ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

中日4位・笠原祥太郎が仮契約、打者牛耳る迫力ある

2016年11月22日

11/22、中日スポーツ3面より

2016中日ドラフト4位 笠原祥太郎
新潟医療福祉大・投手・動画

中日は21日、ドラフト4位で指名した新潟医療福祉大の笠原祥太郎投手(動画)と新潟市内のホテルで入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸800万円で仮契約した。同大野球部1期生で新潟県内の大学から初めてプロの門をたたく笠原は、プロ初登板や初勝利を12球団ルーキーで1番乗りを目指す意欲を見せた。

初物づくしにこだわる。ルーキーなら、いち早く1軍で活躍したい。その思いは笠原も同じ。その上でさらなる高みを見据えた。12球団のルーキーで初登板、そして初白星1番乗りだ。緊張にほおを少し赤らめた。控えめな口ぶりながらもプロへの決意を新たにした。

「できるだけ早く1軍で活躍できるピッチャーになりたい。早く初登板して、初勝利も早くできたら」。

「初」そして「1番」に縁がある。笠原は理学療法士を目指して新潟医療福祉大に進学。新潟・新津高3年の夏に敗れた新潟明訓高の佐藤和也監督が入学後に創部される同大硬式野球部の監督に就任すると知り、同大の野球部1期生となった。

10月のドラフト会議では新潟県内の大学から初めて指名。「創部1年目の野球部員とか、新潟で初めてのプロ野球選手とか巡り合わせみたいな感じはある。そういうプレッシャーもあるけど誇りもあるので」とプライドをのぞかせた。

目標の達成に向け、争うライバルも多い。ソフトバンク1位指名の田中正義(創価大)、ロッテ1位指名の佐々木千隼(桜美林大)に、同じ中日から1位指名された柳裕也(明大)の大学BIG3を筆頭に逸材がズラリ。ドラフト会議で指名された投手は自身を含めて61人いるが、プロに入ればスタートラインは同じ。

中田スカウト部長は「投げっぷりや球の力があるし、打者を牛耳る迫力を持っている。プロのバッターが1番嫌がるタイプ」と最速147キロ左腕を後押しする。プロへの準備も進めている。ドラフト指名後も3年生以下の野球部員に交じって走り込み、週3日はブルペンに入って50球を投げ込んでいる。

「1軍で活躍できるようにレベルアップをしないといけない」と笠原。初めてかぶったドラゴンズの帽子に照れくささを隠せなかったが、視線はルーキーイヤーから活躍する自身の姿を見据えている。




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。4位・笠原君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位柳 裕也明治大投手動画
2位京田 陽太日本大内野手動画
3位石垣 雅海酒田南高内野手動画
4位笠原 祥太郎新潟医療福祉大投手動画
5位藤嶋 健人東邦高投手動画
6位丸山 泰資東海大投手動画
育1木下 雄介四国IL・徳島投手動画


draftkaigi at 08:38│ │中日 
ドラフトニュース検索