ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

進路はプロ、村上海斗(奈良学園大)は糸井級の素質

2017年01月05日

1/5、スポーツニッポン8面より

村上 海斗 (奈良学園大・外野手)
189cm・右投右打・動画

奈良学園大の村上(動画)は体もスケールも「糸井級」だ。1メートル89、95キロで足のサイズは30センチ。打撃用手袋は特注の30センチを使用している。それでいて50メートル走5秒8、遠投110メートル。右の長距離砲がドラフト戦線の主役に躍り出ても不思議ではない。「糸井選手が理想です。走攻守三拍子揃った選手で憧れています」。

阪神・糸井と同じ京都府出身で最速145キロ。投手として大学に入学した経歴も本家と似ている。肩を負傷した影響で2年秋に野手転向。左右の違いはあるが最大の武器は長打力で昨年の大学選手権では腰痛に苦しむ中、関西国際大戦で本塁打を放ち「逆方向への強い打球」が強みだ。

社会人野球の強豪5チームから誘いを受けているが、進路は「プロ一本」に絞った。吉田雄人(2013オリックス5位)は北照の同級生で、斎藤綱記(2014オリックス5位)は1年後輩にあたる。中央球界では、まだ無名に近い存在だが、無限の可能性は秘めていることは確かだ。




村上君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:59│ 大学 
ドラフトニュース検索