ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

中日がスカウト会議、ドラフト上位候補は15人

2017年01月08日

1/8、中日スポーツ3面より
中日は7日、名古屋市中川区の選手寮「昇竜館」で2017年最初のスカウト会議を開き、約200人をリストアップ。今秋ドラフト最大の目玉である早実・清宮幸太郎内野手(動画)を筆頭とする15人を上位候補とした。

約2時間半の会議を終えた中田宗男スカウト部長は「清宮の評価はトップ。際立っていい」と高校通算78本塁打のスラッガーを改めて現時点での1位最有力候補に挙げた。

清宮の他に大学、社会人ではJR東日本の左腕・田嶋大樹投手(動画)ヤマハの154キロ右腕・鈴木博志投手(動画)日立製作所の186キロ右腕・鈴木康平投手(動画)亜大の左腕・高橋遥人投手(動画)を高評価。

高校生では清宮と並ぶ強打者の履正社・安田尚憲三塁手(動画)宇部鴻城・嶋谷将平遊撃手(動画)九州学院・村上宗隆捕手(動画)の名前が挙がった。また、中田部長は「素材のいい選手を追い掛けたい」と近年指名が少なかった高校生を重点チェックする方針を示した。



draftkaigi at 07:10│ 中日 
ドラフトニュース検索