ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

楽天のドラフト指名選手即戦力度チェック

2016年11月29日

週刊ベースボール12月5日号より
球団では過去最多、今ドラフト最多の10人指名。そのうち8人が投手と、「投手力強化」という明確な方針が反映される結果となった。現在の先発ローテーションは則本昂大、美馬学、左の塩見貴洋が3本柱となっているが、今季の2ケタ勝利は則本のみで、成績も11勝11敗と貯金なしに終わった。

FAで岸孝之が加入したのは朗報だが、投手の頭数が足りていないのが現状。

つまり、高校生の横浜高・藤平尚真(動画)、そして大学、社会人出身の投手が即戦力と言える。指名あいさつで藤平と顔を合わせた梨田昌孝監督は「田中将大(ヤンキース)が入団したときのような体型」とベタ惚れ。春季キャンプでの一軍スタートが決定し、期待は早くも高まっている。

即戦力度が最も高いのは9位のJX-ENEOS・高梨雄平(動画)だろう。早大3年時に東京六大学史上3人目となる完全試合を成し遂げた左腕は、社会人入り後にサイドに転向、変則さが武器となった。金刃憲人以外、中継ぎで機能する左腕がおらず、補強ポイントに合致。1年目からフル回転が期待される。

また、2位の創価大・池田隆英(動画)4位の大体大・菅原秀(動画)5位の新日鉄住金広畑・森原康平(動画)はいずれも本格派右腕。チームには釜田佳直、安楽智大といった伸び盛りの若手右腕がおり、これらの投手が競争することで投手陣の底上げを図る。

6位の左腕、帝京大・鶴田圭祐(動画)も準硬式野球で速球派として鳴らした。慣れるまでに時間はかかりそうだが、大化けする可能性も十分になる。



下は2016ドラフトで楽天が指名した選手です。

楽天の2016ドラフト指名選手
1位 藤平 尚真 横浜高 投手 動画
2位 池田 隆英 創価大 投手 動画
3位 田中 和基 立教大 外野手 動画
4位 菅原 秀 大阪体育大 投手 動画
5位 森原 康平 新日鉄住金広畑 投手 動画
6位 鶴田 圭祐 帝京大・準硬式 投手 動画
7位 野元 浩輝 佐世保工高 投手 動画
8位 石原 彪 京都翔英高 捕手 動画
9位 高梨 雄平 JX-ENEOS 投手 動画
10位 西口 直人 甲賀専門学校 投手 動画


draftkaigi at 07:06│ 楽天 
ドラフトニュース検索