ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

ソフトバンクドラ1・田中正義、「サファテ級」という声

2017年01月22日

1/22、サンケイスポーツ6面より

2016ソフトバンクドラフト1位 田中正義
創価大・投手・動画

ソフトバンクのドラフト1位・田中正義投手(動画)が21日、筑後での新人合同自主トレで初めてブルペン投球を行った。変化球も交えて24球。剛速球を飯田一弥ブルペン捕手がデニス・サファテ投手の球質に例えるなど、いきなり周囲の度肝を抜いた。

キャッチボールから周囲の視線を集めた剛球は18.44メートルで、さらに輝いた。見るからに速い。今年初めての本格的な投球。田中は自らも上々の仕上がりを実感した。「いい感じでした。ボールもそこそこいっているし、下(半身)を使えている感じでした」

マウンドを踏み、すぐに力を込めた。13球を投じたところで捕手を座らせて11球。カーブやカットボールも試したが、やはり目立ったのは最速156キロの直球だ。「8割くらい」で自己採点は「140キロ中盤」。ただ、受けた側の反応はそれ以上だった。

飯田ブルペン捕手は「150キロ近いと思います。140後半は。速くてビックリした」と証言した。さらに驚いたのは球質だ。好投手ぞろいのソフトバンクで「サファテ系です」と例えた。2年連続セーブ王に似た速球を「キレ系でズドン。そういう球はプロでもそんなにないと思う。ベース上で速い。サファテに次ぐ衝撃でした」と表現した。

伸びがあって重い。カーブの精度は未完成も、見守った入来3軍投手コーチは「カットボールは投げられていた。まず長所を」と話すと、巨人時代の同僚に重ねた。「上原も入ったとき、ほぼ直球とフォークで20勝した。(田中は)直球は上原より上」。

1999年に20勝で新人王に輝いたカブス・上原浩治。最近20年で最強の大卒新人のような活躍を期待した。

試運転で周囲の度肝を抜いた右腕は春季キャンプは1軍でのスタートが決まったばかり。さっそく実力を証明したが、通過点にもならない。「そのつもりでやってきたので、特に。A組はありがたいですけど、ここからが大事です」。5球団が競合した今季のナンバーワンルーキー。球界全体がほれこんだ逸材はやはり大物だ。



下は2016ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。1位・田中君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2016ドラフト指名選手
1位田中 正義 創価大 投手
2位古谷 優人江陵高 投手
3位九鬼 隆平秀岳館高 捕手
4位三森 大貴青森山田高 内野手
育1大本 将吾帝京第五高 外野手
育2長谷川 宙輝聖徳学園高 投手
育3田城 飛翔八戸学院光星高 外野手
育4森山 孔介藤沢翔陵高 内野手
育5清水 陸哉京都国際高 外野手
育6松本 龍憲崇徳高 内野手


draftkaigi at 07:55│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索