ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ドラフト選手の家庭の事情 (中日1位・柳裕也)

2016年11月22日

11/22、日刊ゲンダイ26面「ドラフト選手の家庭の事情」より

2016中日ドラフト1位 柳裕也
明治大・投手・動画

柳裕也(動画)は、12歳にして父の葬儀の喪主を務めた。当時、小学6年生。母の薫さんは喪主を息子に頼んだのかどうか覚えていない。ただ葬儀の前夜、柳が一人、手紙を書いていた姿は今も目に焼きついている。

「プロ野球選手になって、お母さんと(2歳下の妹)幸奈を守ります。だから安心してください」。柳は翌日、涙を見せることなく手紙を読みあげた。宮崎県都城市内で運送業を営んでいた父・博美さんが仕事中の事故で亡くなった2006年8月のことだった。

「男はどんなにつらくても泣いちゃ駄目だ」。博美さんは生前、柳にこう伝えていた。薫さんは「父への思いが深かったから、手紙にしたためて言葉にしようと思ったのかもしれません」と言う。

博美さんは休日、幸奈さんを連れて、柳の練習や試合に付き添った。185センチの父は野球経験はなかったが、教本を買い与え、木材を自ら加工してバットを作った。キャッチボールの相手もした。

柳の小学6年時には所属していた「志比田スポーツ少年団」の会長を務め、チームはその夏、学童の全国大会である「マクドナルド杯」に出場。その年は茨城県水戸市で開催された。事故が起きたのは水戸から帰宅してわずか数日後。前日はチームの役員同士で反省会を開いていた。

父親を亡くしても気丈に振る舞う柳を、薫さんは支え続けた。ひたむきにプロ野球選手を目指す息子の姿に、薫さんもまた、支えられたという。外へ出ることがつらく感じた時期もあったが、薫さんの母、つまりは柳の祖母にも協力してもらいながら、練習から帰ってくるのを待って、温かいご飯を食卓に並べた。

薫さんは「今までと変わらないように、寂しく、冷たい思いだけはさせたくなかった」と振り返る。中学1年の12月に「都城リトルシニア」に入団すると、薫さんは毎日、車で送り迎えをした。

中学3年の夏、シニアの日本代表として世界選手権に出場、最優秀投手になった柳は、全国の高校から誘いを受ける中、少年時代からテレビで見た甲子園大会での「YOKOHAMA」のユニホームに憧れがあった。

「横浜高校は野球が強いところなんでしょ? プロ野球選手になるためにも、行きなよ」。薫さんはこう言って柳の背中を押した。遠く離れることになったが横浜高の家族的なムードの中で、指導者や仲間が支えてくれていると感じていたから、寂しいとは感じなかったという。

夏の予選など節目の試合には、宮崎から神奈川へ向かった。「来れる? 無理してない?」。柳は常に母を気遣った。「大丈夫、絶対いくから」。薫さんは息子の試合をスタンドから見守ることを励みにした。

高校2年の1月、柳はある社会人チームから誘いを受ける。「働いてお金をもらいながら、プロを目指すよ」。柳は薫さんにこう告げた。薫さんは進路について自分なりに精いっぱい考えた結果だろうと思った。ただ、進学したい気持ちがあることもわかっていた。大学での出会いは大人になってからも財産になる。そう思ったからこそ「大学へ行きなさい」と伝えた。

明大進学後も、折を見て神宮へ飛んだ。柳にとって大学最後の試合となった明治神宮大会の準決勝、決勝にも、1泊2日の日程で駆けつけた。

柳は高校、大学と私学だった。授業料は安くなかったし、家を出る分、仕送りも必要だった。薫さんは時間を見つけて幼稚園の手伝いなどをしながら生計を立てた。経済的な負担は決して小さくなかったが、学費は奨学金を借りて賄った。

「お父さんがいるという感覚で育ててきましたし、我慢をさせたくなかった。お金は少しずつ返していけばいい。私自身、今という時間を大切にしたいと思ってきました」と、薫さんは言う。

柳が明大在学中のある日、薫さんは一人、野球部寮がある京王線の多磨霊園駅(府中市)に向かった。その日は晴天が広がっていた。街を歩いていると、20年前がフラッシュバックした。柳はこの地で生まれ、3歳まで過ごしたのだ。

中学時代の同級生だった博美さんと薫さんは高校卒業後、それぞれ宮崎から東京に出た。地元での成人式で再会、結婚して府中に居を構えた。信号や建物を目印に当時の記憶を思い返しながら、かつて住んでいたマンションへたどり着いた。

柳は幼少期を過ごした場所で4年間、プロ野球選手への夢を追いかけることになった。94年に3314グラムで誕生、電車が好きで毎日、電車の模型を手に遊んでいた姿が昨日のことのように蘇った。薫さんは「不思議な縁を感じた」と振り返る。

晴れて夢がかなった柳は来年から拠点を名古屋に移す。新天地ではどんなことが待っているのだろうか。薫さんに楽しみが一つ増えた。



下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。1位・柳君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位柳 裕也明治大投手動画
2位京田 陽太日本大内野手動画
3位石垣 雅海酒田南高内野手動画
4位笠原 祥太郎新潟医療福祉大投手動画
5位藤嶋 健人東邦高投手動画
6位丸山 泰資東海大投手動画
育1木下 雄介四国IL・徳島投手動画


draftkaigi at 07:37│ │中日 | ドラフト選手の家庭の事情
ドラフトニュース検索