ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

宮台康平(東大)、ドラ1・柳の水準にレベルアップ

2017年01月05日

1/5、スポーツ報知4面より

宮台 康平 (東京大・投手)
178cm・左投左打・動画

大学ラストイヤーを迎えた宮台(動画)は、冷静な自己分析でプロ入りへの課題に挑む。東大史上最速の150キロを誇る秀才左腕に対して、周囲の関心は高まるばかりだ。

だが本人は「今のままじゃ(プロで)通用しないと思う。自分はここから伸びると思っているし、春の結果が自信になる。そこに照準を合わせて頑張りたい」ときっぱり。現時点ではドラフト候補のレベルに届かないと自己評価する。

昨夏、東大史上2人目の大学日本代表入り。その経験が、プロへの“指標”となった。身近に接したメンバーから5人が、昨秋ドラフト1位でプロ入り。特に昨年、明大の春秋リーグ連覇に貢献し、日米大学野球選手権でもエース兼主将として優勝に導いた中日1位右腕の柳裕也から刺激を受けた。

「やっぱりあれが大学野球のエースと言われる人のスタイル。柳さんとか佐々木(千隼=ロッテ1位)さんとか、そういう評価されている人たちの水準にいきたい」

昨年末にプロ入りを理想の進路と表明した。法学部で学びながら、入学当時からの「野球7、学業3」で取り組む割合は崩さず、就職活動も並行して行う。「商社に行った先輩から話を聞いたりして、楽しそうだなと思ったりもする。国家公務員に魅力を感じることもある。でも野球をやりたい気持ちを優先に考えながらやっていきます」と、第1志望は揺るがない。

春のリーグ戦は、昨秋に苦しんだ左肩痛からの完全復活と結果が求められる。東大史上6人目のプロ入りへ合格の目安と設定するのは、02年秋以来の勝ち点奪取だ。「チームの目標は勝ち点。自分が土曜の初戦にいい試合して、3試合しっかり戦えれば」。努力を積み重ねた勉学と同じく、数々の難問をクリアしていく。




宮台君のピッチング動画はこちら

宮台君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:36│ 大学 
ドラフトニュース検索