表情を引き締めた。そのためには春季キャンプ、オープン戦でのアピールが不可欠だ。シート打撃、紅白戦で球団新人安打記録を更新した高山を抑えれば絶好のアピールになることは間違いない。

富士大と明大は小野が3年春のオープン戦で対戦。登板機会はなかったが、当時、ドラフト注目選手としてすでに有名だった明大4年の高山の印象は強烈に残っている。「やっぱりすごい打つバッターだなというイメージを持ちました。自分のチーム(の打者)と比べて全然スイングも速かったですし、すごいなと思った」と圧倒された記憶がよみがえる。

あれから2年、来春キャンプ中には初対決の可能性がある。最大の武器は「大学で一番成長したところなので、自信を持っています」と胸を張る最速152キロの直球の質だ。まず、真っすぐでどれだけ通用するかを知った上で、それを踏まえて変化球をうまく使っていこうかな」と高山に挑むイメージはできあがっている。

加えて、担当の葛西スカウトは「フォークボールがありますから。インコースも投げられますし」と左打者も苦にしないタイプと評価する。

初戦敗退した明治神宮大会後も、来年1月初旬の入寮、新人合同自主トレに備えて体をいじめている。走り込み中心にキャッチボールや遠投も行い、プロの世界に飛び込む準備を着々と進めている。

将来的には「チームの『エース』と呼ばれるような投手になりたい。実績としては2桁勝てる投手になりたい」と目を輝かせる小野。「理想は先発ですけど、1軍で投げられればチャンスをしっかりつかみたい」と起用法には柔軟に対応する構えだ。まずは1軍で投げること。来年2月の「高山斬り」がその第一歩となる。




下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。小野泰己のスカウト評はこちら

阪神の2016ドラフト指名選手
1位大山 悠輔白鴎大内野手動画
2位小野 泰己富士大投手動画
3位才木 浩人須磨翔風高投手動画
4位浜地 真澄福岡大大濠高投手動画
5位糸原 健斗JX-ENEOS内野手動画
6位福永 春吾四国IL・徳島投手動画
7位長坂 拳弥東北福祉大捕手動画
8位藤谷 洸介パナソニック投手動画


draftkaigi at 09:51│ 阪神 
ドラフトニュース検索