ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

元スカウトのドラフト裏話、大苦戦した逆指名時代

2016年12月09日

夕刊フジ26面「小田義人のスカウト備忘録」より
私は1991年に古巣ヤクルトに移り、2軍打撃コーチなどを務め99年にチーフスカウト、2000年に同部長に就任した。当時は「逆指名枠」、「自由獲得枠」などと呼ばれた希望入団枠制度の全盛期だった。

事実上の自由競争が繰り広げられ、補強予算が限られていたヤクルトは大苦戦。獲得を狙う選手の元へまめに通ってアピールしてもお金のある球団にはかなわなかった。

例えば06年のドラフト戦線。目玉候補だった立命大左腕、金刃憲人(2006巨人希望枠)にアタックした。当初は先方から好感触を得ていたが、巨人にひっくり返されてしまった。そこで青学大の右腕、高市俊(2006ヤクルト希望枠)を希望枠で獲得したが、入団後の通算5年で0勝2敗。1軍未勝利のままユニホームを脱いだのは残念だった。

金銭などの条件面では太刀打ちできない。そのため故障を抱え、他球団が判断に悩む選手を中心に調査を展開した。

01年ドラフトで自由枠で獲得した青学大・石川雅規(2001ヤクルト自由枠)は左ひじ、02年に3巡目で指名した日大・館山昌平(2002ヤクルト3巡目)と03年の自由枠で入団した八戸大・川島亮(2003ヤクルト自由枠)は右肩に不安を抱えていた。他球団でも候補リストに載りながら指名するには勇気が必要な投手たちだった。そのリスクを承知で指名するだけに、徹底的に調査した。

自由枠で獲得を狙う選手には所属チームの監督らが同席して面談することができたが、「いま故障はありますか?」と聞いても将来がかかっているだけに正直に話してくれるとはかぎらない。だから練習の際に選手のしぐさを観察したり、チームメートたちに状態を聞いたり、医療関係者のツテで患部の回復状況を調べるケースもあった。

そうして調べた末に獲得した選手たちが、入団して活躍してくれたのはうれしかった。石川は今季までの15年間で152勝。館山は右肩やひじに数度メスを入れながら活躍中。川島は1年目の04年に10勝をあげてセ・リーグ新人王を獲得。右肩の故障に苦しみ楽天に移籍して現役を終えたが、十分といえる活躍をしてくれたと感謝している。



上の記事は近鉄、ヤクルトでスカウトを務めた小田義人氏が書いたものです。

下は1972ドラフトでヤクルトが指名した選手です。小田義人は2位指名され入団。プロでの成績はこちら


ヤクルトの1972ドラフト指名選手
1位永尾 泰憲いすゞ自動車内野手
2位小田 義人大昭和製紙内野手
3位上水流 洋住友金属投手
4位山口 高志関西大投手
5位鈴木 康二郎日鉱日立投手
6位水江 正臣津久見高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:08│ ヤクルト 
ドラフトニュース検索