ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

大場翔太(中日戦力外)、競輪選手に転向

2017年01月09日

1/9、スポーツ報知2面より

2007ソフトバンク(大・社)ドラフト1巡目 大場翔太
東洋大・投手

昨秋、中日を戦力外となった大場翔太投手(2007ソフトバンク1巡目)が、競輪界への挑戦を検討していることが8日、分かった。「選択肢の一つだけど、ほぼ気持ちは固まっている。もう一度プロとして挑戦したい」と決意を明かした。

かつての剛腕が、新たな一歩を踏み出そうとしている。東洋大4年時にリーグ新の14連勝、春はシーズン最多の115奪三振をマーク。07年の大学・社会人ドラフトでは1巡目で6球団が競合し、ソフトバンクに入団を果たした。

パ史上初のプロ初登板無四死球完封で華々しくデビューしたが、その後は11年の7勝が最高。15年オフ、金銭トレードで中日へ移籍も1軍登板はなく、通算85試合で15勝21敗、防御率4.39でプロ生活に幕を閉じた。

プロ野球界から競輪への転身は、元ヤクルト投手の松谷秀幸(2000ドラフト3位)ら。競輪選手になるには、年に1度、秋頃に行われる日本競輪学校への入学試験を突破し、1年かけて実技や学科を学び、卒業して国家試験の選手資格検定に合格することが条件となる。

報告を受けていた東洋大の恩師・高橋昭雄監督は「応援しているよ。もう一度頑張ってもらいたいんだ」とエールを送った。



下は2007大学・社会人ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。大場翔太は1巡目指名され入団。プロでの成績はこちら

ソフトバンクの2007大・社ドラフト指名選手
1巡目大場 翔太東洋大投手
2巡目指名権なし
3巡目久米 勇紀明治大投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:24│ 戦力外通告 
ドラフトニュース検索