ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ドラフト選手の家庭の事情 (ヤクルト4位・中尾輝)

2016年11月23日

11/23、日刊ゲンダイ30面「ドラフト選手の家庭の事情」より 

2016ヤクルトドラフト4位 中尾輝
名古屋経済大・投手・動画

「女手ひとつ」・・・。そのひと言では片づけられない苦労があった。中尾輝(動画)は愛知県名古屋市で中尾家の次男として産声を上げた。兄・翔さんとともにすくすく育ったが、中尾が5歳の時に両親が離婚。母の美恵さんが2人の息子を引き取った。

サッカーに夢中だった兄に対し、中尾は野球に関心を持つように。野球を始めた春日野小学校4年の時、キャッチボールをしようとした美恵さんだったが、ボールのスピードと威力に驚き、思わず逃げてしまったという。親子でのキャッチボールはその一度だけだ。

桜田中学校に進学すると、愛知津島ボーイズに所属した。美恵さんが言う。

「中学の時、最初は学校の部活動で野球をやっていました。その頃、私がダイエット目的で週1回、大江ゴルフスクールというところでゴルフを習っていたんです。練習嫌いだけど、コースに出るのは好きというタイプ。コンペにはよく行っていて、そこに偶然、津島ボーイズの監督と代表が参加されていたのがきっかけです。私のゴルフの先生も野球経験者の方で、『クラブチームに入った方がもっと野球が身に付く」と勧められて、輝に聞いたら『やりたい』というので入れることにしました」

しかし、母ひとりで家庭を支えるのは容易ではない。生活費だけでなく、野球を続けるための活動費や道具代を稼ぐため、早朝から日中は在宅介護のヘルバー、夜はスナックを経営してママとして働く毎日。

「とにかく負けず嫌いで、お父さんのいる家庭と同じように立派に育ててやるんだ、と思っていたので、死ぬ気で働いた」と振り返る美恵さんだったが、ある時、張りつめていた緊張の糸が切れる。

「平日は朝から晩まで働いて、土日は1時間かけて練習場に送り迎え。父母会にも参加しないといけなかったし、介護の仕事をしていた時は朝方5時ごろにオムツを替えに行ったりするので、体がすごくつらかった。ある時、輝に『ごめんね、お母さんもう、いっぱいいっぱいで疲れちゃった。野球、やめてくれないかな・・・』と言っちゃったんです。そうしたら『いいよ』と。その言葉を聞いてハッとして、私の負けず嫌いが出てきて、そう言われると逆にやってやると思ったところもありました。今でもそうですが、輝は一度も私に痛いとかつらいと弱音を吐いたことがなくて。私が野球をよく知らないからかもしれませんが(笑い)」

ここまできたらやるしかない、と腹をくくった美恵さん。名古屋市内に4LDKの一軒家を構え、食事面のサポートも強化した。1日5食、スタミナのつく手料理をふるまい、杜若高校入学時に62キロだった体重は3年になる頃には83キロに増加。

その料理の腕を生かし、中尾の高校卒業時には自宅から自転車で5分ほどの距離に「ほんわか安らぎのお店 居酒屋 団」をオープンした。

「息子がいつ帰ってきてもいいように、ご飯を用意して店で待っています。輝は豚汁とか、団なべという、鶏団子と豚バラがたくさん入った鍋が好きですね。ドラフト当日はお店を貸し切って、常連のお客さんと一緒に見守りました。ドラフト会議を見るためにお店のテレビも大きいものに新調して。指名されて良かった。今はファンの方がお花やヤクルトグッズを持ってきてくれます」

16日にヤクルトと契約金4500万円、年俸700万円で仮契約。以前から「温泉旅行をプレゼントしたい」と話していた。初任給の使い道は母親孝行となりそうだ。



下は2016ドラフトでヤクルトが指名した選手です。4位・中尾君のスカウト評はこちら


ヤクルトの2016ドラフト指名選手
1位寺島 成輝履正社高投手動画
2位星 知弥明治大投手動画
3位梅野 雄吾九州産業高投手動画
4位中尾 輝名古屋経済大投手動画
5位古賀 優大明徳義塾高捕手動画
6位菊沢 竜佑相双リテック投手動画
育1大村 孟BCL・石川捕手動画


ドラフトニュース検索