ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

広島のドラフト指名選手即戦力度チェック

2016年11月25日

週刊ベースボール12月5日号より
6人の新人のうち、最も即戦力の期待が高いのが1位の慶大・加藤拓也(動画)だ。球に力があり、パワーピッチで打者を押していくタイプ。ややコントロールに難があるのが気になるところで、短いイニングで力を発揮するタイプかもしれない。

黒田博樹が引退し、チームは先発ローテーションの再編を余儀なくされている。野村祐輔、ジョンソン、岡田明丈に加え、福井優也、大瀬良大地、戸田隆矢、九里亜蓮、薮田和樹、塹江敦哉らが残る3枚を争う状況だ。今季は中継ぎがメーンだった大瀬良が先発に復帰し、その穴を加藤が埋めるのが理想的と言える。

3位の中部学院大・床田寛樹(動画)はサウスポーという武器を生かしたい。今季、シーズンを通して活躍した左腕は先発のジョンソンのみ。先発、救援とも求められる役割は多い。

高校生4人はいずれも即戦力とはいかないが、将来が楽しみな逸材ぞろい。2位の花咲徳栄高・高橋昂也(動画)は前述のように希少な左腕、4位の日大三高・坂倉翔吾(動画)は3拍子に優れたセンスの持ち主、5位の松山聖陵高・アドゥワ誠(動画)は恵まれた体格の超素材型、6位のつくば秀英高・長井良太(動画)はバランスのいい本格派と個性豊かなメンバーがそろった。

25年ぶりのリーグ優勝を果たした主力メンバーはほとんどが残留しており、来季も激しいポジション争いが予想される。投手、野手ともに平均年齢の若いチームの中で早々に出場機会をつかむのは難しいだろうが、自前選手を育てて戦うカープ野球にフィットすれば、3、4年先には貴重な戦力となりそうだ。



下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。

広島の2016ドラフト指名選手
1位 加藤 拓也 慶応大 投手 動画
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手 動画
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手 動画
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手 動画
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手 動画
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手 動画


draftkaigi at 11:19│ 広島 
ドラフトニュース検索