ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

大谷翔平、米国No.1ドキュメンタリー番組からオファー

2017年02月10日

2/10、サンケイスポーツ1面より

2012日本ハムドラフト1位 大谷翔平
花巻東高・投手・動画

世界一の施設に、リハビリ中の大谷の表情も明るくなった。右足首痛のため出場はできなかったが、練習試合には帯同。昨季王者、カブスのスローン・パークに入り、2014年に完成した最新施設を体感した。「数もそうですし、大きさもそうですし、造りもそうですし、すごくよかったなと思います!」

グラウンド6面、内野練習場1面、12人用のブルペンが2つにクラブハウスには22階建てのウエートルームという桁違いの設備を満喫した。広い敷地を電動カートで移動しながら、ランニング、キャッチボール、ネットスローにウエートトレーニング。故障中とはいえ、メジャーのキャンプが近くなり、現地での注目度もうなぎ上りだ。

この日は、カブス、ジャイアンツ、ブルージェイズ、ブルワーズ、レッドソックスなど、計13球団30人以上の米球団関係者が練習の視察に訪れた。

その中で二刀流に熱視線を送る、異色の女性がいた。全米に放送される3大ネットワーク、CBSテレビのナタリー・ソマー氏だ。ソマー氏は1968年から放送されているドキュメンタリー番組「60ミニッツ」のスポーツ担当プロデューサー。

過去には、在職中のバラク・オバマ米国前大統領やアップル社の共同設立者スティーブ・ジョブズ氏、スポーツ界からはバスケットのマイケル・ジョーダン氏、元ヤンキースのデレク・ジーター氏ら世界のトップランナーが「60ミニッツ」で特集されてきた。

最近では、ドナルド・トランプ大統領のインタビューを放送。そんな番組が今後の照準として、大谷に白羽の矢を立てたのだ。まだ日本ハムと交渉段階だが、実現すれば、日本人アスリートとしては初の快挙。

「彼のプレーが『ベーブ・ルース』って言われていると聞いたので、興味を持ちました。日本では大スターだと思うけど、米国では聞いたことはあっても、どんな選手かを知らない人は多いと思う。だから番組にいいと思いました」とソマー氏は語った。

今年9月の放送を目指してシーズン中も取材を重ね、大谷の素顔をひもといていく計画だという。「もし来年、メジャーにいくなら、その辺も内容に含めて放送をしたいと思っています」とソマー氏。

右足首痛で3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場は断念することになったが、もはや注目度はワールドクラス。大谷の一挙手一投足から、視線が離れることはない。



下は2012ドラフトで日本ハムが指名した選手です。大谷翔平は1位指名され入団。プロでの成績はこちら


日本ハムの2012ドラフト指名選手
1位大谷 翔平花巻東高投手
2位森本 龍弥高岡第一高内野手
3位鍵谷 陽平中央大投手
4位宇佐美 塁大広島工高内野手
5位新垣 勇人東芝投手
6位屋宜 照悟JX-ENEOS投手
7位河野 秀数新日鉄住金広畑投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:40│
ドラフトニュース検索