ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

中日の来秋ドラ1は清宮幸太郎(早実)、「競合しても」

2016年12月31日

12/31、中日スポーツ1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

恋人が清宮なら、来年のことを話しても鬼は笑わない。来秋ドラフト戦略の骨格である、1位候補の最上位が固まった。ターゲットは高校球界ナンバーワンスラッガー。早実・清宮(動画)に競合覚悟で挑む。

「ナゴヤドームで30発打てる素材だと思います。バッティングを見た印象では、(日本ハム)中田以来の衝撃を受けた。指名すれば競合になるでしょうけど、それでも指名したくなる選手。何より、ファンがナゴヤドームに行きたくなる選手だと思っています」。中田スカウト部長は、こう力説した。

甲子園を湧かせたプレーヤーとの比較はどうか。「清原、松井とはタイプが違う。三者三様やね。清宮はストライクを確実にとらえる能力が高い」という。

清原はパワーと技術を兼ね備えていた。松井は圧倒的なパワーの持ち主。身長184センチ、体重100キロの清宮は「パワーはもちろん、どっしりとした下半身があって、選球眼がいい。ボール球を振らない。空振りが少ないね」と評価。好球必打。目を見張る技術があるという。

中田との比較では「スイングの柔らかさは清宮の方が上やろうね」と断言した。正津スカウトを担当として置くことも決まっており、年明けの始動から張り付く。出場が確実視されている来春のセンバツも、もちろん徹底マークする方針だ。

清宮の交渉権を獲得できれば、ファンの心も踊るのは間違いない。東京北砂リトルでリトルリーグ世界選手権優勝、調布シニアでは全国V、早実では1年夏から甲子園に出場するエリート。名将としてラグビー界で知られる父・克幸さん以上の知名度をもつ。

すでに阪神やDeNA、日本ハムなどが指名に前向きな言動を発している。競合確実。それでも実力にスター性を兼ね備えた逸材の争奪戦から、リスク回避という理由だけで降りるわけにはいかない。

「あとは、彼がプロ志望届けを出すかどうかです」。今後のスカウト会議で話し合いが進められていくが、常に清宮の動向が議題の中心になる。早実の星、高校球界の宝。竜のスカウトが総力を結集し、清宮を追う。



清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら



下は高校生・野手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <捕手>
篠原翔太(報徳学園) スカウト評
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
村上宗隆(九州学院) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <内野手>
峯村貴希(木更津総合) スカウト評
清宮幸太郎(早稲田実) スカウト評
綱島龍生(糸魚川白嶺) スカウト評
安田尚憲(履正社) スカウト評
太田英毅(智弁学園) スカウト評
嶋谷将平(宇部鴻城) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <外野手>
西川愛也(花咲徳栄) スカウト評
増田珠(横浜) スカウト評
岡田悠希(龍谷大平安) スカウト評


draftkaigi at 08:01│ 中日 
ドラフトニュース検索